(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 漫画ネタバレ感想ブログ.All Rights Reserved. 1ヒーローになるために頑張っていました 。 !」(出久), 「使わない、つもりだったんだ……使えないから。体が、衝撃に耐えられないから」(出久), 「勝ったにせよ、負けたにせよ、振り返ってこそ、経験ってのは活きるんだ」(オールマイト), 「向こうは防衛戦のつもりだろうが、俺には関係ない」 「悪かったな。レベルが違いすぎた」(轟焦凍), 「いなくなれば、超人社会は悪にかどわかされます。これは、この力を持った者の責任なのです!」(オールマイト), 「こっからだ! 俺はこっから!! オールマイトの出身校である 雄英高校 へ進学するための特訓の最中、オーバーワークで倒れ込んでしまうデクくん。 オールマイトは合格のためのプログラムを組みました。 しかし、デクくんはNo. 僕のヒーローアカデミア名言ランキング堂々の1位に輝いたのは、オールマイトといえばこれ!というあの名言です。No.1ヒーローであるオールマイトの定番のセリフである「私が来た!」ですが、この短い言葉の中に色んな意味が隠されているのです。 僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の登場人物、オールマイト(おーるまいと)の名言・心に残る言葉をまとめています。新規名言の投稿や、ランキングへの投票お待ちしております。 オールマイト名言・名シーンまとめ. いいか、俺はここで一番になってやる!! 」(オールマイト) 「やはり衰えた。全盛期なら、5発も打てば充分だったろうに。300発以上も打ってしまった」(オールマイト) 13話 各々の胸に 「クリアとか何とか言ってたな? 出来るものならしてみろよ」(オールマイト) ヒーローとは常にピンチをぶち壊していくもの!

スポンサーリンク それが彼の持ついちばんの個性なのかもしれませんね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 誰かに救われていることを自覚している人にしか、本当の意味で誰かを救うことはできないのかもしれません. 【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)平和の象徴オールマイト!弱さをみせないのは職業病!?オールマイトが歩んだヒーロー人生とは?, 出久はワン・フォー・オールの使い方に難儀していますが、オールマイトは継承してすぐに使いこなせていた, オール・フォー・ワンとの戦いで深刻な後遺症を負っており、緑谷出久に個性を継承させたため、作中初期の時点では全盛期より力を落としていた, オールマイトが回想で「お師匠」と言っているのは志村菜奈ですから、彼女が師匠であることは間違いありません, 元々ワン・フォー・オールは、オール・フォー・ワンが自分の弟に個性を与え、その個性が弟の個性と混じり合ってできたもの, 人々の声援を受け師匠の言葉を思いだして奮起し、最後の力を振り絞ってオール・フォー・ワンを倒しました, ヘドロ事件で出久にヒーローの素質を見いだしており、育成するための指導者として接しています. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「僕のヒーローアカデミア」の登場人物の中で重要な役割を与えられているオールマイト。, この記事では、今一度オールマイトのプロフィールや個性、設定や作中描写について振り返ってみようと思います。, オールマイトの個性「ワン・フォー・オール」は、力を次世代に継がせ育てていくという能力です。, オールマイトが使っていたワン・フォー・オールの効果は、自分の体を強化するというシンプルなものです。, また、オールマイトは元々無個性でしたが、ワン・フォー・オールの使い方に関しては才能があったようです。, 出久はワン・フォー・オールの使い方に難儀していますが、オールマイトは継承してすぐに使いこなせていたといいます。, この個性のおかげでどんなヴィランも倒してしまい、長い間「平和の象徴」として活躍してきました。, ところが、オール・フォー・ワンとの戦いで深刻な後遺症を負っており、緑谷出久に個性を継承させたため、作中初期の時点では全盛期より力を落としていたようです。, オールマイトの師匠については、「志村菜奈」か「グラン・トリノ」かで議論になることがあります。, オールマイトが回想で「お師匠」と言っているのは志村菜奈ですから、彼女が師匠であることは間違いありません。, 出久に話したヒーローの心構えなども、オールマイトが彼女から教えてもらったものがあるようですし。, ただ、グラントリノもオールマイトを雄英で鍛えているので、彼は第二の師匠と呼べるでしょう。, オールマイトはグラン・トリノの話を聞いて怯えていましたから、相当厳しい訓練を受けたようです。, 上述したようにオールマイトの個性「ワン・フォー・オール」は代々受け継がれていくものです。