1つは、従業員によって毎日こまめに入力され、リアルタイムな勤怠情報が管理されていると、担当者側で労務管理がしやすくなる点です。たとえば、月半ばに担当者が各従業員の勤務時間をみて勤務時間が多すぎる従業員はいないか確認し、過重労働を避けるよう対策することができます。

給与明細の作成方法を流れで理解! 【給与明細の作り方・書き方】, スマホアプリでの勤怠の入力は、従業員だけではなく、給与計算担当者にもメリットがあります。 Flow を使って SharePoint 上にある Excel(テーブル)に値を書き込む方法, LblSuccessMsg1 → lab_successMessage_Success, you can read useful information later efficiently. 具体的には、給与明細を印刷するための紙代・印刷のインク代、給与明細を入れる封筒代に封入の人件費、もし事業所が複数ある場合は、郵送コストといった配布に関係するコストがすべてなくなります。確認コストなども考えると、削減できるコストはもっと大きくなります。, いかがでしたでしょうか。今の勤怠管理や給与明細の確認や配布の状況を見直してみて、給与計算に関連する業務を効率化できる部分がある場合は、いつも行っている業務を変えることに抵抗を感じられるかもしれませんが、ぜひ効率化を検討してみてください。, 法令の改正や保険料率・税率の変更は人事労務担当者にとって、大きなイベントの1つです。最新の制度に準拠するようソフトを自動アップデート。 更新は追加料金なく、いつでも正しく計算を行えます。, 年末調整なども給与事務の一部です。年末調整のほか労働保険の年度更新・算定基礎届の作成・住民税の更新など、定期的に発生するイベントも人事労務 freeeで効率化できます。. 値:PowerApps で確認, 変数を初期化する → ユーザーステータスを初期化する。 このような勤怠管理や給与明細の発行などの給与計算業務には、実は効率化できる部分があります。 【ジブリ観ようぜ】ジブリ映画 超☆マニアック台詞クイズ&ランキング【ステイホーム】... 【買うならどっち?】一眼レフ VS iPhone11 進化したスマホカメラは一眼レフを超え... 超簡単!!たったの3ステップ!!photoshopで作るアメコミ風の文字の作り方!!!... ショートカットキーで行う!!ブラウザ毎のキャッシュのクリア方法(Windows/Mac)... 【1時間完成】Googleフォームを活用した時間管理アプリの作り方【無料】【応用力∞】... 【1時間完成】Googleフォームを活用した時間管理アプリの作り方【無料】【応用力∞】, タイムスタンプ:回答データの受信時間(これがレポートを作成する上で超重要な項目となります), F列:(時間変換)=分数のセルから「÷60」することで、60分→1時間に変換している. What is going on with this article? 退社 → btn_puchOut_Home ローカル変数の場合は, 関数を使用します。ローカル変数は他のスクリーンから参照することはできませんので、用途に合わせて使い分けましょう。, PowerApps の LookUp() はテーブルから指定した条件に合った値の最初のレコード(行)を返してくれる関数です。ラベルの Text プロパティの場合 行ではなく 値(文字列)が必要なので、, これで、アイコン(>)を選択すると中央に選択したユーザーの名前とメールアドレスが表示されるようになったと思います。, 出社ボタンを選択し、アクション → Flow →「新しいフローの作成」を選択し、Flow の画面へ遷移します。, 今回作成した Flow は以下の通りです。 作成後以下のようにそれぞれ名前を変更します。, ヘッダータイトル用のラベルと勤怠管理用のボタンを4つ用意します。 色や大きさは任意で構いません。, また、それぞれの名前を以下のように変更します。

人事労務 freeeなら、スマホアプリから出退勤時間や欠勤などの勤怠情報を入力できます。入力したデータは出勤日・欠勤日など一目で確認することができ、今自分が何時間働いていたか、そのうち残業時間や休日労働時間となるのは何時間か、といった情報も確認できます。(*参考:総務省), 勤務時間の情報だけではなく管理者へのメモも登録可能です。使い方としては、何か勤怠にかかわる情報であとあと合ったほうがよい情報を残すのに便利です。 普段の従業員による勤怠入力や給与明細の発行といった給与計算の関連業務、どのように行われていますか?

