世吹す... 簡単なあらすじ 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 簡単なあらすじ1) 別府の弟の紹介で、カルテットメンバーは、音楽プロデューサーの朝木(浅野和之)に会う。「クラシック音楽のフェスティバルに参加しませんか?」と誘う。願ってもない提案に、4人は浮足立つ。2) だが、その大舞台の前に用意された仕 旦那が東大卒なのを隠してました。

次の動画. JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, 松本清張ドラマ「けものみち」、ラストはどんな感じか、教えてください。 配布中!!, 火曜ドラマ『カルテット』の公式サイトがOPENしました!, 「La Boo(ラ・ブ)」公式サイト. TBS 火曜ドラマ カルテット 第4話 720dpi. TBS 火曜ドラマ カルテット. 2:32. どなたか、具体的にストーリーを教えていただけませんか?

司会は今年も今田耕司と島崎和歌子が務めます。 1) 世吹すずめ(満島ひかり)は、巻真紀(松たか子)の夫・幹生(宮藤官九郎)に出会う。幹生は、失踪した後、現金が底をついて... rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0210dd5f.ff76ad6b.09c23b43.66014a9a";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1562479982781"; 当サイトにお問い合わせ、ご指摘などがございましたら、以下のお問い合わせフォームをご利用ください。.

変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。

2017.01.25 簡単なあらすじ1) 別府の弟の紹介で、カルテットメンバーは、音楽プロデューサーの朝木(浅野和之)に会う。「クラシック音楽のフェスティバルに参加しませんか?」と誘う。願ってもない提案に、4人は浮足立つ。2) だが、その大舞台の前に用意された仕 エールで華は、この恋あたためますか、で森七菜の同居人と同一人物でしょうか。だとしたら面白い繋がりですね。エールであの娘は二階堂ふみの娘役。森七菜は二階堂ふみの妹役ですから叔母と姪の関係になります。, 姉ちゃんの恋人で「マスクしてない」とか「コロナ禍なのに」とか言ってる人がいますが、わたし的には、コロナが終息?収束?(インフルエンザ的な位置付けになった)した感じに見えます。 そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). 第3回は比較的、食事シーンは控えめな感じがしました でも全くないわけではなく、やっぱり美味しそうなご飯が… まさに飯テロ(笑) ショートケーキ. カルテット2話が終了しましたーー!!! 今回も超面白かったね~^^ 始まって早々の家森さんの行間…ww 毎回毎回、素晴らしい脚本でございますーーー! カルテット2話をまだ見ていない?? そんな人はこちら↓ では、2話の感想と考察言っちゃいましょうか~! カルテットについて。 カルテット、2話にて、九條さんと別府さんの関係ですが、別府さんは、ずっと巻さんが好きで、九條さんに相談していたそうですが、九條さんは、別府さんのことが好きだったんで … 英検二級の面接に二回連続で落ちました。

1) 世吹すずめ(満島ひかり)はかつて、「超能力少女」としてテレビ番組に出演されていた。だが、すずめに超能力などはなく、父... 簡単なあらすじ あなたはどちらに見えますか?, 一億円のさようなら(6)のロケ地はどこ?ですか。藤木波江 - 奥貫薫と加能鉄平 - 上川隆也がデート逢い引きしていた京都の清水寺の音羽の滝の道のような観光地です。東国の東日本の調布市のそば屋付近の界隈の辺りですか?, 姉ちゃんの恋人、第2話視聴率が6.2%ですがどう思いますか?テコ入れはありますか?, さっきアメリカが国家非常事態宣言を出したそうです。ネットで「これはやばい」というコメントを見たのですが、具体的に何がどうやばいんですか?. 別府と巻が真紀の自宅で食べてました。 第3話. niko, すずめちゃん(満島ひかり)ちゃんもわかりやすく寝たふりとか…ww可愛い寝顔でしたが^^, もっとゆっくり二人の恋?別府くんの恋は動いていくと思っていたのに、2話でこんな感じでばらしちゃうなんて…。。, これは、自分の事が好きだと思っていた同僚、九條さんが結婚するって言ったから焦っちゃったってのもあるんだろう。, 更に、すずめちゃんになんとなく好きな事をばらしちゃったからこの際告白してしまえって思っちゃったのかな?, 素直に運命だって事にしとけばよかったのに…そんな馬鹿正直な所が別府くんのイイところなんだけどね~。, えええええええ~!!!別府ーー!!っと心の中でめっちゃ叫んじゃいましたよ~(-_-;), 真紀にも拒絶されて、自分の事が好きだった九條さんも他の男と結婚してしまう…そんな焦りか?何とも言えない気持ちがそうさせたんだろうけど…ないわ~。。, 「終電は男女が一線を越えるためにあるんだよ」…ここでまた家森さんさすがってなっちゃった!, 家森さんの事はすぐに好きです!って言えたのに…別府気づけよ~っと私の心の声がダダ漏れです…。, 別府くんが告白した時も、『いなくなる前よりずっとそばにいるんです』って言葉…なかなか深いですよね。, もちろん、パスワードが結婚記念日なのも…逆に憎んでいるんじゃないの?って思いますね。. Giulio Menichelli suona Brahms quartetto op 25 2° mov.

