本メンバーだった、山田隆夫さんと江藤博利さんの確執の行方が取り上げられます。, ずうとるびは人気絶頂期には 2人の関係は最悪の状態になります。, 1977年、表向きの理由は 多少は、不仲は解消されていたのでは?. ずうとるびの当初メンバーは 山田隆夫、江藤博利、新井康弘、今村良樹、池田善彦でしたが、 特に山田さんと江藤さんが対立していたそうです。 リーダーの山田はクレイジーキャッツのような お笑い系のコミックバンドを目指し. クリスマスプレゼントとして  恵比寿駅に近いカフェで会った江藤さん、こう言って陽気に笑った。確かに、いささか太め。だからこそ、いかにも元気に見える。, {{ article.Series.name_short }} !60分 - 時間だヨ!アイドル登場 - ベスト3夢の顔合せ - 三波伸介の凸凹大学校 - レッツゴーヤング - 笑点 (ちびっ子大喜利), エレックレコード - EMIミュージック・ジャパン - ビートルズ - モンキーズ, ずうとるび再結成! 山田隆夫も参加で初の5人集結 ライブ会場はスーパー銭湯、「純烈」に対抗心?, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ずうとるび&oldid=79183041. 江藤博利 1958年 9月5日生まれ。 血液型b型。宮崎県都城市出身。リードギター&リードボーカル担当。 結成当時は最年少だったことから、「ずうとるびのジョージ・ハリスン」と言われていた。 また、当時メンバーの中でも甘いマスクを持つことから、断トツの人気を誇った。 一方で、 元メンバーの池田善彦さんが経営しているバーで 1970年代中盤、一世を風靡したアイドル・グループ。日本テレビ系「笑点」の「ちびっこ大喜利」で人気を博した子役4人(山田隆夫/新井康弘/江藤博利/今村良樹)でグループ結成。1974年2月、シングル「透明人間」でレコード・デビュー。3rdシングル「みかん色の恋」の大ヒットで、一躍トップ・アイドルに。, コントなどお笑いの要素も持ち、人気絶頂期の1975〜76年には、TVバラエティのレギュラーが週8本、『平凡』『明星』を表紙を度々飾り、人気投票でも1位に。1975年には「初恋の絵日記」で紅白歌合戦にも出場。, 1977年、山田隆夫が結婚を機にグループを卒業。一般公募で、新メンバー・池田善彦が加入。 同年10月、新生ずうとるび第1弾シングル「青春のひらめき」リリース。同時に、東京12チャンネル(現:テレビ東京)で「三波伸介の凸凹大学校」がスタート。曲名を絵で当てる「エスチャー」コーナーが人気となり、長寿番組に。, レコード・リリースは、1980年2月のシングル「マルガリータ」が最後。以降は、グループとしての活動よりも、ドラマ、バラエティーへの単独出演が多くなる。1982年3月、解散コンサート。, 2020年1月、江藤博利プロデュース「昭和歌謡コメディ」に新井康弘がゲスト出演。その共演がキッカケとなり、急遽、新旧メンバー5人揃っての復活が実現。同年2月、復活ライブ開催。, 1956年(昭和31年)8月23日、東京・深川生まれ日本大学豊山高校卒業楽器パート:サイドギター, 小学校4年生のとき、フジテレビ系「ちびっこのど自慢」の公開録画を観に行った際、病欠した出場予定者に代わり、飛び入り出演し優勝。そのタレント性を買われて、劇団ひまわりに入団。子役として50本以上の番組に出演。NH銀河ドラマ「やぶれかぶれ」(1971年)では、TV大賞・優秀子役賞受賞。, ずうとるびではリーダー。作詞作曲もこなし、フォーク、ロック、ポップス、スローバラードからコミックソングまで多彩な曲調で、50曲以上を手がけた。, ずうとるび卒業後は、俳優・タレントとして活躍。 1984年10月、「笑点」の「大喜利」の6代目座布団運びに就任。1987年には、スピルバーグ監督によるアメリカ映画「太陽の帝国」にも出演。プロボクシングC級ライセンスを持ち、また、鈴々舎馬風一門の落語家として「鈴々舎鈴丸」の名も持つ。, 1956年(昭和31年)12月5日、東京・麻布生まれ、川崎育ち自由が丘学園高校中退楽器パート:ドラム, 小学校5年生のとき、日本児童劇団に入団。子役として、「コメットさん」(1967~68年、TBS)、「打ち込め!青春」(1971年、NET)、「風雲ライオン丸」(1973年、フジテレビ)など数々のドラマに出演。, ずうとるびでは、山田卒業後、リーダーに。「お前」「デイモンドライブ」などアルバムのソロ曲では作詞も手がけ、コンサートの個人コーナーでは、早い時期から、化粧を施しデヴィッド・ボウイをカヴァーしていた。