(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Creepy Nutsのお二人が『オードリーのオールナイトニッポン』にゲスト出演。若林正恭さんとともに作家・朝井リョウさんについて話していました。, ピース綾部さんが2020年2月1日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』に出演。オードリーのお二人に丸2年間のアメリカ生活を話していました。, オードリーの若林さんがニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でCreepy NutsのDJ松永さんがオールナイトニッポンで披露したラジオトークのヤバさについて話していました。, オードリーの若林さんが2020年9月5日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でCreepy NutsのMステ出演についてトーク。R-指定さんの歌詞飛ばしについて話していました。, オードリーの若林さんがニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で次週の番組にCreepy Nutsのお二人がゲスト出演することを告知。共演を楽しみにしていました。, オードリー若林さんが2020年3月14日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で東野幸治さん、山里亮太さんと食事会をした話をしていました。. Creepy Nutsが初めてセルフボースティングに手を出した曲とDJ松永は解説している 。 ライブでは発売前から披露されており、2019年2月に未発売の新曲映像として「生業」のライブ映像が YouTube で公開されていた [16] 。 『よふかしのうた』は、2019年8月7日に発売されたCreepy Nutsのメジャー1枚目のミニ・アルバム。, ミニ・アルバムとしては2017年発売の『助演男優賞』以来であり、メジャーデビュー後は初となるリリース。配信シングルの「阿婆擦れ」「よふかしのうた」などを収録。, 本作についてメンバーのR-指定は、これまでのライブなどでの経験からボースティング(ヒップホップの表現で、自分がいかにすごいかを誇示すること)ができたと述べている。また、トラップの要素に、リリカルなラップを乗せてみるなど、新しいことにも挑戦ができたと振り返っており、今どきの要素を取り入れる反面、桂米朝の落語を拝借したフレーズといった古典も取り入れ、自分たちのバランス感覚でミックスしていったという。メンバーのDJ松永は、今までの活動の文脈を踏まえて完成した作品であるとコメントしている[1]。, 本作『よふかしのうた』は、初回生産限定盤である"ライブDVD盤"と通常盤である"ラジオ盤"の2形態で発売された。ライブDVD盤にはCDに加え2018年10月にZepp Tokyoで行われたライブ「クリープ・ショー2018」の模様をダイジェストで収録した副音声付きのDVDが付属。ラジオ盤はDVDが付かずCDのみだが、曲と曲の間にメンバー2人のトークが入り、ラジオ番組を聴いているようなラジオ番組風トークがCDに収録されており、初回限定盤と収録が異なる[2]。, このような形態で発売した経緯は、初回限定盤を豪華盤、通常盤を廉価盤というような差別化をしたくなかったというメンバーの意向からである。初回限定盤と通常盤で発売する話は決まり、初回限定盤にはライブ映像が収録されたDVDが付属する方向となった時に、通常盤をラジオ盤として別の良さを出したかったとCreepy Nutsの2人が2019年8月5日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演した際にDJ松永は語っている[3]。, 尚、収録されたラジオ版の一部分の作り直しや納品の遅れが影響し、正規ルートでの製品化及び発売ができず、スタッフが代わりに静岡のプレス工場を押さえたという経緯がある[4]。, 1曲目には2018年12月12日に配信シングルとしてリリースされ、アルバムタイトルにもなっている「よふかしのうた」が収録されている。ニッポン放送のラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン 10周年全国ツアー」の公式テーマソングであり、オードリーの若林正恭から直接話を貰い制作した曲である。これにより、とてつもない文脈回収の曲になったとDJ松永は述べている[5][6]。