日本週報1954 日・比賠償交渉決裂 昭和29年5月28日東京 指示を守らねば廃校 朝鮮人学校PTA 読売新聞1950 徳田氏に抗議・高砂丸引揚げ者 週刊読売1953 硝煙の内灘をゆく 昭和29年6月21日朝日 火炎ビン放火犯捕る 梁庚準 日本週報1954 赤い侍三十六人の秘密・中 昭和28年9月13日読売 崔理事を検挙 朝鮮奨学会館 オウム資料 麻原・サリン事件直後ビラ・ウラ 昭和28年12月20日読売 詐欺社長ら検挙 民団支部の監禁事件 通達645号 1950.12.18 職場追放の同志を新任務 週刊読売1955 李徳全の赤い舌 通達642号 1950.12.14 婦人民主新聞大衆討議を起こせ 週刊読売1953 躍る角帽工作隊

オウム資料 冊子/シッシャの詩NO.1 昭和27年8月7日読売 赤い朝鮮人に食われる血税 革命戦士No.19 1950年 八・六斗争 オウム資料 極智新聞2号5面 昭和29年7月10日産経 暴徒三名に懲役 新宿火炎ビン 北鮮系 昭和28年8月12日読売 在日朝鮮人の祖国意識 昭和28年8月26日読売 密航朝鮮人30名捕う 島根に 昭和27年10月26日読売 朝連、各地で再建 当局重視 オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙⑪ 報知解説 落目にもがく共産党 昭和28年9月2日読売 北鮮のスパイか 仁川警察隊長 昭和29年7月15日朝日 日共 創立記念集会 32周年 日本週報1954 最近・日共の動向 オウム資料1989 「病は癒える」チラシ オウム資料 『蓮華の心』3号①②

昭和29年5月28日読売 朝鮮人校へ警告 現状では廃校 通達1951年2月2日 再びM放送について オウム資料 守ろう!信教の自由ビラ

日本週報1955 日共潜行幹部は出てくるか

思想と権力 岩淵辰雄(新週報1950.06.15) 日本週報「恐るべき孟子グループの正体」 昭和28年8月8日読売夕 北鮮要人十名に死刑 オウム資料 1989年10月極智新聞2号2面

日本週報「恐るべき孟子グループの正体」 昭和27年8月15日読売 祖防隊テロ団 要人暗殺

日本週報1954 マレンコフの24時間 週刊朝日1953 伊藤律夫人の場合 真相1954 「下山事件」他殺白書①~⑭ 昭和29年7月9日読売 近く抜打ち調査 朝鮮人学校無資格教員 日本週報1954 日共ついに総評を奪う 昭和29年6月30日日経 鈴木入管局長出向 李浩然出国問題 オウム資料 麻原彰晃のザ・コンサート 昭和29年8月28日産経 党指導部の出方次第 神山氏語る

オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙⑨ 革命戦士No.18 1950年 日共中国地方委員会 共産党が地下に潜ったら 昭和29年7月15日東京 首謀に懲役五年 焼打ち事件判決 昭和29年7月16日産経 日共党員宅に侵入 現職警官捕る 野放し猪―アカハタ

週刊朝日1953 松川事件を究明する 全貌1953 赤い在日朝鮮人の活動報告

オウム資料 『マハーヤーナ』増刊⑬~⑱ 昭和28年8月紙名不明 朴憲永の日本亡命 真か偽か 日本週報1953 中共を支持する在日華僑 昭和29年6月3日朝日 三被告保釈で出所 学生監禁事件 サンデー毎日 血ぬられた皇居前広場 サンデー毎日1953 捕まるか日共七幹部 オウム資料 1993年世紀末ニュース6面 オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙① 昭和29年6月12日読売 今月中に廃校手続か 朝鮮人学校

オウム資料 熊本県波野村オウム進出オモテ面 オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙⑨ 日本週報1954 久保山さんの死をめぐる日共の陰謀

