ピンク・レディー - ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!! ピンクレディー - ディス・イズ・ピンクレディー - ピンク・レディー物語 栄光の天使たち - NTVザ・ヒット! ]『ザ・ワイド』で三ツ矢歌子の訃報が伝えられた際に番組のVTRが流された。, また、1978年に牛乳石鹸共進社自身が発刊した『牛乳石鹸共進社70年の歩み』には、「主な提供番組」のページに山田康雄らがゲスト出演した回の写真が、ピンク・レディーや三ツ矢・藤村・だん吉らレギュラー出演者と共に掲載されている。, 1983年にNHK教育テレビで放送されたテレビ放送30周年特番『テレビジョン その時代』で、「楽器で遊ぼうピーナッツ」の回が放送された。放送形態は以下のように変更された。, ただし、プロローグでの乳牛の鳴き声(小島正雄がピアノを弾こうとして「モー!」)はそのまま放送された。, 1995年に東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)からビデオとレーザーディスクで発売(2007年にDVDで再発売)された『クレージーキャッツ メモリアル』に「楽器で遊ぼうピーナッツ」、「どうなってんだピーナッツ」、「タニーケイだよピーナッツ」、「コントは楽しピーナッツ」の4本が収録されている(すべてモノクロだが、一部パートにカラー映像がある)。, ボーナストラックとして「ダンドリ大切ピーナッツ」でのコント「キントト映画」が収録されている(カラー。この映像のみ不要になったキネレコ・フィルムをハナ肇が持ち帰り私的に保存していたもの)。なおこのメディアは、ハナ肇が晩年にクレージーキャッツ全盛期のテレビ番組をビデオ化・発売しようとして頓挫した企画をハナの没後に関係者たちが尽力し、テレビ局各社のライブラリから映像提供を受けて実現させたものである。, 可愛い花 - 南京豆売り - キサス・キサス - 情熱の花 - 乙女の祈り - モスラの歌 - 悲しき16才 - 心の窓にともし灯を - マイ・ホーム・タウン - ルナ・ナポリターナ - スター・ダスト - 月影のキューバ - スク・スク - ヘロー・メリー・ルー - コーヒー・ルンバ - ふりむかないで - 私と私 - ジョニー・エンジェル - レモンのキッス - 恋のバカンス - ポカンポカン - 東京たそがれ/ウナ・セラ・ディ東京 - ジューン・ブライド - スーヴェニール東京 - ドンナ・ドンナ - 明日になれば - ローマの雨 - 銀色の道 - 東京ブルー・レイン - 恋のフーガ - 恋のロンド - 愛への祈り - ガラスの城 - 東京の女 - 大阪の女 - リオの女 - サンフランシスコの女 - 情熱の砂漠 - さよならは突然に - 浮気なあいつ - よこがお, エーワンベーカリーのうた - レナウンの唄 - 日本テレビの歌 - シャボン玉ホリデー - 小田急ピポーの電車 - ルルの唄 - キッコーマンの唄 - 若い季節 - かーんかーんカネボウ - 日立キドカラーの歌 - QRソング, バルーンの歌 - 花 - パパはママが好き - ずいずいずっころばし - 木曽節 - カンタ カナリート 〜風よりもかろやかに〜, 魅惑の宵 - ザ・ヒットパレード - シャボン玉ホリデー(SP) - NHK紅白歌合戦 - エド・サリヴァン・ショー - カテリーナ・ヴァレンテ・ショー - ダニー・ケイ・ショー, 可愛い花 - 情熱の花 - モスラ - 私と私 - 若い仲間たち うちら祇園の舞妓はん - クレージーメキシコ大作戦, ピーナッツ・ホリディ - 世界を駆ける可愛い花(10周年記念コンサート「ザ・ピーナッツ・フェスティバル」) - ザ・ピーナッツ さよなら公演, 渡辺美佐 - 渡辺晋 - 大里洋吉 - ハナ肇とクレージーキャッツ - スマイリー小原とスカイライナーズ - 岩谷時子 - 宮川泰 - 音羽たかし - 安井かずみ - すぎやまこういち - 井原高忠 - 沢田研二, ペッパー警部 - S・O・S - カルメン'77 - 渚のシンドバッド - ウォンテッド (指名手配) - UFO - サウスポー - モンスター - 透明人間 - カメレオン・アーミー - ジパング - ピンク・タイフーン (In The Navy) - 波乗りパイレーツ - Kiss In The Dark - マンデー・モナリザ・クラブ - DO YOUR BEST - 愛・GIRI GIRI - 世界英雄史 - うたかた - リメンバー (フェーム) - Last Pretender - OH! ピンク百発百中 - 走れ! - ザ・チャンス! - ピンク・レディーX - ピンク・ベイビーズ, なお、後年には「ピーナッツ!」