窮屈で無理!?

買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。, 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 .marker_emerald {

買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。, 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので ?】3列シート7人乗りSUV 座り心地序列 8選. え?そうなんだ。全然気がつかなかった~。じゃあ、他に停められる駐車場が近くにあるか探しておいたほうが安心だね!!

セレナ以外のミニバンも気になる方はこちら→人気おすすめミニバンをサイズ別に28車種比較!家族が増えたら!? } アウトランダーがどんな車かっていうのは、わかったわ。もしかして、アウトドアや車中泊ができるってことは、車内は広いのかな?

今回の記事は人気SUVの中でも常に販売台数が上位の【マツダ CX-8】の値引き情報と... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今売れてる、ホンダ【CR-V】スタッドレスタイヤ大特集。あなたはメーカーで選ぶ?価格で選ぶ?, 今売れてる、日産【エクストレイル】スタッドレスタイヤ大特集。あなたはメーカーで選ぶ?価格で選ぶ?, いまさら聞けない!!SUV7人乗り日産【エクストレイル】のワイパーの上げ方を分かりやすく解説!, SUV7人乗り【CX-8】vs【ランクルプラド】基本スペック・性能を徹底比較!買うのどっちだ!?, このブログでは、私と同じようなパパさんへ、車の検討に役に立てるように、そしてカッコイイパパを演出できるように、ファミリカーSUVを配信しています。, 私は、現在某ディーラーの営業マンです。現役ならではの、専門的な知識や情報、体験談などをご紹介していますので、ぜひご参考にしていただければと思います。. アウトランダーを実際に走らせてみます。ガソリン車なのであまり... シフトポジション表示や燃料計、トリップメーター、平均燃費、ドライブモード、4WDの状態, ハスラー・Jスタイル(外観・内装の評価)後部座席はゆったり座れる、リクライニング…, 三菱デリカD:5・アクティブギア(外観・内装の評価)3列目はしっかりしたシートで快適, 三菱デリカD:5アクティブギアの試乗記(走り・加速性能)「走る弾丸」の様にパワフルな加速, 新型アルファード・S“Cパッケージ”(外観・内装の評価)2列目は贅沢すぎる乗り心地、3列目も広い, エスクード1.6Lと1.4Lターボ試乗記(走り・加速)走行性能は素晴らしくパワフル, エスクード1.6Lと1.4Lターボ(外観・内装の評価)後部座席の広さはそこそこ、乗り心地よし.

日産「エクストレイル」ガソリンエンジンを搭載した「20X」に、3列目シートを備えたグレードが用意されている 日産で、人気の高いミドルサイズSUVが「エクストレイル」だ。ハイブリッドを含めて、大半のグレードが2列シート車なのだが、ノーマルエンジンを搭載する「20X」グレードには、3列シートの7人乗り仕様が用意されている。 3列目シートの足元空間はアウトランダーと同等なのだが、頭上空間はエクストレイルがやや … 現行型の200系が2007年9... 今回の記事では、三菱の【アウトランダー】を徹底解析してみたいと思います。 7人乗りが必須な理由は? 日常的に乗せるなら3列目は地獄の狭さだろうし、普段乗せないならレンタカーで対応できませんか? 自分ならエクシーガにするでしょうね。 アウトランダーはどうしてもパジェロと比べてしまう。

【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術, 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 スズキ 6代目エブリィの5つのグレードを徹底比較!車中泊におすすめのグレードはこれだ!! 昨今、自動車カテゴリーの中で高い人気を得ているのが「SUV」だ。悪路における走破力の高さなどが特徴のSUVだが、車種によってはミニバンのように3列シートをラインアップし、多人数乗車が可能なグレードを選べるのも魅力のひとつだ。, 主に北米など海外のニーズによって、各メーカーごとに乗車定員が6〜8名に設定された3列シートSUVが用意されている。それら3列シートを持つSUVが、近年の日本におけるSUVブームにのっとって、日本でも次々と発売され始めているのだ。