わたしを離さないでネタバレ結末まで!原作の絶望的結末の解釈が難解?著者の意図「生きるとは…」もネタバレ!

カルテット 第8話 ラスト早乙女真紀って何者の考察(File.343) こんにちは、 精神分析 家 進志崇献@福岡です。 進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@ gmail .com | ドラマ動画無料視聴・最終回ネタバレ・考察感想・視聴率をまとめたDrameister. こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.comラカン精神科学研究所 福岡 公式サイトhttp://lacan.agency-inc.com/さて話題のカルテット 第8話 ラストシーンで富山県警の大菅警部:捜査一課(大倉孝二)が真紀の元義母である巻鏡子(もたいまさこ)の家を尋ねるシーンへ。で、この人は「早乙女真紀」さんではありません・・と仰天シーンで終わってしまう。ネット上では大曇天返しで大騒ぎ状態ですが・・。で、考えられるのは「他人の戸籍乗っ取り」。物語を振り返って伏線を探してみます。別府司(松田龍平)は真紀を結婚前から知っており、真紀に対してストーカー紛いの行為をしていた。カルテット:4人は偶然カラオケボックスで出会ったとなっているが、実は別府は真紀のストーカー中であった。東京でバイオリン奏者の真紀と広告代理店の巻幹夫が出会い結婚。東京のマンションで結婚生活を開始。幹夫がマンションのベランダから転落して入院中、隣のベッドにいたのが家森諭高(高橋一生)。実は、家森も真紀を金策の為、脅そうとして近づいたのだった。2年後、幹夫が望まない結婚生活に耐えきれず失踪する。夫の失踪中(約一年間)、真紀は偶然、知り合った演奏者達と軽井沢のペンションで共同生活を開始:すずめは義母(夫の母)のスパイ。義母は息子が真紀に殺されたのでは?と疑っていた。軽井沢のペンションは別府家の持ち物で、別府自身は軽井沢のペンションから群馬県高崎市(地元)へ勤務。真紀は東京のマンションに一旦戻る(生ゴミ異臭苦情の為)。真紀の夫(幹夫)が舞い戻る(関西方面→東京→軽井沢)。協議の結果、幹夫と真紀は時間外の役所の窓口に離婚届を提出。幹夫は、失踪中、コンビニ強盗をしていたので東京の警察へ自首。真紀は、その後もカルテットで軽井沢での共同生活を継続。日本海側から太平洋側へ富山県(富山県警)長野県軽井沢町(カルテットの生活の場)群馬県高崎市(別府の勤務先)東京都(真紀のマンション)日本を縦断するラインになるのですが・・・不返ってみても・・・偶然を装って真紀を中心に集まったカルテットは、別府:ストーカー家森:バツイチ恐喝野郎すずめ:スパイ真紀:戸籍乗っ取り女と言う凄い構成となっています。伏線を探しても・・ないんです、唐突に「富山県警捜査一課」の登場です。捜査一課は殺人や強盗など凶悪犯の捜査部門です。気になるのは、ラジオで「40代の男性の死体が発見されました」と流れた事くらいですかね。あれは、幹夫の失踪中の事ですから、視聴者の不安を煽る演出と捉えたいのですが・・。富山県警の捜査一課の捜査官がわざわざ他県に確認に来た以上、よからぬ犯罪の関係者(被害者の可能性もなくはない)である可能性が強いので、次回の「カルテット」は見逃せない・・テレビ局の思う壺ですね。^^;心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイトhttp://lacan.agency-inc.com/オールOK子育て法 再考察http://agency-inc.com/all-ok/ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)http://agency-inc.com/for-pad/精神分析家のセラピー日記(進志崇献)http://agency-inc.com/journal/進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/lacan.msl.f進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッターhttps://twitter.com/lacan_msl_f, lacanさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog Amazonプライムは学生なら値段が半額に!