昭和29年7月23日朝日 日共勢力は上昇へ 公安調査庁発表

4月1日: オウム真理教放送「エウアンゲリオン・テス・バシレイアス」開始。ロシアから放送: 4月: 雑誌「別冊太陽 No77 輪廻転生」(平凡社)に麻原と宗教学者山折哲雄の対談が掲載される: 5月 日共の軍事行動は始まっている オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙⑤ 通達648号 1950.12.22 スパイを放逐せよ 日本週報1953 赤い孤島 ソ連代表部 日本週報1954 うなずける神山除名・鍋山貞親 昭和29年8月16日朝日 自治体も平和運動 労組への思想調査. 連絡事項1951年2月20日 「教育者」「炭鉱対策」 昭和29年7月17日毎日 日共指導の北鮮系16万人 吹田事件の全貌 翻弄される自治体警察 通達第668号 1951.2.13 教員党員全国活動者会議 昭和29年5月28日読売 朝鮮人校へ警告 現状では廃校 昭和28年10月5日読売 ソ連製機関銃 朝鮮人宅から オウム資料 求人情報紙Ωオメガ3~4面 週刊朝日1953 松川事件を究明する 通達644号 1950.12.15 斗いは人民の信頼のもとに 週刊読売1953 赤い暴力・三歩前進 昭和28年9月13日毎日 日共に流れる? 朝鮮奨学会 財界1954 特務機関から東京温泉・許斐氏利 昭和29年5月28日産経 誓約に違反すれば廃校 朝鮮人学校 昭和29年7月8日日経 近く抜打ち調査 朝鮮人学校 通達第658号 1951.1.13 調査活動を大衆の中へ

再 1952 恐るべき孟子グループの正体 日本週報1954 赤い小学生日記の全文⑳~㉙ 真相1954 「下山事件」他殺白書①~⑭ 週刊読売1953 火焔ビン健在 日共の秘密

昭和29年7月27日読売 各区に一人立候補 日共の選挙対策 日本週報1954 赤い侍三十六人の秘密・中 オウム資料 1989年10月極智新聞2号1面 オウム資料 『蓮華の心』3号③~⑲ 臨中指プリント1951年 長野県統一選挙の状況

昭和29年7月10日産経 暴徒三名に懲役 新宿火炎ビン 北鮮系 日共非合法機関紙1950 「先鋒」No.5 サンデー毎日1953 帰ってきた日本人捕虜 昭和29年8月3日日経 日共の機関誌活動をみる

日本週報1954 赤い小学生日記の全文㊺~㊿ オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙⑩ サンデー毎日1953 妙義・富士演習地 昭和29年6月12日日東 近く廃校処置 朝鮮人学校 報知解説 落目にもがく共産党

昭和29年7月5日毎日 右翼の台頭 日共宣伝活動 公安調査 昭和29年6月11日毎日 こんどは順法戦術 朝鮮人学校 日共非合法機関紙1950 先鋒No.6ウラ 昭和28年12月26日読売 日共祖防隊員が強盗 除名決定 1950.11.25 中野重治・津々良渉・西川彦義 オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙⑧ 日本週報1954 赤い小学生日記の全文㊺~㊿ 昭和29年6月5日読売 八日から実体再調査 朝鮮人学校 通達632号 1950.11.23 田中堯平の除名決定

昭和28年9月16日朝日 韓国から集団密航 高知・愛媛 オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙② 通達624号 1950.10.31 第九臨時国会 週刊読売1954 静かなるニッポン共産党 連絡事項1951年2月20日 「教育者」「炭鉱対策」 昭和29年6月18日読売 李氏証明は私文書 鈴木局長 オウム資料 極智新聞10号1990年⑩~⑮

日本週報1954 決戦・左右両翼の農法 全貌1953 日共の軍事方針 昭和29年8月30日読売 手配の民戦若松支部長逮捕 金麟均 サンデー毎日1952年「球根栽培法」

昭和29年6月19日毎日 証明書は個人的手紙 李浩然 鈴木一 日本週報1954 日共の資金ルートを衝く 党活動指針1950年6月6日 徳球テーゼ(下) 昭和29年7月19日読売 統一戦線強化 日共・春日正一 昭和29年7月10日東京 首謀二人だけ実刑 火炎ビン無罪 革命戦士No.18 1950年 日共中国地方委員会 号外1950.6.7 共産党追放17名追加

