年齢:261歳。身長:140〜170cm。体重:不明。誕生日:10月20日。血液型:A型。出身地:中国。修行地:中国・廬山五老峰。 獅子宮を守護する。射手座のアイオロスの実弟。冥闘士から「黄金の獅子」と称された実力の持ち主で、聖域では女神への忠誠心あつく聖闘士の中で一、二の屈強を誇る。黄金聖闘士の中でも一、二をあらそい「猛き獅子の勇者」ともいわれる。正々堂々とした... ギリシャ神話ティターン主神クロノス、北欧神話アース神族ロキを倒す。一方、オリンポス12神アテナや、北欧神話最高神オーディーンから頼りにされ信頼も厚い。原作では一時アテナと対決するが和解し冥王の邪神ケールの悪霊(=教皇、原作者の派生作でのちに明かされた)と対決した。センティアアニメではオリンポス12神アレスの力を得たサガをブッ飛ばしている。, 地上の正義を脅かした教皇やその手下と戦い、海闘士を倒してアテナ救い、冥闘士を数多く倒すなど、全編に渡って正々堂々の活躍を見せた。強い中にも男らしいさっぱりとした清潔感がある聖闘士の鑑。, ラスボスと戦った人物はアイオリア、星矢、一輝でこの3人が聖闘士では最強。星矢と一輝は2人だが、アイオリアはラスボスに援軍が来ても孤立無援で戦った。3人の中では一番。, 必殺技のライトニングボルトで星矢達を苦しめるんですよね。兄アイオロスよりは実力は劣るとは思いますが、アニメを見ればその最強ぶりがよくわかります。さらに、かっこいいしね。, 射手座星矢を圧倒してアテナ沙織と1対1で対決、女神と認め忠誠を誓う。同じく星矢を圧倒してアテナと1対1の対決し封印されたポセイドン、消滅させられたハーデスも同格。ハーデスとポセイドンは検索できなかったw, 5位は意見が別れるところ。カノンと実力は互角と言われ、劇中で彼を岩牢に閉じ込めたサガ、そして彼と互角の能力をもち先代教皇のシオンに次の教皇として指名されたサジタリウスのアイオロス。しかしこの二人黄金魂でこそ活躍するシーンはあったものの本編では活躍シーンが少なかったのも事実。シオンと同期の老師ことライブラの童虎も同様。他の黄金聖闘士は一長一短のため甲乙つけがたく思えます。強いて言うのなら5位は黄金魂の主役を担ったレオのアイオリアが適任でしょうか。技が高速拳のライトニングボルトとライトニングプラズマ主体で見映えがしないこと。ハーデス編で結界の中で戦い1/10の実力も出せずに破れコキュートスに落とされるなどマイナス材料もありますが…正面からまともに戦ってバルゴのシャカと千日戦争になるほどの実力の持ち主です。, 聖闘士としては最下層ランクのブロンズからスタートしていく物語ですが、シルバー、ゴールド等強敵たちを次々に倒していきます。最終的にはゴールドを超えた神のみぞ装着できる神衣まで装着するに至るのですが、強さの秘密はそのコスモの強さにあります。ブロンズがゴールドクロスのような輝きを放つほどコスモを高め、強敵たちを倒していくのが印象的ながら子供時代の私の心を離しませんでした。この漫画の作者の車田正美はどちらかというと男臭い漫画を良く書きますが、この作者の漫画全部に言える事は諦めないキャラが強く負けません!なので星矢は絶対あきらめないので、絶対負けない最強キャラだと思います。この漫画を買いに本屋さんにいって探したんですが見つからず、店員さんも分からなくてなんて名前の人?って聞かれて、しゃたただみって人の漫画です!っていったのが昨日のように覚えています。, 主人公としてラスボスと必ず最後に戦う。神相手ではアテナの助けを借りたが教皇を最後倒し浄化したのはさすが。黄金聖衣を纏って兄貴分のアイオリアにかなわないのはちゃんと筋目を通しているから。, 小学生の時に北斗百烈拳以外で高速の拳を出す技はペガサス流星拳でした。どっちが強いか必死に考えていました。強いインパクトを受けたのを覚えています。黄金聖闘士編のペガサス流星拳は光の速さになってました。聖闘士星矢の中の一番代表的な必殺技でした。