子の今の歳は7~80、若く見ても還暦超えでそんな人がわざわざネット巡回してコメント書き込みに来るか? !ひらめきパスワード』[注釈 2]の後番組として登場した。日曜19時台前半枠がTBS制作枠になるのは、1975年3月30日に終了した『学校そば屋テレビ局』以来17年ぶりであった。, 番組の基本ルール及びフォーマットは、『からくりTV』初期の「からくりチャンス」を除いては後の『さんまのSUPERからくりTV』とほぼ同じである。 「雪やこんこん、あられやこんこん、犬は喜び庭駆けまくる、さて、こたつで丸くなるのはなんでしょう?」 珍ルールSHOW - OH!キッチン家族 - 東京クラッソ!NEO - コサキンDEラ゛ジオ゛! - あさナビ - ゴチャ・まぜっ!月曜日 - 愛のエプロン - はぐれ刑事純情派 - 衝撃の映像クラッシュ - 芋たこなんきん - ガリレオヒット脳研 - みんなの疑問 ニュースなぜ太郎 - LEADER'S HOW TO BOOK ジョーシマサイト - 城島茂のTOKIO CLUB, 世界くらべてみたら - たけしのニッポンのミカタ! 父が「ブラックバス」と答えます。 - ザ・イロモネア - 小林麻耶のTBSチャンネルガイド - ブジオ! - カックラキン大放送!! - わくわく動物ランド - おちゃのこサイサイ - クイズ!おみごと日本 - オールスター感謝祭 - コサキンルーの怒んないで聞いて!! 上戸彩(女優、歌手、タレント) 2. - 29.ラブラブ マンハッタン/ALIVE-LIFE. - DOORS - ニッポン!チャ×3! - 日立 世界・ふしぎ発見! ほんの十分ほどのコーナーなのに録りに四時間もかけ、無意味な質問をいくつもするのでそうであろうとは思っていましたが。 関根勤のTOKYOベストヒット - 全国歌謡ベストテン - コサキンDEワァオ! 『試験問題バカ回答集』の新ネタを探していたら検索ヒットしたのはほとんど自分の記事www別の切り口で探してたら大好きな『ご長寿早押しクイズ』の珍回答に辿り着き、… - ヒューヒュー - ダウンタウンDX - 即席!明るい改造計画 - ともさか家の憂鬱 - Gyu!と抱きしめたい! 山口百恵(歌手) 4. 子供のイベントごとでは、何人か親同士で8ミリテープの貸し借りをしてた程度はユーザーがいました。物持ちが良ければ2005年位まで使っている人もいるのではないでしょうか。, あと、2000年代中期あたりまではDVD-Rもあまり普及しておらず、パソコンとDVCを持っているからといって動画編集をしている人は珍しかったように思います。

- ノブナガ - さんまのSUPERからくりTV, オレたちやってま〜す - 小倉優子のウキウキりんこだプー!うるとらだっしゅ - 小倉優子 ガール・トーク・ナイト - イマドキッC→イマドキッ, アヴィラ - プラチナムプロダクション - サイトロン・デジタルコンテンツ - キングレコード - JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント - フォーサイド, 1.LOVE YOU ONLY - 2.明日の君を守りたい 〜YAMATO2520〜, 3.うわさのキッス - 4.ハートを磨くっきゃない - 5.SoKoナシLOVE - 6.好きさ 〜Ticket To LOVE〜 - 7.風になって. ?〜 - ザ・逆流リサーチャーズ - 逆流!シラベルトラベル - 仰天クイズ! ゲーム会社のカプコンがレーシングチームを持ってたの知ってる? 時代を感じさせるレースクイーン画像まとめ, か、母さんが…(´;ω;`) …って、えええええっ!?(;`・ω・´)ってなるマンガ, 「さんまのスーパーからくりテレビ」ご長寿早押しクイズの珍回答はやっぱり露骨なヤラセでした.

- 優遊星のゆうこりん - 九州青春銀行 - 森田一義アワー 笑っていいとも!/笑っていいとも!増刊号 - ラジかるッ→おもいッきりDON!→DON! - おしえて!家電の神様. - 烈車戦隊トッキュウジャー(烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル) - ペットの王国 ワンだランド - 関根勤&麻里親子の旭山動物園日記 - ウラ関根TV - お茶の間の真実〜もしかして私だけ!