, 3列シートを持つ代表的なSUVと言えば、2017年に発売されたマツダ「CX-8」や日産「エクストレイル」、また先日発表されたばかりのホンダ「CR-V」にも3列シート車がラインアップされている。, SUVにおける3列目のシートは、基本的には“荷室に装着された補助席”と考えればよいだろう。ミニバンの3列目シートに比べて、乗員スペースは狭く、膝先空間に余裕はあまりない。, トヨタ「アルファード」や日産「セレナ」のように、背の高いミニバンは床面が平らだ。だが、SUVの3列目シートの床は、燃料タンクがあるために持ち上がっている。そのため、床から座面までの高さが近く、3列目シートに座ると窮屈で、膝が大きく持ち上がってしまう。SUVの3列目シートに座って移動するのは、片道1時間以内が限度だろう。, それでも、普段はSUVとしての性能を必要としていて、年に数回、それほど長くない距離で6名を超える多人数での移動が不可欠という場合には、3列シートSUVという選択肢が合理的となる。, たとえば、近所に住んでいる実家の両親と一緒に、2世帯が同乗して出かけるといったニーズだ。片道1時間以内の多人数乗車であれば、車内の広いミニバンを買うほどではない。だが、2列シートでは、そもそも一緒に外出することができない。となれば、3列シートSUVという選択になる。普段は3列目シートをたたんで広いラゲッジルームとして使い、必要なときだけ3列目シートを起こせばいい。, このように、SUVの3列目シートはあくまで補助的なものだが、その中でもできるだけ快適な3列目シートを持つSUVが欲しいという方もおられるだろう。そこで今回、当記事では“快適な3列目シートを持つSUV”を、筆者(渡辺陽一郎氏)が実際に幾度も試乗を重ねた経験をもとに、モータージャーナリスト視点によるランキング形式でお届けしたい。, 日産「エクストレイル」ガソリンエンジンを搭載した「20X」に、3列目シートを備えたグレードが用意されている, 日産で、人気の高いミドルサイズSUVが「エクストレイル」だ。ハイブリッドを含めて、大半のグレードが2列シート車なのだが、ノーマルエンジンを搭載する「20X」グレードには、3列シートの7人乗り仕様が用意されている。, 3列目シートの足元空間はアウトランダーと同等なのだが、頭上空間はエクストレイルがやや狭い。身長170cmの乗員が座ると、頭部が天井に触れてしまう。そのために、エクストレイルは5位となった。, 三菱「アウトランダー」のガソリンエンジンモデルには、3列目シートを備えたグレードも用意されている, 三菱「アウトランダー」は、ガソリンエンジンモデルに3列目シートの補助席を備えた7人乗り仕様が用意されている(PHEVは2列シート車)。, アウトランダーは、全長が4,695mmということもあって、3列目シートは足元空間が狭い。身長170cmの大人6名が乗車した場合、2列目シートに座る乗員の膝先空間を握りコブシ1つ分まで詰めても、3列目シートに座ると膝が2列目シートの背面に触れてしまう。そのため、移動は短距離に限られるが、ミドルサイズSUVながら多人数乗車が可能という点は魅力と言える。, トヨタ「ランドクルーザー」(200シリーズ)は、4.6L V8エンジンを搭載するLサイズSUVだ。レクサス「LX」は、ランドクルーザーをベースに開発された上級車種で、排気量を5.7Lに拡大して、装備も充実させた。両車ともに、3列シートを備えた8人乗り仕様が用意されている。, オフロードSUVなので床が高いために、2列目シートも含めて、床と座面の間隔は不足気味だ。膝が持ち上がり、大柄なボディにもかかわらず居住性はそれほどよくない。また、床が高いために乗降性も悪い。, だが、身長170cmの大人6名が乗車して、2列目シートの膝先を握りコブシ2つ分に調節すると、3列目には1つ分の余裕ができる。使い勝手には不満を抱えるが、SUVとして多人数乗車時の居住性は悪くない。, レクサス「RX450hL」は、レクサス「RX」の最上級グレードだ。「RX450h」をベースとして、全長を110mm拡大させて3列目シートを収めている。3列目シートは、補助席のように着座姿勢は窮屈だが、シート自体の造りがいい。居住性は2位だが、座り心地はCX-8と僅差だ。SUVの3列目シートとしては快適に座れる。, なお、3列シート仕様はRX450hLのみなので、エンジンは3.5L V6エンジンをベースにしたハイブリッドに限られる。, マツダの最上級SUVで、北米で販売されている「CX-9」をベースに開発されたのが「CX-8」だ。CX-8の全幅は、CX-5と同じ1,840mmに抑えられている。