のサブタイトルは省略された。また、ザ・ピーナッツの冠番組は1本も実現しなかった(単発特番を除く)。, 事実、放送開始の1961年6月4日付けの各新聞に載せられた広告(牛乳石鹸製品と、翌6月5日に, 第2期の放送開始前、日本テレビはこの時間帯(土曜 23:45 - 日曜 0:40)を使って, 初期には、上段に「長方形に囲まれた乳牛マーク」、下段に「提供 牛乳石鹸」という構成だったが、中期からは、上段に「提供」、中段に「丸に囲まれた乳牛マーク」、下段に「牛乳石鹸」という構成に変わった。, ただし、この番組内ではクレージーキャッツが最終回まで出演しているという設定になっており、その意味ではフィクションであるといえる。, オープニングの終了後、髪を抑えたザ・ピーナッツの前に楽器を持ったハナが現れ、ピーナッツが気分が優れないのでハナが楽器を鳴らすが、ピーナッツは髪を綺麗にしたいと発言。そこでハナが懐から当時販売されていた「液体 牛乳シャンプー」の容器を取り出したところで同製品のCMとなる。, 五歩一勇『シャボン玉ホリデー スターダストをもう一度』(1995年 日本テレビ放送網)P269, 五歩一勇『シャボン玉ホリデー スターダストをもう一度』(1995年 日本テレビ放送網)P236, 『河北新報』1971年8月1日 - 8月29日、1972年9月3日 - 10月1日付朝刊テレビ欄。, 『河北新報』1970年10月4日 - 10月25日、1971年8月1日 - 8月29日、1972年9月3日 - 10月1日付朝刊テレビ欄。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=シャボン玉ホリデー&oldid=79284462, この回に関する場面に突然ピーナッツが現れ、(ユミ)「牛乳石鹸提供」(エミ)「シャボン玉ホリデー!」とタイトルコールした後、, 牛乳石鹸に因み、乳牛の鳴き声「モー!」でオチになるコント。鳴き声は初期はクレージーの一人が口で行うか、管楽器を鳴らそうとして「モー!」となるかだったが、中期からは着ぐるみの乳牛がやるようになった。なお, シャボン玉が舞う映像が映され、(エミ)「シャボン玉ホリデー」(ユミ)「○○(サブタイトル前部)」(2人)「ピーナッツ!」という声がした後、ピーナッツが映されてテーマソングを歌った。末期には画面下にスタッフの, 大別して2種類あり、オープニング直後にクレージーの誰かとピーナッツがやり取りした後に牛乳石鹸製品の紹介ナレーションをするものと、番組中のコントに突然ピーナッツが現れて生CMへ行くものがあった。またエンディング前の生CMは、, 番組の名物コント。植木が場違いな場面に現れて皆が呆気に取られたところで、植木が「お呼びでない?こりゃまた失礼しました!」と言いながら去り、皆がずっこけた。このコントのコンセプトは後に『, ハナが病気で寝たきりの父親、ピーナッツがその娘に扮し、(ピーナッツ)「おとっつぁん、おかゆが出来たわよ」(ハナ)「いつもすまないね」で始まるコント。「お呼びでないコント」や「キントトコント」などと絡ませることが多かった。, なべが映画監督、安田が助監督に扮し、映画の撮影風景を見せるコント。必ずなべが安田を「安田ー!」と叫びながらどつくのが定番であり、この時期のなべの当たり役となった。, 冒頭と同じ提供クレジットが出された後、「シャボン玉ホリデー おわり」と書かれたエンドカードが出される。この間、オープニングテーマの後半部と、乳牛の鳴き声「モー!モー!モー…」(何回も繰り返してフェードアウト)が被さる。, アシスタントプロデューサー:原薫太郎(多忙だった秋元の業務を補佐するため、番組後期に担当), 冒頭のザ・ピーナッツの台詞「牛乳石鹸提供!シャボン玉ホリデー」の「牛乳石鹸提供!」の部分は無音となった。, オープニングでの提供クレジットと、オープニングテーマ終了後のザ・ピーナッツとハナ肇によるCM, エンディング前の犬塚と入江による生CMは途中で切られ、すぐにエンディングへ行った。