ベルトコンベア 〜恐ろしき鶏小屋 13. 弾む恋心 恋の正面衝突 乙女ごころ 家族 〜雨上がり〜 22. がんばっぺ!みね子 『ひよっこ』は、2017年度上半期放送のNHK「連続テレビ小説」第96シリーズの作品である。2017年4月3日から9月30日まで放送された[1][2]。, スペシャルドラマ『ひよっこ2』が、2019年3月25日 - 28日19時30分 - 20時に4夜連続で30分枠ドラマとして合計4回放送された[3][4]。, 1964年の東京オリンピック前後。茨城県北西部の久那郡[6][注 1][注 2]にある、福島にほど近い[注 3]山あいの村・奥茨城村[注 4][9][10]に育った米農家の長女・谷田部みね子がヒロイン。出稼ぎのために東京へ行った父・実が正月に帰宅しなかったことをきっかけとして集団就職で上京し、下町・向島のトランジスタラジオ工場の寮暮らしで働きながら父を探す。しかし、1年もせずにオリンピック後の不況で工場が倒産[11]。行くあてのないみね子を拾ってくれたのは、かつて父がハヤシライスを食べた赤坂の洋食屋だった[12]。ホール係として働きながら、様々な試練を乗り越えて成長していくみね子の姿を描く[1]。, タイトルは作中のセリフから「ねこ」にする案もあり、最終的に不採用になったが、主人公の名前「みね子」に引用された[13]。, ヒロインは、2013年前期の第88作『あまちゃん』でヒロインの母の少女時代を演じた有村架純が起用された(2016年6月29日に発表[注 5])[1][2]。オーディションを行わずに主演者を決定したのは2014年前期の第90作『花子とアン』で村岡花子を演じた吉高由里子以来となる[15]。また子役を用いず、高校3年生から大人に成長していくヒロインを有村が全編通して演じる[2]。, 制作に当たり「ここ数作の朝ドラが実在の人物をモチーフにしたものであったが、本作は力強いヒロインを描いたオリジナル作品(高度成長期を支えた名もなき人たちの物語[16][17])を作る」とのコンセプトの下に、有村を最初から直接指名でヒロインにキャスティングしたことを制作統括の菓子浩が公表している[15]。なお、有村以外の若手出演者はオーディションで決定した[13][18]。, 脚本は岡田惠和の書き下ろしによるオリジナルストーリーで、岡田が連続テレビ小説を手がけるのは『ちゅらさん』『おひさま』に続く3作目となる[1]。, 連続テレビ小説で茨城県が舞台になるのは1974年(昭和49年度)の第14作『鳩子の海』以来の2度目となる[2][注 6]。, 2016年9月26日に故郷編の出演者を発表[19]、11月2日に茨城県内のロケにてクランクイン[20]。2017年1月30日に東京編の出演者を発表[21]、4月26日にその続報があった[22]。9月4日にクランクアップ。近年の朝ドラ(東京制作)では異例の、9月にずれ込んでのクランクアップとなった[23]。, 本作から、BSプレミアムでの再放送の開始時刻が、23時から23:30と30分繰り下げられた。23:30開始は2019年度後期『スカーレット』まで続く。, 『週刊ポスト』2018年合併号の「ポスト読者300人が選ぶ朝ドラヒロイン」アンケート結果では、本作で主演した有村架純が堂々の1位になった。, 2018年10月に本作の続編として岡田惠和の脚本、有村架純の主演でスペシャルドラマ『ひよっこ2』が製作・放送されることが同局から発表された[24]。放送時間は2019年3月25日 - 28日の4夜連続(19時30分 - 20時00分)で、30分枠ドラマとして合計4回を放送した[25][26]。同物語は、放送終了後から2年後ということで、物語も2年後の登場人物たちの姿が描かれた。, 相模原公園(相模原市)みね子、時子、三男が就職後初めて再会する日比谷中央公園[38]。, NHKが故郷編[39]、東京編[40]と呼称していること、及び番組公式ウェブサイトにおいて、ストーリーを第1週-第4週[41]、第5週-第10週[42]と区切っていることに準じる。, 東京オリンピックの開幕が迫り、高度経済成長が進む昭和39年。茨城県の山村・奥茨城村に住む高校3年生の谷田部みね子は、地元を愛し、家業の農作業を精力的に手伝いながら青春を謳歌していた。