ミュージックビデオも制作されたが、撮影場所はオードリーの春日俊彰がミュージックビデオ撮影時点で住んでいた自宅のむつみ荘であり、クラブむつみ荘としてライヴを敢行するというストーリー仕立てのもの。オードリーの2人も映像出演している[7]。, 2曲目の「板の上の魔物」は、テレビ朝日系ドラマ「べしゃり暮らし」のオープニングテーマに起用され、ドラマの為に書き下ろした楽曲である。Creepy Nutsがドラマのテーマソングを書き下ろしたのは初であり、R-指定とDJ松永は森田まさのりによる原作マンガを熟読してから楽曲制作に臨んだ。ドラマで主演を務めた間宮祥太朗とも対面をしている。ドラマが高校生の漫才コンビのストーリーであるという背景から間宮はこの楽曲を気に入った上で、ドラマ主題歌を提供したB'zもCreepy Nutsも2人組であるということがすごくいいと思ったとコメントしている。べしゃり暮らしのドラマ初回放送翌日の7月28日に「板の上の魔物」の先行配信を行っている[8][9]。

Creepy Nuts/よふかしのうた . 堕天狗 2019/08/05 23:21. PUNPEEのサンプリングだろう。, 3小節目を除き全てのケツが「ない」で統一されている。「責めない」「聞かない」「正さない」「使いこなせない」「使い果たせない」「終わらない」「始められない」部分によってもう一文字二文字加わっているところもあるが割愛する。, 繰り返しになるが、この曲はオードリーのANNの全国ツアーのテーマソングとして書き下ろされた楽曲だ。MVも春日が先日まで20年間暮らしていたむつみ荘で撮影されているし、番組内の小ネタが随所に散りばめられている。リスナーにとっては何度も見返してその要素を発見する楽しみがある。気になった方は、MVを解説したサイトがいろいろあったので、そちらを見てみるとおもしろいかもしれない。, R‐指定が書くリリックは幾重にも入り組んでいる。今回、僕が考察した箇所も、R‐指定の頭の中のほんの一部でしかないかもしれない。「よふかしのうた」はR‐指定の才能に「酔ふ歌詞のうた」でもあるのだ。, (Hook)*よふかしのうた照らしてってmoonlight目を奪ってブルーライトネオンサインが呼ぶ表裏よふかしのうた連れ去ってmidnight血走ったredeyes大人達の子守唄なんせ俺達の夜は忙しいKeep on dancin'さぁ鬼の居ぬ間に俺たちの夜は忙しい oh yeahなんせ俺達の夜は忙しいKeep on dancin'さぁ鬼の居ぬ間に俺たちの夜は忙しい oh yeah*, ガキの頃から夜が好きだった九時に寝るのはなんか嫌だったなんとなくただ勿体なかったお前のことがもっと知りたかったいわゆる三文の得投げ売ってでも見たいのさ もっと奥の奥の奥色濃く紐解く12オクロックから丑の刻まで初めてお前を跨いだのは、いや初めて跨ったのは確か14俺は何も知らねワナビー手取り足取り全てが新しい姿形にその香り静けさが似合うその黒い肌に吸い込まれてた 手招きされるままにそれからお前は音楽をくれた女の裸も見せてくれた飲んだことねぇ酒に口つけてオトンのタバコくすね火をつけたやっちゃいけないが溢れて知っちゃいけないに塗れてる迎えに来る闇に紛れてお前はいつも気まぐれで…, 晴れて大人の仲間入り我が物顔で朝帰り腫れ物触るよな周りの目に中指立てども空回り暗い部屋 照らしてよブルーライト視力低下に体力低下認めたかないがお前のせいさ起こさないでティーチャーI'm a day dream believer俺の若さを日々吸い上げるまるでサキュバス またはインキュバス近いうちに朽ち果てるお前に手を引かれて出向いた土曜日の溜まり場同じ周波数のムジナ もれなく社会不適合者だけど お前は決して誰も責めないお前は決して何も聞かない御節介な陽の光と違い俺を正さない未だお前を乗りこなせない 未だお前を使い果たせないずっと今日が終わらない明日は始められない, #音楽 #歌詞 #歌詞考察 #CreepyNuts #よふかしのうた #ヒップホップ #コンテンツ会議 #夏のオススメ. リリックは“板の上=舞台の上”という漫才師とミュージシャン共通のフィールドをテーマにしている。また、リリックの中には尾崎世界観などといった人名も登場する。タイトルの"板の上の魔物"はお客さんの目や世間の評価を差している[9][10]。, 3曲目には「犬も食わない」を収録。日本テレビの同名のコント番組「犬も食わない」のテーマソング。2匹の犬が歌詞の世界に登場するが、タイトルの"犬も食わない"は人間目線だという。政治や芸能界、メジャーシーンで活動するラッパーとアンダーグラウンドのシーンで活動するラッパーの対立などの現状などもリンクしている[11]。