選手情報, 近年は番号固定制が当たり前になったために、この選手と言ったら何番!みたいなイメージもあるかと思います。, 古くはポジションごとに番号が割り当てられており、番号を見れば役割がなんとなくわかる…といったものでした。, 近年は結構好きに番号を付けるようになってきた印象もありますが、現在でもこのポジションに由来した番号の付け方を見て取ることが出来ますよ。, フォーメーションと言いますか、戦術の発展の違いで国ごとに微妙に番号の意味が異なるのも面白いところ。, 上記で紹介したように、昔はスタメンの選手の後ろから順に1~11番を割り当てていました。, このイメージを一気に変え、世界中のサッカー選手達の憧れの番号にしたのは…アヤックスで、オランダ代表で中心選手として活躍していたヨハン・クライフの功績なんです!, 1つはアヤックスのチームメイトであるヘリー・ミューレンが、着るべき7番のユニフォームが見当たらず困っていた説。, それを見かねたクライフが自身が着る予定だった9番のユニフォームを渡し、代わりに余っていたユニフォームを着た。, それがたまたま14番であり、その試合で大活躍したことからゲン担ぎの意味で14番を愛用した…というもの。, そのため誰も付けていない番号を自分の番号にする…と語った説ですが、ではなぜ14番だったのか?, それはアヤックスの下部組織時代に大会に優勝した時の背番号が14だったから…というゲン担ぎ説と、既に2番と14番しか空いていなかったから…という説があります。, クライフはクラブハウスに行くのが遅かったので、既に2番と14番しか空いていなかったということですが…中心選手であったクライフがそんな扱いを受けた…とも考えにくかったり。, 本当のところは既にわからなくなっていますが、そんなこんなで14番はクライフの代名詞に。, そして彼に憧れた他の選手が14番を付けることで、控えの番号は一躍人気の番号になりました。, なるべく時代が偏らずに…広く取りたいので「この選手がいない!」とかがあるかもしれませんが…ご了承下さい。, 元をただせば控え選手の番号であり、特別化したのはクライフの功績…というのは上記の通りです。, フライング・ダッチマンというニックネームで、20世紀を代表する選手と評されています。, センターフォワードが本職であるものの、最前線に張り付くことはなく比較的自由に動き回るタイプでした。, 当時のオランダ代表は現代サッカーに続く、トータルフットボールなんて言われ方をしますが…かなり時代を先取りした現代的な選手だったようですね。, ちなみにアヤックス時代とオランダ代表では14番を愛用していましたが、1973年に移籍したバルセロナでは主に9番を使用。, これは当時のリーガ・エスパニョーラが背番号固定制ではなかったため、CFの番号である9番を付けたからですね。, 1982年のワールドカップスペイン大会でイタリアは優勝し、この時の背番号が14だっただけに…タルデッリ=14番のイメージが強い方も多いかと。, しかし…身もふたもない話になりますが…当時のイタリア代表はアルファベット順に背番号を割り当てています。, そのため、遡って1980年のユーロでは15番ですし、次の1986ワールドカップでも15番です。, クラブを見ても背番号固定制ではなかったため、ユヴェントスやインテルでは8番が多かったようですね。, なぜ14番だったのかは謎ですが、1982ワールドカップ、1984ユーロ、1986ワールドカップで14番を付けています。, アルゼンチン代表ではマラドーナの後に10番を付けていますが、その後は14番や8番を使用。, 14番はクライフから…フィールドプレーヤーには珍しい12番はファン・バステンから取ったそうですね。, ちなみに、レアル移籍時にはグティが14番を付けていましたが…移籍に伴い14に変更。, 特に語られていないようですが、バルサ党でもありますので…この番号はクライフが理由だと思われます。, 代表では2007年頃から14番を付け始め、クラブではバルセロナ移籍の2010年からです。, 球際の厳しさが特徴で、ドリブルもパスも上手かったので守備的MFとして活躍した選手です。, 最近はどちらも10番を付けてプレーしていますが、代表の初期やトッテナム時代に14番を付けていました。, しかし代表デビュー当時に10番を付けていたのが、キャプテンも務めたニコ・コヴァチでしたからね…。, そのため、やはり似たタイプの選手と言いますか…イメージや特徴が近い選手が多くなるのが面白いところですよね。. 『フットボール・イタリア』によると、マラドーナ氏の息子であるディエゴ・マラドーナ・ジュニオール氏(34)が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染。さらに、合併症を患った結果、ナポリの病院に入院したとのことだ。