, ずうとるびとしての活動と並行して、「岸辺のアルバム」(1977年、TBS)、「沿線地図」1979年TBS)など、話題のドラマに出演。1979年には映画「ピーマン80」に主演。, 解散後は、俳優に専念。1999年から11年間続いたTBS系昼ドラマ「大好き!五つ子」シリーズの良介パパとして広く知られる。テレビ、映画、舞台で活躍。, 1957年(昭和32年)9月19日、東京・上目黒生まれ。 堀越学園高校卒業 楽器パート:ベースギター, 中学1年生のとき、一般公募で、日活映画「メッタメタガキ道講座」(谷岡ヤスジ原作)に出演。その後、劇団ひまわり入団。映画「卒業旅行」(73年)では、マーク・レスターと共演。ずうとるびとしてデビューする直前の74年1月には、NHK少年ドラマシリーズ「夕ばえ作戦」で山田と共演している。, 絵が得意で、ずうとるびのレコードジャケットのイラストをも手がけ、漫画誌「デュオ」に読み切り漫画「くるくるパーニック」を掲載したことも。, ずうとるび解散後は、ロックバンド「MEGE」を結成し、ヴォーカリストとしてライヴハウスを中心に活動。後に、構成作家に転身。「全国高等学校クイズ選手権」「午後は○○おもいっきりテレビ」などを人気番組を担当する売れっ子作家だったが、2009年、渋谷画劇団が主催する、紙芝居プロデューサーのオーディションを受け、プロ紙芝居師としてデビュー。2012年には心理回想士の資格を取得し、回想士としての活動も開始。芸能スクール 「1億3000万人のタレントスクール」も手掛けた。更に、 LINEのスタンプクリエーターとしても活動中。, 1958年(昭和33年)9月5日、宮崎県都城生まれ。堀越学園高校卒業。楽器パート:リードギター, 小学校5年生のとき、日本児童劇団に入団。「スペクトルマン」(71年)をはじめ、数々のドラマに出演。72年の映画「どぶ川学級」では、登場シーンは異なるが、新井・今村と共演している。, ダンスを得意とし、後期ずうとるびでは、振付も担当。また、コンサートでは、選曲・構成も手がけ、メインMCとして司会進行を担当。, ずうとるび在籍時から、「青春諸君!」「青春諸君!夏」「刑事犬カール2」などのドラマに出演。解散後は、俳優と並行して、「クイズ・ドレミファドン」などの司会も担当。, 「三波伸介の凸凹大学校」の「エスチャー」コーナーでの、何を描いても四本足になってしまうユニークな動物の絵が人気を博したが、現在も自身のトレードマークとして、オリジナル・グッズやサインでそのイラストを使用している。, 2014年3月、昭和の時代のTVバラエティの復活を掲げ「昭和歌謡コメディ」を座長として旗揚げ。以降、年2回のペースで公演を継続中。2020年1月上演のシリーズ第12弾に、新井康弘をゲストとして招き、約38年ぶりの共演がキッカケとなり、2020年2月にの「ずうとるび復活ライブ」開催に至った。, >> 江藤博利 オフィシャル・ウェブサイト >> 江藤博利プロデュース「昭和歌謡コメディ」, 1959年(昭和34年)2月10日、兵庫県神戸市生まれ。滝川高校卒業。楽器パート:サイドギター, 大学受験を目指していた浪人中の77年5月、「月刊明星」(77年7月号)の「ずうとるび新メンバー募集」の記事を見て、応募。新メンバーに抜擢される。7月から、ずうとるびに帯同。9月の山田隆夫さよならコンサート(日比谷野音)が本格的な初舞台となり、10月、シングル「青春のひらめき」で正式デビュー。, ずうとるび在籍時から俳優としても活動。「思えば遠くへ来たもんだ」(81年、TBS系)では、山田隆夫と共演。映画「無力の王」(81年)では、挿入歌として、ずうとるびとは一線を画すロックンロールナンバー「玉突きロック」も披露。解散後は、俳優に転身。TBS系朝の連続ドラマ「白き牡丹に」(82年)などに出演。, 後に、芸能界を完全引退。現在は、ライブハウス仕様のバーY’s PaPa(東京・中野)を経営。ずうとるびバックバンドのバンマスだった黒住和男とアコースティック・デュオ「IKECLO」を結成。自店で定期的にライブを開催。. メンバーのひとり、江藤博利さん(56)は“ずうとるびのジョージ・ハリスン”と呼ばれ、イケメンぶりから女性ファンの心を独り占めにし… 5.0万 江藤さんが駆けつけたことで プロマイドの売上は7ヶ月連続1位だったそうです。, ずうとるびの当初メンバーは 5月12日 日曜日 昼の部13:00開場 13:30開演 夜の部 17:30開場 18:00開演の2回公演 個性心理学(動物占い)と昭和歌謡のドッキング。 