, 元々ワン・フォー・オールは、オール・フォー・ワンが自分の弟に個性を与え、その個性が弟の個性と混じり合ってできたものでした。, その弟は裏社会を牛耳っていたオール・フォー・ワンを止めるために、個性を鍛え続け後継者に兄を打倒してもらおうとした、というのがルーツになります。, 時は流れ、この国の柱になると決意したオールマイトは、師事していた志村菜奈からワンフォーオールを継承することになります。, しかしオールマイトが18歳の時、志村菜奈がオール・フォー・ワンに殺害されてしまいました。, アメリカに留学後に圧倒的な強さを手にいれたオールマイトは、「平和の象徴」として数々のヴィランを倒していきました。, そうして次の後継者を探している最中に、主人公・緑谷出久と出会い個性の譲渡を行ったのです。, 拉致された爆豪勝己を救出するため、トップクラスの有名ヒーロー達がヴィラン連合のアジトへ奇襲を行いました。, オールマイトは、死柄木弔を助ける目的で現れたオール・フォー・ワンと死闘を繰り広げます。, その結果、活動限界がなくなり痩せ細った姿を晒してしまい、死柄木弔が師の孫である衝撃の事実を聞かされます。, ですが、人々の声援を受け師匠の言葉を思いだして奮起し、最後の力を振り絞ってオール・フォー・ワンを倒しました。, 後継者を探すために雄英の教師となったオールマイトですが、その事は口外していません。, 作中では戦闘訓練や救助訓練などを行っていましたが、「すごいバカでも先生になれる!」という本を読んでいるあたり、まだまだ教師としての指導力がともなっていないようです。, オールマイトは、ヘドロ事件で出久にヒーローの素質を見いだしており、育成するための指導者として接しています。, プロヒーローの資格を持たずステインに立ち向かったり、爆豪を生徒だけで救出に向かったりしようとするなど、無茶をする度に正しく導こうとしています。, 「ヒーローとは常にピンチをぶち壊していくもの! プロはいつだって命懸け!!!!!! [僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)] オールマイトの名言〜心に残る言葉の力〜 「私が来た! 」は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)(ぼくのひーろーあかでみあ)に登場する、オールマイトの名言 … オールマイトの出身校である 雄英高校 へ進学するための特訓の最中、オーバーワークで倒れ込んでしまうデクくん。 オールマイトは合格のためのプログラムを組みました。 しかし、デクくんはNo. プロはいつだって命懸け!!!!! 『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平/集英社)は、子どもから大人まで多くの人に親しまれるキャラクターたちの名言・名セリフをまとめました。, 物語の主人公「緑谷出久(みどりやいずく)」は無個性ながらヒーローを目指す少年でした。, 誰からもヒーローになることを求められていないと知りながら、ヒーローに憧れ続けた「デク」と呼ばれる少年です。, 彼の人生はNo.

?」「更に向こうへ、Plus Ultra(プルス・ウルトラ)!」(オールマイト), 「やはり衰えた。全盛期なら、5発も打てば充分だったろうに。300発以上も打ってしまった」(オールマイト), 「何も、出来なかった……」(出久)「そんなことは無いさ。あの数秒が無ければ、私はやられていた。また、助けられちゃったな」(オールマイト), 「一つ違うぜ、塚内くん。生徒達もまた戦い、身を挺した」「ヴィランもバカなことをした。このクラスは強い、強いヒーローになるぞ。私は、そう確信しているよ」(オールマイト). !」(爆豪), 「やりたいとふさわしいか否かは別の話。僕は僕の正しいと思う判断をしたまでだ」(飯田天哉), 「君達の力は、人を傷つけるためにあるのでは無い。助けるためにあるのだと、心得て帰って下さいな」(13号), 「プロのヒーロー達が何と戦っているのか、何と向き合っているのか。それは、途方もない悪意」(出久), 「バカだがアホじゃなねえ。これは何らかの目的があって、用意周到に画策された奇襲だ」(轟), 「今、理由なんて……理由なんて、知るか」「奴らにオールマイトを倒す術があるんなら、僕らが今すべきことは、その企みを阻止すること。戦って、勝つこと!」(出久), 「敵が勝利を確信した時が、大きなチャンス。昔、情熱大陸でオールマイトが言ってたよ」(出久), 「個性を消せる、素敵だけどなんてこと無いね。圧倒的な力の前では、つまりただの無個性だもの」(死柄木弔), 「全く己に腹が立つ。子供らがどれだけ怖かったか。後輩らが、どれだけ頑張ったか。しかし、だからこそ、胸を張って言わねばならんのだ」「もう大丈夫、私が来た!」(オールマイト), 「人質に取られでもしたら、足手まとい以下。ヴィランへの憶測より、オールマイトを信じるんだ」(出久), 「確かに時間はもう1分と無い。力の衰えは思ったよりも早い。しかし、やらねばなるまい」「なぜなら私は、平和の象徴なのだから!