エンジンは、2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンを搭載しており、走行性能と乗り心地のバランスが取れている。, CX-8の3列目のシートに座ると、膝は持ち上がるものの、座面は柔軟で座り心地は快適だ。足元空間は、ミニバンに比べればやや狭いものの、SUVの3列目シートとしては広い。たとえば、身長170cmの大人6名が乗車して、2列目シートに座る乗員の膝先空間を握りコブシ2つ分(やや余裕がある状態)へ調節しても、3列目シートの膝先には握りコブシ1つ以上の空間が残るほどに余裕がある。これは、コンパクトミニバンのトヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」に近い快適性と言える, ※マツダ「CX-8」が、ユーザーにもっとも支持された製品を選出する「価格.comプロダクトアワード2018」の「自動車部門」で大賞に選ばれました!, ランキング1〜3位の3車種は、すべてボディサイズが大きく、価格が高いのがネックとなる。CX-8の4WD・XDプロアクティブは376万9,200円で、レクサスRX450hLになると769万円となってしまう。ランドクルーザー4WD・AXは515万1,600円で、ボディサイズは全長が約5m、全幅は約2m、最小回転半径も5.9mに達する。, そうなると、現実的に購入を検討する際の3列シートSUVは、売れ筋グレードが300万円以下のエクストレイルやアウトランダーが主流となる。これまで述べたように、3列目シートは窮屈なので、居住性は入念に確認してほしいが、300万円あたりであれば日産「セレナ」やトヨタ「ヴォクシー」と同等の価格なので、ミニバンなどからの乗り替えもしやすいだろう。, エクストレイルは、アウトランダーに比べて頭上の空間が狭く、7人乗りのグレードも限られるが(充実装備で割安な20Xiは2列シートのみ)、シートや荷室の床には防水処理が施されていて、アウトドアなどの用途にすぐれている。エクストレイルは、3列目シートの居住性という面でのランキング順位こそやや低めだが、3列目シートをたためば荷物を積みやすく、さらに価格は割安だ。総合的に評価すれば、エクストレイルが1位という見方もできる。, また、ホンダの新型「CR-V」にも注目したい。1.5L VTECターボには3列シート車が用意されており、3列目シートの空間効率も高い。販売店では、2018年7月中旬から予約受注を行っており、その価格は4WD・EXの7人乗りが360〜370万円だ。エクストレイルやアウトランダーに比べて70万円ほど高いが、走行性能がよく、最新の安全装備が標準で装備されている。CX-8などと比較対象になるだろう。, かつてホンダが発売していた「クロスロード」は、コンパクトなボディサイズながら3列シートが用意されていた, かつて、ホンダが販売していた「クロスロード」(2007年2月〜2010年8月)は、全長が4,285mm、全幅は1,755mと、「ヴェゼル」よりも若干コンパクトにもかかわらず、大人6名の乗車が可能だった。プラットフォームはストリームと共通で、3列目シートの床をフラットに仕上げるなど、工夫を凝らしたからだ。, 日本の自動車メーカーが、かつてのように日本国内市場に本気で取り組めば、クロスロードのような空間効率のすぐれたSUVも復活するはずだ。ホンダに限らず、日本の自動車メーカーが本当に取り戻すべきなのは、我々日本のユーザーに対する本気の姿勢なのかもしれない。, 「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。

【2020年版】お金がなくても乗りやすい国産スポーツカーおすすめ10選!平均中古価格も掲載!, ポルシェに認められたネクセンタイヤ…オールシーズンタイヤ”エヌブルー4シーズン”を飯田裕子氏が徹底解説, 【プロが徹底解説】トヨタ 新型ハリアー(4代目)の内装・外装、荷室、装備、オプション、欠点を試乗レビュー, 自動車のプロやカー用品店店員がおすすめする洗車グッズ・道具・用品30選!これでもう迷うことなし!, 【プロ解説】プラグイン ハイブリッドSUV対決!トヨタ RAV4 PHVと三菱 アウトランダー PHEVはどこが違うか?, 【プロ解説】三菱アウトランダーPHEVを徹底評価…良い点や欠点などを試乗レビュー!, 自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?, 自動車保険の運転者を本人・家族限定すると保険料は安くなる?「運転者範囲」と決め方を紹介!, 119.9万円から...大人気SUVのトヨタランドクルーザープラドの中古購入をおすすめする理由と評価, 【2020年版】プロもおすすめ!ドライブレコーダー 最強おすすめ29選!楽天・アマゾンランキングもご紹介. スバル 2代目インプレッサスポーツの6つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめグレードはこれだ!! ホンダ ジェイドの5つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめはハイブリッドグレード!! マツダ MAZDA2の14のグレードを徹底比較!おすすめのPROACTIVEグレードはこれだ!!