通達630号 1950.11.18 書籍出版を大衆路線に 昭和29年7月16日朝日 総評はどうなる 反高野勢力 昭和29年6月21日朝日 火炎ビン放火犯捕る 梁庚準 オウム資料 『マハーヤーナ』増刊①~⑤ 昭和29年6月11日毎日 こんどは順法戦術 朝鮮人学校 日本共産党第十九回中央委員会の全貌 オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙① オウム資料 麻原彰晃―私達は推薦します! オウム資料 極智新聞10号1990年①~⑨ 昭和27年8月20日読売 朝鮮学校 日本人教官吊し上げ 昭和29年7月19日朝日 小鹿原に二年求刑 岩之坂上交番襲撃 エウアンゲリオン (ラテン語: Evangelion)『福音書』(ギリシア語: ευαγγελιον ) - イエス・キリストの言行録のこと 『エウアンゲリオン・テス・ バシレイアス』 - かつて存在したオウム真理教の国際ラジオ放送局 エヴァンゲリオン / ヱヴァンゲリヲン (Evangelion) 昭和28年9月13日読売 崔理事を検挙 朝鮮奨学会館

金属東京・号外 1950年 斗争報告 1951方針

昭和27年10月13日読売 対馬 20万人密航の島 北鮮系 オウム資料「真理党ビラ」1989年秋

サンデー毎日1953 ソ連抑留同胞帰国の日は 週刊読売1954 日教組内紛の真相 オウム資料 『蓮華の心』3号③~⑲ 昭和28年9月6日読売 新宿・朝鮮奨学会館 敷地切売り オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙③ 昭和27年10月12日読売 張赫宙氏が帰化 宿願の手続き

昭和29年7月10日日経 三名に懲役 新宿火炎ビン事件 北鮮系 日共非合法機関紙1950 先鋒No.6オモテ 日本週報1952「長野県集団暴行事件」 昭和29年7月8日日経 近く抜打ち調査 朝鮮人学校 昭和29年8月28日日経 日共、神山氏ら除名 本部細胞新聞1950年 テーゼ草案の討議 昭和28年8月11日読売 朝鮮人密航者 大村収容所 思想と権力 岩淵辰雄(新週報1950.06.15) 通達634号 1950.11.27 ともだちしんぶんの運用 日本週報1954 赤い小学生日記の全文⑥~⑲

日共非合法機関紙1950 先鋒No.7ウラ 日本週報1954 赤い小学生日記の全文①~⑤

95/3/12 第六サティアン(エウアンゲリオン・ テス・バシレイアス)二十世紀の超越と一億二千万人の民 この日本の一億二千万の民が、果たして二〇 年という時代の大きな枠組を越えることができるのだろうか。これが今わたしが行なっている瞑想課題である。 サンデー毎日1953 日共のベリヤ・伊藤律 週刊読売1954 日教組内紛の真相

昭和29年5月28日東京 指示を守らねば廃校 朝鮮人学校PTA 通達632号 1950.11.23 田中堯平の除名決定 昭和29年8月27日産経 神山茂夫氏(共産党)除名さる 週刊朝日1953 軌道に乗った?公安調査庁 全貌1953 左翼映画の正体 日共非合法機関紙1950 先鋒No.6ウラ

通達633号 1950.11.22 柄沢とし子の活動停止処分解除 昭和29年7月15日東京 首謀に懲役五年 焼打ち事件判決 サンデー毎日1953 長野県田口村警官暴行事件 昭和27年10月20日読売 登録拒否 北鮮系 国警重大指示 昭和29年7月10日朝日 新宿火炎ビン事件に判決