, 聖闘士星矢は魅力的なキャラクターが多数登場し、どちらかといえば星矢は影の薄い存在です。しかし「真打ちは遅れて登場するものだ」この表現がピッタリとハマるのも事実。一輝、サガ、ポセイドン、ハーデスとラストバトルは主役の彼が全て美味しい役を担いました。天界で“神殺し”と悪名がつくほどに…影が薄く感じるのは名台詞が少なく、沙織さんことアテナがさらに美味しいところを持っていってしまうからでしょうか…, どんなときにも挫けない強さと勇気を持っている明るい少年。1秒1億発の濃密な弾幕にも飛び込んでいく。女神の奇跡でかわして一撃を与えた。まさに天佑神助。, ペガサス星矢ももちろん強いんだけど…でもアテネがいないとやっぱり駄目!アテネに起こしてもらわなかったら、これまで何度も倒されていることだろう。アテネの忠誠心は凄いってわかるけどね。, 物語の性質上、最後には主人公が勝つので、最終的にだれが一番強いのかという事になれば星矢が一番という事になるのではないでしょうか。いろいろ仲間の助けがありながら最終的にとどめを刺すのはいつも星矢ですので、星矢が最強でしょう。, なんだかんだで大活躍。なぜかこの人だけが仲間のパワーを集中されるのはやはり主人公だからだろうなーと思います。一輝や紫龍の方が強そうなのに星矢にみんなパワーをあげるんですよね…それで神々を倒してしまうのでやはり最強は主役。, 人間でありながら神の力を得た事で死を司る神であるタナトスをあっさり倒している点でもその力は人間の力を明らかに超えているというのがあるからです。三大神以外なら倒せそうな感じがするというのが大きいという風に思えました。, タナトスを瞬殺したペガサス流星拳の圧倒的な強さ。歯が立たなかったとはいえ、女神の奇跡でアイオリアに一撃を食らわし正気に戻したり、ポセイドンやハーデスを傷つけたのは立派。, 天馬星座(ペガサス)星矢。主人公であり、熱い男。ペガサスファンタジー。最終的には神聖衣を身にまとい神々の強さの境地にまでたどり着いた。, フェニックスという題材だけでもかっこいいが、強さやバックボーンまでもかっこいいというある意味完璧超人!初期のブロンズ聖闘士の雑兵に毛が生えた程度の扱いの中、一人だけ飛びぬけた性能と強さを持っていました。最後まで引き立て役にならずに済んだという点でも強さが分かります。, 教皇戦で星矢の助けに入り1対1で戦う。ハーデス戦でもハーデスと戦った。最後は主人公に譲るが2度もラスボスと直接対峙したのは印象深い。, ブロンズ聖闘士のなかで一番強いフェニックス一輝。当時、幻覚を見せる鳳凰幻魔拳に驚きました。技名と技の動きは、よくマネをしていました。改心してからの一輝より登場したばかりの闇をまとった一輝が好きでした。, 鳳凰星座(フェニックス)一輝。青銅聖闘士でありながらコスモ量と何度でも蘇る最強の聖衣で頼れるお兄ちゃん。鳳翼天翔という技名にはしびれた。, フェニックス、しかも一輝ですから、本来であれば一番強いのは一輝かもしれません。いつも敵の最強クラスの相手と戦いっていますし、なんだかんだ言って不死鳥のごとく甦り勝利していますので、一番苦労して強い相手を倒しているのは一輝かもしれません。, 青銅聖闘士最強の一輝!星矢や瞬の危機に駆けつける頼れる兄貴分でもあります!ゴッドクロスを装着した一輝は正直最強クラスです!, 聖闘士星矢の主役キャラでキャプテン翼の若林くんのポジションにいるのがフェニックス一輝。レギュラーで登場するには強すぎて、青銅聖闘士の誰かの窮地にしか登場することはありません。ラスボス戦には星矢の前座役を務めるポジションを担いますが、ハーデス編では冥界三巨頭のアイアコスを簡単に粉砕する実力の持ち主。「聖闘士に一度見た技は通用しない、もはや常識!」など名言も多数。アニメではサガ、カノンに加え、先代のジェミニ、カインからも必殺のギャラクシアンエクスプロージョンを喰らってなお健在と耐久力にも定評が…, 本来ならゴールドセイントが5位にはいるべきですが、個人的にはフェニックスのイッキを推します。