5年前の不作で抱えた農協への借金返済のために父・実は東京へ出稼ぎし、子供たちの運動靴は切れても補修して履き続けるなど、決して裕福ではなかったが、家族仲は円満で、遠く離れて生活する実のことを常に気遣っていた。しかし同年の秋、東京の実へ宛てた手紙は返送されるようになり、彼の失踪が発覚する。, 村内のイベントの聖火リレーを終え、東京オリンピックも終えた後も実の消息は判らぬまま日々は過ぎていき、谷田部家はやがて大晦日を迎え父不在のまま年を明ける。みね子は父の捜索と家計のために急遽東京の企業への就職を決意し、高校卒業後間もなく2人の幼馴染・助川時子と角谷三男と集団就職列車に乗り込み、更に列車内で出会った青天目澄子も加わり上京する。, みね子と時子、澄子、そして上野駅で合流した兼平豊子の4人は向島電機の社員寮に入所。トランジスタラジオの製造ラインに配属されたみね子は、当初失敗の連続で落ち込むが、先輩社員の永井愛子に励まされ、時子と豊子と本音をぶつけ合ったことで打ち解け、更に先輩同僚の秋葉幸子と夏井優子から助言を受け克服する。, 就職して初めての休日、実の捜索に協力する警官・綿引正義と共に、実が過ごした飯場を訪れたみね子は、苦労を察して痛感。更に後日、実の目撃情報が舞い込み、父の生存を喜ぶ反面、家族に嫌気が差し失踪したと疑い複雑なみね子だったが、寮仲間の温かさや、会社のコーラス部活動で気持ちが紛れる。初任給を貰ったみね子は、実家へ仕送りし、弟妹に文房具を買って送る。そして実の馴染みの洋食店「すずふり亭」を訪問し、店主・牧野鈴子と料理長・牧野省吾から励まされ、手元の給与で払える料理としてビーフコロッケを食べたみね子は、美味しさに感動し、以後給料日の度に店を訪れるようになる。, 季節は流れ7月。みね子は仕事に励み、実のことを考える時間が以前より少なくなってきていた。一方、お盆休みは帰省せずに、仲間らと映画や海へ遊びに行くなど、東京生活を楽しむようになる。しかし同年11月、社の業績不振に伴いみね子らの給与は減額される。更に綿引が急遽東京を離れることとなり、彼への恋心を意識したみね子は複雑な思いに駆られる。12月には向島電機の倒産が発表され、工場も年内閉鎖が決定する。同月20日、豊子の立てこもりの抵抗も虚しく工場は閉鎖し、仲間も徐々に寮を去り、残るはみね子と澄子と愛子だけになる。そんな同月27日の夜、澄子と共に内定していた石鹸工場社長から急遽採用人数削減を告げられ、みね子は澄子に譲り採用を辞退する。翌朝、途方に暮れながらすずふり亭を訪れたみね子は、鈴子に店のホール係への就職を勧誘される。先輩ホール係の朝倉高子の採用面接も合格し、裏手のアパート「あかね荘」への入居手続きを終え、新生活が決まったみね子は大晦日を愛子と2人で過ごす。元旦、愛子からお年玉として乗車券をもらったみね子は、上京以来初めて帰省し、英気を養った後、再び東京に戻る。, あかね荘に入居したみね子は、大家の立花富と入居者らの手強い人々に面食らう。すずふり亭での仕事の初日はランチタイムの忙しさで頭の中は真っ白になり、慣れ始めた数日後には皿を割り落ち込むみね子だったが、周囲の人々の理解や励ましで気持ちを切り替え、長く多忙な毎日を乗り越えていく。2ヵ月後には仕事は身につき、4月には、ひょんなことから、あかね荘の住民らと互いの食料を分け合い会食し、彼らと打ち解ける。そして、省吾と鈴子からそれぞれから口止めの上で、家を出たすずふり亭の1人娘・由香に仕送りを届けたことを機に、牧野家の不和を知ることとなる。, すずふり亭を訪れた綿引から、新たな情報として実が引ったくり犯から殴られた後に失踪したことを聞いたみね子は、あかね荘の電話で実家と連絡を取り合うが、立ち聞きした住民の久坂早苗から不幸な事情を隠していたことを叱責される。同じ頃、ビートルズの来日が決定。彼らのファンである叔父・小祝宗男のため、みね子は周囲を巻き込み歯磨き粉購入特典のチケットプレゼントの抽選応募に奮闘するが[43]、結果は落選。しかし居ても立っても居られない宗男は上京し、みね子の元を訪れる。近所の和菓子店「柏木堂」でビートルズの日本武道館公演の警備員に赤飯600個を支給することとなり、近隣の人々と宗男は昼夜を通した手伝いに駆り出される。