来日2年目で58試合5勝1敗33ホールド、防御率2・57をマークしているパットンには残留を要請する見通し。 昨季途中に日本ハムから加入した中継ぎのエスコバーは退団の方向。ウィーランド、バリオスは未 … 中継

名無しさん@npb好き 2018年08月29日 15:23; いやソースないのかよ。せめてウィーランドって言った方がまだ信憑性あるわ ; 6. ナックルカーブ2 抑え メジャーでの登板が少なく、マイナーでは2015年に10勝5敗、2016年に14勝6敗と勝率はいいが、防御率は4点台、5点台とPCLということを考えても良くはない。 制球力・コントロールは結構良い。

メジャーでの実績がほとんどないにも関わらず高年俸で期待値がかなり高く、若いこともあり数年間在籍し活躍することが期待される。

ジョー・ウィーランド(ジョゼフ・アンドリュー・ウィーランド)(Joseph Andrew Wieland) 投手 2017DeNA新外国人候補 右投右打 188センチ93キロ 26歳 背番号- 推定年俸:9000万円 国籍:アメリカ合衆国 サンディエゴ・パドレス:2012年~2014年 ロサンゼルス・ドジャース:2015年 シアトル・マリ …

敗北   :   9

変化球

公文、トンキンくらいしかいなかったが、トンキンは別にいらない。, 投手としてじゃなく、ロサリオの後釜として。 ◎

主にマイナーの3Aで登板する、若い先発投手。 代打ウィーランドとして一生語り継がれるらことになるし別にええやろ 27 風吹けば名無し 2018/12/03(月) 09:42:46.52 ID:F3z7qKpO0 6失点するけど2打点する投手 https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジョー・ウィーランド&oldid=79637813, 初安打・初打点:2017年4月28日、対広島東洋カープ4回戦(横浜スタジアム)、4回裏に. 「2017年、カープ戦での爆発は凄かったよね、現地で観たけれど・・・・」

シリアコに次ぐ補強第2弾の選手。

回復

選手名 2018年オフに退団。 ウィーランド スポンサーリンク − まあウィーランド二軍に置いておけるほど金満ちゃうからしゃーない 先発中継ぎできて安いバリオス優先になる 23 風吹けば名無し 2018/12/03(月) 09:40:34.41 ID:x9etOO+C0 基本能力(入団前) 変化球