シャカに迷いがあったとはいえ、己の五感を断ち切ってシャカ相手に引き分けに持ち込んだ実力は本物。また冥府でカノンの助太刀をした際、冥界の三巨頭の一人・アイアコスを撃破した事が5位に繋がりました。, 仲間が危なくなったら登場する一輝。団体行動があまり好きじゃないのかわからないが、強さは最強だよね。鳳翼天翔がかっこよすぎるんだよ。. 冥界と死者たちを統べる神。人間たちを愚かしい存在と見なして絶望しきっており、これ以上人間たちが堕落しないよう、死の国として冥界を作って死者に苦行を与え、悪行を犯せばいずれ無間地獄へ堕ちるという恐怖を与えることで、人間たちを戒め続けてい... 原作で最後に登場した敵で星矢達が神聖衣を纏って戦った相手で星矢達も神の力を得た状態でもその圧倒的な力で追い詰めたというのがあるからです。神の中でもかなり強い力を持っているキャラで作中最強クラスに強い敵です。, サガの兄弟としてサガに匹敵する力をもつ男!間違いなく最強決定ランキングに入る価値のある男でしょう!, サガとカノンどちらが強いという論争も聖闘士ではありがち、スニオン岬の岩牢に兄サガにボコボコにされてぶちこまれたのはご愛敬。サガが黄金聖衣を身にまとっていたから!?ハーデス編では冥界三巨頭ラダマンティスを圧倒。ラダマンティスと相討ちになるものの途中で聖衣を嘆きの壁の破壊のため兄サガの魂のもとへ送ります。それで相討ちに持ち込めるのはさすがのひとこと.

やはり教皇にも選ばれたこの男を抜きに最強は語れない!星々をも砕く一撃として恐れられている必殺技の持ち主...... 二重人格で自分大好き、私利私欲の為に女神も始末しようとする色々な意味で設定てんこもりの、そういう意味では最強のキャラかと。星矢たちは友情パワーごり押ししてなんとか「気絶」させられただけだし、黄金聖闘士の中にもサガの力を認めて悪と知りながら忠誠誓っている人居たし。. 一方、オリンポス12神アテナや、北欧神話最高神オーディーンから頼りにされ信頼も厚い。 原作では一時アテナと対決するが和解し冥王の邪神ケールの悪霊(=教皇、原作者の派生作でのちに明かされ …

ソロの本体にあった。彼の本当の体は見られていない。彼はハデスとゼウスの兄の弟。 一方、オリンポス12神アテナや、北欧神話最高神オーディーンから頼りにされ信頼も厚い。 原作では一時アテナと対決するが和解し冥王の邪神ケールの悪霊(=教皇、原作者の派生作でのちに明かされ … アレス、戦争の神。, 天帝ゼウスを筆頭とする十二の神々。海皇ポセイドン、冥王ハーデスはゼウスに次ぐ存在。その他にはゼウスの娘である地上の女神アテナ、アテナの姉で月の女神アルテミス、アテナの兄で太陽の神アポロンの存在が明らかになっているまた、聖闘士星矢大全144ページでは、ヘラ、デメテル、アフロディーテ、ヘパイストス、ヘルメス、ヘスティアの名が記載されているため十二神に入っている可能性がある。。神話における十二神はオリュンポス十二神を参照。, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://saintseiya.fandom.com/ja/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B9%E5%8D%81%E4%BA%8C%E7%A5%9E%E3%81%AE%E5%A4%A9%E9%97%98%E5%A3%AB?oldid=2504. オリンポス12神はギリシャの神々です。「神」と言っても姿は人間と同じで、人間と喜怒哀楽を共にすると考えられていました。よって、オリエントにあったような特権的神官はいなく、また、固定した経典もありませんでした。 処女宮を守護する。黄金聖闘士でも「最も神に近い男」と呼ばれるほどの実力者で、仏陀の転生と言われている。