, 4曲目には2018年11月16日に配信シングルとしてリリースされた「阿婆擦れ」を収録。ライブでは発売前から披露されており、2018年11月6日放送の「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」で初オンエアされた[12]。翌年の4月にこの曲のミュージックビデオが公開されたが、撮影にあたり楽曲のイメージを作るために、R-指定、PV監督、カメラマン及び全てのスタッフが賢者モードで撮影を行った[13]。, 5曲目の「グレートジャーニー」は、「板の上の魔物」、「犬も食わない」と共に、収録内容解禁の際に新録未発表曲として発表された[14]。ツアーで全国を回っていることを歌にした。, 6曲目には「生業」を収録。Creepy Nutsが初めてセルフボースティングに手を出した曲とDJ松永は解説している[15]。ライブでは発売前から披露されており、2019年2月に未発売の新曲映像として「生業」のライブ映像がYouTubeで公開されていた[16]。この曲はサビもなくずっとラップな曲でキャッチーではないとR-指定は語っており、女優の長澤まさみがInstagramのストーリー機能に上げた"聴いている曲リスト"の中に生業が入っいたことについて2019年8月20日放送のCreepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)でリアクションしており、驚いていた[17]。, 本作発売後の2019年9月21日よりワンマンツアー「Creepy Nutsワンマンツアー2019」を開催する[7]。, “ラスボス・R-指定とDJ松永、昨今のラップ“バブル”語る 若者へ「努力をしないと化石化する」”, https://www.oricon.co.jp/confidence/special/53474/, “Creepy Nuts、8/7にミニアルバム発売&オードリー・春日宅で撮影したMVも公開 (2019/05/29) 邦楽ニュース”, https://news.mynavi.jp/article/20190806-872828/, http://www.allnightnippon.com/news/20190716-43749/?pg=creepynuts, “Creepy Nuts、新曲は「オードリー・若林さんから直接お話をいただき…」”, https://www.excite.co.jp/news/article/TBSRadio_397437/, “Creepy Nuts、オードリー春日の「むつみ荘」でMV撮影 - 小ネタも満載”, https://news.mynavi.jp/article/20190529-833141/, https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907260000015.html, “Creepy Nuts、間宮祥太朗×渡辺大知の“青春お笑いドラマ”にオープニング曲提供(コメントあり)”, “日本語学者がCreepy Nuts・R-指定に聞く、ラップの歌詞世界 (2019年8月9日)”, https://www.excite.co.jp/news/article/TBSRadio_397587/, “日本語学者がCreepy Nuts・R-指定に聞く、ラップの歌詞世界 (2019年8月9日) (3/3)”, https://www.excite.co.jp/news/article/TBSRadio_397587/?p=3, “Creepy Nuts、新曲「阿婆擦れ」を本日11/6放送のレギュラー番組"Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)"にて初オンエア”, https://skream.jp/news/2018/11/creepy_nuts_abazure_radio.php, “Creepy Nuts、世界初!?全員が賢者モードで撮影した「阿婆擦れ」MV公開”, https://skream.jp/news/2019/04/creepy_nuts_abazure_mv.php, “Creepy Nuts、8/7リリースのミニ・アルバム『よふかしのうた』詳細発表。