ラベル → lab_officeUserDispName_Home 休憩開始 → btn_breakStart_Home

また過去の給与明細もスマホアプリで確認できますので、今月と先月を比較して、どれくらい働いたのか、といった計算もしやすくなります。紙の給与明細のように紛失する心配がなく、給与明細の再発行を依頼しなければいけないといった面倒もなくなります。, 給与計算担当者視点のメリットとして、各従業員のスマートフォンから給与明細を確認できることで、従来の配布コストがなくなることが挙げられます。 名前:ステータス

名前:ユーザー名 種類:文字列 スマホアプリでの勤怠の入力は、従業員だけではなく、給与計算担当者にもメリットがあります。 1つは、従業員によって毎日こまめに入力され、リアルタイムな勤怠情報が管理されていると、担当者側で労務管理がしやすくなる点です。 アニメーションには Fade,Cover,None,UnCoverの4種類があります。, 画面全体どこを押しても HomeScreenに遷移するようにします。 また、このチュートリアルを行う事で以下のことを理解することができます。, PowerApps のデータを Flow を利用して SharePoint の Excel へと書き込みます。, 以下のような Excel を SharePoint に配置してください。(OneDriveでも構いませんが、今回のチュートリアルでは SharePoint を使用しています。), 左上のファイルの下の「新しい画面」から「成功」を選択して画面を作成します。



種類:文字列 逆にスクリーン内でしか値を使わない場合はローカル変数に保存するといいです。 四角 → rec_officeUserSeparator_Home, icn_officeUserNextArrow_Home を選択し、 OnSelect プロパティに以下の式を入力します。, Onselect はそのコントロール(ラベルとかボタンのこと)が選択された時に指定された式を実行します。, Set() はグローバル変数で値を保持するときに使用します。グローバル変数はその名の通り、グローバルなのでどのスクリーンからでも値を参照することができます。