目が不自由でもないのに普段から常に両目を閉じているが、これは五感のうちの一つ視覚を自ら遮ることで第七感に当たる小宇宙を高めるためであ... シャカは間違いなく強いです!阿頼耶識(エイトセンシズ)に最初に目覚めたのはシャカでしたし、アイオリアすら操るその強さは半端ないの一言!黄金聖闘士三人を相手に互角の戦いを見せる、無敵ぶり!, というわけで最も神に近い男。その強さももちろんだが、徹底的に冷徹非情なその性格も最強たるにふさわしい。, 双子座のサガとどちらが1位か悩まされたほどの実力者です。神に近いと言われるほどの実力の持ち主で、必殺技も豊富。常に目を閉じて小宇宙増大に努めているなど、普段からの努力も怠りません。ハーデスに味方としたとはいえ、元ゴールドセイントであるサガ・カミュ・シュラ3人を相手に手玉にとったのはさすがの一言。, 聖闘士の中で唯一エイトセンシズに目覚めた乙女座(バルゴ)のシャカ。奥義・天舞宝輪の恰好良さは乙女座の子供を盛り上げた。, 黄金聖闘士の強さ論議は多々あり意見が別れるところですが、2位は乙女座のシャカでしょう。12宮編では一輝の相討ち覚悟の大技にも次元の狭間へ飛ばされだけで無傷、同じ相討ち覚悟で抗龍覇を紫龍に仕掛けられた黄金聖闘士の山羊座のシュラは紫龍を助け自らは命を失いました。ハーデス編でもその強さは健在でハーデスに寝返ったふりをしたサガ、シュラ、カミュを1人で追い詰めます。現在連載中の続編で先代の乙女座シジマに歴代のバルゴで最強と言わしめた程です。, アイオロスは死んじゃっているんだけど、射手座のアイオロスはゴールド聖闘士の中では最強だと思ってます。とにかくこのゴールドクロスがかっこよすぎてたまりません。, 教皇の座についたサガ以上の実力者とも噂されるアイオロス。彼が最強の座に最もふさわしいようにも思える。, 黄金聖闘士の中で最も心技体に優れており仁智勇を備え、聖闘士の頂点に立つにふさわしい人間として認められ、教皇の座を与えられた。凶器を振り回す暴漢から丸腰でアテナを救ったが、かえって逆賊の汚名を着せられた。その大いなる意志は星矢たちに受け継がれている。, 当時週間少年ジャンプを購入しながら自分の星座はどんなキャラが出てくるのかわくわくしていたところにまさかの無人宮!衝撃のあまり泣きそうになっていましたが、なんと黒幕がふたご座!気分は逆転満塁ホームランです!ラスボス補正で強さが水増しされていた感はありますが、他のラスボスよりもオーラの持ったキャラでした!マスクかぶっているシーンあったかな?, 双子座(ジェミニ)のサガ。優しく清らかな心の持ち主でありながらアイオロスへの嫉妬心から悪の心が芽生えた。ギャラクシアンエクスプロージョン。, 一番強いと思うセイントは「双子座のサガ」です。単純に前教皇が次期教皇を指名するとき、12人のゴールドセイントの中で1番強いと暗に認めていたのがその理由です。まあほかのゴールドセイントは幼かったという理由もありますが、自分のなかでは堂々の一位です。. オリュンポス十二神(オリュンポスじゅうにしん、古代ギリシア語: Δωδεκάθεον )は、ギリシア神話において、オリュンポス山の山頂に住まうと伝えられる12柱の神々。 主神 ゼウスをはじめとする男女6柱ずつの神々である。. ハーデス、冥界と富の神。彼は最初の旬の本体にハデスのサガに登場し、彼の本当の体はシャンゼリゼ通りに見られた。彼はポセイドンとゼウスの兄。 光明神の性格を持つことから後期にはヘリオスと混同され、太陽神とされました。 ローマ神話のアポロに相当します。 図は、ローマ国立博物館アルテンプス宮所蔵『アポロ』です(Wikipediaより)。 大神ゼウスをはじめティターン族以降の主要な神々はオリンポス12神としてギリシャのみならず周辺地域の信仰を集め、後に大帝国を作るローマでさえもその影響下にあった。, ローマがオリンポス12神を信仰したことは他民族への寛容や宗教への寛容を生み出したと言われており、その統治体制に大きく影響を与えたと言われる。