完成した頃には宗男の妻・滋子もすずふり亭を訪れ、夫婦は日本武道館の周辺でビートルズのコンサートを楽しんだ後、茨城に帰る。, 7月17日、すずふり亭で乙女寮の同室仲間との同窓会を開催する。開始早々、女優の川本世津子が現れるハプニングが起きながらも、久々の再会と明るい近況報告で盛り上がる。同窓会終了後、時子が仕事を辞め帰る家が無いことを知ったみね子は、自室にしばらく泊めることにする。そして、あかね荘住民が催す時子の歓迎会において、みね子と住民の島谷純一郎が両思いと判明。後日2人は親交を深めていく。同じ頃、みね子の様子が気になり「すずふり亭」を訪れた愛子は省吾に一目惚れし、店に頻繁に通うようになる。また、高子は三男に連れられ来店した彼の兄・太郎に気に入られ、求婚を受け入れる。みね子と島谷の交際も数ヶ月に渡り順調に続くが、島谷は父親から家業の存続が掛かった縁談を迫られる。島谷から、全てを説明されたうえで、家を見捨て財産が無くなってもみね子を選ぶと告げられたみね子は、貧困を知らない島谷の稚拙な選択や親不孝さを叱責し、2人の恋は終局。その直後、みね子は20歳の誕生日を迎える。, あかね荘を去った島谷の部屋に愛子が入居。高子は結婚退職する。4月21日、みね子は客であるテレビ番組スタッフに頼まれ、代役で生CMに出演することとなる[44]。たまたま現場に居合わせた世津子のアドバイスで本番を何とか乗り切ったみね子は、彼女との帰路の中で、父・実のことを打ち明けるが、後日、世津子の自宅マンションへ連れられ、すべての記憶を失い川本宅で暮らす実と再会する。父の現状に大きなショックを受けるみね子だったが、帰宅後、鈴子の助言で動揺を抑えながら事実を手紙に認め母・美代子に送る。上京した母とみね子は、世津子の同意を得て実を連れて帰る。そして母は、父の気持ちを尊重してみね子に託して茨城へ帰り、みね子は父を自分の部屋に受け入れ、父娘での生活を始める。数日後、奥茨城村の田植えの時期になり、みね子から様子を聞き実は帰郷を望むようになる。みね子は急遽休暇を取り、実と奥茨城に帰省。記憶が無くなった実に家族は当初戸惑うが、実であることに変わりはないことを感じ、すぐに打ち解ける。田植え終了後、実は家族のために奥茨城に残り、仕事が気がかりなみね子は足早に東京に戻る。こうして実が奥茨城で自身を取り戻す日々を始め、やがてみね子を仕送りから解放させて自由にさせようと谷田部家が団結した頃、みね子は、あかね荘住民・つぼ田つぼ助コンビが描くマンガの主人公のモデルにされていることを知り驚愕し、島谷と別れた現状を「中だるみ」と評されて落ち込むが、すずふり亭の従業員・前田秀俊に励まされ、前向きに変わっていく。ある日、急用で多忙な店を抜け出すことをためらう鈴子を見たみね子は、助っ人として由香を連れてくる。驚く鈴子や省吾らを横目に、みね子と由香は仕事をこなしランチタイムは無事に終了。みね子から由香が柏木堂で働き始めたと聞いた鈴子と省吾は、後日柏木堂を訪れる。そして失った時間を取り戻す省吾の提案を由香は受け入れ、涙ながらに一家は和解する。, 同じ頃、世津子が金銭スキャンダルに巻き込まれたことで、大勢のマスコミ記者に囲まれ家から出られない状況を知ったみね子は、彼女に幸せになってもらいたい思いから秀俊と柏木堂の御曹司・柏木ヤスハルの協力で彼女を救出。世津子はあかね荘の愛子の部屋に身を隠すこととなる。, 数日後、時子はミスコンテスト「ツイッギーそっくりコンテスト」に優勝。「和泉真琴」との芸名で芸能界デビューが決まり、あかね荘を去って行く。鈴子から新しい制服のデザイン考案を命じられたみね子は、同じく新メニュー考案を命じられた秀俊と一緒に勉強するうちに両思いになり、やがて結婚を前提に交際を始める。世津子は愛子と意気投合するが、実に関する辛いことも腹を割って話し合うべきと早苗から提案されて、みね子の部屋に移ることとなる。愛子と省吾は、互いに忘れられない人がいながらも恋する気持ちを告白。2人は鈴子と由香の承諾の元、交際を始めることとなる。, 高度経済成長めざましい昭和43年。すずふり亭では新メニューが発表され、みね子の制服も新しくなる。ある日、実から見せたいものがあると手紙をもらい帰省したみね子は、谷田部家で花卉農業を始めたことを知らされ、仕送りはもう必要ないことを告げられる。後日、谷田部家が歌番組に出場することとなり、みね子は上京した家族をすずふり亭に招く。