新曲を"オールナイトニッポンZERO"で順次解禁”, https://skream.jp/news/2019/07/creepy_nuts_yofukashinouta_detail.php, https://www.excite.co.jp/news/article/TBSRadio_397437/?p=2, “長澤まさみのインスタに"本気"になったCreepy Nuts「あの曲が好き、ということは」妄想トークにツッコミ殺到”, https://coconutsjapan.com/entertainment/creepy-nuts-nagasawamasami-aragakiyui/17215/, オリコン週間 デジタルアルバムランキング 2019年08月05日~2019年08月11日, オリコン週間 合算アルバムランキング 2019年08月05日~2019年08月11日 11~20位, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=よふかしのうた_(アルバム)&oldid=79421063. オードリーのANN10周年全国ツアーのテーマソングとして書き下ろされたこの曲は、MVでも存分にリトルトゥースしか分からない小ネタをぶち込みまくって一部を歓喜させた。楽曲が完成して、Creepy NutsがオードリーのANNにゲスト出演した時のやり取りは公式HPに一部が取り上げられているのでそちらを参照してほしい。, また、今回のアルバムの表題となったことで改めて歌詞を見返してみた。すると、案の定いろいろな仕掛けが見えてきたのでそれを見ていこうと思う。, よふかしのうた照らしてってmoonlight目を奪ってブルーライトネオンサインが呼ぶ表裏よふかしのうた連れ去ってmidnight血走ったredeyes大人達の子守唄なんせ俺達の夜は忙しいKeep on dancin'さぁ鬼の居ぬ間に俺たちの夜は忙しい oh yeahなんせ俺達の夜は忙しいKeep on dancin'さぁ鬼の居ぬ間に俺たちの夜は忙しい oh yeah, 夜に魅せられた大人が、ネオン街の月夜の下、スマートフォンを弄っている。表では夜な夜な派手などんちゃん騒ぎが繰り返されているなか、主人公は陰キャラ的な指向だ。それでも、「夜は忙しい」とその状況を肯定的に捉えている。むしろ、鬼(=陽キャラ)たちが遊びに興じている間にやりたいことに打ち込めて充実感さえ覚えている。, 「よふかしのうた」というタイトルがひらがなになっている。オードリーのANNを模した歌なので「夜更かし」から来ていることは間違いないだろう。しかし、敢えてひらがな表記にしている+ラジオリスナーの社会不適合者が題材ということは、「世(を)不可視」という意味も込められているのではないか。「うた」部分について、「歌」に加えて、Creepy Nutsにラッパーとしてもラジオパーソナリティとしても大きな影響を与えたRHYMESTERの「宇多(丸)」要素もあるのではないか?と邪推した。しかし、このリリックの中にRHYMESTERからのサンプリングは認められなかったので深読みしすぎだったのだろう。, 「redeyes」とは赤目、つまりはクスリでハイになった状況を指すことが多いが、この場合は単に寝不足で目が充血しているのだろう。また、英単語としての「redeyes」は、飛行機の夜行便のことを指す。飛行機前方の赤い光を目に模しての表現とのこと。これは、「板の上の魔物」リリック内の, に通づるところがある。前作・「クリープ・ショー」でも、前後の曲ごとに言葉遊びが多々見られたが、今回はさらに進化している。, そして、「Keep on dancin'」について。オードリー若林の中学時代の渾名は「木保(きぽ)」である。さらに、若林の著書『社会人大学人見知り学部卒業見込み』が韓国にて発売された際、オードリーが「オドリ」と表記されていた(ハングルに「ー(長音符)」の表記法がないため)ことから、「オードリー→オドリ→踊り→dance」となり、オードリーに絡めた歌詞なのではないか。, 「moonlight[múːnlàit]」「ブルーライト[blúː làit]」「midnight[mídnὰɪt]」「redeyes[rɛ́dáɪz]」と脚韻。4小節ごとの区切りの中で、2,3節目のケツで綺麗に[ài]で踏んでいる。, また、1,4小節目では、「うた」「表裏」「子守唄」と[ooeua]で踏んでいる。「子守唄」の「り」も[æ]のような発音にすることで、違和感なく五文字全踏み感が出ている。, 「忙しい」「Keep on dancin'」「居ぬ間に」と[ioai]で返し韻&脚韻。, ガキの頃から夜が好きだった九時に寝るのはなんか嫌だったなんとなくただ勿体なかったお前のことがもっと知りたかったいわゆる三文の得(徳) 投げ売ってでも見たいのさ もっと奥の奥の奥色濃く紐解く12オクロックから丑の刻まで, 思い返してみれば、子供の頃から夜に魅せられていた。 