スポンサーリンク 8位:アントニオ・カッサーノ(18) イングランド代表合宿中に女性をホテルに招いたとして、コロナ感染予防対策のガイドライン違反で代表からの離脱を強いられたり、「笑気ガス」を吸引している映像が流出したりと、ピッチ外での多くの問題が明るみに出たグリーンウッド。 移籍金:3100万ユーロ(約38億4000万円) 移籍金:3500万ユーロ(約43億4000万円) アタランタ→インテル(2017年) 5.ウィリアン(アーセナル)

サッカー大好き管理人が、サッカーの様々な情報を紹介するブログです。普段は某チームのゴール裏の住人をやっています。, 2020/2/7

久保建英もランクイン! たまに更新しないとね。固定制(97年)以後のヴェルディの番号を振り返ります。※40周年記念誌参照。『1』菊池新吉(97~99)→高木義成(00)→菊池新吉(0…

今やワールドカップを超える大会と言われて... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. お問い合わせは、メールでお願いします。, [Twitter]

1位:ハリー・ケイン(トッテナム)/23(14試合13ゴール10アシスト) ◆2020-21シーズンここまでのゴール&アシストランキングTOP10 エウベルは1992年3月27日生まれ、ブラジル出身の28歳。身長170センチで右利きのアタッカー。これまでクルゼイロecなどブラジル国内のクラブでプレーしてきた。現在は背番号「7」をつけて、左ウイングを主戦場にしている。

何と言ってもASモナコの快進撃には驚きを隠せません! ... こんにちは、数々のスター選手が在籍し、勝利を勝ち取ってきました名門・アトレティコマドリード。 エバートン→マンチェスター・ユナイテッド(2004年) この背番号はいったいどのような順番で割り振られているのでしょうか? 今シーズンはフェデリコ・バルベルデの台頭もあり、出場機会が減っている印象ですよね。... ドイツ屈指のCBである、マッツ・フンメルス。

Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 3.フランチェスコ・トッティ:99回中19回失敗(19.2%)

◆ワースト1位はこの男…後半戦で輝きを取り戻せるか…
フランス代表最新メンバーと歴代メンバー!フォーメンション・年齢・背番号を公開; ワールドカップ 2018.7.7 スウェーデン代表最新メンバーと歴代メンバー!ランキングの推移と監督の意図… ワールドカップ 2020.5.4 サッカーワールドカップの歴代開催国とは? ユナイテッドが1-3で敗れた、リーグ開幕戦のクリスタル・パレス戦では、全く良いところを見せられず、1-6と屈辱的な大敗を喫したスパーズ戦でのパフォーマンスは目も当てられないものだった。今夏バカンスで訪れたギリシャでの逮捕劇によるメンタル面への影響が大きいと考えられるが、調子の波の谷の部分を抜け出したことを願うばかりだ。 地上... リーガ・エスパニョーラが背番号固定制ではなかったため、CFの番号である9番を付けたから, 1982ワールドカップ、1984ユーロ、1986ワールドカップで14番を付けています。, 海外サッカーのテレビ放送・ネット中継全まとめ!動画配信サービスを徹底比較【無料あり】, モドリッチの移籍先予想・噂を検証【2020夏】行先はインテル|DCユナイテッドどこになる?, フンメルスの背番号を歴代で紹介!5以外もある?ドルトムント|バイエルン|ドイツ代表, ラキティッチの移籍先予想・噂を検証【2020夏】行先はセビージャ|アトレティコどこになる?, 【2020】第99回高校サッカー選手権埼玉県予選速報!トーナメント組み合わせと結果, 高校サッカー選手権2020-2021【第99回】の組み合わせ!日程や出場高校を紹介!, 創成館高校サッカー部のメンバー2020-2021!監督や出身中学、注目選手を紹介!. ÉLBER – WINGER – PLAYMAKER – BAHIA – BA – 2020 – YouTube, ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。