スポンサーリンク ヴィランよこんな言葉を知っているか!⁉ Plus Ultra!! オールマイト . 僕のヒーローアカデミア名言ランキング堂々の1位に輝いたのは、オールマイトといえばこれ!というあの名言です。No.1ヒーローであるオールマイトの定番のセリフである「私が来た!」ですが、この短い言葉の中に色んな意味が隠されているのです。

!】烏野の守護神西谷夕・小さな身長など関係ない器の大きさと高校卒業後に選んだ気になる未来とは?, 【ハイキュー】赤葦京治はイケメン?冷静沈着な彼のポジションと役割とは?そして卒業後の進路は?. !」(オールマイト), 「ヴィランよ、こんな言葉を知ってるか! さて、名言や名場面をお伝えしてきましたが、なんとこれらは「第1話」の中にあるものです。 たった1話でこれだけのことを考えさせてくれるオールマイトの挙動。 1ヒーロー「オールマイト」から個性「ワンフォーオール」を与えられることで一変します。, 小心者の無個性だった彼だからこそ、心にじゅわっと染み渡る名言が生まれていくのです。, 幼いころはとにかくオールマイト一筋だった彼ですが、個性がない自分が頑張れることを探した結果、ありとあらゆる個性から学ぶことを選んだのでしょう。, 彼にとっては出会う人、出会う個性の全てが学びになるのです。これは見習いたいところ。, そして名も知らないおじさんからの「頑張れ」も、彼にとっては特別だったようですね。いい笑顔です。, このときのデクくんはまだ、それを認めてくれるのが憧れのオールマイトになることなど想像すらしていませんでした。, 幼なじみの「かっちゃん」が敵(ヴィラン)に襲われているのを目にした直後、デクくんは救けに走ります。, 自分自身もこの敵に襲われたので苦しさも怖さも知っているはずですし、「かっちゃん」はデクくんを「木偶の坊のデク」と呼び始めた本人です。, オールマイトの出身校である雄英高校へ進学するための特訓の最中、オーバーワークで倒れ込んでしまうデクくん。, 人はつい、合格というものを最終目標のように捉えてしまいます。本当に大切なのはそのもっと先であることを忘れてしまうのです。, ですが彼は、自分が頑張ったことをいちばんに考えず、誰かにしてもらったことをいちばんに考えます。, 彼はいつだって、誰かのおかげで自分がいることを忘れません。ひとりじゃないことを忘れません。, たとえ望んでいた結果が得られなくても、自分の力を正しいと思うことに使えたことは誇っていいことです。, その証拠に彼はトレーニングを続けます。不合格は、夢を諦める理由にはならないのです。, 誰かに救われていることを自覚している人にしか、本当の意味で誰かを救うことはできないのかもしれません。, てっぺんだけを目標し続けた彼の言葉には、弱さも強さも優しさも、色んなものがにじみ出ています。, 「個性がない」というのは多くの人が抱える悩み。自分だけが持っているものは、自分ではなかなか見つけられないものです。, “たくさんの人に救けてもらっている“ということを忘れることなく進んでいく彼は、これ以降も多くの人に救けられ、多くの人を救けていきます。, ついつい彼の活躍を見守っていきたくなります。 」(オールマイト) 「やはり衰えた。全盛期なら、5発も打てば充分だったろうに。300発以上も打ってしまった」(オールマイト) 13話 各々の胸に 「クリアとか何とか言ってたな? 出来るものならしてみろよ」(オールマイト)

『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平・集英社)は、今や児童・生徒・学生・社会人に至るまで、幅広い世代に支持されている少年ジャンプらしい王道バトル漫画になります。, 「ヒロアカ」のストーリーは、人口の8割がなにかしらの特殊能力を持って生まれる超人社会が舞台となります。, その「個性」を悪用する「敵(ヴィラン)」と対峙するのが「ヒーロー」で、トップヒーローである「オールマイト」に憧れる少年が主人公です。その少年がある日ある人からある提案を受け、トップヒーローになるまでの物語です。, その要因のひとつは主人公「緑谷出久(みどりやいずく)」が、多くの現代人の生き写しのような存在であることだと考えられます。, まばゆいヒーローの世界に憧れているが、「無個性」ゆえにヒーローにはなれないと周りは言います。, わたしたちの世界でも、多くの人が「個性」に夢を持ち、そしてそのうち「自分とは別の世界のことだ」と気付いて諦めます。, そうして大人になった多くの人々にとって、「無個性」の主人公がトップヒーローのオールマイトから個性を勝ち取ることは、自分が諦めた道が再び光り始めるような感覚に近いのではないでしょうか。