まず、7人乗りで3列目シートまであるガソリン車では、1列目と2列目を大きく後ろ側へリクライニングさせること出来ます。シートがフラット化されたことで、アウトランダーの車内スペースを最大限まで … advanced_ads_ready=function(){var fns=[],listener,doc=typeof document==="object"&&document,hack=doc&&doc.documentElement.doScroll,domContentLoaded="DOMContentLoaded",loaded=doc&&(hack?/^loaded|^c/:/^loaded|^i|^c/).test(doc.readyState);if(!loaded&&doc){listener=function(){doc.removeEventListener(domContentLoaded,listener);window.removeEventListener("load",listener);loaded=1;while(listener=fns.shift())listener()};doc.addEventListener(domContentLoaded,listener);window.addEventListener("load",listener)}return function(fn){loaded?setTimeout(fn,0):fns.push(fn)}}(); 三菱アウトランダー2.4Gを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。 アウトランダー2.4G外観・内装レポへ アウトランダーを中古車検索

var a8='a19100793267_35PYA0_448YEQ_2HOM_BUB81';var rankParam='RnqCNcmsEVOpZa5NEDOFbJOMHVOMd';var bannerType='0';var bannerKind='item.fix.kind7';var frame='1';var ranking='1';var category='総合'; (C) 2019 ファミリー向け3列七人乗りSUV最新情報 – 【失敗しない!SUV新型Guide】, ファミリー向け3列七人乗りSUV最新情報 - 【失敗しない!SUV新型Guide】, 【見積書公開】SUV7人乗りマツダCX-8を商談してきました!値引き額がたったの8万円には驚いた!?, 新型【ランクル300系】の画像入手!発売は2020年秋頃にハイブリッド搭載でデビュー!, 3列シート7人乗りSUV!三菱アウトランダーの魅力に迫る!PHEVだけがアウトランダーじゃない!, 【見積書公開】SUV7人乗りホンダ新型CR-Vを商談してきました!値引き額が10万にはビックリ!?, マツダ【CX-8】最新値引き額情報と限界に迫る!さらに、現役営業マンが教える値引きより大事な事を大公開!. gtag('js', new Date()); そうなんだ~。じゃあ、たくさん荷物を積みたいか、人数を乗せたいかによって変わってくるよね。でも、荷物も人数も少ないから気にしないって人もいるじゃない?その場合、どっちを選べばいいのかしら? ガソリン車は、 7人乗り3列シート になっている。 ガソリン車の 3列目のシートを倒せば、phevと同じ荷室サイズを確保 できる。 ミニバンはファミリー向けで作られているため、室内は広いが、アウトランダーでも 少家族であれば十分の広さがある 。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. ※掲載されている価格は記事掲載時のものとなります。税込価格に関しては、消費税の税率により変動することがあります。, Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved.