, エンドカードは「スターダスト」が流れている最中に出され、「次回予告」「提供クレジット」「乳牛の鳴き声がフェードアウト」は全て削られた。. - 不思議LOVE - PINK EYED SOUL - テレビが来た日, ペッパー警部 - 星から来た二人 - 不思議な旅 - ピンク・レディー・イン・USA - WE ARE SEXY - ターニング・ポイント - SUSPENCE 〜Pink Lady Again, ベスト・ヒット・アルバム (1977) - ベスト・ヒット・アルバム (1978) - UFO/サウスポー - ピンク・レディー, GOLDEN☆BEST ピンク・レディー コンプリート・シングル・コレクション - INNOVATION(ボーカル新緑のセルフカバー・ベスト), チャレンジ・コンサート - サマー・ファイア'77 - バイ・バイ・カーニバル - アメリカ!アメリカ!アメリカ! - Pink Lady and Jeff - オールスター感謝祭, ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD vol.1 - ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD vol.2, 池田文雄 - 萩本欽一 - 阿久悠 - 都倉俊一 - 土居甫 - 飯田久彦 - 相馬一比古, JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント - バップ - テイチクエンタテインメント - スター誕生! 自身の冠番組の構成に次男がいるなんて番組の私物化もいいところ。 上沼恵美子の番組が好きでよく見ていた母が 最近は全く見ていないので理由を聞くと、 昔はトークが面白かったけど、 最近は偉そうで高圧的で不快になると。 上沼の次男(放送作家)が梶原と不仲にさせた? 上沼さんと梶 - UFOセブン大冒険 - 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 - ハロー! 『シャボン玉ホリデー』(シャボンだまホリデー)は、1961年6月4日から1972年10月1日、および1976年10月9日から1977年3月26日まで日本テレビで放送されていた音楽バラエティ番組である。, 第1期・第2期ともに牛乳石鹸の一社提供で放送(社名は、第1期放送当時の1967年に共進社油脂工業から牛乳石鹸共進社に変更)。放送回数は第1期が全591回、第2期が全24回。第1期は毎週日曜 18:30 - 19:00 に、第2期は毎週土曜 23:45 - 日曜 0:15 (日本標準時)に放送されていた。, 制作は日本テレビと渡辺プロダクション(後年タレント部門をワタナベエンターテインメントに継承)。渡辺プロが目下売り出し中の双子の女性デュオ・ザ・ピーナッツを主役に据えた音楽バラエティショーとして制作された。現場の指揮は、渡辺プロダクションの制作部長・松下治夫(後の株式会社ワイズメン代表)が執った。, スポンサー探しは難航を極め、当初提供契約に難色を示していた牛乳石鹸が最終的にしぶしぶ行った[注釈 1]経緯から同社より見返りを求められ、日本テレビが見返りとして番組名を『シャボン玉ホリデー』に変えた経緯がある。番組名がホリデーとなっているのは、牛乳石鹸社長の宮崎寅四郎による命名で、電通の堀貞一郎から牛乳石鹸への売り込みだったため、その労をねぎらい堀の名をとり堀貞(ホリテイ)からホリデーとした[1]。なお、牛乳石鹸の一社提供だったため、番組冒頭には乳牛の鳴声「モー!」と番組テーマ曲をバックに「提供・乳牛マーク・牛乳石鹸」が書かれていた提供クレジットが入れられていた。その代償として、テーマ題の最後に「ピーナッツ!」とサブタイトルを入れることにした[注釈 2]。ただ、視聴率が高かったため、結果的には成功ということになった。, 番組はまず「牛乳石鹸提供、シャボン玉ホリデー!」のタイトルコールに次いで、乳牛の鳴き声でオチとなるコントをやり、その後ザ・ピーナッツがテーマソングをシャボン玉の舞う中で歌い、毎回一つのあるテーマに沿ってザ・ピーナッツ、ハナ肇とクレージーキャッツ、そして毎回登場するゲストを交え、コント・歌・トークなどを展開。番組からは数多くのギャグが生まれ、特に植木等の「お呼びでない?こりゃまた失礼致しました!」は番組を代表する伝説的なフレーズとして親しまれた。, 第1回からカラー放送で、生放送ではなく、カラーVTRに収録して放送を行った[注釈 3]。収録は出演者のスケジュール上、深夜に撮影されることが多く、時には、明け方までかかることもあったという。オープニングテーマとエンディングテーマからも伺えるとおり、番組の主役はザ・ピーナッツであるが[注釈 4]、実質的にはハナ肇とクレージーキャッツとのW主演となった。