Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved. 島とはいえイギリスの一部ですので、食事代は決して安くはありませんが、このようなカフェを利用しての食事は気楽に楽しめましたよ。 人の温かさに触れた旅でした.

Good line up, good structure and ran smoothly. Would 100% return. そしてイギリスと聞くとロックのイメージが強いかもしれませんが、ダンスミュージック、JAZZ、ヒップホップなど、様々なジャンルでハイレベルなライブやパーティーが開催されています。, 音楽好きならもちろん、そうでない方も一生に一度は海外フェスの素晴らしさを生で感じてみませんか? そこで得た感動は一生の思い出になるだけでなく、あなたの人生に大きな影響を与えてくれるかもしれません。, これは実際に経験した人にしかわからないもの。さあ、音楽を通じて世界を感じましょう!

野外フェスシーズンの開幕を告げる6月11〜14日の4日間に渡り、イギリス南部の島・ワイト島で開催される "Isle of wight Festival" (通称:ワイト島フェスティバル)。 モントルー・ジャズフェスティバルは世界三大ジャズ音楽祭りの一つで有名です。毎年の7月に開催されています。雰囲気がいいし、すごく盛り上がったです。, 毎年、この世界的に有名なジャズフェスティバルは有名なジャズシンガーやミュージシャンをここに招待しています。 16日間の音楽フェスティバルでは、街全体がロマンチックなジャズスタイルで溢れています。昼から夜までのジャズチューン、夜明けがジャズの雰囲気に完全に浸るまで、無数のジャズファンのファンが集まります。 夏の湖畔の街のキャストは、ジャズの無国籍性に溶け込んでいるようです。…, 今回丁度7月初めの訪問となり、ジャズフェスティバルで賑わうモントルーを体験できました。湖畔にはテントで出来た沢山の出店が出店しています。可愛い子供服や、民芸品を売るお店が並んでいます。更にはレゲエ風の演奏をする人達もちらりほらり。夜になるとコンサート会場で無料であったり有料ライブが行われており、世界各地から有名ミュージシャンが駆け付けます。, 7-8月に行われる音楽祭です。昨年音楽祭めぐりをした時に行きました。音楽祭自体は雰囲気もあっていいです。夜は寒いので、ジャケットを忘れずに。ただ、船のスケジュールが限られていて、アクセスが大変でした。, 会場付近の屋内外にはを飲食スペースが充実しています。同じパラソルの下で隣合わせになったマダムは、幼い頃に両親と共にオーストラリアへ移住されたそうで—近しいご親戚は歴史に翻弄され–それでも生まれ故郷のオーストリア愛に溢れた方で、メルビッシュのリピーターでもありました。少しの時間でしたが、お話できて光栄でした。 舞台の後方には湖がひろがっています。舞台の前方、通常の劇場ではオーケストラピットにあたる部分にも、運河のように湖の水が引き込まれていて、オペレッタの主要人物が 実際に船に乗って登場する場面がありました。, ベニカッシムフェスティバルは毎年の7月にて大好きなスベンで開催されています。7月のスベンは熱いけど、夜になると涼しくなって、音楽祭りにも参加することもでき、なんと贅沢な生活です。ベニカッシムフェスティバルは最高です。, ベニカッシム・フェスティバルに参加するならキャンプがオススメ。真夏なので昼間はビーチでゴロゴロして太陽が和らぐ夜にフェスティバル会場に行き、明け方まで音楽を楽しむ。これがイチオシのコースです。ただしキャンプ・サイトには、男女共有で仕切りなどない冷水のシャワーしかないのでご注意を。. ヨーロッパ屈指の国際フェスティバルです。毎年世界中から40万人以上がそこに集まっている。10つものステージがあり、今まで見たことはない大規模のフェスティバルです。友達と楽しかったです。来年また参加に行きたいです。, ハンガリーの夏の風物詩です。3日券を買うといろんな会場にフリーパスで入って楽しめます。友人に連れられてきましたが、知ってるバンドやパフォーマーが皆無。