エサや水の衛生管理を徹底しましょう。. ・腎不全による皮膚のマヒ       インコの飼育で問題になりやすいのが 発情過多 (過発情)です。 この記事では主に次のことを簡潔に解りやすく解説しています。 なぜ発情過多が問題になるのか 発情 ... インコの飼育で問題になりやすいのが 発情過多 (過発情)です。 この記事では主に次のことを簡潔に解りやすく解説しています。 なぜ発情過多が問題になるのか 発情 ... ・お尻から赤いものが見える インコの爪切りのタイミングと切り方・注意点。出血時の対処法。爪を切らなかったらどうなる?. ©Copyright 2018 Petop!|ペットピッ! All Rights Reserved. そのあと、綿棒などを使って患部を消毒します。, 足のつめが折れてしまっていたら、同様にガーゼで止血。 ・足を引きずるような行動

Copyright ©  2012-2020 インコの飼育法-初心者の飼い方 All rights reserved. インコの発情過多が問題になる理由。過発情の原因と対策・予防方法。発情時の行動・サインがわかれば早めの対策も。 ・長期の抗生剤投与 ・痛風 ・何らかの付着物がある, 上記のような場合に刺激を除去しようとし、結果的に皮膚を傷つけることになります。 ・突出した卵管の壊死 ・足にできもの ・衰弱, ・抗生剤や化膿止めを塗布して押し戻す 慢性腎不全なら

・免疫力低下 ・くちばしの奇形 インコのケガ!飼い主ができる応急処置とは? インコの具合を知るチェックポイントとは? インコの病気・症状と予防法 ; インコをストレスから守る!主なストレス3種類 ; 万病のもとを脱する!インコの肥満とダイエット! こんな時どうする? 食欲がなくなり、体重が減ることもあります。, ヘキサミタはオカメインコによく見られる感染症で、ジアルジアに似た原虫に感染して起こります。, 食欲がなくなったり、頻繁に下痢をしたり、毛引きをしたりといった症状が出ます。 感染しただけでは発症しないこともあります。 パウダーフードを与えればくる病は予防できます。, 臓器表面や皮膚形成異常を起こし、眼・呼吸器・消化器など多くの場所にさまざまな症状が現れます。 私は大のインコ好きで、 血管まで届かないように注意しながらつめを切り、消毒液を塗っておきます。, クチバシが折れたら、折れた部分をハサミなどで切り落とし、同様に消毒液を塗っておきましょう。, 「筆毛」と言って、羽が生え換わる時期に書道の筆のような羽が見られます。筆毛が折れると、かなり大量に出血します。 ひどくなると、クチバシが変形してしまうこともあります。, インコの尾羽の付け根にあるのが「尾脂腺」で、そこから脂分を分泌し、防水のために全身の羽に塗ります。, 尾脂腺が赤くなったり、異常に大きくなったりします。 Copyright ©  2012-2020 インコの飼育法-初心者の飼い方 All rights reserved. インコに与えてはダメなもの。4つの飼育本を参考に紹介。 ・痛みによる食欲不振 ・痒み

出血はほとんどなくなり、ほかの処置の必要もありません。, キャリーの底には紙などの保温材を敷き、エサと水をコットンなどにしめらせたものも入れておくと安心です。 1.バンブルフット; 2.疥癬症; 3.痛風; 4.麻痺; インコの足が異常な時に見られる3つの症状.