「自分が勝てなかった試合なのに、誰よりも喜んでくれていて、横浜というチームを愛してくれていたんだね」 中継

「球種や投球スタイルでまた日本球界にマッチするようになれば、あり得るわよね」 スタ

151

ドロップカーブ5

ジョゼフ・アンドリュー・ウィーランド(Joseph Andrew Wieland, 1990年1月21日 - )は、アメリカ合衆国・ネバダ州リノ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのシカゴ・カブス傘下所属。, 2008年、MLBドラフトでテキサス・レンジャーズから4巡目(全体123位)指名され、6月8日に契約。この年は傘下のルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズで13試合に登板し、5勝1敗、防御率1.44だった。, 2009年はA級ヒッコリー・クロウダッズで19試合に登板し、4勝6敗、防御率5.31だった。, 2010年はA級ヒッコリーで15試合に登板し、7勝4敗、防御率3.34だった。7月にA+級ベーカーズフィールド・ブレイズ(英語版)へ昇格。11試合に登板し、4勝3敗、防御率5.19だった。, 2011年はA+級マートルビーチ・ペリカンズで14試合に登板し、6勝3敗、防御率2.10だった。6月にAA級フリスコ・ラフライダーズへ昇格。7試合に登板し、4勝0敗、防御率1.23だった。7月31日にマイク・アダムスとのトレードで、ロビー・アーリンと共にサンディエゴ・パドレスへ移籍した[1]。移籍後はAA級サンアントニオ・ミッションズで5試合に登板し、3勝1敗、防御率2.77だった。, 2012年はAAA級ツーソン・パドレスで開幕を迎え、4月14日にパドレスとメジャー契約を結んだ[2]。同日のロサンゼルス・ドジャース戦で先発起用されメジャーデビュー。5回を投げ三本の本塁打を打たれるなど、6安打6失点2四球と打ち込まれ、メジャー初黒星を喫した[3]。その後も3連敗し、5度目の登板となった5月6日の試合で右肘を故障。5月11日に15日間の故障者リスト入りした[4]。6月26日に60日間の故障者リストへ異動し[5]、7月27日にはトミー・ジョン手術を受け、残りのシーズンを全休した。この年は5試合に登板し、0勝4敗、防御率4.55だった。オフの10月29日に故障者リストから外れた。, 2013年2月26日に前年の手術の影響で、60日間の故障者リストへ異動。3月9日にパドレスと1年契約に合意した[6]が、シーズン中には復帰できず、未登板のまま終わった。オフの10月25日に故障者リストから外れた[7]。, 2014年3月3日にパドレスと1年契約に合意した[8]。3月29日に再び15日間の故障者リスト入りし[9]、4月2日に60日間の故障者リストへ異動した[10]。この年は2年ぶりにメジャー復帰し、初勝利も挙げた。, 2015年はマット・ケンプ、ティム・フェデロビッチとのトレードで、ヤズマニ・グランダル、ザック・エフリンと共にドジャースへ移籍[11]。翌2016年にはエリック・メヒアとのトレードで、シアトル・マリナーズへ移籍した[12]。開幕は傘下のAAA級タコマ・レイニアーズで迎え、5月2日に40人枠を外れた。8月12日にメジャー契約を結んで25人枠入りしたが、同日のオークランド・アスレチックス戦で先発するも5回6失点で敗戦投手となった[13]。8月19日にAAA級タコマへ降格、8月20日に40人枠を外れ[14]、9月14日、後日発表選手とのトレードでアトランタ・ブレーブスに移籍したが、10月13日にFAとなった[14]。, 2016年11月7日に、NPBの横浜DeNAベイスターズと契約したことが、球団から発表された[15]。背番号は56。, 2017年には、4月6日の対読売ジャイアンツ戦に、先発投手としてNPBの公式戦にデビュー。開幕当初は好投しても打線の援護に恵まれない試合が続いたが、4月28日の対広島東洋カープ戦(いずれも横浜スタジアム)で来日初安打・初打点・初勝利を記録したことを皮切りに、先発登板で3連勝を達成した[16]。5月17日の対広島戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では、打者として来日初本塁打を放っている。同月下旬に右肘周辺に張りを感じたため、6月1日から戦列を離れたが[17]、7月7日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)から一軍に復帰。7月18日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)から9月12日の対広島戦(マツダ)までの先発登板では、チームの歴代外国人投手で初めての公式戦5連勝[18]、9月25日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)では来日初完投・初完封勝利を記録した。レギュラーシーズンの最終登板であった10月1日の対広島戦(横浜)では、3回裏の第2打席で3号本塁打を放つなど、8番打者として3安打4打点をマーク。投げては5回7失点という内容ながら、チームの歴代外国人投手では初めてのシーズン10勝目を挙げるとともに、自身の連勝を7にまで伸ばした[19]。チームのレギュラーシーズン3位で迎えたクライマックスシリーズでは、阪神とのファーストステージ第3戦(10月17日)[20]および、広島とのファイナルステージ第4戦(10月23日)[21]に先発で登板。チームのファーストステージ突破に貢献したほか、いずれの試合でも勝利投手になった。横浜スタジアムで19年振りに開催された日本シリーズ第3戦(10月31日)でも、福岡ソフトバンクホークス打線を相手に先発で5回2/3を投げたものの、3失点を喫した末にこの年の公式戦唯一の黒星を喫した。日本シリーズ終了3日後の11月8日には、翌2018年もチームに残留することが球団から発表された[22]。1年契約で、推定年俸は1億3,000万円[23]。, 2018年には、春季キャンプの期間中に右肘痛が再発。その影響で調整が遅れたことから、公式戦の開幕を二軍で迎えた[24]。4月23日の対ヤクルト戦(神宮)に先発投手として一軍に復帰したものの、6回2失点という内容で敗戦投手になったため、前年7月18日の同カード(前述)から続いていたレギュラーシーズンでの連勝が7でストップ[25]。一軍公式戦でのシーズン初勝利は、5月20日の対巨人戦(東京ドーム)にまで持ち越された[26]。その一方で、先発で登板した7月10日の対中日戦4回裏の打席でバックスクリーンを直撃するソロ本塁打を山井大介から放つ[27]など、打撃面での勝負強さは健在。8月2日の対巨人戦では先発登板でシーズン7敗目を喫したものの、翌8月3日の対広島戦(いずれも横浜)では、同点で迎えた延長11回裏2死1・2塁で来日後初めて代打に起用された(結果は四球)[28]。投手としては一軍公式戦16試合に登板したものの、4勝9敗、防御率4.99と振るわず、シーズン終了後には球団から翌2019年の契約を見送る旨を通告された。12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示。, 2018年12月5日に、KBOの起亜タイガースが、ウィーランドの獲得を発表した[29]。背番号は、DeNA時代に続いて56。2019年、起亜では8勝を記録し同年限りで退団した。, 2020年9月10日にシカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。今後は傘下A級で行われているキャンプに参加しメジャー昇格を目指す[30]