シンプルに夏のイベントとして楽しめばいいのかなと思います。, ヨーロッパでも最大規模のフェスティバルの一つ。メジャーなラインナップなことと、オーガナイズも大雑把なので、細かいことを気にせずにお酒を飲んで騒ぎたい!という人にはうってつけ。, レディング フェスティバルは毎年8月に開催されている野外ロック・フェスティバルです。イギリスでかなり人気がある音楽祭りです。会場は混雑だけど、盛り上がった雰囲気は今でも忘れられないほど、感動しました。, レディングの街で開催される大規模なミュージックフェスです。あちらこちらに設置されたステージでは、ポップスや、グラムロックなどUKミュージックがたっぷり。ライティングや音響もよくて楽しめました。, 日本のサマソニのモデルになった音楽フェスでもありますが、日本のサマソニのように気候が蒸し暑い猛暑日に開催されるのではなく、西岸海洋性気候なので高くても気温25度で、涼しい環境で参加でき快適です。, © 2018 トリップアドバイザー LLC がすべての版権を保有します。 © TripAdvisor の, * TripAdvisor LLCは旅行の予約代理店ではありません。また使用料は一切かかりません。 (, TripAdvisor LLCは、外部サイトの内容について一切責任を負いません。また、当サイトに掲載される商品価格に、税金などは含まれていません。. A magic kingdom we’re you can feel free and, in addition, you can enjoy the best DJ’s o ver the world and discover the new rookies.

今回で11回目の発表となる「朝食の美味しいホテル」ランキング。今年は7年... 子どもの遊び場や、大人の憩いの場として賑わう公園。日本には約10万カ所の都市公園があり、東京にはその8000カ所以上が集中しています。そこでここでは、トリップア... 連続して続く美しい曲線が美しいアーチ橋。現代では鋼やコンクリートなどが材料として使われることが多いですが、文明開化から間もない明治の頃は、石やレンガが使われてい... 47都道府県に住む各100名、合計4700名にアンケート調査を行い、「旅行者におすすめしたい地元グルメのメニュー」を教えてもらいました。この中から、特に推薦の多... 今回は関東近郊にあり、都心からのアクセスも便利で初心者でも楽しめる気軽な低山をご紹介します。週末に日帰りでハイキングを楽しんで、心地よい空気を体いっぱい吸い込ん... 旅行の楽しみの一つといえば、本場のご当地グルメを味わうことではないでしょうか。近年では、東京や大阪などの大都市でも味わうことができるようになりましたが、その地域... 憩いの場や観光スポットとして、多くの人に利用される公園。日本には約10万カ所の都市公園があり、それぞれ個性豊かな魅力を持っています。ここでは、トリップアドバイザ... ドライブ旅行の際にぜひとも立ち寄りたい「道の駅」。新鮮な地元の名産品のほか、お土産やお食事処まで様々なものがそろっています。今回のランキングでは、北海道から最多... 電車でのんびりと旅をするのもいいけれど、クルマでのおでかけもおすすめです。大阪中心部はビルが建ち並び、交通の便も良いですが、少しクルマで走れば美しい夜景が見える... ホテル、リゾート、フライト、バケーション レンタル、パッケージ旅行などの口コミ情報が満載です!, グラストンベリーフェスティバルは毎年の6月にてイギリスで開催されています。かなり大規模な野外ロックフェスです。想像より人が多いけど、楽しかったです。このフェスは1970年から行われていますよ!かなり歴史のある音楽祭りです。来て良かったです。. まもなく本格的な夏フェスシーズン到来。毎夏の恒例行事としてもちろん参戦決定の常連さんも、今年はデビューしてみようかなというニューカマーもちょっとこちらにご注目。ヨーロッパではすでに夏フェス、始まっていますよ! 出演するアーティスト陣が豪華だったり、デコレーションが素晴らしかったりと、日本に負けないぐらい面白いフェスが目白押しです。