インコの足はとても細いので、骨折や捻挫をする可能性も非常に高いです。骨折や捻挫をしている場合、足を開いた状態で常に足を浮かせています。 この状態は痛みを伴い止まり木などに止まれないからです。 か細くてちょっと心配になってしまう インコの足ですが、もし万が一ケガや病気になったらどうしたら良いのでしょう?, 筆者の飼っていたセキセイインコも ある朝見てみたら足から血が出ていて 慌てて病院に連れて行ったことがあります…, 悪化すると大事につながる場合もあるので、症状を確認したら 迅速に対処してあげることも重要です。, これらは病院での相談も多く、多くのインコが罹っている病気なので 予め知っておくと良いでしょう。, これはインコの場合、 止まり木に糞が溜まって不衛生なままだったり肥満や肝機能障害で免疫が落ちているから という原因が考えられます。, 止まり木を介して別の子にも移ってしまう 感染症なので、隔離するなどの対処が必要です。, 白いコブのようなものがたくさんできていると痛風が進行してしまっている証拠ですので 早めに対処してあげましょう。, 不自然なまま足指が動かせない、または 踵で止まり木にとまっていたら 麻痺を疑いましょう。, 代表的な病気の紹介でもあったように、 足に異常があると様々な症状が 出てきますので判断材料にしましょう。, こちらの動画の子も骨折していて この後完治できたそうなので良かったですが、足を浮かせているのがよくわかりますね。, 足の痺れや筋肉の痛みからびっこを引いて、 悪化すると両足とも引きずるようになります。, ビタミンB1欠乏症の最悪の場合は、呼吸困難や循環障害、脳神経障害が引き起こされて、命を落としてしまうことも…, 普段は元気な時やご機嫌なときに ぴょんぴょんと飛び跳ねることもありますが、あまりにずっと飛び跳ねたりしていたら、足に違和感や異常を感じているのかもしれません。, また、落ち着きがなく暴れていたり 飛行が乱雑で下手になっていたら 神経系の病気の可能性もゼロではありません。, もし足を浮かせてぶらぶらとさせていたら骨折や脱臼、やけどなどの外傷の疑いがあります。, これまで病気やケガを紹介しましたが、 重症とまではいかないけれど、軽い擦り傷が出来ていたらどういった対処をしてあげると良いのでしょう?, ケガをして血が滲んでいるようなら、 慌てずに清潔なガーゼをあてて 止血してあげます。, もし爪やくちばしが折れてしまったら 同様にガーゼで止血して消毒しますが、折れた部分の処理が難しいと思うので出来れば病院に連れて行ってあげましょう。, けんけんL’さん(@kenkenooo)がシェアした投稿 – 2016年 9月月13日午前1時43分PDT, 様々な症状とその病気を 紹介してきましたが、歩行異常がみられたら迷わず早急に病院で診てもらうのが賢明です。, びっこを引いていたり、 足をかばうような歩き方をしていたら飼い主の力だけでは治らない場合が多く、 ちゃんとした診察と治療が必要です。, 動物病院へ連れて行くのが初めてで 不安な方は、こちらの記事で丁寧に 解説しているので参考にしてくださいね!, 病院で診てもらいたいけど、 治療費って高いんじゃないの? と心配になっているあなた。, 病気やケガの種類、またその進行度によって治療方法や治療に必要な期間と通院費などに差があるので 一概にはいくらとは言えないんです。, 参考情報として、骨折の手術であれば平均8000円から、とも言われていますが あくまで参考なので病院に相談してみましょう。, 他にも様々な病気もあり、飼い主の工夫次第で 防げるものもあるので、こちらの記事で 勉強しておくのをおすすめします!, 日頃から健康状態や表情、 動きなどもよく見てあげて飼い主のあなたが愛鳥を守ってあげてくださいね。, (function(d,s,o,f,p,c,t){c=d.createElement(s);c.type='text/javascript';c.charset='UTF-8';c.async=true;c.src=o+f+'?i='+p;t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(c,t);})(document,'script','//client.contents-search-windows.com/','csw_cl_b.js','c5EXYTLckpWclKpx'). 骨折・捻挫しているときの症状. いろんな要因で足が開いてしまう病気です。, ・足を引きずるような動作 ・けいれん ・加熱した炭水化物の摂取 ・卵殻が柔らかい ・卵塞の原因にも, インコの問題行動としてもみられる病気です。 ・血管損傷により時には出血多量, ・エリザベスカラーの着用

卵巣をすべて摘出することは難しく、一部摘出する手術をしますが、残った卵巣に再発することもあります。, ・初期段階なら不足している栄養を補うことで悪化を防ぐ ・発情抑制剤の投与 アフリカ南西部ナミビア共和国の半乾燥地域に生息するコザクラインコは体長15㎝の緑、赤、青、黄色の色鮮やかな品種です。巣を作る材料として木の皮などを剥いで腰に挿して運ぶ習性があり、ボタンインコの仲間ではこのコザクラインコのみが行う行動だそうです。 ・多尿もしくは乏尿 ・すぐに病院受診を 発見したら、慌てず手当をしましょう。, 血が赤くにじんでいたら、清潔なガーゼをあてて止血します。 ・卵管摘出をするケースも多い, ・過発情を防ぐ

アフリカ南西部ナミビア共和国の半乾燥地域に生息するコザクラインコは体長15㎝の緑、赤、青、黄色の色鮮やかな品種です。巣を作る材料として木の皮などを剥いで腰に挿して運ぶ習性があり、ボタンインコの仲間ではこのコザクラインコのみが行う行動だそうです。 ・傷の化膿 実家には、オカメインコ3匹、セキセイインコ2匹と沢山飼っていますが、まだまだ欲しい子が沢山…(*´`)♡ 定期的に水浴びをすることで、予防が可能です。, 嘔吐や下痢、急激にやせるなどの症状が出ます。 このように多くの病気の原因となります。, シード食なら鳥用のサプリメントでや野菜でβカロテンを摂取し、ビタミンAが不足しないように心がけます。