そこで秀俊はみね子との結婚を申し出て、谷田部家に快く承諾される。そして記憶が甦ったわけでは無かったが、実は失踪前にすずふり亭に重箱を預けていたことを思い出し、店内は感動に包まれる。, あかね荘は、早苗が長年待ち続けた恋人の迎えを受けて渡米、愛子は省吾と結婚して退去し、澄子と豊子が入居。世津子は女優に復帰し時子とドラマで共演、つぼ田つぼ助コンビは売れっ子漫画家に出世する。, 三男は勤務先の一人娘・米子と交際を経て結婚を決める。そしてみね子も、鈴子と省吾の立会いの元で秀俊との婚姻届を記入する。, そんな幸せなエンディングを迎え、みね子はすずふり亭の店先から視聴者に向けて笑顔で礼を述べ、励ましの言葉をかけるのであった。, みね子の就職先。向島でアポロン社の下請けとしてトランジスタラジオ「AR-64」の製造工場を営み、工場敷地内に女子社員寮の「乙女寮」を有する。昭和40年の不況を乗り切れず、同年12月に倒産する。, 物語の舞台となる1960年代の街の風景をペーパークラフトなどのミニチュアで再現したもので、ミニチュアの製作は田中達也が、映像は森江康太(トランジスタ・スタジオ映像ディレクター)が担当している[82][83][84]。, 主人公の実写が映っていないオープニング映像では2012年度後期『純と愛』以来となる。本作のオープニング映像では、看板に過去の朝ドラのタイトルをさりげなく書かれていたり、ミニチュアの中で多くの人物が流れるように歩いているように描かれているが、この歩いている人物はモーションキャプチャーという技法を用いてたったひとりの人間が全て演じており、映像担当の森江が主宰するスタジオのスタッフが担当しているという[82]。, 同年7月3日の第14週・第79回からはオープニング映像の一部差し替えが実施され、かき氷器が回るカットや、夜景の場面では夏ならではのCGが用意された[85][86]。, 最終話では通常のオープニングが省かれ、タイトル、テーマ曲、出演者のクレジットをエンディングにした(ただし、タイトルを出した後のオープニング映像は省略)。このような形態は、続編『ひよっこ2』の最終話も同様の例であった。, 2019年3月放送の『ひよっこ2』では、新たなミニチュアが用いられた[87][88]。, 日替わりで、ひよこ、鶏、犬の鳴き声の効果音と共に、「昭和とりっぷ」と題し、一般公募で寄せられた1960年代 - 1970年代の写真を紹介する[89][注 70][注 71]。, 01. 13. portrait, 14. 家族〜Blues〜 03. 東京へ帰る朝。みね子(有村架純)は助川家に立ち寄るが、時子(佐久間由衣)にかける言葉は厳しいものだった。時子の心配をしたことで米子(伊藤沙莉)を怒らせてしまった三男(泉澤祐希)は、米子が予想外の行動に出て困惑する。一方、赤坂では、熱海旅行ですっかり元気を取り戻した鈴子(宮本信子)が、すずふり亭の皆にある提案をする。そんな時、突然、早苗(シシド・カフカ)がサンフランシスコから帰ってきた。, (本ページの情報は2019年3月26日時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。), 時代が変わることに、年配者は、眉をひそめてしまうが、頑張って働いて、家族と旅行を楽しむのは、素晴らしいことだと言う。, 数日後のお休みに、みね子達の元に、サンフランシスコ帰りの、早苗(シシドカフカ)が現れる。, お父ちゃんもお母ちゃんも、本当は、あんたに、「ありがとう」と言われたいんだよと言う。, 東京のみね子に電話で話すと、「立派な理由じゃなくていい。私たちは幸せになるために生きている」と、みね子に電話で言われる。, 実家で、バカ騒ぎする、きよ(柴田理恵)、高子(佐藤仁美)、米子(伊藤沙莉)の、女たち。, 他の視聴している人と話したら、「えっ、ちよ子高校生?中学生の間違いじゃなくて?」と思ったそうで、確かになと思って、ちよ子演じる宮原和さんの実年齢を調べてみると、2004年生まれでした。, あのくらいの年齢は、1、2歳でも、だいぶ成長するので、見ていて違和感を感じますよね。, 進が歩いているシーンで、小学生だよね?あれ?でも、田舎の小学生って制服あるの?