マスカレードホテルのネタバレ犯人役は松たか子!10分で完全理解,トリックや動機,結末まで, MOZU映画ネタバレあらすじキャスト完全版 ダルマと娘の死の関係が明らかに!MOZUついに完結. ブログを報告する. |

お互いのことが好きで結婚したはずの真紀(松たか子)と夫・幹生(宮藤官九郎)でしたが、お互いが結婚に求めるものが真逆だったため悲しくも破局。まだやり直せる余地はあると感じましたが、大人な2人は結婚生活に終止符を打ったのでした。嘘を手放し、過去に決着をつけた真紀のことを暖かく迎えるすずめ(満島ひかり)・家森(高橋一生)・別府(松田龍平)らカルテットのメンバーたち。真紀の件がひと段落つき、それぞれの片思いが本格的に動き出しそうです。, 以下ネタバレしますのでドラマ『カルテット』第8話がまだ・・・という方はご注意ください!, 夫の幹生が失踪したことで姑の鏡子(もたいまさこ)に夫殺害疑惑をかけられていた真紀。しかし、そこには好き合っていた夫婦関係にズレが生じ出した悲しい理由があり、真紀の疑惑は晴れました。大人として考えた結果、幹生は真紀に離婚しようと提案し、真紀はそれを受け入れたのでした。, 心のわだかまりとなっていた嘘に決着をつけ、カルテットに戻ってきた真紀を暖かく迎えた3人。以前皆の前ですずめが別府にキスをしたことで、すずめが別府に想いを寄せていることはわかっていますが、別府は長年真紀のことを想っています。『全員片思い』状態ということは、真紀は家森のことを、家森はすずめのことを想っていると予想されますが、4人の恋の行方が最終回に向けてどうなっていくのか気になりますね!, 加えて気になるのが告知にある『最後の嘘』。最後の嘘をついているのは誰なのか?この嘘がストーリーにどう関係してくるのか、注目です。, ドラマ『カルテット』第1話〜第7話のさらに詳しいネタバレあらすじが知りたい方はこちら, ワカサギ釣りに興じる真紀(松たか子)・すずめ(満島ひかり)・家森(高橋一生)・別府(松田龍平)。大漁に盛り上がったのも最初だけですぐに1匹も釣れなくなり、何か面白い話をしようということになった。昨日面白い夢を見たという真紀の一言から夢の話で盛り上がるも、人の夢の話を聞いても『へえ』としか言うことができないため、へえからへえを産むなと独自の理論を展開し始める家森に白けるメンバー。結局、帰ることになった。, 4人が帰宅すると鏡子(もたいまさこ)が夕食を作って待っていた。腰が治った鏡子は明日帰るとい言い、最後に4人に伝えたいことがあると言う。『みなさんの生活習慣の乱れ、目に余ります』前日用意をしていないため朝、バタバタしすぎること、夕食後すぐに風呂に入らずにダラダラおしゃべりをしすぎることを鏡子はお説教をしだす。空腹の4人はお説教を聞きながらも、無言で夕食を貪り食い出した。, 翌朝。鏡子を駅まで送っていた真紀。『もう真紀ちゃんには連絡しない。自分の人生を生きてください。ごめんね、じゃあね』鏡子は真紀の手を握り、去っていく。, その頃、すずめはまだ夢の中。別府がスパゲッティナポリタンを作り、かつて一緒に食べた夢を見ていた。『ナポリタン危険です。白いお洋服だから』別府は着ていたエプロンを脱ぎ、すずめに着させてくれた。, 『今月営業入ったし、無理にバイトしなくてもいいですよ?』別府が家森に話しかけると、家森は別府が結婚しても自分を追い出さないでほしいと言う。『真紀ちゃん離婚したし、チャンスなんじゃないの?』そこにすずめが起きてきた。, 『いただきます』すずめは別府が用意してくれた蕎麦を2人で食べる。話題は初めてすずめが来た時にナポリタンを一緒に食べた時の話になり、別府がよく覚えているとすずめは感心する。『じゃああのことも(覚えてる)?』別府はすずめがキスのことを言っていると勘違いし、言葉に詰まるが、すずめは一緒にアイスを食べた時のことだと言った。, 『別府くん二階のトイレの便座って暖かくならないの?』家森に言われ、別府がトイレに行き、代わりに家森が着席、別府の蕎麦をすすり出す。そこに真紀が帰ってきた。『別府くんとかどうですか?』『家森さんは好きな人とかいないんですか?』相手が自分のことを好きになる確率が低いため、人を好きにならないようにしていると家森が答えると、真紀は自分のことがよくわかっているんですねと笑った。そのとき、(別荘売却の件)というメールが弟から別府に届いた。, 別荘に別府の弟とともに不動産屋が訪れた。ここならすぐに買い手が見つかるという不動産屋。うつむく別府を見た弟は同居人のことを心配している別府の心情を察した。『兄ちゃん前言ってたじゃん。ゴミ出ししてくれないって。ダメ人間じゃん?』