[新番組] 運命の出会いに隠されていた4つの嘘 やがて芽生える切ない想い 1/17 スタート 火曜ドラマ 『カルテット』【TBS】Web限定スペシャルバージョン 二次試験は合格率が高いのに 1) 巻真紀(松たか子)の夫・幹生(宮藤官九郎)は、真紀のヴァイオリンを盗もうとした来杉有朱(吉岡里帆)と別荘で出くわす。... 簡単なあらすじ ... 年に2回の恒例行事である『オールスター感謝祭 2017 春』が4月8日(土)18時25分~23時48分の約5時間半に渡って放送されます。 7:42. 今回はとりあえず全部答えたつもりでしたが問一は完全に間違えていました。 1) 家森諭高(高橋一生)は、元妻・茶馬子(高橋メアリージュン)と離婚していた。理由は、家森が定職に就かず、「こんな父親で... 簡単なあらすじ 二回も連続で落ちるとかなりショックです。 果たして、これから人類に巻... 9月27日放送の『ものまねグランプリ最強ネタで勝負!芸人40組秋のガチランキングSP』では、総勢175人40組がガチバトルで、審査員(関根勤、島崎和歌子、土田晃之、川田裕美、亀田興毅、加藤諒、近藤千尋、相楽樹、竹内涼真、最上もが+観客)の採... 10月10日放送の体育の日に『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦2016』が放送されます。

NHK「アンという名の少女」の最終回を見逃しました… 2017.1.5. 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。 松田龍平さん演じる別府司の同僚・九條結衣役に菊池亜希子さんの出演が決定しました! 第1話ゲストに、イッセー尾形さんの出演が決定! 2016.12.27 真紀らカルテットの本格活動の鍵を握る男

先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。

2017.1.5. カルテットメンバー間では話題に。 まきまきにフラれて、 友達だった同僚女子と、いい仲になり、 結婚しましょう!と別府くん。 えっと・・・別府くん。 ちょいとズルくないか? だが、同僚女子。 別府くんのことは好きだけと、結婚とかはもうないよ。 ・生徒数が少なくリアリティがない Chappie.

別府司(松田龍平)は週刊誌を食い入るように見つめ、コロッケデートシンドロームに陥り「解散しましょうか?僕達、解散しましょう。」と解散を口にしてしまいます。 そして別府司(松田龍平)は「真希さんはもう帰ってこないと思います。仕事もないし、これ以上続けても意味がありま� カルテット, 1) 別府の弟の紹介で、カルテットメンバーは、音楽プロデューサーの朝木(浅野和之)に会う。「クラシック音楽のフェスティバルに参加しませんか?」と誘う。願ってもない提案に、4人は浮足立つ。, 2) だが、その大舞台の前に用意された仕事は、「地球外生命体のカルテット・愛死天ROO」などというキャラに扮したコンサートであり、「音源を流して、演奏をしているフリをするだけ」というものだった。その仕事はいやいやながら行うが、別府は仕事の紹介を弟に断る。, 3) 世吹すずめ(満島ひかり)は、巻真紀(松たか子)のことを信じており、真紀の盗聴を行うことを鏡子(もたいまさこ)に断る。そこで鏡子は、来杉有朱(吉岡里帆)に真紀の偵察を依頼するのだった。だが、ぐいぐいと迫る有朱は、ICレコーダを持っていることがすぐに発覚し、そのレコーダにより、すずめが録音を行っていたことが明らかとなってしまう。, 4) すずめは、気まずくなって外に出る。夜になり、通りを歩いていたすずめは、手を怪我した、小声の男性にぶつかる。その男性こそ、真紀の夫(宮藤官九郎)だった。, 鏡子(もたいまさこ)は、世吹すずめ(満島ひかり)に真紀(松たか子)について話をする。鏡子は、東京の息子夫婦が暮らしていたマンションを訪れ、そこには別府司(松田龍平)がいたのだという。