ある日の夜、AMラジオのダイヤルを回していたら、複数人が低い声で一斉に「オーーーーーーーーーー・・・・・・」と唸っているのが聞こえた。物凄い、薄気味悪さだった。そしてしばらく聞いていると、後に有名になった「尊師マーチ」などの歌。, もうわけがわかりませんでした。この馬鹿っぽさ、気持ち悪さが面白くて、しばらくの間、友人と聞いて楽しんでいました。当時はこれほどひどい殺人集団などとはまったく思ってもみませんでした。それに、こんな気味悪い馬鹿っぽい集団に集まってくる人たちがいるのが信じられませんでした。それだけに、後に大勢の高学歴者が集まっていたと知って驚きましたね。, 深夜のおかしな時間帯の宗教系ラジオ番組はありましたね。キリスト教系で、外国人と思しき牧師がたどたどしい日本語で神の栄光を語るという番組があり、その日本語のたどたどしさを実に上手にマネする人間が知り合いにいて、よくもまあこんなストライクゾーンの狭い芸をやるなあと感心したことがあります。, これですね。オウム真理教放送 - Wikipedia [wikipedia.org]ありましたね。でも当時中野区民だったので、選挙カーで洗脳されそうになった。しょこしょこしょーこー, より多くのコメントがこの議論にあるかもしれませんが、JavaScriptが有効ではない環境を使用している場合、クラシックなコメントシステム(D1)に設定を変更する必要があります。, 一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy, この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 昭和29年8月27日東京 神山、原田両氏を除名 日共 民主民族統一戦線の内幕 昭和29年7月24日読売 左翼戦線異状あり 御手洗辰雄 昭和29年8月16日朝日 静かなる共産党

オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙③ 昭和27年5月27日読売 北鮮系幹部21名検挙 オウム資料 『蓮華の心』3号⑳~㉖ オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙④ いわゆるオウム事件に関して、教団として現在まで裁判の進行を見守ってきた結果、当時の教団関係者の一部が事件に関わっていたことは否定できないと判断するに至りました。 昭和28年9月13日毎日 日共に流れる? 朝鮮奨学会 昭和29年7月19日読売 統一戦線強化 日共・春日正一 昭和29年8月3日日経 日共の機関誌活動をみる オウム資料 熊本県波野村オウム進出オモテ面 昭和28年12月26日読売 日共祖防隊員が強盗 日本週報1955 出そうで出ない徳田球一 昭和29年5月28日産経 誓約に違反すれば廃校 朝鮮人学校 オウム真理教放送(オウムしんりきょうほうそう)あるいはエウアンゲリオン・テス・バシレイアス(古典ギリシア語:ΕΥΑΓΓΕΛΙΟΝ ΤΗΣ ΒΑΣΙΛΕΙΑΣ, εὐαγγέλιον τῆς βασιλείας, euangelion tēs basileias)は、1992年4月1日から1995年3月23日まで放送されたオウム真理教のラジオ番組放送局である[1]。, そもそも、ロシアの国営放送局の国際放送機関である「ロシアの声」(当時はモスクワ放送)の送信機を保持するロシア通信省が、所有する送信機の無償貸し出しを開始したことから、日本では放送内容の問題で放送できないオウム真理教の布教を目的に、関連番組を専門に扱うことを目的として、1992年4月1日から「エウアンゲリオン・テス・バシレイアス」という番組題で放送開始した[1]。, 題名はギリシャ語で「御国の福音=神聖世界の絶対的真理、あるいは神聖世界の絶対的真理の告知」という意味だった。当初はこの番組題のみがアナウンスされたが、すぐに「オウム真理教放送」という名称があわせてアナウンスされるようになった[1]。, 番組は当初、静岡県富士宮市にあった同教団総本部のスタジオで編集・制作され、モスクワ市にあるロシアの声のスタジオに空輸し、ウラジオストク中継基地から日本に向けて放送された[1]。, 当時は、22:00 - 00:00(以下、時間はすべて日本時間)の1日2時間の日本語による放送が実施されていた。前半1時間は短波15.315 MHz(1992年6月以降は17.710 MHz)、後半1時間はロシアの声日本語番組でも使用されていた中波720 kHzを通じての放送であった[1]。, しかし1993年元日から、短波は季節ごとの周波数変更があることなどから中止、中波は一部地域での受信状態の問題があることから周波数が変更され、1476 kHzでの放送となった。これに伴って、放送時間は22:15 - 翌日の1:15に拡大・変更。その後1994年元日から00:00 - 03:00に変更され、衛星中継による生放送番組も行われるようになった[1]。, 他方短波では、1992年6月15日より、英語による番組が05:30と13:30の1日2回(各30分間)、ロシアの声の全世界向け英語放送の一部周波数を利用して放送されるようになった。また、同年9月1日からは、ロシア国内向けのラジオ放送、ラジオマヤーク(ロシア語版、英語版)を介したロシア語放送も行われるようになった[1]。, 1995年1月1日、麻原彰晃は世界に大きな危機が迫っていると「予言」する放送を行う[2]。, 同年1月8日、教団信者の高橋英利が占星術を用いて神戸で地震があることをラジオ内で予言、その後阪神淡路大震災が発生し話題となる[3][4]。, オウム真理教の強制捜査が関連してか同年3月23日「悔いの無い死を迎えようではないか」という麻原のメッセージと「エンマの数え歌」の放送を最後に放送中止となり、そのまま廃局となった[5]。, オウム真理教放送の開始から中止まで(アジア放送研究会制作「オウム真理教放送録音集」解説文から), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オウム真理教放送&oldid=77239453. アヂ・プロNo.17 1950年 日共岡山県委員会 財界1954 財界は共産党に喰われないか 指令417号 1950.10.21 党の宣伝活動の重点 全貌1952 共産拠点の全貌 昭和29年6月21日タイムズ 日共『暴走国会』を闘争に利用 昭和29年6月18日読売 平和運動を推進 全学連大会終る 昭和29年8月28日日経 日共、神山氏ら除名 財界1954 財界は共産党に喰われないか 昭和28年8月8日読売 北鮮要人粛清さる 李前法相ら12名 昭和29年5月30日毎日 神経衰弱で静養 朝鮮人学校長 昭和29年8月27日読売 日共 神山・原田両氏を除名 オウム資料 1993年世紀末ニュース1面 週刊朝日1953 宇野浩二 オウム資料 『マハーヤーナ』⑲~㉓ 昭和29年8月28日朝日 神山氏申入れ 公安調査庁除名発表