って調べてみたら、なんと中2の役どころ。, せいぜい、2年3年違うだけといえども、子供の年齢の違いは見ていて如実だから、きついですね。, だから、ちよ子の大学進学の理由も、また厳しくいくのかな?と思いきや、「立派な理由じゃなくていい。私たちは幸せになるために生きている」, 大前提として、才能のあるちよ子には、家族のみんな、大学にチャレンジしてもらいたかったって気持ちもあるでしょうがね。, バスの中で、会釈だけしていた、ちよ子の憧れの先輩に、「茨大で待ってる」なんて言われたら、青天の霹靂ですよね。, 鈴子さんが、元気になってよかったし、家族のいない元治も、温泉旅行に来年から連れて行ってもらえるのも良かった。, ひよっこ2・3話ネタバレ感想・実と君子の親心・親孝行ままだ早い!&今からなまりません!, 私も1話、リアルタイムで見逃しましたが、→U-NEXTの見逃し配信で見れましたよ。, 無料で視聴できる違法サイトでも見ることができる可能性はありますが、ウイルスに感染してしまったり、被害が生じる場合があります。, その点、ご紹介する、国内最大動画配信サービスのU-NEXTは、安心して視聴できます。, U-NEXTは14万本以上のドラマ、映画、アニメが楽しめる、国内最大級の動画配信サービスです。, U-NEXTの見放題作品 90,000 本、レンタル作品 50,000 本を配信しています。(2019年1月11日時点), 通常は、1,990円かかりますが、はじめて登録する方は、31日間無料お試しサービスを受けることができます。. 青春のひとコマ 刺さる視線 26. 不器用なひよこ 26.

都会の香り, 14. ご説明します 恋のうた, 監督から江戸時代の町娘に長身の大女はありえないと咎められ、さらに電信柱と言われ、無理矢理降板させられる。, 全国キャンペーンでの営業途中に実家に立ち寄り、本名ではなく芸名で活動する事を両親と兄に詫びる。なお、岡田惠和脚本の, スクラップブックに、時子が出場した「ツイッギーそっくりコンテスト」の写真や、コンテストを取り上げた記事を貼っていた。, 誰にも告げずに長らく銭湯へ出かけたことで「田舎に帰ってしまったのでは?」と、みね子たちに心配をかけて騒がせるが、銭湯で逆上せて倒れ病院へ搬送されただけであった。, 義母が働きに出たことによる農業の人手不足の要員のために帰郷を求められ、断ると仕送りの増額を催促された。, この時、時子を「洗練されてて、都会的で、おしゃれで、スラッとしている」と評し、みね子を「田舎臭くて冴えないけどよく見ると可愛い幼馴染」と評し、みね子の怒りを買う。, 芸者時代に松永と日本中を旅した思い出が蘇ることから、各地の名産を楽しみにしている。, 谷田部宅には電話が無いため、みね子は私事の漏洩の被害を免れているが、「谷田部家から届くのは手紙ばかり」と、食料の差し入れがないことを示唆する嫌味を発する。, 東京に戻ろうとした直前に家業の従業員が怪我をし、治癒まで10日ほど要したため家業を手伝う。その間、取引先の, 昭和41年冬に、時子を通じてみね子が島谷と破局した事を知らされると啓輔と2人ショックを受けた。, 第83話「すずふり亭」の近所にあるトキワ堂薬局に、彼女のポスターが貼られていることから確認。, 「なまりあるの恥ずかしいと思うの、やめたほうがいい。くにの言葉を忘れたり、捨てるんじゃなくて、“標準語”っていう違う言葉もしゃべれるようになるといいんだよ。英語もできる人みたいにね」第85話の内容より, 世津子に金の無心を断られた叔父夫婦が逆上し、週刊誌に彼女を中傷する情報を流したことで、所属事務所を自ら退所せざるを得なくなった。, 第2, 16話では「ニュースの声」役で、第77話では「ラジオの声」役で、声のみの出演。『ひよっこ2』第3話では、(テレビ番組の)「司会者」役で出演。, この週に限り、第128話のみ、本放送ではなく、翌日朝に臨時枠移動となった再放送の数値を用いて算出。なお、昼に臨時枠移動となった第128話の本放送の視聴率は11.6%, この週に限り、第143話のみ、本放送ではなく、翌日朝に臨時枠移動となった再放送の数値を用いて算出。なお、昼に臨時枠移動となった第143話の本放送の視聴率は10.5%, “有村架純「ひよっこ2」ポスターでウエディングドレス姿を披露!