元ずうとるび 江藤 博利と白石まるみ個性心理学の大家 弦本將裕氏による異色のコラボです。 70年代、日本テレビの「笑点」の“ちびっ子大喜利”から誕生した男の子4人組のバンドが大人気だった。「みかん色の恋」のヒットが懐かしい「ずうとるび」だ。メンバーのひとり、江藤博利さん(56)は“ずうとるびのジョージ・ハリスン”と呼ばれ、イケメンぶりから女性ファンの心を独り占めにした。今どうしているのか。 Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. Copyright © ずうとるびファンサイト【NEW】 All Rights Reserved. ずうとるびは、日本のバンド、男性アイドルグループ。1982年に一度解散したが、2020年再結成。, 日本テレビの番組「笑点」のコーナー「ちびっ子大喜利」にて、山田隆夫が座布団10枚を獲得したことが、結成及びレコードデビューのきっかけとなった[1]。, 元々ギターが弾けた山田以外はまったく楽器が出来ず、パート決めでは楽譜が読めなくても演奏できそうなドラムパートの奪い合いになったと、当時の芸能雑誌に紹介されていた。1974年2月に『透明人間』(作詞・作曲:山田隆夫)でデビューして以来、通算でシングル20枚、アルバム9枚などを発表した。, 「ずうとるび」という名前は本人たちは、「ビートルズをひっくり返した」と言っている。ずうとるびの代表的なヒット作品には、『みかん色の恋』・『恋があぶない』・『初恋の絵日記』などがある。また、多数のバラエティ番組出演でも高い人気を持っていた。, 歌番組では、4人並んで踊りながら歌う姿と、バンドとして演奏する姿の両方が見られた !新たな注目を集める、江藤博利(元ずうとるび)の公式サイトです。 ライブ・イベントスケジュール、最新フォトなど情報満載! 山田隆夫、江藤博利、新井康弘、今村良樹、池田善彦でしたが、, 一方で、 その後、グループは1982年に解散しました。, 2012年6月、山田隆夫の芸能生活45周年記念パーティーに その場にいた江藤さんのファンに、

その次の「笑点」の番組収録に招待したそうですから、 江藤博利は宮崎県出身、昭和33年9月5日生まれのタレントであり俳優である。1970年代、アイドルグループ・ずうとるびのメンバーとして一斉を風靡した江藤博利だが、その「江藤くん」も、なんと今年節目の60歳・還暦を迎える。 タクシーの運ちゃんも女の子たちにはやさしかった! 江藤さんが喋り倒したために空気が険悪になったそうです。, ですが、 【ずうとるび復活ライブ、5月の相模も決定!】 2月22日(日)、相模健康センターでのずうとるび復活ライブ。 今回も、全国からファンが駆け付け、大盛況の大熱狂! 江藤くんと山田くんの、相変わらず噛み合わない会話も絶好調!? 江藤 博利(えとう ひろとし、1958年9月5日 - )は、宮崎県都城市出身の日本のタレント、歌手、俳優、実業家。日本のバンド、男性アイドルグループ・ずうとるびのメンバー。, 幼少の頃から子役として活動。中学時代は一時芸能界から離れ学業に専念。バレーボール部に所属していた。, 「三波伸介の凸凹大学校」のエスチャー(絵+ジェスチャーの造語)コーナーでは、出題されたモチーフを推測するのも困難なほどデッサンの狂った個性的な絵を描いて共演者を混乱させるが、観客や視聴者にはそれらも含めて好評であり、新たな「芸風」を確立した。「お笑いマンガ道場」にも頻繁にゲスト出演した。, ずうとるび解散後は「クイズ・ドレミファドン!」や「オールスター水泳大会」のアシスタントなどバラエティ番組を中心にタレントとして活動した。, カラオケ「GSスタジオ」六本木店オーナーを経て、新小岩でダーツバーを経営。一方で「やっちゃいました劇団」「座・アバウト」などを立ち上げ活動している他、「はいからフライデーナイト」など、関東ローカル系の番組に時々出演している。なお、元・フィンガー5の玉元正男とは現在も親交があり、イベントなどで共演する事も多い。, 2012年、ずうとるび再結成の話が持ち上がったが実現せず、代わりに同じくメンバーだった池田善彦とユニットを結成。以降、定期的にライブ活動を行っている[1]。, また、同じ年に同期デビューの元アイドル・あいざき進也と「あい­ざき君と江藤くん」というお笑いコンビを結成し、「キングオブコント2013」に出場したが、予選1回戦で敗退した。, 2014年3月、「お笑いと歌が融合していた昭和の時代のTVバラエティのスタイルを踏襲。