・ブルートパーズ しかし、衝撃に対する強度を測る靭性は5と、決して高くありません。結晶の上下方向にへき開性があるため、ぶつけたりすると内部に亀裂ができることがあります。重いものを持ったり、スポーツをする時などは外しておく方が良いでしょう。, トパーズは高温や急激な温度変化で破損する可能性があります。また、長時間熱や日光にさらされると色が褪せるという特性もあるので、保管には注意が必要です。 カラーレストパーズに放射線照射や熱処理を加えて青~藍色にしたトパーズです。色の淡い順に「スカイブルー」「スイス」「ロンドン」と呼ばれ、色の濃いものほど価値が高くなります。 shop-nekoguruma.com. 本来インペリアルトパーズと呼ばれていた石に関しては、大変高価で貴重な存在だと言うことをお伝えしておきたいと思います。 ※こちらの写真は貴重なシェリーカラーのインペリアルトパーズ(3.26ct)です。 ※右は5.55ctのインペリアルトパーズです。 ・ホワイトトパーズ(カラーレストパーズ) ・グリーントパーズ まずはそんなトパーズの基礎知識について詳しくみていきましょう。, トパーズは、その名を紅海に浮かぶ小さな島の古代ギリシャ語名「トパジオス」に由来すると考えられているほど古い歴史を持つ宝石です。

・ピンクトパーズ トパーズの中でも特に価値が高いとされる、赤みを帯びたオレンジ色のトパーズです。ロシアの皇族が、ウラル山脈地帯で産出する赤みがかった高品質のトパーズを独占しようとしたことからこの名がついたとされています。シェリー酒の色に例えられる「シェリーカラー」は多くの人を引きつける美しさです。 インペリアルトパーズはその名のとおり、皇帝の石として恥じない効果を内包しています。 およそ他のパワーストーンでは、運気を上昇させたり健康を促進させたりする効果が多くなっていますが、それらは結局のところ気休めに過ぎず、最終的には自分で自分を変えていく必要があります。 長期間着けない時は、ケースに入れて直射日光の当たらない場所にしまっておくことをおすすめします。また、一時的に置いておく場合も窓際は避け、トレイなどに乗せて、うっかり踏んだりぶつけたりしないようにしましょう。, トパーズの日常的なお手入れは柔らかい布で拭くだけで十分です。皮脂汚れなどが気になる時は、ぬるま湯に中性洗剤を溶かし、トパーズを浸して柔らかいブラシなどで軽くこすりましょう。その後は水でよく洗剤を洗い流し、布で水気を優しく拭き取ります。