- さんまのからくりTV → さんまのSUPERからくりTV(明石家さんまの芸能人かえうた王決定戦SP) - ジャングルTV 〜タモリの法則〜 - 王様のブランチ - チャンスの殿堂! - 爆笑問題プレゼンツ・世界のゴールデンタイム!!超人気番組大集合スペシャル! 家庭用ビデオの撮影に今時8ミリを回しているような時代の話なら

15.君を想うとき/Oh! - なるほど!ザ・ワールド - はなきんデータH - 川柳役者 - 世界まる見え!テレビ特捜部 - P-STOCK - タモリの新・哲学大王! - クイズ!年の差なんて - TVクルーズ となりのパパイヤ - よ!大将みっけ - 芸能界大ボケだらけの天才クイズ王決定戦 - エンタメゆうえんち 東京移住計画 - 明石家マンション物語 - 明石家ウケんねん物語 - とんねるずのみなさんのおかげでした「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」 - 100%キャイ〜ン! あれは「皆さんの祖父の名前と、亡くなったときの年齢を大きな声で言ってください」という質問に答えたときのものでした。 - コスモ★エンジェル - 謎を解け!まさかのミステリー - トナリの悩みの解決人 - ムッチャDOLL箱 乙女の祈り - 優子がゼッタイ! ご長寿早押しクイズは、スタッフ側がご長寿に内緒で勝手に面白おかしく編集して放送していたんですか? 和田アキ子さんが司会を務める日曜お昼の番組はアッコにさてなんでしょう? (アッコにおまか … - パオパオチャンネル - タモリ倶楽部 - さんまのゴメンねわがままで - さんまのナンでもダービー - 関根&優香の笑うシリーズ - ザ・クイズマン! - 総力報道!THE NEWS - ケータイ刑事 銭形シリーズ - がっちりアカデミー!!

「×××のスーパーからくりTV、さてこの×××のところに入るのはなんでしょう?」 史上最大の作戦? 父が86歳当時の子はだいたい還暦前後だろ?若く見て50代

- 中居正広の金曜日のスマイルたちへ - リンカーン - ドリーム・プレス社 - 輝く!日本レコード大賞 - 王様のブランチ - Happy! do!

- ガチンコ! 早押しクイズ(はやおしクイズ)は、クイズの代表的な形式の1つ。 複数の解答者のうちから、解答の意志がある者を ボタン を用いた装置や道具などを用いて限定する方式によって行なわれる。 ウォッチ!

HOTなネットの話題をCOOLなユーザーにお届けするまとめサイト 2COOLz(ツークールズ), さんまのスーパーからくりTV」の人気コーナー、ご長寿早押しクイズに、八十六歳になる私の父が出演しました。 ヤマハの事業の広げ方がすごい。楽器、スポーツ、乗り物、生活関連… あらゆる分野にヤツがいる!!!

まあデジタルものの過渡期の2000年代を一括りにするのは無理がありますね。, HOTなネットの話題をCOOLなユーザーにお届けするまとめサイト 2COOLz(ツークールズ), さんまのスーパーからくりTV」の人気コーナー、ご長寿早押しクイズに、八十六歳になる私の父が出演しました。, 元モーニング娘。矢口&保田のバスツアーが意外とサービス良いらしい。飯田バスツアーなんて嘘やったんや!, ダレノガレ明美がTwitterで「からくりテレビ」告白相手を否定。 | ライフハックじょうほう。, セレブ気取り女さん「アメリカに風俗はない。日本は見習え。」とマウント取るも無知を晒し炎上, 【音声あり】生駒里奈(元乃木坂48センター)がTBSラジオ「伊集院光とらじおと」に出演, “切込隊長”こと山本一郎が「個人的な決意声明について」と題してブログに公開した3枚の写真, 【絵柄でお題ったー】「○○の絵柄で○○を描きましょう。」に寄せられる作品群がすごすぎる件【3】, 【絵柄でお題ったー】「○○の絵柄で○○を描きましょう。」に寄せられる作品群がすごすぎる件【2】, 【絵柄でお題ったー】「○○の絵柄で○○を描きましょう。」に寄せられる作品群がすごすぎる件【1】, 信号待ちしている間に道路の反対側の人と対戦ゲームがプレイできるドイツの信号機が超イカす!.

