高校弓道の中で全員が目指す 全国高等学校 総合体育大会、通称インターハイ。 団体戦においては 5人1チーム で 各県の予選方法で勝ち上がった 47チーム +開催県枠 の48チーム が出場出来る。 どの競技でも同じが、 高校生の青春であるインターハイの舞台は皆が目指すところである と思います。 YOSHITAKEどすぅ〜^^ 高校弓道の中で全員が目指す全国高等学校総合体育大会、通称インターハイ。団体戦においては5人1チームで各県の予選方法で勝ち上がった47チーム+開催県枠の48チームが出場出来る。どの競技でも同じが、高校生の青春であるインターハイの舞台は皆が目指すところであると思います。運良く3年間で2度出場し、1度の優勝を成し遂げました。その時の練習等勝ち抜く方法みたいなものを紹介してみたいと思います。, 冒頭でもお話し致しましたが、4月ごろから各県では予選が始まる。私の所属していた県では、4月末から5月にかけて1次予選2次予選が行われ、1チームが出場権を得る。各県で方法は違うと思いますが1次予選では上位6チームが通過、2次予選では6チーム総当たりで勝利数が高い1チームがインハイ出場権を獲得するルールでした。本戦の会場は毎年変わります(令和2年度は8月21日〜24日, アダストリアみとアリーナ〈茨城県水戸市〉にて開催)。本戦は8月中旬ごろに3日間あり、1日目予選、2日目トーナメント1.2回戦、3日目準々決勝、5〜8位決定戦、準決勝、3位決定戦、決勝という形式であります。, 早速ですが、実際に行なっていた練習について紹介します。私の高校は良いかはわかりませんが、どちらかというと量より質で勝負する高校でした。そのため、1日多くても20射の立ち練習(5人で試合の流れで引く練習)+自主練習20射ほどでした。平日の授業がある日は8射しか引かないという日もありました。 大学では、一日100射を超える練習をしていたので質重視(高校時代)量重視(大学)どちらも経験しましたが、どちらもいいところがあますが、インターハイを勝ち抜く上では質が大事になってくると思います。その理由は、試合形式によります。インハイは1日目4射(予選)、2日目8射(2、3回戦)、3日目12射(準々決勝、準決勝、決勝)の計24射です。1日の最大射数は最終日の12射です。トーナメントだと1人4射の団体合計20射で決着がついてしまいます。つまり、短期決戦型の試合ということです。つまり、どれだけ強いチームでも1回失敗してしまうと負けてしまうということです。なので、量引けることは必要なくて、いかに常にベストパフォーマンスができるかという点が大事です。その考えから、インハイで勝ち抜くためには量より質を優先した練習が効果的です。, 新人社会人、20代MEN’S「YOSHITAKE」です。学生時代は10年間弓道をやっており、全国大会優勝!経験も数回あります。弓道で日本一になった経験から経験談や実際に行っていたコツなんかも書いていければと思ってます。

YOSHITAKE YOSHITAKE 小さなコツによって余裕が... 今回は、弓道を始める理由ベスト3ということで、YOSHITAKEの経験をもとに勝手に定めちゃいます。, YOSHITAKEもよく試合前に調子が落ちて、イライラしてしまっていたことがありました。弓道はメンタルスポーツなので試合前の心境の違いが射に悪影響を与えているんでしょうね。, 冒頭でもお話し致しましたが、4月ごろから各県では予選が始まる。私の所属していた県では、4月末から5月にかけて1次予選2次予選が行われ、1チームが出場権を得る。各県で方法は違うと思いますが, 1チームがインハイ出場権を獲得するルールでした。本戦の会場は毎年変わります(令和2年度は8月21日〜24日, アダストリアみとアリーナ〈茨城県水戸市〉にて開催)。, 早速ですが、実際に行なっていた練習について紹介します。私の高校は良いかはわかりませんが、どちらかというと, 大学では、一日100射を超える練習をしていたので質重視(高校時代)量重視(大学)どちらも経験しましたが、どちらもいいところがあますが、, です。その考えから、インハイで勝ち抜くためには量より質を優先した練習が効果的です。. みなさん!何事にも自分しか意識していないコツってありますよね!? 全国高等学校総合体育大会は、高等学校教育の一環として、高校生に広くスポーツ実践の機会を与え、技能の向上とスポーツ精神の高揚を図り、心身ともに健全な青少年を育成するとともに、高校生相互の親睦を深めることを目的に開催する。

弓道にも各々行っている小さなコツがあります。

どちらがいいと言うことは無いですが、考え方ひとつで結果も変わりますし、勝ちたいけど勝てないから私は綺麗に引くことにこだわるんだ、と言うように勝ちたいのに綺麗に引くことに逃げると言うパターンもあると思います。. どうも、こんちにはよしたけです。 今回は、9割越えの的中率を出していた現役時代に実践していた中仕掛けの作り方について紹介していきます。中仕掛けの作り方は、とても重要で弽と触れている... 道の選手の中には、勝ちにこだわる(つまり当てることだけを考える)人と射法八節をいかに教本通りに綺麗に引けるかにこだわる人がいると思います。 また、弓道だけでなく日本一の経験は他のジャンルにも活かせる考え方があると思うのでYOSHITAKEの思想みたいなものも共有できればなと思っています。.



全国高等学校総合体育大会弓道競技歴代優勝校 全国高等学校総合体育大会弓道競技歴代優勝校の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。