カラーレストパーズの表面にチタニウムを照射してトリートメントしたもので、光源や見る角度によって、万華鏡のように色が変わるのが魅力。神秘的な色合いの光を放ちます。, シトリンはもうひとつの11月誕生石です。色など見た目が似ていることから混同されがちですが、まったく異なる宝石です。 熱湯はトパーズにダメージを与える恐れがあるので避けてください。また、硬度はありますがへき開性も高いので、強い力で洗ったりスチームクリーナーを使ったりするのも避けましょう。 ・インペリアルトパーズ トパーズの中でも特に価値が高いとされる、赤みを帯びたオレンジ色のトパーズです。 ロシアの皇族が、ウラル山脈地帯で産出する赤みがかった高品質のトパーズを独占しようとしたことからこの名がついたとされています。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 古代ギリシャ人はトパーズが力を与えてくれると信じており、インドでは何世紀にもわたって、心臓の上にトパーズを身に着けると長寿や知性、美しさを得ることができると考えられていました。 11月の誕生石であるトパーズには幾つもの種類があります。先日はポピュラーなブルートパーズについてお話ししましたが、本日は大変高価な宝石として知られるインペリアルトパーズについてお話ししようと思います。まず、鉱物としてのトパーズには水酸基〔OH〕とフッ素〔F〕が含まれていますが、そのどちらが優勢かによってOHタイプとFタイプに区別されています。トパーズの中で最も価値が高いと言われていたのは、OHタイプで赤味の強い橙色のトパーズで、これを昔からインペリアルトパーズと呼んでいました。色味は赤に近いものほどお高くなり、私の好きなシェリーカラーも最近ではなかなか見つけるのは困難ですし、更に赤味が強くなるととんでもないお値段がついています。 主な産出国はブラジルで、インペリアルと言う名前も19世紀にブラジルに在位していたペドロ2世にちなんでつけらたと聞いております。皇帝の石と言われるだけあって、パワーストーンの世界でも、強いエネルギーを秘めた石として知られているようです。細長い結晶が多いせいか、縦に長いルースが多いのも特徴です。Fタイプのトパーズには長時間光に当てていると色味が退色してしまう場合があるようですが、インペリアルトパーズは変色しませんし、大変輝きの強い美しい石です。, しかし2004年以降からはOHタイプに属するトパーズであれば、インペリアルトパーズと鑑別書に記載出来るようになり、現在では色味の薄いものや、ブラウンがかったオレンジ色やヌードカラーに近いものなどもインペリアルトパーズとして沢山出回っています。これはこれでファッション的にお洒落な色味ですし、素敵だと思いますから、一般的に楽しまれるのには良いと思います。実際私もこんなカラーの石を使ってファッションリングなどを作ってみたいなぁと考えています。ただこういった石は本来インペリアルトパーズと呼ばれていたものとはだいぶ異なりますから、インペリアルと言っても宝石としての価値の無いものも多く存在します。あくまでも希少価値などは考えずにお洒落として使われるのが良いかと思います。本来インペリアルトパーズと呼ばれていた石に関しては、大変高価で貴重な存在だと言うことをお伝えしておきたいと思います。, ※右は5.55ctのインペリアルトパーズです。 色は左のルースより若干赤みが薄いですが、. 表面にコーティングを施したミスティックトパーズは洗浄時にコーティングが剥がれてしまう恐れもあるので、特に優しく扱いましょう。, トパーズの煌めきはジュエリーとして身に着けることでより引き立ちます。ぜひ、その輝きを身に纏う楽しみを味わってください。ご自分へのご褒美や、大切な人へのプレゼントにもおすすめです。, 上品なホワイトゴールドの月モチーフにトパーズが煌めき連なる、清楚でありながら華やかなネックレスです。女性の魅力を高めてくれるとされる三日月が、可憐に揺れるアクアマリンを抱くデザインは、どんなファッションにもなじみ、デイリー使いにもぴったりです。, 古くから幸運を招くといわれている馬蹄モチーフのネックレス。ラッキーモチーフに女性らしいやわらかなカラーのピンクゴールドと上品に煌めくトパーズが華やかさを添えます。お守り感覚のジュエリーとしても、毎日身に着けたくなるデザインです。, カラーの選択肢が豊富なトパーズのジュエリーはどれも素敵で、選ぶのに迷ってしまいそうですね。ご自身だけのお気に入りを見つけて、トパーズのパワーがくれる自信と華やかな輝きを一緒に身に纏いましょう。. ブラジルやパキスタン、ロシアなどで産出される淡いカラーが可憐な印象のトパーズです。産出量が極めて少ないことから、インペリアルトパーズに次いで価値が高いとされています。

無色でダイヤモンドに似た輝きを持つと人気のトパーズです。内包物がほとんどないため、透明度はダイヤモンド以上ともいわれています。また、カラートパーズの元にもなっています。

11月の誕生石であるトパーズ。一般的には無色や青色がよく流通していますが、「黄玉」という和名もあるようにイチョウのような深い黄色も楽しめます。近年では加工技術によってさまざまなカラーが登場しており、季節やファッションに合わせたトパーズを揃えることもできるようになりました。この記事ではその魅力について詳しく解説します。, トパーズは世界各地で古くから愛されてきた宝石。現代でもカジュアルからフォーマルまで、さまざまな場面で活躍するジュエリーに使用されています。ただ、トパーズの輝きに惹かれるけれど、どんな歴史があるのか、どんな種類があるのかは意外と知らない方が多いのではないでしょうか。 【TP19】トパーズ / 原石そのままの神秘的な輝きインペリアルトパーズ4.6g ツイート 20,000円(税込22,000円) インペリアルトーパーズという呼び名がついたのには訳があるよ … また、日本でもトパーズは古くから活用され、黄色っぽい石はすべて「黄玉」すなわちトパーズと呼ばれた時期もあったほど、なじみ深い宝石のひとつです。 ・ミスティックトパーズ イエロートパーズは別名でゴールデントパーズ、インペリアルトパーズと呼ばれています。インペリアルは皇帝の意味です。 歴史・言い伝え.