06 DF 6 マルティン デミチェリス アルゼンチン 1980.

ややギャンブルな一面もある若手への高額投資。ここ数年で獲得した選手たちの移籍が成功かどうか分かるのは数年先だ。 “ゴールを決めないストライカー”としてのフィルミノの役割が、果たしてどれほど大きいものなのかということが話題に挙がるのはこれが初めてではないが、今シーズンは特にフィルミノへの風当たりが強いことは事実だろう。 また、3位には99回のPKを蹴り、19回外している元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティと、4位に92回のPKで16回の失敗を経験している元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがランクイン。 6.ロベルト・フィルミノ(リバプール) 2位:ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)/17(10試合13ゴール4アシスト)  ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり   9位:ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)/11(11試合6ゴール5アシスト) 背番号「11」はもともと左ウイングのポジションに与えられていた番号で、現代サッカーにおいても攻撃的な選手が着用していることが多い。横浜fcの元日本代表fw 三浦知良 も「11」を長年着用している。 最近見かけない印象がありますが、現在はどこのチームに所属し... レアルの守備を支えるキャプテン、セルヒオ・ラモス。 こんにちは、シルヴィオ・ベルルスコーニ体制が幕を閉じ、一時は低迷期を迎えましが今は徐々に復活の兆しが見えつつあります。 今回はその中でも欧州5大リーグに絞って、最も得点に関与している上位10選手を紹介していく。 豊富な運動量で中盤を攻守に支える存在です。

1994年のアメリカワールドカップ(W杯)決勝でPKを外した元イタリア代表FWロベルト・バッジョ氏は「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけだ」という名言を残しているが、まさにその言葉通りの結果となっている。 ジオバネ・エウベル・ジ・ソウザ(Giovane Élber de Souza、1972年 7月23日 - )はブラジル出身の元サッカー選手。 ポジションはフォワード。 元ブラジル代表

圧巻バイシクル!若手を牽引する39歳イブラヒモビッチのリーダーシップ「残りの面倒は俺が見る」, “のぞき”は許されない、VARを盗み見たスアレスがスポーツマンシップに反してイエローカード, PKと言えば決めるのが当たり前とされており、PK失敗シーンの方が珍しいが、「決めて当たり前」というプレッシャーが逆に足かせとなり、メンタルの強さが試されるプレーだ。 2.メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド) 5.アントニオ・ディ・ナターレ:58回中15回失敗(25.9%) 6.エディンソン・カバーニ:73回中14回失敗(19.2%)  orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人

11.ルート・ファン・ニステルローイ:53回中11回失敗(20.8%)
12.マルコ・ディ・バイオ:23回中10回失敗(43.5%)
13.アントニオ・グリーズマン:30回中10失敗(33.3%)
14.アンドレア・ピルロ:34回中10回失敗(29.4%)
15.アリツ・アドゥリス:45回中10回失敗(22.2%)
16.ピエール=エメリク・オーバメヤン:46回中10回失敗(21.7%)
17.ネイマール:56回中10回失敗(17.9%)
18.マレク・ハムシク:24回中9回失敗(37.5%)
19.ルカ・トーニ:28回中9回(32.1%)
20.ゴンサロ・イグアイン:32回中9回失敗(28.1%)
21.ダニ・パレホ:41回中9回失敗(22%)
22.ダビド・ビジャ:56回中9回失敗(16.1%)
23.スティーブン・ジェラード:59回中9回失敗(15.3%)
24.アントニオ・カッサーノ:20回中8回失敗(40%)
25.クラース・ヤン・フンテラール:24回中8回失敗(33.3%)
, 序盤戦を終えた欧州の2020-21シーズン。代表ウィークによる2週間の中断期間に入っている。このタイミングで『Transfermarkt』がここまでのゴール&アシスト数ランキングを発表している。

1位:ヴィニシウス・ジュニオール(18) 創設121年経った現在もスペインサッカー界の頂点に君臨... こんにちは、数々のスター選手が在籍し、勝利を勝ち取ってきました白い巨人・レアルマドリード。

 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人, [Facebookページ] また、今夏にバーミンガム・シティからドルトムントへと移籍したイングランド代表MFジュード・ベリンガムはドイツでもすでに公式戦11試合に出場。12日にはA代表デビューを飾っており、すでにこの補強が成功だったことを証明しつつある。

◆ミス数1位も外した分だけ決めている!
移籍金:3110万ユーロ(約39億7000万円) 移籍金:4030万ユーロ(約50億円) そしてチームを支えたスーパースターたちの共演は多くのファンを魅了し続けてい... こんにちは、数々のスター選手が在籍し、勝利を勝ち取ってきましたFCバルセロナ。 5位:アーリング・ハーランド(ドルトムント)/14(11試合11ゴール3アシスト)