三菱自動車のアウトランダーPHEVは、2013年に初代モデルが販売開始されてから進化を続け、現在も販売が続いている息の長いモデルです。マルチな機能を持つアウトランダーPHEVは、街乗りやレジャーなど様々なシーンで活躍しています。プラグインハイブリッドのSUVモデルという理由だけで、収納力が高い、快適というわけではなく、利便性を追及した設計はシートアレンジにも及んでいます。今回は、アウトランダーのPHEVが持つ多彩なシートアレンジを紹介します。文・PBKK, 三菱自動車では、アウトランダーでも見た目がほぼ変わらないガソリン車とPHEV車を販売しています。でも、同じに見えるアウトランダーでもシートアレンジが異なります。まず、7人乗りで3列目シートまであるガソリン車では、1列目と2列目を大きく後ろ側へリクライニングさせること出来ます。シートがフラット化されたことで、アウトランダーの車内スペースを最大限まで活用できます。残念ながら、プラグインハイブリッド車は5人乗りのため、そのシートアレンジができません。しかし、ガソリン車のアウトランダーとは異なり、プラグインハイブリッドモデルは3列目のシートがないため、2列目のシートを倒すだけで簡単に広大な収納スペースが出来上がります。シートアレンジが素早くしやすく、荷物が出し入れしやすいという利点があります。気になる点は、2列目シートの座面が少し出っ張るため、全てが真っ平ということにはならないようです。この出っ張りをなくすには、ツールを使って座面を外すなどの手間が必要になります。, アウトランダーPHEVのシートアレンジは、主に4種類になります。乗車する人数によってアレンジ方法が異なります。通常の5名乗車時前席と後席のシートがすべて使用でき、倒しているシートが1つもない状態。※ 2列目シートはスライド機能がありません3名乗車時2列目シートの左右(6:4)どちらかを前に倒した状態。前に倒す際は、座面を跳ね上げてからシートバック(背もたれ)を倒します。2名乗車時2列目シートを左右(6:4)両方倒した状態。3名乗車時と同じくシートを前に倒す際は、座面を跳ね上げてからシートバック(背もたれ)を両方とも倒します。1列目フラットシート化1列目のシート(運転席と助手席)を両方ともリクライニング機構を使ってフラットにすることが出来ます。フロントシートは最前方へスライドさせた状態にし、フロントシートのヘッドレストは両方とも取り外します。※ 2列目シートはリクライニング出来ますが、フラット化は出来ません, アウトランダーサイズのSUVモデルなら、キャンプや旅行先で車中泊をしたいと思われる方も多いでしょう。実際、アウトランダーPHEVのシートをアレンジすることで、車中泊は可能なのでしょうか。フルフラット状態の車内の寸法(2名乗車時の状態)荷室長(最大):約1740mm荷室幅(ホイール):約975mm荷室幅(最大):約1305mm荷室高(最大):約865mm数値を見る限り、大柄な方がつま先まで真っすぐ身体を伸ばした状態で車中泊することは難しそうです。もし、どうしても車中泊を希望される場合は、工夫が必要になりそうです。他にも、複数名で車中泊したい場合は、2段ベッドなどのような設備があると可能になりそうです。, 1列目・2列目のシートが調節できる範囲はどれぐらいでしょう。手動調整式とパワーシートそれぞれの数値を簡単に紹介します。1列目シート手動調整式前後スライド:調節量220mm、ピッチ / 段階は23段階で調整リクライニング(標準位置から):調節量が前8°、後72°、ピッチ / 段階は前2°ずつで4段階、後も2°で36段階ハイトアジャスター(運転席):調節量が45mm、ピッチ / 段階は無段調整式ランバーサポート:運転席に電動式を追加パワーシート前後スライド220mm、無段調整式リクライニング(標準位置から):前8°、後72°、無段調整式ハイトアジャスター(運転席):調節量が45mm、ピッチ / 段階は無段調整式ランバーサポート:運転席に電動式を追加2列目シート手動調整式リクライニング(標準位置から):調節量が前8°、後8°、ピッチ / 段階は前後に2°ずつで4段階運転席のみの設定もありますが、細かい調整が出来るようになっています。