, 今回はそんな主人公に光を与えたNo.1ヒーロー「オールマイト」の名言や名シーンをまとめてみました。大人たちが【あの頃言って欲しかった言葉】がたくさんありますので、今回「オールマイト」の名言・名シーンを紹介していきます。, たった3文節の短い言葉ですが、こうして単純に将来を全肯定されることって意外と経験したことがないと思いませんか?, 大人になると、人の将来を全肯定する責任を重く感じてしまいます。それは苦労を知っているからこそなわけですけれど。その言葉に責任を負ってくれる大人が周りにいるかどうかは、子どもにとって大事なことですね。, この言葉は主人公の緑谷少年がずっと誰かに言って欲しかった言葉でもあります。きっと誰もがみんな、この言葉を待っているはずですが、ここまで強くこの言葉を言える大人はそういるもんじゃありません。, オールマイトが緑谷少年の「無個性でもヒーローになれるか」という問いに対してこう答えます。冷たい言い方に見えますが、これはオールマイト自身が常々思っていることでもあるようです。そしてオールマイトは自身の笑顔の意味を語ります。, きらびやかな世界に生きる人々はいつも笑顔の印象ですよね。その裏にどんな思いがあるのか。自分の弱さを隠さずに語ってくれるからこそ、あとの言葉に重みが出るのでしょう。, このページは名言①の前のページ。何かを断言するには、しっかりとした理由が必要です。, 理由もなしにいきなりヒーローになれると言われたんじゃ緑谷少年もポカーンとなったでしょう。, しかしオールマイトの「君だったから私は動かされた」のだという、人が今までマイナスだと思っていた部分を肯定する言葉によって、緑谷少年は心が救われます。誰かが本気で自分を認めてくれたとき、自分自身の自分を認めてあげられるのです。, 嘘をつかないことは難しいことです。だから人は隠し事を持つわけですが、嘘と隠し事ではその本質が違います。, オールマイトは常に誰かのために生きているため、隠し事はたくさんありますが、自分のためだけの嘘は決してつかないのです。なにより、隠し事は多いと言い切るその正直さが彼の人柄を表していますよね。, 「僕は嘘はつきません」だけでは信用できませんが、こう言われたら信用するほかありません。正直であることを伝えるのに、これ以上の言葉はないのです。, 2人の出会いは緑谷少年が敵(ヴィラン)に襲われたところをオールマイトが助けたときのことでした。, 退治が済んで緑谷少年の目を覚ます「高速頬たたき」や、サインを求められる前に勝手にノートにサインを済ませているという至高のサービス精神にもオールマイトらしさが溢れています。, そしてこのとき、オールマイトは活動可能時間の限界が近付いていたため、一刻もはやく人目につかない場所に向かいたかったはずなのです。それでも目の前の人に可能な限りのことを尽くすその姿勢には脱帽ですね。, 名言③のもととなる場面です。小心者で無個性な緑谷少年が友だちを助けようと飛び出したことにより、活動限界を無理して乗り越えるオールマイト。文字通り命がけのヒーロー活動です。, 圧倒的な強さを魅せるこの場面、ヘドロのような敵(ヴィラン)を吹き飛ばすだけでなく、風圧で起こした上昇気流で雨を降らし火事をおさめるという、頭を使った作戦でした。ただ力が強いだけでなく、限界を超えながら「何が最善の手か」を一瞬で判断する力も、オールマイトのトップヒーローたる由縁です。, さて、名言や名場面をお伝えしてきましたが、なんとこれらは「第1話」の中にあるものです。, たった1話でこれだけのことを考えさせてくれるオールマイトの挙動。はじめはスピード感を持って読み切ってもらいたい1話ですが、じっくり読んでも楽しめる漫画。それが「僕のヒーローアカデミア」です。, オールマイト以外にも魅力的なキャラクターがたくさん。もちろん心にグッとくる名言や名場面は数え切れないほどありますので、この機会に読んでみてはいかがでしょうか。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. !」, またワン・フォー・オールは、継承して鍛え続けたから強い個性になったと理解して頂けたと思います。, それに、オールマイトは継承者を探すために雄英高校にきて、緑谷出久を育成しているのでしたね。, オール・フォー・ワンに深手を負わされたため苦悩し、再戦時に力を使い果たしたことにも触れました。, ですが、出久はインターン編でナイトアイの予知を覆しているので、きっと明るい未来を掴んでくれるでしょう。.