!』(日本テレビ系列)の影響で視聴率が落ち始め、末期には6%前後となっていた[6]。加えて制作費用が高騰していたこともあり、2014年7月8日にTBSが同年9月で放送終了することを正式発表[7]。同年9月7日放送の2時間スペシャルを以って、22年間の歴史に終止符を打った[2]。, 終了理由には視聴率の低迷も挙げられていたが、最終回スペシャルの視聴率は14%を記録し、有終の美を飾った。, 終了後は前述の通り、「からくりみんなの!かえうた」や「ご長寿早押しクイズ」といった人気企画が特別番組として復活した。また『芸能人かえうた王決定戦』のように別番組で企画として定着したものもある。, ピタゴラスイッチ「こんなことできません」- しくじり先生 俺みたいになるな!! ?ジャパン - 探険! 小林麻央 - 十一代目市川海老蔵 - 八代目市川新之助 - 四代目市川ぼたん - 吉川美代子 - 島田紳助 - 中居正広 - 明石家さんま, 特筆すべき事項がある場合を除き、提供元(スポンサー)の一覧や変遷は記載しないでください。, それ以前の30分時代初期は魚のさんまの形を象ったもので、頭と尾の間(胴体部)にタイトルが書かれていた。, 30分時代初期の頃は視聴者に対してもテロップで流す形で正解を見せており、中期以降も解答者からなかなか正解が出ない場合は視聴者に対してテロップで正解を見せることがあった。, 初期は鈴木のタイトルコールでスタートしていた。名人戦の場合は別専用オープニング曲を使用。, 大抵は司会席が用意されているが、初期の頃は会場の都合で襷付きの板を机代わりにする場合が多かった。, この番組の性格上(あくまで娯楽番組であり事実を伝えることが主目的ではない)、仮にこのようなやらせまたはやらせまがいの演出がされていたとしても即問題になるとは言い切れない面もあるが、日本における, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/07/kiji/K20140907008890250.html, https://www.oricon.co.jp/news/2082794/full/, “「からくりTV」がTOKIOに惨敗で打ち切りへ とうとう出てきた「お笑い怪獣」明石家さんま限界説”, https://www.j-cast.com/2014/07/03209504.html, https://www.sankei.com/entertainments/news/140708/ent1407080003-n1.html, TOKIO FIRST LIVE VIDEO 〜BAD BOYS BOUND '95〜, TOKIO LIVE 1997 + SPECIAL BONUS TRACK 1998, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=さんまのSUPERからくりTV&oldid=80451774, 問題の最初に、問題VTRを全員で観賞。途中で司会のさんまが、「その後どういう事態が生じたか?」「その後彼は何と言ったか?」といった種類の問題を出題。その後、スタジオ観覧の客席に正解を先に見せて客席の反応, 通常問題は4問-5問あり、回によって変動していた。なお、2問 - 3問目の合間にごく稀にこれからの同番組の今後の方針などの番組宣伝をすることもあった。, 解答者が早押しボタンを押して解答権を得た際、解答時には自らの顔を模したオブジェ付のポール(ポール部分には名前がローマ字で表記)が解答席から出てくるようになっていた。, 最終問題終了時に点数でトップ賞が決まる。そして、一番点数の多い解答者がトップ賞を獲得し賞品を獲得する。2012年6月まで賞品獲得クイズ「からくりチャンス」への挑戦権を得た。からくりチャンスでは、さんまの「’’’今日の賞品はこちら!’’’」, 2012年6月まで行われていた「からくりチャンス」では、3択の問題が出題され、トップ賞・客席の観覧者(客席全員に貰えるわけではなく、収録後ジャンケンによる抽選で1名 - 3名程度)・視聴者公募によるハガキの当選者(さんまは「茶の間」と言っている)のいずれかが豪華賞品を貰える。解答方法は、まずトップ賞の解答者が3つの中から選び、残りの2つから観覧者の拍手で多数決をとって、観覧者の答えを決定、残りが視聴者となる。正解VTRが終わった後、トップ賞解答者又は観客が正解した場合はファンファーレと共に「(解答者名)○○(賞品名)○○獲得」または「会場のお客様(賞品名)○○獲得」の字幕スーパーが出る。