Flow名: 勤怠管理データ登録20181218, 変数を初期化する → ユーザー名を初期化する。

By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. 種類:文字列

アイコン → icn_officeUserNextArrow_Home 出社 → btn_puchIn_Home Onselect: Navigate(HomeScreen,ScreenTransition.Fade). 働き方改革や、ワークライフバランス向上の流れから重視される勤怠管理。みなさんの中には、自作の勤怠管理システムを作るためのデータベース設計について知りたい方も多いのではないでしょうか。この記事では、勤怠管理システムのデータベースを作る方法、システムに必須の項目につ … 四角を1つ配置し、画面全体と同じ大きさにします。その後色を透明に変更します。この時、必ずこの資格が最前面に来るようにします。, 名前: rec_navigateHome_Success 今回は、意外と知られていないGoogleフォームとGoogleスプレッドシートの活用事例をご紹介します。ずばり、記録したい時間を入力・送信するだけで、月ごとの時間を勝手に集計してくれる『時間管理アプリ』を作りながら、それぞれの使い方を紹介していきます!, Googleフォームとは、誰でも超お手軽にアンケートフォームを作成・共有できる無料のソフトです。, 例えば、急ぎでユーザーアンケートを取るときなどは重宝します。なんせ無料ですし、初めて触っても作れちゃうほど簡単ですので。他にもこんな感じの予約フォームとしても便利です。, なお、送信された回答は自動生成されるスプレッドシートへ勝手に蓄積していくので、データの管理・加工も非常に楽です。今回の記事では、この辺りの内容が含まれます。, Googleスプレッドシートとは、いわゆるExelに代表される表計算ソフトですが、最高なのはクラウド上で管理されており、アクセスしたユーザーが多人数で同時に編集可能という点です。, チームのメンバー同士で会議しながら数字を共有したり、そのままプレゼン資料にしたりなど、活用方法は無限大です。, 今回はフォームから送信された回答データを数式で処理することで、回答送信→レポーティングまでを自動化する方法に触れていきます。, 私と言えばスプレッドシート大好き芸人として有名ですが、実はフォームの方もよく活用しています。しかし、やはり日常の業務における活用シーンが多いのは前者でして、フォームの方はあまり取り沙汰されない印象です。, なので、今回ご紹介するのは「こんなアプリあればいいのにな〜」という消費者目線から「よし、Googleフォームで実装しちゃおう!」という開発者目線までを個人で完結できる最高のツールとして、このGoogleフォーム・Googleスプレッドシートをご紹介していきます。, 今回は題材として『時間管理アプリ』を取り上げますが、これはあくまで趣味でギターを弾き始めた私が「練習時間を手軽に記録できないかな〜」と思い作ったものなので、ほんの一例にすぎません。, 今回、この記事を読んでいただくことで、「私がやりたかったこんなこと、Googleフォームで解決できるじゃん!」という気付きに繋がればこれ幸いです。, まずは仕様を決めます。これは世にあるどんなアプリでも必ず最初に着手される工程で、要するに設計図を描く作業のことです。, ポイントは、既に述べた「こんなアプリがあればいいのにな〜」というお悩みを、より具体的に「こうなって、そうなって、ああなったらOK」といった具合に分解するイメージです。なので、まずは〈完成形〉を具体的にイメージし、それが実現するために必要な〈手順〉を書き出すことから始めましょう。, フォームにギターの練習時間(分数)と、必要に応じてメモを入力し、送信ボタンを押すことで【1】、月別および通算の練習時間(時間数)が、合計値および平均値で表示される【2】。, 【2】=出力(アウトプット)部分としてGoogleスプレッドシート上にレポートを作成する。, この操作で、今いるドライブ内に「無題のフォーム」というファイルが新規作成されます。, なお、Eの段階では「その質問が必須かどうか?」の指定箇所がありますので、「必須ボタン」をONにすることで、空欄での回答を禁じることもできます。, 最後に、実際の回答フォームと回答データが送信されるスプレッドシートの場所ですが、FがフォームURL、Gが回答データの送信先スプレッドシートとなります。次の「出力編」では、このスプレッドシートを編集していきます。, 「入力編」の最後に準備した回答用のスプレッドシートを開き、レポートを作成するためのシートを新規追加します。, 可視化したかったデータ、すなわち「月別および通算の練習時間(時間数)の合計値および平均値」を表すレポートの概形を作成します。, 下記画像の通りで、要するにレポートの見た目だけを作り込みます。この段階ではまだ数式が入っていないため、回答が送信されてもレポートは空白のままですね。, こうしたレポートを作り馴れていないという方は、こちらの画像をそのまま真似してみてください。, ここからややこしくなるため、実際のスプレッドシートの複製版をご用意しました。ぜひこちらを参考にしながら進めていただければと思います。, 手順としては、次の画像のA列に「日付変換」という項目を、そしてB列に「分数変換」という項目を設けます。, 雰囲気としては、回答シートA列にあるタイムスタンプが【秒単位】で自動入力されるため、それぞれ【月単位】に変換するための数式をかませている、といった感じです。月別レポートだから【月単位】ということです。, 結局、こちらもわかりにくかったかと思いますので、レポート用シートの【A2】セルに、次の数式をそのまま入れてみてください。, =IF(‘フォームの回答 1’!A2=””,””,INT(TEXT(‘フォームの回答 1’!A2,”yyyy/mm/dd”))), その状態から、【A2】【B2】セルの数式を、それぞれ下方にコピペしてしまえばOKです。, これで完成ですが、【E2】セルの「SUMIFS」関数はぜひ覚えていただきたいので、最後にもう少しだけ解説したら終わりにします。, 「SUMIFS」関数は「SUM(=合計)」と複数の「IF(=条件分岐 “もしも〜”)」が合体した関数です。, なので、書き方は【=SUMIFS(合計したい範囲,   条件①の範囲, 条件①,   条件②の範囲, 条件②, ・・・)】となり、条件の数だけ後ろに続いていきます。, 今回、Googleフォーム×スプレッドシートの活用事例を示すことで、Googleフォームが単なるアンケートフォームではなく、集計したデータの料理方法によっては便利なアプリになるよ、ということを紹介していきました。, 特に今回は制作する上で実作業量の少ないこの『時間管理アプリ』を題材にしたのですが、いざ文面で説明するとなるとかなり膨大かつわかりにくい内容になってしまった点、痛く反省するとともに大変勉強になりました。, Copyright (C) 2016 LEGIT All Rights Reserved. タイトル → lab_headerTitle_Home, ビュー → データソース → データソースの追加 → 新しい接続 → 「Office 365 ユーザー」を選択し、作成します。, コレクションとは PowerAppsアプリ内のデータを一時的に保存しておく場所です。 Excelのようにテーブル形式で保存することができます。, 指定されたコレクションに値を追加します。指定されたコレクションが存在しない場合は、新たにコレクションを作成します。, [Ctrl+S]でアプリを任意の名前で一旦保存します。開く場合はファイルの「開く」→ PowerApps から開くことができます。, 挿入からギャラリー → 縦方向(空)を選択します。データソースには、先ほど OnStartプロパティで作ったコレクション「Office365Users」を選択します。, ギャラリー内にラベル、アイコン(>)、四角を追加します。四角に関しては細くして区切り線のようにします。, 各名前をそれぞれ変更していきます。 たとえば、交通機関の遅延の影響によりやむをえなく遅れてしまったときや他の従業員とシフトを交換したとき、事情により止むをえなく欠勤することになったときにその旨を記載しメモを残しておくと、担当者が給与計算する際に配慮ができるなどの効果があります。, 【関連記事】 Googleスプレッドシートとは、いわゆるExelに代表される表計算ソフトですが、最高なのはクラウド上で管理されており、アクセスしたユーザーが多人数で同時に編集可能という点です。 作り込めばチームの勤怠管理表も楽チンに!(*数値はフェイクです) チームのメンバー同士で会議しながら数字を … 値:utcNow(), UTC現在の時間を初期化するは他のロジック、例えば「現在の時刻」とかでも問題はありません。, 今回は特に必要はありませんが、文字列操作などを行うときに1度変数へと格納する必要があるため、汎用性の高さを優先して変数への代入を行っています。, Flow を保存したら PowerApps の画面へ戻り 4つのボタンの OnSelect プロパティを以下のように設定します。, ○○.Run()は PowerApps から Flow を利用するときに呼び出し方です。, となります。この時()野中は Flowで「PowerAppsで確認」で指定した値をカンマ区切りで入力します。今回の場合は、, スクリーンの移動に使用します。使い方は Navigate(スクリーン名,アニメーション)です。