サントス→レアル・マドリー(2019年) 一方、移籍前のチームを見てみると、南米勢やポルトガル勢のチームが目立つ中、育成の名門で知られるサウサンプトン出身の選手も多い。ルーク・ショーに加え、2007年にトッテナムに移籍したウェールズ代表FWガレス・ベイルや2011年にアーセナルに加入したアレックス・オックスレイド=チェンバレン(現リバプール)もそうだ。 「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけ」21世紀で最もPKを外したのは誰?トップは同数で、やはりあの2人…!   そこで、2020-21シーズンの約1/4が終わった現時点で、今シーズン特に調子を落としている選手たちをイギリス『GiveMeSport』が紹介している。 9.フランク・ランパード:80回中13回失敗(16.3%)

鳴り物入りで2019年7月にユヴェントスに加入したマタイス・デ・リフト。 海外サッカー, こんにちは、プレミアリーグ2012-13を最後に優勝から遠ざかっています名門マンチェスター・ユナイテッド。, アレックス・ファーガソン監督退任の影響から未だに脱却出来ず、今でも1990年代を築いた黄金期のメンバー達の幻想を追っているファンもいるではないでしょうか。. ◆18歳以下の移籍金ランキング 2019/10/7

7位:アレッサンドロ・バストーニ(18)

2位には、昨シーズンから好調を維持するバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが「17」(10試合13ゴール4アシスト)でランクイン。ドイツの絶対王者のエースは、今シーズンも安定した活躍を見せている。

身長191cmの大型FWとしてウッドのチーム内での役割は「制空権を確保すること」と、「得点を決めること」というシンプルな2つのみだ。ウッドは今シーズンここまでリーグ4位となる1試合平均5.4回の空中戦勝利数を誇っている一方で、ゴールに関しては7試合で1ゴールと、やや失速気味。現在19位に沈むバーンリーが調子を取り戻すには、この男のスコアラーとしての復調が不可欠になるだろう。 ピッチ上のパフォーマンスも低調なものに終わっており、ここまでプレミアリーグで無得点。しばしばベンチメンバーからも外れるなど、クラブ関係者の寄せる大きな期待に応えることができていない。大きなポテンシャルを持つことは明らかであるだけに、今後のステップアップに期待だ。 9位:ヘイニエル(18)

オープンプレーでは相変わらず質の高いクロスを見せていたアレクサンダー=アーノルドだが、今シーズンはセットプレーのクロスの質が落ちていることが指摘されている。現在負傷離脱中のアレクサンダー=アーノルドだが、リハビリ期間に一度気持ちをリセットし、フレッシュな再スタートを切ることが重要かも知れない。 (ゴール&アシスト数が同数の場合、出場試合数が少ない選手が上位) 今シーズンここまで、チーム全体として調子が上がり切らないリバプールにおいて、22歳のアレクサンダー=アーノルドに過度の期待を負わせるのはややアンフェアかも知れないが、ここ2シーズンの活躍ぶりを考えると、この男の失速に目がいってしまうことは避けられないだろう。 DFながら2シーズン連続での二桁アシストを記録したアレクサンダー=アーノルドだが、今シーズンここまでのアシストはわずか1本。これは前線の選手の出来にも影響される数字だが、1試合平均のキーパスも昨シーズンの2本からダウンして1.6本となっている。 4位:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)/14(8試合7ゴール7アシスト)

しかし期待値ほどの活躍を見せられていない…という評価も出ています... フランス出身のアルジェリアの星、イスマエル・ベナセル。 また、2014年にイングランド代表DFルーク・ショーを獲得したマンチェスター・ユナイテッドは、2003年と2004年に元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(現ダービー・カウンティ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)を獲得している。

20歳以下のサッカー選手市場価値ランキングトップ50はこれだ! 創設118年経った現在も、サッカー界の頂点... こんにちは、数々のスター選手が在籍し、勝利を勝ち取ってきました王者・バイエルンミュンヘン。

9位:ウィリアム・サリバ(18) (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 黄金期を築いたスールシャール監督もその1人で必ずやまた黄金期を迎えることを多くのファンが望んでいます。. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); こんにちは、正式にFCバルセロナ加入が決定したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン選手。

創設123周年を迎える現在も、イタリアサッカー界の頂点に君... こんにちは、ついに2016-17シーズンUEFAチャンピオンズリーグ準決勝が決まりましたね。 毎週のPCR検査、外出制限、無観客試合など、今までと異なった環境でのプレーを強いられる選手たちだが、そういった環境でも力を発揮できる選手がいる一方で、今までのような活躍を見せることができていない選手も多くいるのが事実だ。 移籍金:4500万ユーロ(約55億8000万円)