, 日本の「フジロック・フェスティバル」のモデルになったと言われるグラストンベリー・フェスティバル。100以上のステージがつくられ、出演するアーティストの数は50組を超えます。過去にはローリング・ストーンズやデヴィッド・ボウイ、ポール・マッカートニーといった大御所も登場。昨年は会場となる牧草地の保護のために休催していましたが、今年は6月26~30日に開催されます。, レマン湖畔にあるスイス屈指のリゾート地、モントルー。この街で1967年に始まったジャズ・フェスティバルは年々規模が大きくなり、現在ではロックやソウル、ワールドミュージックなど、さまざまなジャンルの音楽が楽しめる一大イベントになりました。今年は6月28日から7月13日までの16日間開催。メイン会場以外で開かれる無料ライブも評判です。, オペレッタ(オペラよりも気軽に見られる小歌劇)やミュージカルを楽しめるフェスというのもありますよ。オーストリアの首都、ウィーンから南東へ約60km。世界遺産に登録されているノイジードラーゼー湖で7月11日から8月24日にかけて行われるこの音楽祭では、毎日1演目を上演。終演後には花火が打ち上げられるので、そちらもお見逃しなく。, 日本での知名度はまだまだですが、ヨーロッパの人たちによく知られているのが、スペインの東部のビーチリゾート、ベニカシムでのこちらのフェス。人気の理由はロケーションの素晴らしさではないでしょうか。昼間はさんさんと降り注ぐ陽光のもと、ビーチでまったり。そして夜になったらフェスで音楽を満喫。出演するアーティストにもピースフルな雰囲気がいいと評判なのだとか。今年は7月18~21日に開催されます。, フランス西部のブルターニュ地方にある街、カレ・プルゲールで行われる野外フェスが始まったのは1992年。今では20万人以上が集結するフランス最大級の音楽祭に成長しました。今年の日程は7月18~21日の4日間。ロックやジャズなど、さまざまなジャンルの音楽に触れたい方にはピッタリのイベントです。, トゥモロー・ランドは世界中のパーティーピープルが熱い視線を注ぐ、世界最大級のEDMフェス。7月19~21日と、7月26~28日の2週に渡って開催されます。豪華なアーティスト陣も注目の的ですが、それと同じくらい話題になるのが会場のセット。毎年異なるテーマで製作されるため、今年はどんなデザインで楽しませてくれるのか、誰もが心待ちにしています。, ハンガリーの首都、ブダペストにもオススメのフェスがありました! ドナウ川に浮かぶ緑豊かなオーブダ島では、8月7~13日にかけてシゲト・フェスティバルが行われます。島内には60の会場が設けられ、ヘヴィメタルからフォークまで、幅広い音楽による200ものパフォーマンスが繰り広げられるのだとか。映画館やサーカスもありますよ。, イギリスでもっとも歴史の長い野外フェスとして知られるレディング・フェスティバル。前身となるイベントが1961年に始まり、その10年後からは開催場所がレディングの街に定着したため、この名前に変更になったのだとか。歴史があるため、世界中のアーティストにとってこのステージでプレイできるのが大変光栄だと評される、という話にも納得です。余談ですが、日本の「サマーソニック・フェスティバル」のモデルになったフェスでもあります。今年は8月23~25日の開催です。. 【第3弾】日本テレビ系列『ヒルナンデス!』に日本が好きなDMM英会話講師5人が登場!, 【11/23 (土) 】DMM Eikaiwa Experience「秋満喫!よくばり英会話バスツアー」. What a excellent four day festival. Top Photo:Photo by Shotaro Tsuda(Festival Junkie).

グラストンベリーフェスティバルは毎年の6月にてイギリスで開催されています。かなり大規模な野外ロックフェスです。想像より人が多いけど、楽しかったです。このフェスは1970年から行われていますよ!かなり歴史のある音楽祭りです。来て良かったです。 _Y2053KMさんの口コミ.