あの頃のTVバラエティの楽しさを当時の公開放送の雰囲気で再現」をコンセプトに掲げた劇団『昭和歌謡コメディ』を旗揚げ。築地本願寺内ブディストホールを拠点に定期公演を行っている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=江藤博利&oldid=79214871. 2015年2月20日放送「爆報!THEフライデー」                までご連絡ください! 「不思議ですよね。今でも『ずうとるび』のブロマイドが売れてるんですよ。ブロマイド販売の老舗、マルベル堂の最新売れ筋ランクでもベストテンを外さない。それもあってか、今年初め、マルベル堂さんから、現在の江藤さんのブロマイドを出したい、とオファーをいただきましてね。こりゃ痩せなきゃいけないとダイエットに励んだら、逆に太ってしまい、若干修整を加えてもらいました。そう、あくまで若干、少々です、ハハハ」 - 7.明日の花嫁さん ビバ・ジャパン'77 - 8.Beginning - 9.真夜中のピクニック, 1.ずうとるび すとうりい - 2.ずうとるび すとうりい ぱあとII 山田隆夫卒業アルバム - 3.ずうとるび ゴールデン☆ベスト〜エレック・セレクション〜, 学校そば屋テレビ局 - 笑って!笑って! {{ article.Article.title_short }}PR, Copyright (C) Nikkan Gendai. あのグループの確執 今夜解決SP, として、           運営:アバウト運営事務局.

江藤さん主催で、ずうとるびのファンを招いて 忘年会を開催した際、, 江藤さんは山田さんに電話して、 ずうとるびの当初メンバーは 山田隆夫、江藤博利、新井康弘、今村良樹、池田善彦でしたが、 特に山田さんと江藤さんが対立していたそうです。 リーダーの山田はクレイジーキャッツのような お笑い系のコミックバンドを目指し. 江藤さんはじめ、他のメンバーが反感を強めました。, そして山田さんが「ペチャパイブギ」という歌を作ると 江藤さんはフィンガー5のように歌と踊りで売るアイドルグループを目指していました。, 晴れ舞台で一人目立つ山田に対し、 2人は久しぶりに再会しました。, ところが、山田さんのパーティにもかかわらず、 また、NHKの人気歌番組「レッツゴーヤング」の司会としても活躍し、その際にはバンド形式で演奏する姿もよく見られた。, 1982年に解散。その後、一度だけテレビ番組で山田、江藤、今村、新井のずうとるびが再結成された。, 2020年1月に江藤、新井、今村、池田、1977年に脱退した山田を加え5人体制で再結成することを発表。2月にはツアーも行われた[2][3][1]。, 「ずうとるび」結成のきっかけを作った「笑点」のプロデューサーは、「ずうとるびを通じてブームの怖さとはかなさを知った。ブームに便乗するとブームが去った時に番組も終わってしまう」と雑誌の対談で語っていたことがある。この判断は1980年前後の漫才ブームの時に、ブームの中心となった漫才師達をほとんど出演させずブームからは距離を置くという形で現れている[4]。, 1.透明人間 - 2.恋のパピプペポ - 3.みかん色の恋 - 4.恋があぶない - 5.太陽の季節 - 6.初恋の絵日記 - 7.恋の夜行列車 - 8.ペチャパイブギ - 9.愛の反逆 - 10.大した娘だよキミは - 11.ふとしたはずみで - 12.明日の花嫁さん - 13.青春のひらめき - 14.止めるならいまのうち - 15.スカイランデブー - 16.あの娘は宇宙人 - 17.Dr.スロットマシーン - 18.Love Trip - 19.ウッカリBOY チャッカリGIRL - 20.マルガリータ, 1.ずうとるびファースト - 2.ずうとるびセカンド みかん色の恋 - 3.ずうとるびサード 恋があぶない - 4.ずうとるびフォース 愉快な仲間たち どりーむらんど - 5.恋の夜行列車〜愛と冒険の旅〜 - 6.ずうとるびファイト! All Rights Reserved. 一方で、 笑点・座布団10枚でずうとるび誕生1970年代中盤、一世を風靡したアイドル・グループ。日本テレビ系「笑点」の「ちびっこ大喜利」で人気を博した子役4人(山田隆夫/新井康弘/江藤博利/今村良樹)でグループ結成。1974年2月、シングル「透明人間」でレコード・デビュー。 江藤 博利(えとう ひろとし、1958年 9月5日 - )は、宮崎県 都城市出身の日本のタレント、歌手、俳優、実業家。 日本のバンド、男性アイドルグループ・ずうとるびのメンバー。