トップ賞解答者と客席の観覧者がどちらも不正解(ハガキが当選者)だった場合は萎れたBGMが流れ、画面右下から「残念」の字幕スーパーが出る。このコーナーが終了した以降は、自動的にトップ賞の解答者に賞品が貰えるようになった。, ハガキは「番組へのご意見・ご感想」の形で募集されており、番組内での告知がない場合もあるが、番組公式ページにおいて常に募集されている。かつては「おしい」「ナイスボケ」のぬいぐるみプレゼントの応募者が対象となっていた。また、視聴者投稿ビデオの応募者も対象になった時期もあった。, 観客席に座り観覧に来ていた浅田の母がつい問題の答えをしゃべってしまい問題が打ちきりになり、得点板に「浅田母 10点」と書かれた紙が貼られたことがある。, 30分時代と1時間時代でデザインが異なっている。30分時代は青い服を着て直立したさんまのオブジェ、1時間時代は黄色いタキシードを着て跪き、右手に乗せたビデオカメラを高く掲げているさんまのオブジェである。後者のデザインは「からくりビデオレター」などのタイトル表示やオープニングCGなどにも登場していた。また前者のさんまが直立した全身像のデザインは、番組初期には解答者が早押しボタンを押すと立ち上がる札に全く同じ絵が使われていたり、60分番組になってからも「ご長寿早押しクイズ名人戦」の優勝者に贈られるトロフィーに使われたりと地味に残っていた。, 口にはパイプを銜えており、パイプの先には「おしい」と書かれている。台座が無く自立しにくいので、伏せた状態で置かれることが多い。, 関根や渡辺が狙ったボケで貰う事も多いが、いわゆる「天然ボケ」で会場を沸かした場合にも貰え、浅田や西村がこの人形を多数貰う事も多かった。, 稀に、クイズの解答ではないフリートークの部分で会場の爆笑をさらった際にもナイスボケの人形が置かれることがあった。, 番組開始当初から2年半ほどの間はデザインが全く異なっており、頭から「ナイスボケ」と書かれた札を下げた薄黄色の, 間の抜けた表情の一茂が野球のユニフォームを着てバットを振るデザインで、バットの先端に「ボケ」と書かれたボールが付いている。, 一茂がレギュラー入りして以降、ナイスボケとも言えないような呆れる解答を連発したことをきっかけに作られた。, 主に一茂が貰う。導入からしばらくは浅田や西村もよく貰っていたが、「バカ」導入以降はほぼ一茂専用のような扱いになっており、さんまが一茂の解答に対して「バカあげて」とアシスタントに告げてもボケの人形が置かれる事が多かった。, 他の人形が立体的な作りなのに対し、バカの人形だけはカバをかたどった薄い板を張り合わせたものであった。台座にはスプリングが仕込んであり、置くときに本体が揺れる。, ある回で浅田、西村の珍解答が続出した際にさんまが呆れてボケの人形を置きながら「ボケじゃ足りんからバカってのも作ろう」と提案、翌週からバカの人形が導入された。, 主に浅田、西村が貰う事が多い。特に浅田がバカの人形を多く獲って並べてしまった際には、さんまから「カバ園長」といじられることが多かった。, ある回でロマンチックな解答が出た際に気に入ったさんまが「今度からロマンチック賞っていうのも作ろう」と提案、翌週から導入された。導入のきっかけとなった回ではロマンチックな解答に対して便宜上ナイスボケの人形が置かれた(6点の扱い)。, 導入当初からしばらくはロマンチック賞狙いの解答が目立ったが、浅田が狙い過ぎた解答をしたためさんまの失笑を買う事もあった。以降、ロマンチック賞は滅多に出なくなった。, さんまがロマンチックな事を言った際にうつみが「さんまさんにロマンチック賞」と言い、さんまの司会者席にロマンチック賞の人形が置かれたことがある。, ハトマメ 〜Say Hello To The World〜 / The Students(2004年1月 - 3月), ロケ技術:石毛雄己、牧野正義、中島純、池田知司、寺田忠司、小尾浩幸、清達彦、田代和也、山本真二、中島知文, ディレクター:宮島将志・田中孝之(共に以前はチーフディレクター)、河本恭平、松原拓也、山口博、高城郁子、丹川祥一(以前はAD)、村中良輔、高柳健人、鈴木闘匠、青木英一, エグゼクティブプロデューサー:近藤誠(以前はディレクター → 演出 → プロデューサー), ロケ技術:阿部昇、金子孝礼、内田一吉、久島十乃、金山芳和、宇佐美浩、相馬敦、安西康弘、浜田英弘、鈴木勝則、佐々木秋夫、川越博美、久保田清明、浅沼淳一、大森浩一, VTR編集:大鐘義彰、星信幸、原康子、河西純、鶴見仁、椎名広二、大岡愛、森本仁志、田村啓一郎、岩澤史晃.