, ギリシャとローマと英語では当たり前だが発音や読み方が異なる。まずはその対応表と一覧を見てみよう。, むりやり12神にまとめてみたけれど実は候補はもう少しいて、酒の神デュオニソスなどが入る場合もある。ゼウスの兄である冥界の王ハデスやその妻春の女神ペルセポネは入らない場合がほとんどである。, 中国の三皇五帝も合計で10人以上の候補がいるしどうにも切りのいい数字にしたかった感じがある。14よりも12の方がなんかしまりがいい感じがあるしね。, ハデス・ポセイドン・ゼウスの3兄弟はもとよりヘラやデメテル・ヘスティアなどは基本的にクロノスの子供たちでアポロン・アルテミス・アテネ・アレス・ヘファイストス・ヘルメス・ディオニソスがゼウスの子供たちとなる。, アフロディナことヴィーナスだけはこれらとは別系統でクロノスの父ウラノスから分離した存在となる。, 基本的にクロノス以前のティターン神族などは入らずティタノマキア以降に覇権を握った神々を指し、ギガントマキア、テュポーンとの闘い以降は12の神が世界の調和と平穏を守っている。, 基本的にギリシャ神話はゼウスの浮気に端を発しヘラの怒りによって神や人が大変な目に遭うことが多い。, ゼウスの姉にして正妻。婚姻を司るだけあってゼウスへの締め付けは厳しい。非常に嫉妬深く残忍でとにかく恐ろしい。, 戦の神。ギリシャでは人気がないがマケドニアとローマでは大人気な神。ゼウスと正妻ヘラの子供である。, ゼウスとレトの息子。レトの妊娠を知った時ヘラの怒りはすさまじかったため生まれるまで苦労した。ギリシャでもローマでも大人気の神。太陽神。, 美の女神ヴィーナス。唯一ウラノスから派生している。古来より様々な絵のモチーフになってきた。, ゼウスの姉。かまどの神様なので動くことが許されていないので登場回数が非常に少ない。, 実はゼウスの長女。ゼウスが最初の妻メティスを飲み込むと額を割ってまで生まれてきた。イージスの盾を使うことが多い守りの神。攻めの神アレスとは真逆の性質を持つ。, 豊穣の神。ゼウスの姉。弟たちに言い寄られるという悲劇的な女神。ペルソポネの母親でもある。, 火の神。ギリシャのあるあたりをバルカン半島と言い、火種だとみられていた。ゼウスとヘラの長男で奇形であったためにヘラに展開から投げ落とされる。話によってはヘラをかばったためにゼウスが投げ落としたとも。不憫ではるが美の女神アフロディナと結婚する。ただしめちゃ浮気される。どこまで行っても不憫だ・・・, ゼウスの息子。兜をかぶると姿を消すことができる。健脚なためか旅や商売の神様とされる。ゼウスと並ぶ女性好きな神様。, 世界史を面白く!!をコンセプトに運営しているブログ。山川より詳しくwikipediaよりも読みやすくをモットーに。, ギリシャ神話の主神オリンポス12神の解説とギリシャ・ローマ(ラテン)・英語の対応表, チンギス・ハーンの4男トゥルイ!フビライ・ハーンの父親というだけじゃないその能力の高さを見よ, 妻の浮気と母の愛情不足に悩んだ火の神ヘファイストス(ウォルカノス・バルカン)について, 実はものすごく重要!豊穣の神デメテル(ケレース・セレス)について!「冬」はどのように誕生したのか?. 声:矢田耕司(老師 / 仮死状態、聖闘士星矢Ω)、小林通孝(TV版・青... 天秤座(ライブラ)の童虎は聖闘士の中で最強とも呼ばれる男。紫龍の師匠であり、天秤座の聖衣に備わる武器はアテナの許可が下りた時のみ使用可能となる。, 前聖戦を生き残ったというだけあり、強敵相手の戦闘経験数はセイント中ナンバー1なのは間違いないでしょう。そしてアテナの秘術により、全盛期の最強状態のままだというんですから相当な実力者。並みのゴールドセイントでは相手にならないでしょう。, ムウはクロスの修復を行ったり、戦いを好まない性格です。必殺技も攻撃を跳ね返す等の防御系。でもやる気になれば強いんです。