9時以降の夜にこそ面白いテレビ番組をやっているし、早起きなんかより夜更かしの方が価値のあるものだと思っていたと宣言している。, このリリックの間に9,3,12と三つの数字が出ているので、9から遡って数字を潜ませているのではないか?という仮説を立てた。, 【九=9】時に寝るのはなんかい【や=8】だった【なん=7】となくただ【もっ=6】たいなかったお前の【こ=5】とがもっと【知=4】りたかったいわゆる【三=3】文の得投げ売ってでも見たいの【さ=2】もっと奥の奥の奥【い=1】ろ濃く紐解く【12】オクロックから丑の刻まで, 6と2はかなりこじつけくさくなってしまった。ただ、両方とも漢数字の読み方を検索した結果出てきたものなので一応成り立ってはいる。2を「さ」と読ませる単語なんてひとつも思い浮かばないけど。, ちなみに「【い=1】ろ濃く【ひ=1】も解く」と読み方の時代を超えて意味で踏んでいる。, また、「早起きは三文の徳」という諺は「得」ではなく「徳」の字を充てることが主だ。一応、日本の語義的にはどちらも正しいらしいが、この場合は・早起きで「徳」を積むのは馬鹿らしい・早起きで少しばかりの「得」なんて必要ないという二つの意味で推敲した結果、後者を表記を選んだのだろう。, また、「投げ売って」という表記は、本来「擲つ」と漢字を当てる。これに関しては誤植では…?と思った。, 「好きだった」「嫌だった」「勿体なかった」「もっと知りたかった」と[a/a]で脚韻。後半ふたつは[mo/t]でも踏んでいる。優等生の韻。, 「得」「奥」「奥」「奥」「オクロック」「丑の刻」と[ou]で細かく踏んでいる。また、その中で「色濃く」「紐解く」は[ioou]でも踏んでいる。, 初めてお前を跨いだのは、いや初めて跨ったのは確か14俺は何も知らねワナビー手取り足取り全てが新しい姿形にその香り静けさが似合うその黒い肌に吸い込まれてた 手招きされるままに, 12時から丑の刻の深夜の遊びに踏み入れたのは14歳の時だった。まさに中学二年生、中二病と呼ばれる多感な時期の神経をビシビシと刺激してきた。その「黒い肌」をした得体の知れない物体に誘われたワナビーは、あっという間にそれに染まっていった。, 「跨いだ」という能動的な表現ではなく、偶発的に「跨った」という受動的な表現。14歳のころの「お前」との出会いは偶発的なものだったのだろう。この歌に出てくる「お前」は夜のことを擬人化している。, 「跨いだ」「いやはじめて」「14」「ワナビー」「あたらしい」「姿形」「香り」「肌に」「ままに」と[aai]で踏んでいる。「香り」の「お」は[œ]の発音で[a]に寄せている。加えて、「手取り足取り」の[oi]部分にも繋げており、二重に韻が絡んでいる。「のはたしか」「俺はなにも」の部分にも[aai]は見受けられるが、発音的に意図したものではないと判断した。, また、「すがた形にその香り しずけさが似合う その黒い肌に 吸い込まれてた」と[s]の頭韻が隠れている。, それからお前は音楽をくれた(し)女の裸も見せてくれた飲んだことねぇ酒に口つけてオトンのタバコくすね火をつけたやっちゃいけないが溢れて知っちゃいけないに塗れてる迎えに来る闇に紛れてお前はいつも気まぐれで…, 夜は、新しい音楽やエロ動画、酒にタバコに誘惑が多い。思春期真っ盛りの14歳には刺激が強すぎる。そんな気まぐれな夜はいつも違う一面を「俺」に見せてくれる。, オ【トン=10】のタバコ【く=9】すね 火をつけた【や=8】っちゃいけないが溢れて【しっち=7】ゃいけないに塗れてる【む=6】かえに来る闇に紛れてお前は【いつ=5】も気まぐれで…, では11はどこにある、と探してみるが、なかなか見つからない。日本語以外の読み方で11を検索してみると、一応、「手取り足取り全てが新【しい=11】」と中国語読みの11が「シイ」だとヒットしたので、本稿ではこれを以て11だと捉える。ただ、これはほぼほぼこじつけでしかない。他の考察があれば教えて欲しい。, 「お前は」「音楽を」「おんなの裸も」「飲んだ」「オトン」と[o]でかなり強調しながら頭韻している。, よふかしのうた(中略)なんせ俺達の夜は忙しいKeep on dancin'さぁ鬼の居ぬ間に(後略), 晴れて大人の仲間入り我が物顔で朝帰り腫れ物触るよな周りの目に中指立てども空回り暗い部屋 照らしてよブルーライト視力低下に体力低下認めたかないがお前のせいさ起こさないでティーチャーI'm a day dream believer, 時は経って、夜更かし、つまりは大人の世界に入り浸ることにも慣れてきた高校生・大学生の頃の話。