日本週報1953 徳田球一を逮捕できるか 通達634号 1950.11.27 ともだちしんぶんの運用 オウム資料 麻原彰晃の消費者共同体チラシ 通達642号 1950.12.14 婦人民主新聞大衆討議を起こせ 野放し猪―アカハタ 財界1954 特務機関から東京温泉・許斐氏利 昭和29年5月28日日経 指示直ちに実施せよ 朝鮮人学校 昭和29年7月26日産経 スパイに悩む日共

昭和28年12月9日読売 北鮮急進分子を逮捕 平和寮 日本週報1954 白い墓標 東大細胞の告白 昭和29年8月16日朝日 静かなる共産党 週刊読売1954 容共か反共か―岐路に立つ労組

昭和28年9月2日毎日 在日北鮮人の黒幕か 方容奭 昭和29年6月5日毎日 都立朝鮮人学校ついに廃校か 週刊朝日1954 除名理由を反論する―神山茂夫

オウム資料 極智新聞2号5面 オウム資料 『サンデー毎日の狂気』チラシ

通達630号 1950.11.18 書籍出版を大衆路線に オウム資料 求人情報紙Ωオメガ8~9面 昭和29年8月28日読売 なぜ起る?日共除名騒ぎ 三田村四朗 日本週報1954 日共の粛清と神山氏の追放 サンデー毎日1954 反米総まくり反響集 青年祖国戦線を衝く 国鉄労組中執委員 室伏憲吾(日本週報1950.05.15) オウム資料 地下鉄サリン事件直後・配布紙② 日本週報1952 ベルリン平和会議の真相 昭和28年11月17日読売 韓国密貿 北鮮・中国・ソ連密入国 オウム資料 オウム真理教受難の日々チラシ 昭和28年12月20日読売 詐欺社長ら検挙 民団支部の監禁事件 日本週報1952 ベルリン平和会議の真相 昭和29年7月10日日経 三名に懲役 新宿火炎ビン事件 北鮮系