そこで、真紀(松たか子)が「男を連れ込んだ」と鏡子は感じたのだという。, 鏡子は、真紀と話をする中で、「息子は死んだ気がする」とつぶやく。すると真紀は、「ごめんね…もっと会いに行けばよかったね。そんなこと思ってたんだ。そんなことないのに」と言う。, 鏡子は、世吹すずめ(満島ひかり)に「息子がいなくなった翌日、パーティーに行くような女なんだよ。裏表があるんだ」と言うが、真紀を信じるすずめは、「そんなことない」と言う。, 別府の弟の紹介で、カルテットメンバーは、音楽プロデューサーの朝木(浅野和之)に会う。「クラシック音楽のフェスティバルに参加しませんか?」と誘い、真紀は、「そんな舞台には立てない!」と拒否するが、すずめ、家森たちに「出よう」と説得される。, 朝木は、「どうして君たちがプロになれなかったのか。今まで何をしてたんですか?」とべた褒めする。お世辞とは思いながらも、真紀たちは「あんなに褒められたの、生まれて初めて」と喜ぶ。, 別府は、「僕には夢があります。わがまま放題して、破天荒な人と言われることです」と言う。みんなの夢を訊いた上で、「一人一人の夢ではなく、カルテットドーナツホールとしての夢を見ましょう」と提案する。, 真紀は、「夫がいなくなった次の日、友人の結婚パーティーに行った」とすずめに話す。「私から逃げたんだって、すぐに分かったの。あの人ね、お母さんとのニ人暮らしをしている時に、お母さんが面倒になって逃げ出したの。そのことを、私にもしたんだなって思ったの」と明かす。そして、「クソ野郎に逃げられた。こんなことで負けるか」って思って、思いっきり弾けた写真を撮ったのだと話す。, その写真が誤解を招いていることをしっているすずめは、「そのことを、お義母さんには?」と訊ねるが、真紀は「言えないよ。お義母さん、可哀想だもの」と答える。, カルテットは、音楽フェスティバルでの演奏前に、ピアニストの補助演奏を仕事を入れられる。「あなたたちは、地球外生命体のカルテット、愛死天ROOです」などと言われ、奇抜すぎる格好をして演奏を行うことになり、4人は戸惑う。, 音楽そっちのけでキャラばかり打ち出すこと、そしてダンスの練習をして演奏の練習を行わないことに、4人は疑問を抱く。だがそこで、朝木は「あなたがたに仕事を与えたのは、別府さんの弟さんに頼まれたからです」と告げる。だが、カルテットのメンバーは、寝る間も惜しんで練習を続ける。, ピアニストの到着が遅れ、五重奏のリハーサルができないことが明らかとなる。リハなしでの本番はさすがにできないため、「音源を流して、演奏している振りをする」ことになる。すずめは大反対し、「こんなことしたくない」と言う。, 家森も「こんなことやる必要ない」と言うが、真紀は「やりましょう」と言う。そして、「大きなホールで演奏するなんて、ウソだと思ったじゃないですか。だったら、これが三流の自覚をもって、社会人失格の自覚をもって、演奏する振りをしてやりましょう。私達の仕事、見せつけてやりましょう」と説得する。すずめもまた、「はい」と言い、ステージに立つことを了承する。, カルテットを見送る朝木は、「志のある三流は、四流だからね」と吐き捨てるように言う。その帰り、4人は駅前で演奏する。人々が集まり、4人は楽しそうに演奏を行うのだった。, 別府は、弟に仕事をすることを断る。一方、すずめは鏡子に「最後のご報告をしようと思います…」と言うが、鏡子は「もうあなたはいいの。さようなら」と言って電話を切る。帰ると、来杉有朱(吉岡里帆)が別荘にいた。すずめは、有朱のポケットにICレコーダが入っていることに気づく。, 有朱は、真紀から夫婦などのことについて聞き出そうとする。有朱は、「夫婦って、ウソで成り立っている」「東京のマンション、空けてて旦那さんはいいんですか?」などと言う。すずめは真紀に喋らせまいと、「ロールケーキ食べたい」などと関係ないことを言う。, 真紀は、有朱の追求に「夫は、今、いないんです。1年前にいなくなりました」と言う。有朱は「ウソつきばっかり。夫婦に恋愛関係なんかあるわけないでしょ。