, アウトランダーPHEVは、プラグインハイブリッド車の中でも、便利なシートアレンジを持っています。7人乗れるガソリン車と比べると、さすがにアレンジ力は落ちますが、余裕のある室内スペースを上手く利用することで、素晴らしい空間を過ごせることになります。アウトランダーPHEVのシートアレンジは、少しの工夫で大きく活用できそうです。, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】, 車のコーティング剤おすすめ27選【効果別での比較や選び方、カー用品店のおすすめ品をご紹介!Amazon、楽天の売れ筋ランキングも!】. 3列目はこのように狭いが、3列目の床は少し深く掘り込まれ、膝が極端に持ち上がらないよう配慮した。3列目に座る乗員の足が、2列目の下に収まりやすいこともメリットだ。狭い割には快適に座れる。 3位:レクサスRX450hL 正直、アウトランダーは5人乗りタイプの【PHEV】の方が人気で、販売台数... 今回の記事は、私が実際に【ホンダ・ディーラー店】に行ってきた内容を記事にしてみました。 その場合は、車の使い方によって選んだらいいんじゃないかな?例えば、通勤にしか使わないなら燃費がいい方を選ぶ。週末にアウトドアに出かけるならアウトドアにも充実した機能がついている方を選ぶ。とかね。, 敷地内には、軽自動車専用スペースもあるけど、基本的に停められないってことはないよね。. Copyright ©  元走り屋の『新車・試乗ブログ』 All rights reserved. 新型cr-vもエクストレイルも、2列5人乗りとボディを共有するという制約から3列目シートのスペースの余裕はあまり感じられません。またアウトランダーは全車7人乗り(phev仕様を除く)ですが、こちらも取り立てて3列目が快適という印象はないです。

ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで!

日産 3代目エルグランドの12のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!! 一般のドライバーに聞いた!フォルクスワーゲン ティグアン の口コミ(評価・評判)まとめ. いまや押しも押されぬ人気となったSUV。そのSUVのなかで、まだ少数派であるが、3列シート7人乗りのSUVもラインアップされている。, さて、その3列シート7人乗りSUV、ミニバンの代わりになるほどの、3列目シートの広さ、居住性を持っているのか、気になるところ。, そこで、各メーカーがラインアップしている3列シート7人乗りのSUVをピックアップし、3列目シートが使える順にランキング!, 最近はSUVの人気が高い。その理由はカッコ良さと実用性の両立だ。SUVはもともと悪路の走破を目的に開発されたから、大径サイズのタイヤを装着してボディの下側には迫力がある。, そのいっぽうでボディの上側は、ワゴン風のデザインだから、前後席ともに居住性も快適だ。ボディの後部にはリアゲートが装着されて、荷物の出し入れもしやすい。, カッコ良さと実用性を兼ね備えたSUVは、子育てを終えてミニバンが不要になったユーザーの間でも人気を高めた。, ミニバンほど広い室内は必要ないが、余裕のある頭上空間に慣れてしまうと、背の低いセダンには戻れない。この時にSUVがちょうど良い選択肢になる。, そしてSUVのなかには、ミニバンのように3列のシートを備えた車種もある。乗車定員は6~7名だ。, ただし、セレナ、ヴォクシー、アルファードのようなスライドドアを備えた背の高いミニバンに比べると、主に3列目シートの居住性が下がるから注意したい。床面の構造が異なるためだ。