深夜に遊び回り朝帰りを繰り返すことは当人にとっては当たり前でも、周りからは「社会生活からドロップアウトした可哀想な奴」としか見てもらえない。おそらく、この文脈で言う「朝帰り」とは、繁華街やホテル通いではなく、深夜に自分の部屋で行われている「大人の遊び」に興じて、やっと朝になってそれを止めるということではないだろうか。ここは、オードリー春日のANN内のエロパソトークと通ずるものがある。そんな様子だから、体内時計を狂わせるスマホのブルーライトに侵された彼は、学校では授業中ひたすら寝ているし、当然視力もガタ落ちしていく。, 「day dream believer」とは白昼夢にふける人、夢想家のような意味を指す。(ただ、本来の表記としては「daydream believer」と二単語)これはThe Monkeesというポップバンドの代表曲で、忌野清志郎がカバーしたものがセブンイレブンのCMに使われている。セブンイレブンとは24時間営業であり、「大人の活動帯」である夜も煌々と照明を焚いて営業している。そんな姿と自身を重ねて「I'm a ~」と歌ったのではないか。, また、「ティーチャー」だけカタカナ表記である理由を考える。これは、「ティー」がオードリー春日の春日語での自身の呼び名(プロ野球スピリッツのトークより)であることから、先述の若林要素(木保)、オードリー要素(dancin→踊り→オードリー)とバランスを取るためにここに捩じ込んだのでは…?と考えたものの、これは違う気がした。, 「仲間入り」「朝帰り」「空回り」と[aaa(e)i]で脚韻している。「仲間入り」は[aaaæi]と、[e]に寄せて発音しているものの、「空回り」はそのまま読んでいる。しかし、一音目、三音目、五音目にそれぞれアクセントを置いているため、そこまで踏み外していることは気にならない。また、4小節では、「腫れ物さわるよなまわりの目になか指たてどもからまわり」と[aa]を連打している。, 「部屋」「照らして」「視力低下」「体力低下」「のせいさ」と[e-a]で返し韻&脚韻。, 「ティーチャー[tíːtʃɚ]」「believer[bəlívɚ]」は英語で厳密に言えば「チャー/バー」部分だけだが、[i-ɚ]は踏んでいると見なせる。, 俺の若さを日々吸い上げるまるでサキュバス またはインキュバス近いうちに朽ち果てるお前に手を引かれて出向いた土曜日の溜まり場同じ周波数のムジナ もれなく社会不適合者, 夜はまるで性獣のように若い貴重な時間を吸い上げていってしまう。このまま行ったらいずれは朽ちて消えてしまいそうだ。ただ、いつかの土曜日に夜に誘われて向かった溜まり場には、自分と似たような社会不適合者ばかりがたむろしていて、いくらか安心できた。, 「サキュバス/インキュバス」とは夢に現れる魔物で、男に対しては精液を搾り取っていったり、女に対しては妊娠させたりする。ちなみに、それをエロいと捉えてイジりまくっていたのが、R-指定が愛聴する「山里亮太の不毛な議論」。5年以上前にサブ作家のセパタクロウが好んでネタに使い、遂には派生コーナーが生まれていた覚えがある。果たしてR‐指定は山里リスペクトをこの文面に込めていたのか否か。, 「土曜日の溜まり場」とは、1.オードリーのANNが放送されている土曜の夜のリスナーの気分2.R‐指定自身が梅田サイファーに通っていた土曜の夜の掛詞。個人的にこのリリックの中でいちばん好きな箇所。ここにきて、「お前」の捉え方は「夜」を超えて、リスナー自身にも委ねられ始める。, また、「同じ周波数のムジナ」というのも、ラジオの周波数と「電波」という精神異常者に対する蔑称を掛けている。, 「社会不適合者」に関しては、オードリー若林の初エッセイ『社会人大学人見知り学部卒業見込』のタイトル・内容に掛かっている…はず。, だけど お前は決して誰も責めないお前は決して何も聞かない御節介な陽の光と違い俺を正さない未だお前を乗りこなせない 未だお前を使い果たせないずっと今日が終わらない明日は始められない, 夜と「陽の光」の対比が現れる。夜はそのままありのままの自分を肯定してくれる。でも、太陽は少し規範から外れてしまうと生きづらい。だから、人は息苦しく生きている。夜が好きだ。なのに、夜を完璧に使い切ることはできないし、夜を100%理解することもできない。そんな後悔の念が募ってばかりじゃ、夜を超えて次の日の昼へと踏み出せない。それでも、夜はそんな意気地無しの自分すらも肯定してくれる。, この昼夜の対比は、一般社会と深夜ラジオ、一般社会とヒップホップ界隈、ヒップホップ界隈と自身のヒップホップ観、など様々に拡大解釈することができる。, また、「未だお前を使い果たせない」については、STUTS/夜を使いはたして feat.