夫婦に恋愛感情なんかを持ち込むから、夫婦間の殺人が起こるんでしょ」とさらに踏み込んだことを言う。, 真紀は、席を立ってキッチンに向かう。有朱は、さらに「ご主人、もう生きてないですね」などと言い、近づこうとする。その有朱を、すずめは止めようとするが、その拍子にICのレコーダが落ちてしまう。, そのICレコーダを再生した真紀は、すずめもまた会話を録音していたことが明らかとなる。有朱は、「鏡子さんに頼まれたんです。あの人、真紀さんのこと疑ってて。私たちは、そんなことないと思ってて。私たちは、真紀さんの味方ですからね」と言う。, すずめは、その場から立ち去る。別府・家森が帰宅すると、真紀の様子がおかしかった。話を聞く2人は、「夫です」と写真を見せられる。, 一方、すずめは男性と通りでぶつかる。その男性は、カルテットのチラシを持っていた。彼こそが真紀の夫だった。. 前回も今... 英検3級の二次試験が不合格でした。僕は中学三年生です(今年で高校1年)英検3級の二次試験である面接が不合格でした。結果をサイトで見た瞬間、とてもショックで悔しかったです。自分の面接カードを破ってしまいたいくらいです。再受験では一次試験は免除されますか?本屋でCD付きのものを買ったりした方がよいのでしょ... https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12169993792. 45:16. 前回の第9話では、早乙女真希(松たか子)が本当は山本あきこであることがバレて、捕まってしまうことになりました。, ⇒【カルテット】9話のネタバレあらすじと感想「家森とすずめの早乙女真希(山本あきこ)へのセリフが泣ける」, 最終回では、早乙女真希(松たか子)が捕まってから一年後、3人の元に再び早乙女真希(松たか子)は戻るのか?, 最終章・後編となる3月21日放送『カルテット』最終回 第10話のキャスト・あらすじ・感想をネタバレでお届けしていきます。, 一年後、真希(松たか子)は執行猶予となりましたが、自分がヴァイオリンを弾いても、週刊誌で見た犯人が演奏するモーツアルトなんて誰も聞いてくれないし、楽しんでもらえないという理由から、軽井沢には戻らないことを決めていました。, 一方、別荘にはカルテットドーナツホールのゲストで演奏をしてくれる大橋絵茉(松本まりか)がやってきますが、肉の日のキャンペーンでコスプレをして演奏するのを「こんな格好では演奏できません。こんな低レベルな仕事だとは思わなかったです。恥ずかしいと思わないんですか?皆さん椅子取りゲームで負けたのに座ってるふりしてるだけですよね?」と言い、わらびもちを置いて去っていってしまいます。, 真希(松たか子)の裁判が夏に終わり「これでカルテット復活ですね!」と話していたら、2度目の冬を迎え、いつも寝ていた世吹すずめ(満島ひかり)は眠らなくなり、無職の家森諭高(高橋一生)は週7日も働いて、別府司(松田龍平)は「2人共異常だ!まともなのは僕だけだ!」と感じていました。, 真希(松たか子)はあの後、住民票や免許証などを不正に取得した罪で起訴され、週刊誌をにぎわし、テレビにまで取り上げられ、カルテットドーナツホールのこと、別府司(松田龍平)の家族のこと、世吹すずめ(満島ひかり)の過去のことまでが記事になり、別荘は買い手がつかず、別府司(松田龍平)は会社を辞めることになりました。, そして真希(松たか子)に執行猶予がつくと、カルテットドーナツホールのホームページにはたくさんの罵倒の言葉が送られたものの、これで真希(松たか子)が帰ってくると楽しみにしていたのに、真希(松たか子)は帰ってはきませんでした。, ノクターンは割烹ダイニング「のくた庵」に代わり、別府司(松田龍平)と世吹すずめ(満島ひかり)が和食を食べて、店員の家森諭高(高橋一生)と話していると、そこに記者がやってきて、真希(松たか子)の件で話を聞きたいとやってきて、最新の週刊誌に真希(松たか子)のコロッケデートの写真が掲載されているのを見せられ「皆さん騙されてただけなんじゃないですか?」