英会話を学ぶ上で避けて通れないのがスラングですね。 アメリカ人が実際にスラングを使っているのを聞いたことがある方も多いかもしれません。 学校で習う英語とはちょっと意味が違う!? そもそもそんなの学校で習ってない! 初めて これは中国語の発音を表す表音記号であるピンインから来ています。 例えば,中国語の「こんにちは」である「你好(ニーハオ)」であればピンインは「Nǐ hǎo(ニーハオ)」と表記されます。 そして「awsl」は「awǒ sǐ le(アーウォースーラ)」というピンインの4つの頭文字から来ているそうで,漢字に直すと「啊我死了(アーウォースーラ)」となり,これを日本語に直訳すると「あぁ,私は死んでいる」という意味になり … 「いいね」や「すごい」など、英語で褒めるときに使える表現・フレーズをみなさんはどのくらいご存知ですか?単調になりがちではないでしょうか。 今回は、英語で相手を褒める表現について、スラングも含めご紹介していきます。 アメリカのスラングを主体とするが、それらの使わ れ方、意味特徴は、イギリスやその他の英語社会の スラングとは異なることがある。英語のスラングは、 r現代スラング英和辞典」に基づき、また、日本語 の俗語は「俗語一覧表」 *に基づいて考察を行う。 ど真ん中の関連情報 (凄腕しごとにん)菅原信子さん 20年間で再生させたテント、約5600張り (2020-11-9); テント修理がつなぐ思い出 職人の相棒は足踏みミシン (2020-11-8); 坂本、2000安打あと2 広島5―4巨人 プロ野球 (2020-11-6) 「鬼滅」映画なぜ大ヒット 理由考えたら、16もあった (2020-11-5) 11 <英語のスラング>11.Wet blanket (空気読めない人) 12 <英語のスラング>12.hater(自分のことを嫌いな人) 13 <英語のスラング>13.toodles(バイバイ) 14 <英語のスラング>14.bury my head in the sand(現実逃避をする) 15 <英語のスラング>15.Yeah right(なんちゃって、まさか!) 16 <英 …