Words can’t describe how magical it was. 日本のフジロック・フェスティバルのモデルになったグラストンベリー・フェスティバルは、1970年から続く世界最大規模の音楽フェス。会場一帯は広大な牧草地で、そこに100を超えるステージが設置され、1,000を超すライブが行われる。 *TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。, 皆さんは海外フェスへ行ったことはありますか?世界中から音楽好きの仲間が集まり、特別な高揚感と笑顔を共有するフェスティバル。, 本記事では海外フェスに人生を注いだ著者、津田昌太朗さんの書籍「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」に掲載されている海外フェスの情報をまとめました!, 1986年兵庫県生まれ。大学卒業後、広告代理店に入社。「グラストンベリー」がきっかけで会社を辞めイギリスに移住し、海外フェスを横断する「Festival Junkie」プロジェクトを立ち上げる。現在は、日本国内の音楽フェス情報サイト「Festival Life」、海外フェス情報サイト「feslavit」を運営しながら、雑誌連載やラジオ番組のパーソナリティなど、フェスカルチャーをさまざまな角度から発信し続けている。ワタナベエンターテインメント所属。Instagramアカウントはこちら, あの時の自分のように「いつかあの場所に行ってみたい」とか「いつかあのアーティストを観てみたい」と思っている人の “いつか”をふき飛ばしたい。, 大好きなアーティストが日本に来ないと嘆く暇があったら、こちらから出向いてやればいい。SNSで世界中のどこの景色だってすぐに見られるような時代だからこそ、その場所に行かないと分からないことがある。好きなものがあれば、僕たちはどこへだって行ける。, 本書は、フェスティバルに魅せられ、フェスティバルにすべてを注いだ男、津田昌太朗の人生が詰まった本。きっとあなたがまだ知らない「フェス×旅」の素晴らしさをお伝えします。, 日本のフジロック・フェスティバルのモデルになったグラストンベリー・フェスティバルは、1970年から続く世界最大規模の音楽フェス。会場一帯は広大な牧草地で、そこに100を超えるステージが設置され、1,000を超すライブが行われる。, メインとなるピラミッドステージは、これまで多くの大物がヘッドライナーを務めてきた聖域。Paul McCartney、TheRolling Stones、The Whoといったレジェンドから、最近では、AdeleやEd Sheeranといった錚々たるアーティストが歴史に残るライブを披露してきた。, 他のステージでも、国籍やジャンルにとらわれない様々なアーティストのライブが楽しめる他、映画、サーカス、キャバレーなど、多種多様なアトラクションやカルチャーが味わえる。, 過去には、ダライ・ラマ法王がステージに立ってメッセージを伝えたり、観客としてロイヤルファミリーが来場したりと、他のフェスでは考えられないことが次々と起こるのもこのフェスの醍醐味。4~5年間隔で芝を休ませるためフェスが開催されない年があり、2018年は休催となった。, グラストンベリーのヘッドライナー予想は、ブックメーカーの賭けの対象になるほど関心が高い。過去にJay-Zが史上初のヒップホップアーティストとしてヘッドライナーに選ばれた際には、OasisのNoel Gallagherが、そのことを批判し、ファンを巻き込んだ議論に発展。Jay-Zはそれを逆手に取り…, こちらのアフタームービーは2015年と2017年のもの。動画で臨場感を味わってみよう!, まさに人生を変える体験をしたグラストンベリー。2013年に初めて参加した時にその世界観に圧倒され、少しでもグラストンベリーに近づくために、働いていた会社をやめ、イギリスへの移住を決意。そこから毎年欠かさずに参加しているが、行くたびに新しい出会いや発見があり、まだまだこのフェスのほんの一部しか知らないのだということに気づかされる。, どんなに人から話を聞いて、写真や映像を観ようとも、そんなことではグラストンベリーの魅力の一部にしか触れられていない。実際にあの場所に立った人だけが感じられる感動を味わいに、ぜひ一度足を運んでみてほしい。もしかしたら人生を変える旅になるかも!?, 以前は治安が悪いといわれていたサウス・ロンドンだが、最近では若いアーティストが多く移り住み、お洒落タウンとして有名になった。そんな街の出身者として最も有名なアーティストが2016年に亡くなったDavid Bowie。, 彼の肖像画が描かれた壁が地下鉄ブリクストン駅の目の前にあり、今なお多くのファンが訪れる聖地になっている。またブリクストンのみで使える地域通貨の10ポンド紙幣はDavidBowieの顔がプリントされているので、記念に両替してみてもいいかも。, ・良質なレコード屋をめぐるロンドンの旅 / ソーホー地区