と言われてしまいます。, その後、別荘に帰った家森諭高(高橋一生)は世吹すずめ(満島ひかり)に「コロッケデートか、真希さん幸せしかない顔してたね!」と言うと、世吹すずめ(満島ひかり)は「歩きながらコロッケ食べてたら誰だって幸せしかない顔します。」と言い返します。, それを聞いた家森諭高(高橋一生)は「もう半年以上経ってるんだよ!」と言うと、世吹すずめ(満島ひかり)は「家森さんもコロッケデートすればいいじゃないですか?」と言い、家森諭高(高橋一生)は「すずめちゃん、コロッケデートしてくれるの?幸せしかないなぁ~」とさりげなく言うも、世吹すずめ(満島ひかり)は「別府さんご飯食べないんですか?」と話を変えてスルーしてしまうのでした。, 別府司(松田龍平)は週刊誌を食い入るように見つめ、コロッケデートシンドロームに陥り「解散しましょうか?僕達、解散しましょう。」と解散を口にしてしまいます。, そして別府司(松田龍平)は「真希さんはもう帰ってこないと思います。仕事もないし、これ以上続けても意味がありません。真希さんはもうキリギリスじゃなくなったんです。真希さんは何度も人生を変えてきた人です。帰ってこないんじゃなくて、もう違う道を歩いてるんだと思います。すずめちゃんは最近寝ないし、諭高さんは週7日働いてるし、もうカルテットなくても大丈夫じゃないですか?2人だってもう違う道を歩いてるじゃないですか?僕だけがずーっと同じ場所に立ったままです。」と2人に打ち明けます。, それを聞いた世吹すずめ(満島ひかり)は真希(松たか子)のヴァイオリンを持ってきて「道が違うならこのヴァイオリンはどうするんですか?私、真希さんから預かっててって言われたんです。一緒に待ってるねって約束したんです。解散したいならすればいいんです。でも、このヴァイオリン真希さんに返してからにしましょう。」と告げ、3人で真希(松たか子)を探すことにするのでした。, 週刊誌の画像から場所を特定し、3人が向かうと、そこは大きな団地で、1軒ずつ回ると大変な部屋数ですが、3人は演奏をして真希(松たか子)をおびき出すことを思いつき、見事、真希(松たか子)をおびき出すことに成功するのでした。, 久しびりに会った3人は真希(松たか子)から「演奏イマイチだったなぁ…こんな下手なカルテット見たことない。」と言われると、世吹すずめ(満島ひかり)は真希(松たか子)に近付き「じゃあ、あなたが弾いてみたら?真希さん元気…」と言って、手と髪を触ると「別府さん車お願いします。家森さんちょっと手伝って下さい。真希さん連れて帰る。」と言って、2人で真希(松たか子)を抱きしめるのでした。, 別荘に戻った真希(松たか子)は3人から週刊誌のコロッケデートを見たと言われて、弁護士に相談してたのを撮られただけだと言うと、別府司(松田龍平)は喜び、ご飯を食べ終えると久しぶりに4人で演奏しようとしますが、真希(松たか子)は3人の近況を聞いて思わず動きが止まってしまいます。, すると家森諭高(高橋一生)は「真希さんのせいじゃありませんよ!1年前にもこんな風にして話してたじゃないですか?好きなことを趣味にするのか、夢にするのか、趣味にしたら幸せだけど、夢にしたら泥沼だって、ちょうどその時が来たんだと思います。夢が終わるタイミング、音楽を趣味にするタイミングが向こうから来たんです。」と言います。, 続けて別府司(松田龍平)は「僕はこの一年無駄じゃなかったと思います。夢は必ず叶うわけじゃないし、夢は諦めなければ叶うわけでもないし、でも夢見て損することはなかったなって、一つもなかったんじゃないかなって思います。」と言い、世吹すずめ(満島ひかり)は「休みの日にみんなで集まって、道で演奏するのもいいんじゃないですか?誰が聞いてても聞いてなくても私達が楽しければ」と言うと、真希(松たか子)は「コンサートやりませんか?」と言って、軽井沢大賀ホールのパンフレットを3人に見せます。