ゴールドセイントのなかでは下位だったとはいえ、元ゴールドセイントのデスマスクとアフロディーテの2人をあっさりと倒した実力は本物。, 星矢達とは戦っていないので、その実力は如何ほどなのかわかりませんが、想像する以上に強そうな雰囲気がある。, 普段は優雅で気品あふれるムウ。聖闘士でありながら戦いとは最も遠いところに位置している人物かもしれませんが、いざ戦闘となれば一番強いのはムウかもしれません。強い人は真の実力を見せないのかも。ムウがもし本気になったら最強でしょう。, アテナとして圧倒されている主人公を助けるために登場。アイオリアは忠誠を誓い、ポセイドンは封印、ハーデスは消滅w, 毎回自分を待って戦う聖闘士がいて守られているような立場でありながら実際は自身の神の力を発揮させておらずいつも囚われていても最後は敵を倒す役割を担っている事からも明らかにその力は作中随一だと思われるからです。, ブロンズ聖闘士ながらに最強の矛と盾!もう響きがかっこいいですよね~実際はそこそこボコられる人です。最強の矛と盾を持っているはずなのにね~聖衣がない状態で勝ってるシーンが多いような気も・・・, 聖闘士星矢キャラのなかで唯一盾を装備していて、初期のころになんでも跳ね返していたのに当時びっくりしていました。長髪と渋い声とカンフーチックな服装が個人的には一番推しています。紫龍の盾が割れたシーンは当時学校でみんなで話していました。, 指一本触れずに自分に放たれた矢を跳ね返せるわ聖闘士から戦闘意識を失わせるわ、さすが神。カノンも当初はナメていたものの海王としての力が戻った時にはやべえという反応だったし。女神の壺の力がなければ地上はこの人のものになっていたのではないかと思います。, かつてアテナとアッテカの地を巡って争った神で黄金聖衣を纏った星矢達を追い込んだ敵で冥界編ではハーデスと戦う星矢達に加勢して黄金聖衣を冥界に送るなど神にしかできないことを行うなどその力はかなりのものだと思える描写があるからです。, サガに殺害されてしまった前教皇だが、それは年のゆえ。全盛期の強さは、黄金聖闘士最強と言っても過言ではない。. FGO(Fate/GrandOrder)のストーリークエスト2部5章オリュンポス「星間都市山脈オリュンポス(神を撃ち落とす日)」の全ストーリークエストや強敵攻略情報を紹介。新規追加素材や事前に発表された内容なども掲載しているので、FGO(FateGO)2部5章オリュンポス攻略の参考にどうぞ。 とっさの日本語便利帳 - オリンポス十二神の用語解説 - オリンポス山はギリシャ北部の高山。その山頂に、主神である全能の神ゼウスを始めとする一二の神々が住んでいた。冥府の神はハデス。 奥が深く難しいイメージのあるギリシャ神話ですが、この記事を読めば 5分でオリュンポス十二神の概要が分かります 。. 作中ではほぼアンドロメダ瞬と呼称されている。アニメの公式表記も同様。 オリュンポス十二神がイラスト付きでわかる! ギリシャ神話に登場する十二柱の神々。ギリシャ神話世界を統べる主要な神々であり、天空神ゼウスを筆頭に多様な神々がその座を担っている。 概要 ギリシャ神話において、オリュンポス山の頂上に住まうと伝えられる主要な神々十二柱のこと。 技:廬山百龍覇、廬山昇龍覇 12柱目はヘスティアが通常だが、ディオニュソスを入れる場合も。 ほかに十二神と同格の神として、冥王ハデスとその妃ペルセポネがいる。 まれに十二神に含めることもある。 光明神の性格を持つことから後期にはヘリオスと混同され、太陽神とされました。 ローマ神話のアポロに相当します。 図は、ローマ国立博物館アルテンプス宮所蔵『アポロ』です(Wikipediaより)。 ョンにまとめることを試みています。内容の妥当性を心がけていますが、素人の判断の域を出ませんので、ご了承ください。, このページの作成には、画像も含め、おもにWikipediaを利用しました。