, 背の高いミニバンの床面構造は、車内の後部に搭載された燃料タンクをカバーできる位置まで、床を持ち上げている。車内の中央から前側は上げ底になり、床を平らに仕上げた。従って3列目まで含めて居住性を快適にできる。, これがSUVになると、前側の床を背の高いミニバンのように持ち上げてはいない。したがって3列目の床は、1/2列目に比べると燃料タンクのために高くなり、3列目シートは床と座面の間隔が不足する。, その結果、SUVの3列目に座ると、背の高いミニバンと違って膝が持ち上がり、腰の落ち込む窮屈な姿勢になりやすい。, 3列目シートのサイズも異なる。背の高いミニバンは、左右に跳ね上げたり荷室の床下に格納する方式を採用して、3列目にも相応のサイズがある。, 対するSUVは背もたれを倒して荷室に収めるタイプが多く、シートもサイズの小さな簡易型だ。, SUVの3列目の居住性は、ミニバンに当てはめると、全高が1700mmを下まわる車種に近い。, これらの背が低いワゴン風のミニバンは、背の高いミニバンと違って、床を高めていない。3列目に座ると、腰が落ち込んで膝の持ち上がる姿勢になりやすい。, これらの居住性がSUVに似ているワゴン風のミニバンは、人気が下がって今はプリウスアルファとジェイドしか用意されていない。ウィッシュ、ストリーム、プレマシーなどはすべて生産を終えた。, オデッセイは、以前は背が低かったが、現行型はエリシオンと統合されて背を高め、床面もセレナやアルファード&ヴェルファイアと同じく平らに仕上げている。, この方式を採用しながら、オデッセイは燃料タンクを薄型に造り、床を低く抑えて乗降性を向上させた。重心も低くなるから、走行安定性も優れている。, 以上のようにSUVの3列目シートは、背の高いミニバンに比べて居住性が劣るが、使い方によってはむしろ合理的だ。, 例えば1か月に1~2回、多人数で短い距離を移動するために、背の高いミニバンを買うのはもったいないだろう。, 3列目は少し狭くても、好きなクルマを選ぶほうがよい。3列シートのSUVは、このニーズに適している。, それでは本題に入ろう。3列目シートの快適なSUVをランキング形式で取り上げてみたい。, SUVで3列目が最も快適な車種はCX-8だ。マツダがミニバンのプレマシーやビアンテの生産を終えたこともあり、多人数乗車の可能な車種として設定された。, CX-8は北米で売られるCX-9の全幅を狭めたモデルで(開発する上ではCX-5のロング版ではない)、全長は4900mm、全幅も1840mmに達する。, 価格は大半のグレードが300万円以上だから、プレマシーに比べると100~200万円高い。従ってプレマシーからの乗り替えは期待できないが、3列シートのSUVでは居住性が最も快適だ。, ミニバンのような床面を平らにした形状ではないから、3列目に座ると膝が持ち上がって腰は落ち込むが、足元空間は相応に広い。, 身長170cmの大人6名が乗車した時、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ2つ分に設定して、3列目に座る乗員の膝先には握りコブシ1つ少々の余裕ができる。3列目に座る乗員の足が2列目の下に辛うじて収まることもメリットだ。, 3列目の座り心地も良い。座面に柔軟性があるから、腰の収まり方も良好だ。この3列目の居住性をミニバンに当てはめると、コンパクトなフリードと同程度になる。, マツダ車なら生産を終えたプレマシーに近い。片道1時間程度の乗車なら対応できる。いい換えるとSUVに装着された3列目の居住性は、最も快適なLサイズのCX-8でも、コンパクトミニバンと同程度なのだ。, むしろCX-8で注目されるのは、6人乗りの2列目シートがミニバンのキャプテンシート(セパレートシート)のような造りになることだろう。Lパッケージでは2列目の中央にセンターコンソールボックスが備わり、アルファードのような雰囲気になる。