, 真希(松たか子)は満員のお客さんの前で演奏しようと提案すると、3人はここを満員にするなんて無理だと告げますが、真希(松たか子)は「みんなわかってませんねぇ~私、偽早乙女真希ですよ!疑惑の美人ヴァイオリニストですよ!有名人なんですよ!偽早乙女真希としてステージに立てばこれぐらいのホールいっぱいにできます。ずっと話してたじゃないですか?いつか大きなステージで、大きなホールで演奏したいねって、今ならカルテットドーナツホールの夢が叶えられます。」と告げ、さらし者になるのなんか何とも思わないと言って、コンサートをやることを決めるのでした。, その後、家森諭高(高橋一生)は谷村多可美(八木亜希子)からお客さんに渡された手紙を渡します。, 別荘に帰った家森諭高(高橋一生)が置いた手紙を世吹すずめ(満島ひかり)は読み上げます。, 「初めまして、私は去年の冬、ドーナツホールの演奏を聞いた者です。率直に申し上げ、ひどいステージだと思いました。バランスが取れてない。ボウイングが合ってない。選曲に一貫性がない。というより一言で言って、皆さんには奏者として才能がないと思いました。世の中の優れた音楽が生まれる過程でできた余計なもの。皆さんの音楽は煙突から出た煙のようなものです。価値もない意味もない必要ない記憶にも残らない。私は不思議に思いました。この人達、煙のくせに何のためにやってるんだろう?早く辞めてしまえばいいのに、私は5年前に奏者を辞めました。自分が煙であることにいち早く気付いたからです。自分のしてることの愚かさに気付き、すっぱりと辞めました。正しい選択でした。本日またお店を訪ねたのは皆さんに直接お聞きしたかったからです。どうして辞めないんですか?煙の分際で続けることに何の意味があるんだろう?この疑問はこの一年間ずっと私の頭から離れません。教えて下さい。価値はあると思いますか?意味はあると思いますか?将来があると思いますか?なぜ続けるんですか?なぜ辞めないんですか?なぜ?教えて下さい。お願いします。」, コンサート当日、チケットは完売で、記者も集まり、半田温志(Mummy-D)や谷村大二郎(富澤たけし)と谷村多可美(八木亜希子)もコンサートに駆けつけました。, そんな中、高級車から降り、外国人にエスコートされた来杉有朱(吉岡里帆)までやってきて、谷村大二郎(富澤たけし)と谷村多可美(八木亜希子)に指輪を見せて「人生チョロかった。」と言って、笑います。, 4人は今までの思い出を走馬灯のように思い出しながら、演奏すると、空き缶を投げられてしまいます。, 一曲目の演奏後には拍手をする人と、帰ってしまう人に別れ、その後も、4人は誰かには届くと信じながら演奏を続けるのでした。, 演奏を終えた4人は別荘に戻り、別府司(松田龍平)は会社の元同僚から花火の間に演奏をする仕事をもらい「初の遠征ですよ!」と言って、喜んで報告をしました。, そして3人は唐揚げを大皿から小皿に取り分けて自分の分にレモンをかけると、家森諭高(高橋一生)はパセリを取り出し「パセリがある時とない時どう?ないと寂しいでしょう。心で言うの。センキューパセリ!食べても食べなくてもいいの!ここにパセリがいることを忘れちゃわないで!」と言います。, すると世吹すずめ(満島ひかり)は「あっ、パセリありますね!」と言い、別府司(松田龍平)は「パセリきれいですね!」と言って、2人で「センキューパセリ!」と言うと、世吹すずめ(満島ひかり)はわざと、大皿にある残りの唐揚げに全部レモンをかけてしまうのでした。, その後、4人はワゴンに乗って遠征に出かけるも、ワゴンはガス欠で止まってしまい、4人は海岸を走って演奏会場に向かうも、道に迷い、世吹すずめ(満島ひかり)は笑い出して「みぞみぞしてきました。」と言って、4人で会場へと向かうのでした。, 出典:http://www.tbs.co.jp/quartet2017/cast/, TBSドラマの見逃し配信はTBSオンデマンド(初回2週間無料)で見ることができます。初回ご加入の場合に限り、2週間無料でお試し頂けるので、今まで見逃した方や今までこのドラマがやっていることに気付かなかった方にはオススメです。