ただし、忠実な引用ではない場合があります。. ギリシャにはオリンポス山という険しい山があって、そこに神々が住まうとされた。 大神ゼウスをはじめティターン族以降の主要な神々はオリンポス12神としてギリシャのみならず周辺地域の信仰を集め、後に大帝国を作るローマでさえもその影響下にあった。 アポロ、太陽と芸術の神、彼はアテナの兄とアルテミスの弟。 今回はみんなの投票で「聖闘士星矢キャラクター最強ランキング」を決定!星座の力を纏った個性的なキャラたちがバトルを繰り広げる、「週刊少年ジャンプ」の伝説的作品『聖闘士星矢(セイントセイヤ)』(1986年)。本作の主人公「天馬星座の星矢」や、十二宮編のラスボス「双子座のサガ」、神に最も近い男「乙女座のシャカ」などの聖闘士に加え、神々の存在である「ハーデス」や「ポセイドン」など、圧倒的強さを誇る登場人物で1位に輝くのは?あなたが強いと思う、聖闘士星矢のキャラクターを教えてください。, 少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されていた『聖闘士星矢(セイントセイヤ)』(1986年)は、車田正美の人気バトル漫画です。「聖衣(クロス)」と呼ばれる防具を身にまとい、必殺技を繰り出しながら死闘を繰り広げる熱い展開は、世の少年たちを熱狂の渦に巻き込みました。1986年にはテレビアニメ化され、その後も、外伝や続編のアニメーション及び漫画が製作されています。ジャンプ作品に関連するランキングはこちら!, 「小宇宙(コスモ)」と呼ばれるエネルギーを燃やして、熱い戦いを繰り広げる聖闘士(セイント)たち。主人公の「天馬星座(ペガサス)の星矢」は、マッハで動く最下級の青銅(ブロンズ)聖闘士です。しかし物語が進むにつれ、強敵たちとの戦いのなかで自身の「小宇宙(コスモ)」が爆発的に成長。光の速度で戦う、黄金(ゴールド)聖闘士の域まで達しました。, 青銅(ブロンズ)聖闘士最強と言われる「鳳凰星座(フェニックス)の一輝」は、必殺技である「鳳翼天翔」で数々の強敵を倒してきました。加えて、一輝の聖衣は、戦いで傷ついても自動的に修復するという、ほかの聖闘士にはない能力を持っています。, 黄金(ゴールド)聖闘士のなかでも、トップクラスの実力を持つと言われる「乙女座(バルゴ)のシャカ」。最も神に近い男と言われる彼は、同じ黄金聖闘士すら圧倒する実力の持ち主です。, #HITOKOMA に以下の画像を追加しました。アテナと星矢①https://t.co/GM9fZwL7ORアテナと星矢②https://t.co/oQniEJ6lFT君のオリジナルの一コマを作ってみよう!#聖闘士星矢 #星矢 #アテナ #勇気 #青銅聖闘士 pic.twitter.com/m9i1xQV14g, 最強の「黄金聖闘士」ですら敵わない「アテナ」、「ポセイドン」、「ハーデス」といった神々の存在も見逃せません。他にも「黄金聖闘士」と互角以上の戦いを繰り広げた「冥界三巨頭」の「ラダマンティス」や「ミーノス」など銀河級の強さを誇る魅力的なキャラクターが数多く存在します。, このランキングでは人気作品『聖闘士星矢』に登場したキャラクター全てを投票対象にします。車田正美が描いた週刊少年ジャンプ連載の『聖闘士星矢』だけでなく、『聖闘士星矢Ω』などの人気アニメ作品や1987年に公開された映画『聖闘士星矢』、作画岡田芽武で描かれた漫画『聖闘士星矢EPISODE.G』など『聖闘士星矢』が作品名に入っていれば問題ありません。ぜひあなたが最強だと推したいキャラクターに投票してください。, ランキングの順位は、気軽に参加可能な3つのボタンによる投票と、自分の順位を決めて公開・投票するマイランキングの合計ポイントで決定します。マイランキングの方がポイントは高く、順位に及ぼす影響は大きくなります。, 最終更新:2020年11月16日3時頃(更新は不定期)男女比は性別回答者のポイントのみ集計.