, 「多人数乗車の機会は少ないが、広くて快適な2列目シートが欲しい」という理由でアルファードやエルグランドのようなLサイズミニバンを買うユーザーも多い。CX-8は、同様のニーズをSUVで満たせることが魅力だ。, 初代CR-Vは人気の高いSUVだったが、その後はフルモデルチェンジの度にボディを拡大させ、売れ行きを下げた。, ヴェゼルの人気が高まってCR-Vは一度国内販売を終えたが、SUVが売れ筋カテゴリーになると、ヴェゼルだけではラインナップが不足する。そこでCR-Vを復活させた。, CR-Vのボディは相変わらず大きいが、ハイブリッドが加わり、1.5Lガソリンターボには3列シートの7人乗りも用意した。, 身長170cmの大人6名が乗車するには、2列目シートのスライド位置を前方に寄せて、膝先空間を握りコブシ1つ分まで詰める必要がある。この状態で3列目に座ると、膝先空間は握りコブシ半分程度だ。, 3列目はこのように狭いが、3列目の床は少し深く掘り込まれ、膝が極端に持ち上がらないよう配慮した。3列目に座る乗員の足が、2列目の下に収まりやすいこともメリットだ。狭い割には快適に座れる。, ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値は、2列シートのRXと同じだが、リヤ側のオーバーハング(後輪よりも後方にボディが張り出した部分)は110mmほど伸ばされた。, RX450hLの全長は5000mmに達するが、CX-8やCR-Vに比べると、3列目の取り付け位置が少し前寄りだ。, 6~7名で乗車した時でも、車内の最後部には相応の荷室が確保される。その代わり、多人数乗車時に3列目の足元空間を確保する上では不利になった。それでもSUVの3列目では快適な部類に入る。, 先に述べた測り方で、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ1つ少々まで詰めると、3列目の膝先にも握りコブシ1つ少々の空間が確保される。ただし床と座面の間隔が乏しく、膝を抱えるような姿勢になってしまう。, 特にレクサスLXは全長が5080mmと長い割に、3列目の足元空間は狭い。そもそもボディが極端に大きく、日本の使用環境には適さない。, 足元空間はランドクルーザー&レクサスLXと同程度だが、膝の持ち上がり方が大きい。僅差で5位に下がった。, 2019年8月で国内向けが生産終了になるパジェロも3列7人乗り仕様をラインアップしている。車内の広さはランドクルーザープラドと同程度だが、パジェロは2列目シートにスライド機能が装着されない。, 3列目を使う時に、2列目を前方に寄せて3列目の足元空間を広げることができない。したがって身長170cmの大人が3列目に座ると、膝前空間は握りコブシの半分程度だ。しかも膝が大きく持ち上がり、腰が落ち込んでしまう。, ミドルサイズSUVだから、多人数で乗車するには室内が狭いが、2列目にはスライド機能を装着した。, 前述の測り方で、2列目の膝先空間を握りコブシ1つ分に詰めると、3列目に握りコブシの半分程度の余裕ができる。, 膝が大きく持ち上がり、3列目に座る乗員の足が2列目の下側に収まりにくいので、もう少し工夫して欲しい。, 前述の測り方で、2列目に座る乗員の膝が1列目の背面に触れるところまで前側にスライドさせても、3列目の膝先が2列目の背面に触れてしまう。, つまり身長170cmの大人が多人数で乗車すると、2/3列目の膝先空間はほとんど確保されない。, エクストレイル/パジェロ/アウトランダーに多人数で乗車する場合、移動時間は片道15分程度までだ。それでも日常生活の中では、便利に使える場面がある。, 特にエクストレイルの3列目シートは7万円少々と割安で、オマケの機能と割り切っても納得できるだろう。, 逆にCR-Vは、本革シートを装着したEXマスターピースになると3列目の価格が22万円を超えてしまう。, 標準シートのEXでも約19万円だ。3列目シートの価格も車種によって異なるので、注意して選びたい。, 機能よりモノっぽさで勝負!?