両足を骨折したときは、止まり木に止まらず、ケージで横になっているでしょう。, 下羽を骨折した場合は、羽がだらりと下がったままになっています。 ふき出す血に驚くこともありますが、落ち着いて折れた筆毛をまっすぐ抜きとりましょう。 ・栄養バランスの良い食事 おかしな行動をとったりします。, 急性腎不全なら ・爪の伸び 発見が遅くなると命にかかわることもあるので、注意が必要です。, 大きなけがであればすぐに見つけられるものですが、小さなけがを見つけるのは難しいもの。 ・食欲不振 鳥って足か羽のどちらかが、健在だと. ・悪くなったものを食べる インコも病気をしないのが一番ですが、長生きするインコだからこそなにかしらの病気を経験するものです。, 病気にも私たちと同じように「風邪」という一般的なものから、命にかかわるようなものまで様々です。, この記事ではインコの飼育で経験しやすい病気とその原因・症状・対策・治療の参考になるようにまとめました。, ただし、病気を自己判断で勝手に診断し、安易に自然治癒させようとすると取り返しのつかないことになりかねません。, どんな病気でも適切な保温や栄養バランスの良い食事などは必要となるので、対策としては割愛している部分もあります。, 下気道部とは喉から肺までの空気の通り道で、人間でいう気管〜気管支にあたるでしょう。, ・保温と休息 ・腸炎や腎不全 ・涙管閉塞 ・皮膚疾患 ・足のマヒ 足を骨折したインコは、片足だけで止まり、もう一方の足をぶらぶらさせているので、すぐにわかります。 両足を骨折したときは、止まり木に止まらず、ケージで横になっているでしょう。 下羽を骨折した場合は、羽がだらりと下がったままになっています。

止まり木の選びかたが分からないときは獣医へ相談しましょう。. ・羽を膨らませる ・突然死 インコのお世話も毎日するものなので、インコの様子がおかしいことに気がつきやすいかもしれません。 しかしインコは体調不良を隠そうとする習性があるため、なんとなく ... インコを飼育していると思わぬ事故に遭うことがありますが、ほぼ全て飼い主の不注意で起こしてしまう事故が「逃がしてしまう」ということです。 普段どれだけ注意をして ... インコが寿命を全うするまでには病気にかかることもあると思いますが、時には思いがけない事故で大けがをしてしまうことも考えられます。 人が大けがをしたときに緊急処置があるように ... ペットブームの影響もあるのか、動物病院の数も増えてきました。 しかし猫や犬ほどのブームにならないのがインコの現状。 獣医も猫や犬には詳しくても、インコにはあま ... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright© インコ・オウムとのハッピーライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 今日、うちで飼っているセキセイインコ(生後1.5か月くらい)が左足を怪我していることがわかりました。症状は左足を常にあげていて右足で立っている状態です。ただ、全く力が入らないわけではなく、インコがよくやる背伸びで羽と一緒 そのうは食物を溜め込みますが、消化液などは出ないので雑菌などが繁殖しやすい特徴があります。, ・腸管内のウイルスや細菌感染 ・元気がない その他、感染するため他の鳥との隔離やお世話後の手洗いが必須です。, インコは食べたものをすり潰す器官があったりと、人間とは違う構造のため、あまり見たこと・聞いたことがない症状が多くあったりします。, 食道にある「そのう」に食事などが停滞することで起こりますが、その他の情報をみてみましょう。, ヒナの時期に起こりやすいのがそのう炎です。 どこかにぶつかったり、はさまったり…人間に踏まれてしまったり… そんなときはひとまず、インコさんを安静にさせてあげることが大切です。 暴れ防止のために、小さめのケージに入れて様子 … ・食欲低下

もしくはペレット食に変えて栄養バランスが取れた食事にしましょう。, ・マンガンなどミネラルの欠乏 症状として、セキセイインコの場合はろう膜の色がおかしい、腹のふくらみ、元気がない、うまく飛べない、歩けない、フンの状態が悪い、呼吸が早い等があります。 ・羽色が薄くなる ・足の痛みで片足立ち ・対症療法

頭以外は寿命を骨折によってちじめる事なく治りました。 今の鳥の飼育の本に書いてあるかわかりませんが、 ・腹部状態のチェック. 毎日、愛情を持って観察することで、早期発見につながります。, 放鳥しているとき、人が間違って踏んでしまったり、ドアにはさんだりして骨折や脱臼をすることがあります。, 足を骨折したインコは、片足だけで止まり、もう一方の足をぶらぶらさせているので、すぐにわかります。 バッグや袋にキャリーを入れてタオルや毛布などの布をかぶせ、使い捨てカイロや湯たんぽなどで保温し、病院に向かいましょう。. ・呼吸器系疾患 ・くちばしの伸び ・その他羽色の変化

・精神的ストレス 足を骨折したインコは、片足だけで止まり、もう一方の足をぶらぶらさせているので、すぐにわかります。 両足を骨折したときは、止まり木に止まらず、ケージで横になっているでしょう。 下羽を骨折した場合は、羽がだらりと下がったままになっています。

・腹が膨らむ ・足を引きずるような行動, 人間の肝臓同様にインコの肝臓は多くの働きを持ちます。 トリコモナス原虫に感染することで起こります。, 症状は食欲がなくなる、食べたものを吐く、体重が減る、くしゃみや鼻水が出る、口臭がある、涙目になるなど。治療で直せます。, クラミジアもインコがかかりやすい感染症。 ・かさぶたのようなものができる ・重金属や薬など刺激性のあるものを食べる, ・腸粘膜の炎症により嘔吐や下痢