, また、例年の8月にはクレージーが大阪市北区の梅田コマ・スタジアムで特別公演を行うため、系列局である読売テレビ[注釈 5]のスタジオ(当時は東天満に存在)を使って収録したこともある。, 1972年に入ると、クレージーのメンバー全員揃っての出演は無くなる(ハナ肇か谷啓が出演)。そして同年5月からの約半年間は公開番組となり、谷啓、ピーナッツ、そして井上順之(現・井上順)がメインを務め、スタジオに動物を入れるなど往時とは別内容のものとなっていた。この頃にはジャッキー吉川とブルーコメッツもレギュラーとなっていた。この時期番組は視聴率も低迷しており、ザ・ピーナッツが当時関西で人気を誇っていた『ヤングおー!おー!』(毎日放送製作)にゲスト出演した際、「こっち(ヤングおー!おー!)のほうが面白い」と本音を漏らしたというエピソードも残っている[2]。, 番組は1972年10月1日、11年4か月の歴史に幕を下ろした。通常『シャボン玉ホリデー』と言えば、こちらの第1期を指すことの方が多い。, 第1期の終了から4年後の1976年10月9日、番組はオリジナルタイトル&提供(牛乳石鹸)のままでリバイバル。レギュラー陣はデビュー間もないピンク・レディーに三ツ矢歌子、藤村俊二、車だん吉を加えたメンバー構成で、第1期と同様に日本テレビで放送されていた。, しかし、放送時間は毎週土曜 23:45 - 日曜 0:15 と遅く、視聴率は低かった[要出典]。低視聴率ならびにナイターシーズン用の『全日本プロレス中継』の枠確保のため[注釈 6]、番組は半年後の1977年3月26日に終了したが、ピンク・レディーはこの番組がきっかけで、1977年に牛乳石鹸が発売した「シャワラン・ビューティシャンプー&リンス」のCMに出るようになった。, 1977年1月1日には、『全日本プロレス中継』(全日本プロレス主催の正月興行)編成[注釈 7]のために放送を休止した。第1期は一回も休止されなかったので、これがシリーズ唯一の休止となった。, 番組と同名のテーマソングをザ・ピーナッツが歌っていた。そのテーマソングの作詞者は前田武彦である。, 第2期(ピンク・レディー時代)のテーマ曲は第1期とは大きく異なっており、ワルツ調になっていた(作詞作曲は不明)。, 『シャボン玉ホリデー』第2期レギュラー放送終了から9年後の1986年3月6日、『木曜スペシャル』枠でクレージーキャッツ結成30周年を記念し、当時の貴重な映像やコントの再現などで一夜限りの復活版を放送した[注釈 12]。チェッカーズや原田知世などがクレージーキャッツ[注釈 13]と共演し、当時の台本を元にオリジナルのスタッフの斎藤太朗が演出した。番組は、自殺した同番組プロデューサー兼ディレクターの秋元近史に捧げられていた。, 1989年12月31日の16:00 - 17:55に、青島幸男の著書「わかっちゃいるけど シャボン玉の頃」を原作に、第1期最終回の裏側を描いたスペシャルドラマ『シャボン玉の消えた日〜シャボン玉ホリデー・笑いにかけた青春物語〜』を放送[注釈 14]。脚本:高平哲郎、演出:須沼望・大友孝行。, ザ・ピーナッツ役はWink、青島幸男役に萩原流行、ハナ肇役に渡辺正行、谷啓役に小倉久寛、犬塚弘役に嶋田久作、植木等役は田口トモロヲ[注釈 15]が起用された。このほか、宮川秦役を息子の宮川彬良(クレジット上は本名の「晶」名義、音楽制作も担当。)が、大橋巨泉役にタモリ、秋元近史役に根津甚八を起用した。, スポンサーは牛乳石鹸を含めた複数社提供だったが、ドラマ内では当時使われた牛乳石鹸の提供スーパーが再現された。, 2015年3月27日から29日まで東京・三越劇場にて、「第4回日本喜劇人まつり」(一般社団法人日本喜劇人協会主催)として『天国のシャボン玉ホリデー』と題した舞台公演が行われた。放送当時の構成作家の一人である河野洋が脚本、喰始(WAHAHA本舗主宰)が演出をそれぞれ担当し、牛乳石鹸が協賛。小松政夫、藤田弓子、赤井英和、小倉久寛、熊谷真実、清水よし子、桜花昇ぼる、大和田獏、林与一らといったメンバーに加え、犬塚弘も特別出演した[19]。, 第1期放送当時の放送用2インチVTRは高価であったため、第1期の現存映像は以下の10本のみである。, これらのうち、後年の回顧特番などで放送されるのは大半がモノクロキネコ版で、カラーVTRは放送する事が少なく、特に「10周年だよ!」は、放送形態が非公開から公開番組に変わった初の回であるにもかかわらず、ほとんど放送されることがない。, 第2期のピンク・レディー版は、後年の回顧番組(特にピンク・レディー関連)でも取り上げられることはほとんどないが、映像自体は現存しており、2004年に放送された[いつ?