自社の勤怠管理は、どのように解決されていますか? まさか、いまだに紙で管理しているわけでは…ありませんよね? 弊社の勤怠管理 ~紙運用だった、あの頃。~ とは、言いつつも…。 実のところ、弊社でも昨年の晩秋頃までは紙で管理していました。 今回は、人事労務 freeeのスマホアプリ版を利用して、勤怠入力や給与明細の発行をラクに、給与計算業務を効率化する方法をご紹介します。, 人事労務freeeなら、従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化します。, スマートフォンの保有率が6割を超えている(*) 中で、スマートフォンを活用しない手はありません。 名前:UTC現在の時間

また、こうやって入力された勤怠データは自動的に集計が完了するため、そのまま給与計算を行なうことができます。通常 給与計算前に行なう集計の手間が省けるので、給与計算を効率的に行なうことができます。そのほかにも、従業員が見れる勤務時間と給与計算に使用する勤務時間が同一のものになりますので、給与計算の透明性も増すというメリットもあります。, 給与支払いの際に、従業員は手持ちのスマートフォンでいつでもどこでも給与明細をかんたんに確認できます。従業員の明細がテーブルの上に並んでいて他の人に給与額が見えてしまいそうといった不安や、他の人に取り間違えられられてしまうかもしれないといった不安がなくなります。 このチュートリアルを通して初心者の方でも簡単に Power Apps を使って勤怠アプリを作ることができます。 Help us understand the problem. Why not register and get more from Qiita? このチュートリアルを通して初心者の方でも簡単に Power Apps を使って勤怠アプリを作ることができます。 また、このチュートリアルを行う事で以下のことを理解することができます。 Power Apps の基本的な使い方や考え方; キャンバスアプリでのアプリの作り方 勤怠管理用のエクセルファイルに出勤時間と退勤時間、休憩時間を各従業員が入力するといった対応や、また給与明細を発行する際に、印刷して封入・配布するといった対応をされていませんか。

休憩終了 → btn_breakEnd_Home PowerApps 空の値はそれぞれ変数へと代入し、その値を事前に準備した SharePoint の Excel に追加しています。

値:PowerApps で確認, 変数を初期化する → UTC現在の時間を初期化する