万一ブレーキ操作が遅れ障害物と衝突する危険を察知したり、

フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知。 馬力は現行「ハイブリッド」が勝っています。, まだ中古車市場にもコンディションの 「エクストレイル」は初代から本格SUVと 「ディーラーを回るのは面倒くさい…」

(40万+20万+10万=70万円も値引きしてくれた), と思ったようです。 人気に拍車を掛けました。, 主力は2000ccガソリンエンジンでしたが、「T31型」になり2500ccガソリンエンジンも さらに、自動的にエンジン出力やブレーキを制御することで、

間違えて踏み込んでしまったときに、 無骨なスタイルなので見た目より大きく見えます。, さらに先代「T31型」には、現行「T32型」には クリーンディーゼルは「6速AT」です。, 「ハイブリッドモデル」は燃費向上のための 50:50までコンピューター制御で

無いマニュアルミッションの設定があります。, 当初は「6速マニュアルミッション」のみでしたが、

「エクストレイルの値引き額って70万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」, あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。, その友人も私と同じように、 「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」, 「えっ、そんな方法があるの!?」 踏み間違い防止アシストは駐車操作などで、 ですが先代「t31型」の無骨なスタイルが 魅力の方も少なくないと思います。 前進時にも後退時にも衝突回避をアシストします。, 「初代T30型」は都市型SUVの使いやすさと エクストレイルt31型後期モデルは一体どのような点で人気があったのでしょうか? 今回はエクストレイルt31型後期モデルがどの様な評価を受けていたのか燃費や色々な面から調査してみました! エクストレイルt31型後期モデルはどんな車?

「エクストレイルを値引きして安く買いたい…」 都市型SUVのふたつの顔を持っています。, 見た目は都市型SUVの色が強くなっていますが、  

結局その日は契約せずに、家に帰りました。 Copyright (C) 2020 エクストレイル非公式ファンクラブ All Rights Reserved. 本格SUVが国内での販売を終了させたことも ドライバーにメーター内のディスプレイ表示とブザーで警告。  

「GT」もラインナップに加わりました。, そして「S」と「X」には時期に応じて

特別仕様車がラインナップされるのが恒例でした。, 2008年11月に、「S」と「X」に 障害物への衝突防止や過度の加速の防止を支援します。

装備を充実した「St」と「Xt」が発売されました。, 夜間照明がない山道で、ハイビームの光でも 合計         100万円, このナビクル車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。, ⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたナビクル車査定公式サイトはこちら

帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのナビクル車査定に無料申し込みをしてみたら、、、, 買い取り額      50万円 適切に可変します。, 腰高なSUVでも安定したコーナリングを実現する「インテリジェントトレースコントロール」。, 電気モーター単体で走行時はエンジンが 「日産エクストレイルの新車をお得に最安値で買いたい…」 良い在庫があるので、探すのも面白いと思います。, 新車の日産エクストレイルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?, 「この日産エクストレイルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」 2000年に発売されてからミドルクラスのSUVとしてベストセラーを続けている日産エクストレイルですが歴代モデルの中でもT31が気になる方も多いと思います。, 引用:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T31/1312/point_gallery.html, 駆動方式は2WDと4WDでシステムはパートタイムではなくオールモード4×4となります。, T32は3列シートが設定されていますがT31では2列シートのみで乗車定員は5人となります。, 初代T30のエクステリアデザインの評判が良かったためにキープコンセプトとななりましたが寸法は少し大型化しています。, 2.0Lターボはこの代で廃止され、2.5Lガソリンエンジンと2.0Lクリーンディーゼルに置き換わっています。, アウトドアで使うユーザーが多いために撥水シートから防水シートに変更されて全車に標準装備されるようになりました。, 走破性能が高い車ではありますがラダーフレームをもつ4WDではなく乗用車ベースのモノコックボディとなります。, そのため4WDシステムもパートタイムではなくオールモード4×4という日産独自のシステムを採用しています。, エクストレイルT31には3種類のパワートレーンが用意されていますがそれぞれの乗り心地はどうなのでしょうか。, エクストレイルはタフに作られていますから車体が重く、2.0Lエンジンではパワーに物足りなさを感じる場面もあると思います。, そういった場面で選択肢に上がるのが2.5Lガソリンエンジンと2.0Lクリーンディーゼルになります。, 2.0Lでもスムーズに回り、実用上は何ら問題はありませんが2.5Lになると一回りトルクが大きくなり坂道や高速走行などでは余裕が生まれますね。, 2.0LクリーンディーゼルはGTとグレード名につくように絶大なトルクを発揮して多人数乗車の坂道を走行する場面でも力不足を感じる事はないでしょう。, オンロードでの乗り心地も少し硬めではありますがコーナーでも腰砕けする事は少なくスムーズに回っていき、高速走行でも静粛性は合格点を充分に超えていますね。, 通常は2WDで走行でき燃費に貢献し、4WDモードでは路面状況に合わせて前後輪に最適なトルク配分を行います。, また、泥濘地や深い雪道では50:50にトルク配分を固定する事が可能ですから高い走破性を発揮する事が可能になります。, 最近の車では先進安全機能が充実していますがエクストレイルT31の場合はどうなのでしょうか。, 販売期間が2007から2013年ですから先進安全機能はまだ設定される以前の世代になります。, ですからT32に装備されているプロパイロットやインテリジェントエマージェンシーブレーキなどの安全装備はまだ設定されていません。, だからといってエクストレイルT31が安全性に欠けるのかというとその様な事はありません。, 衝突の危険性が生じた時に自動的にブレーキをかけて被害を軽減するのが自動ブレーキですが、万が一衝突してしまった場合には車体の衝撃吸収力などが重要になります。, エクストレイルT31には運転席と助手席にエアバッグが装備され、サイドエアバッグとカーテンエアバッグはオプションとなります。, 自動ブレーキが装備されて事前に衝突が回避できればベストかもしれませんがスピード次第では自動ブレーキも万能ではありません。, 現行型ではエンジンの燃焼効率や回生ブレーキにおける効率の良さ、アイドリングストップなど技術が進化していています。, ラージクラスのSUVですと6km/Lとなりますからミドルクラスのエクストレイルの燃費は妥当な数値だとも言えます。, ディーゼルですと燃料費もガソリン対比で80%くらいですから燃費に換算すると20%増しという事になります。, クリーンディーゼルは新車時の価格が高価で手が出しにくい状態でしたが中古になり価格がこなれてきて購入しやすくなっています。, 人気のあったエクステリアデザインはキープしつつも新しいパワートレーンを採用して2007年に発売されます。, 先代では2.0Lガソリンエンジンをベースにモアパワーを求めるユーザーに2.0LガソリンターボがラインナップされていましたがT31では規制の影響で姿を消しています。, エクストレイルにはアウトドアファンが多く、濡れたウェアのまま車に乗り込める防水シートや防水加工されたトランクフロアなど様々なユーザーニーズを取り込んでいます。, 3種類あるエンジンは2.0Lガソリンをベースに2.5Lガソリンや2.0Lクリーンディーゼルがラインナップされユーザーの好みで選択肢が増えるようになりました。, クリーンディーゼルはパワー、トルク共に強大でGTの名前に相応しく、加えてグレード中で最も低燃費な事から中古で手に入れるには良いタイミングだといえます。, ただし、先進安全装備は装備されていませんからその辺りは割り切りが必要になってきます。, エクストレイルT31は初代からコンセプトが一貫していてアウトドアファンなら一度は利用してみたい優れた車ですね。, アイキャッチ画像引用:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T31/0708/index.html?page=w10.   、, T31型後期モデルでは大径メーターの中心部に、クルマの状態がひと目で分かる車両情報ディスプレイが採用されています。, 車両情報ディスプレイには瞬間燃費や航続可能距離、タイヤ交換時期などクルマの異常を知らせるメンテナンス機能、外気温低下など様々な情報が表示され、かなり便利な機能になっています。, この様な様々な情報を与えてくれる車両情報ディスプレイは現在の車では主流となっている機能で、当然現行モデルのエクストレイルにも採用されている事を考えると、インテリアに関しても現行モデルのエクストレイルの面影を感じる事が出来る作りになっているのではないでしょうか?, エクストレイルT31型のマイナーチェンジで追加された機能で最も注目したいのが保温保冷機能付のカップホルダー。, http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T31/1312/equip_luggage.htmlより引用, 保温保冷機能付のカップホルダーは長距離のドライブにはもってこいの機能で、現行モデルのエクストレイルでも採用されている、エクストレイルの最大の特徴の1つと言っても良い機能となっています!, 競合するライバル車にもこの機能が採用されている車種は少なく、かなり便利な機能となっているのですが、先代モデルから採用されているとはすが「技術の日産」といったところでしょうか!, 機能や快適性能に関してもエクストレイルT31型後期モデルは現行モデルの足掛かりとなったモデルだと良く解りますよね!, では、現行モデルのエクストレイルへの足掛かりとなり、現在でも街中で見かける位人気があるエクストレイルT31型後期モデルの評価を見ていきましょう!, 評価を調べて行く中で最も目にしたものはやはりエクストレイルの真骨頂とも言える「タフギア」としての走行性能!, 走行性能に関してはかなり高評価で、山道で車酔いが激しかった子供が酔わなくなった、雪道に強いといった評価が目立ちました。, 四角いデザインの方がSUVっぽくて好きという、無骨なデザインが良いといった意見があり、エクストレイルT31型後期モデルのデザインの方が現行モデルよりも好きだ評価している人がいる程です!, 豪雪地帯に住んで居る自分がエクストレイルT31型後期モデルを頻繁に目にする理由は走行性能の高さやT31型後期モデルのデザインを好む人が多くいる事が理由のようですね。, インテリアに関してもT31型前期モデルと比較し高級感が増したといった意見があり、概ね高評価でした。, 走行性能やエクステリア、そしてインテリアは好評だったエクストレイルT31型後期モデルですが、燃費に関しては少し残念な評価が多く、街乗りだと10km/ℓを下回るという意見が多かったです。, 元々燃費を求める車ではないので仕方がないかも知れませんが、街中で10km/ℓ以下と聞いてしまうとどうしても燃費が悪いと評価してしまいますよね。, ディーゼル車は燃料が軽油なので1ℓあたりの価格がガソリンと比較して安く抑えられるという利点があります。, ただし、燃費性能に関しては変わらない様なので街中で10km/ℓ以下という燃費性能に関してはエクストレイルT31型後期モデルのデメリットと評価せざるを得ない部分ではあると思います。, 今回は先代モデルであるエクストレイルT31型後期モデルの評価や燃費性能に関してまとめてみました!, エクストレイルT31型後期モデルは現在でも走行している姿を見る事が多く、人気があるSUVですが、その理由は走行性能の高さやエクステリアの根強い人気から来るものとなっていました。, 元々燃費を考えて乗るような車ではないのですが、現在の車の燃費の良さを考えてしまったら残念だと思ってしまうのも仕方がないでしょう。, ただし、ディーゼル車という選択もありますので、多少なりとも燃費の悪さを補える可能性はあると思います。, エクストレイルT31型後期モデルは先代モデルですが、まだまだ活躍が期待できるSUVという事が良く解る評価でした!!.