昭和28年8月8日読売夕 北鮮要人十名に死刑 政界ジープ1954 赤の手先?日教組 日本週報1954 久保山さんの死をめぐる日共の陰謀 昭和28年12月26日朝日 日共秘密文書を押収 朝鮮から密入国 週刊朝日1954 松川事件の問題点 昭和28年8月12日読売 在日朝鮮人の祖国意識 オウム資料 熊本県波野村オウム進出ウラ面 昭和29年6月1日毎日 神戸校長帰る 朝鮮人学校 昭和28年12月9日朝日 祖防隊のアジト襲う 平和寮 昭和29年7月5日毎日 右翼の台頭 日共宣伝活動 公安調査 昭和29年7月23日毎日 日共・拡大する平和闘争 公安調査庁 昭和29年7月21日毎日 日共勢力は150万 藤井長官 オウム資料 極智新聞2号6面 そして、それらの教団、それらの経の完全な復元こそが、私は、この日本人に大きな最高の恩恵を与えるものと確信し、今までやってきました。, オウム真理教の「五つの柱」として、以下の点が挙げられており、「実践宗教」であることが強調されている。, オウム真理教では、修行の内容を3種類または4種類に分けて説く。小乗(ヒナヤーナ)、大乗(マハーヤーナ)、真言秘密金剛乗/秘密真言金剛乗(タントラ・ヴァジラヤーナ)で、厳密に説かれるときはタントラヤーナとヴァジラヤーナを分ける。ここでは4つの修行体系に分けて述べる。ただし、顕教が大乗を説くのに対して密教は金剛乗(ヴァジラヤーナ)を説くことは多いが、通常の仏教語の定義とは異なる。, この世界は、熱優位の粗雑な物質による愛欲界、音優位の微細な物質の世界である形状界、光優位のデータの世界である非形状界が重なり合っているとする[116]。, チャクラ(チァクラ)と五大(五大エレメント)の理論を融合した形で導入している。体の上部にあるチャクラほど高い次元につながっているとされた[116]。子供向けの自慰行為防止説法で、麻原は以下のように語っている。, 当初は、専らヨーガの手法を用いた修行が行われていた。その後、本来「秘技伝授」を意味する宗教用語であった「イニシエーション」という言葉を、オウム独自の「解脱者のエネルギーを伝授することで弟子を成就、解脱させる」という意味で使う[118]ことで信者を増やしていった。しかし一方で、麻原彰晃は終末思想を煽り、1994年前後には違法薬物や電気による様々な洗脳施策を取るようになった[119]。, 教団は著名人との交流があったが、事件後は一変して多くの人物がオウム批判に転じている。, オウム真理教の教義は、元となっている宗教教義を誤って解釈したもの、意味を取り違えたもの、都合主義的な拡大解釈などが少なくない。しかし、密教を中心に原始仏教からキリスト教まで幅広い宗教から摂取して、オウム独自の体系化が図られたため、麻原の説教の録音テープや録画映像が、いまだに布教に用いられてアーレフの信者などに信奉されており、マスコミも折りにつけてそれを問題視した報道を行っている。, 1989年(平成元年)3月、東京都に対し宗教法人の認証を申請。6月、東京都は受理を保留したため、オウム真理教は鈴木俊一東京都知事を相手取り、行政の不作為の違法確認訴訟を東京地方裁判所に提起した。8月、東京都が宗教法人として認証。, オウム真理教教団本部は上九一色村に多数点在するサティアンではなく、富士宮市の教団「富士山総本部」である。 オウム資料 世紀末ニュース 1993年(平成5年)6月28日 第8号 ブランケット判6ページ 第3面 エウアンゲリオン・テス・バシレイアス放送プログラム 昭和28年9月2日読売 北鮮のスパイか 仁川警察隊長 週刊読売1954 発足三ヵ月自衛隊の足跡

昭和27年8月24日読売 朝鮮人学校の実態はこうだ 高良とみ 平和はどこから来るか 読売新聞1950 徳田要請の重要証人菅通訳自殺す 「中核自衛隊の組織と戦術」の全貌 昭和29年7月10日朝日 新宿火炎ビン事件に判決

日本週報1955 出そうで出ない徳田球一