『人を査定しに来たの?どういう資格で?』別府と弟のやり取りをすずめが階段で聞いている。弟は父親に別府がそう言っていたと伝えておくと帰って行った。, その夜。別府が元気がないことが気になると真紀はすずめに言う。すずめは冷蔵庫のアイスを別府に持って行くついでに何かあったのか聞いてみたら?と提案した。, すずめの提案通り、別府の部屋を訪れた真紀。楽しそうに話す真紀と別府のことを、すずめが笑顔で見つめる。, 翌日、宅建の資格を持つすずめは不動産屋にバイトの面接に行った。『大歓迎ですよ!』早速採用され、大喜びのすずめ。, 『なにこれ?美味しそう!』真紀が雑誌をみながらつぶやいていたスイーツを帰りに買ってくるよう、別府にラインするすずめ。『あ!これ食べたかったやつ!』と真紀は喜んだ。日ごとにいい感じになっていく真紀と別府をすずめは笑顔で見守っていた。, 不動産屋の社長からコンサートチケットをもらったすずめ。『私の好きな人と好きな人に行ってもらっていいですか?』すずめは自分の好きな人が好きな人が、また自分も好きだと言うややこしい自分の境遇を社長に語る。『あなたの好きはどこにいったの?』自分の好きはそこらへんにゴロゴロしていると笑うすずめだった。, 最後の嘘をついている人が明らかに!その内容は『まさか〜♪』!ドラマ『カルテット』第8話のあらすじ(ネタバレ)後編に続きます!. 時間軸がズレている?という考察で話題のドラマ「カルテット」ですが、現在7話まで放送され、8話の展開もとても楽しみですよね。さらに8話以降、最終話までどうなっていくのかも気になります。 今回は「カルテット」の7話と8話のあ・・・ カルテット第8話のエンディングの衝撃は、昨年末のドラマ『逃げ恥・第6話』の衝撃のキスシーンを彷彿とさせる衝撃だったー! 逃げ恥の時は ↓ 「ひゃ━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━!!!

カルテット第8話のエンディングの衝撃は、昨年末のドラマ『逃げ恥・第6話』の衝撃のキスシーンを彷彿とさせる衝撃だったー!, 「上り坂~、ふふっふ~ん。下り坂~、ふふっふ~ん。人生は~、まさか~~♪」の歌を歌うな~と思っていたら、、、まさかまさか、真紀さんは「早乙女真紀」ではない「誰でもない」女性。。。, そう思ったら、もう「カルテット」の1話から8話までの謎の伏線(らしきもの)をちょっと拾ってみようかと思いました。. 「坂元さんの台本はすごく不思議で。結局終わった後に台本を読み返してみると、“あ、書かれたとおりになっていた”…ということが多い。, アマゾンプライムとは?12の会員特典まとめ|令和最強の便利でお得なサービスはコレ!. !」 こんな感じの衝撃でしたが、 今回のカルテット第8話は、↓ 「ま、まさかっ! (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 殺人を犯してしまったと勘違いした夫が離婚を促すと、真紀はこう言って一緒に逃げようと言い出す。, 余命9ヶ月のピアニスト・ベンジャミン瀧田を追放し、すれ違う前に転ぶ彼の姿を見ても、運転する車を止めもしない。, 火曜ドラマ「カルテット」さん(@quartet_tbs)がシェアした投稿 - 2017 1月 12 8:14午後 PST, 家森が猿捕獲の高収入バイトに行こうとすると、別府が、とうとう家森は戸籍を売るバイトまでするのかと疑って声をかける言葉がコレ。, 長年好きで、5回目以降はストーカーだったと告白していた(第2話)くらいだったのに、旧姓を訊くなんて。。, 真紀が結婚式を挙げた式場で働いてもいたのに。また、真紀が「早乙女です」と答えた時に、別府の表情は(「あれ…?」)という顔をしていた気が。。。, 『カルテット』のTBS公式ページにはキャスト4人のインタビューが載っていますが、その中に高橋一生さんのコメントで、家坂元裕二さんの脚本について、, 「坂元さんの台本は、普通の会話のようなところもありながら、ストーリーから脱線しているようで実は伏線…というつくりがとても面白い」と。, 「坂元さんの台本はすごく不思議で。結局終わった後に台本を読み返してみると、“あ、書かれたとおりになっていた”…ということが多い。」と言われていました。, だって、『捜査一課』って殺人とかの凶悪犯罪とかの担当の課だよね? 真紀が殺人だけは犯していないことを願う(T_T), あと、有朱ちゃんの真紀を見る、意味深な視線も気になるな~。 前、真紀のスマホを盗み見てたし。。。. きゃりーぱみゅぱみゅの本名と長い芸歴前半が黒過ぎ!整形遍歴やきゃりーのサイコ母親についてまとめてみた.