2018年6月に新世代カローラシリーズの先鋒として5ドアハッチバックのカローラスポーツが登場、そして2019年9月に「本命」の4ドアセダンのカローラとステーションワゴンのカローラツーリングの販売が開始されました。今回は国産車の貴重なコンパクトステーションワゴンである新型カローラツーリングに自動車評論家の萩原文博さんが試乗し、その走行性能や使い勝手をチェックしました。, カローラのステーションワゴンは先代まではフィールダーと呼ばれていました。しかし、新型はカローラツーリングへとネーミングが変更されました。トヨタのクルマ構造改革であるTNGAを採用したことで、低重心でスポーティなスタイリングを手に入れ、走る楽しさと取り回しの良さを両立した新型は、確かに見た目も中身も大きく変わっています。世代交代を印象づけるのがネーミング変更の狙いの一つでしょう。, カローラツーリングはトヨタの先進安全装備である「トヨタセーフティセンス」の最新版を全車に標準装備しており、安全性能も飛躍的に進化しています。さらに国内トヨタ初となるディスプレイオーディオの標準装備やスマートフォンとの連携などコネクティッドサービスも充実。先代モデルとは世代が違うだけでなく、クルマの実力が大きく変わったこともネーミング変更の理由かもしれません。, カローラツーリングには3種類のパワートレインが用意されています。ハイブリッドと1.8L直列4気筒ガソリンエンジンには「G-X」、「S」、「W×B(ダブルバイビー)」という3グレードがあり、ハイブリッドには4WD車も設定されています。1.2L直列4気筒ターボは6速MTが組み合わされた「W×B」の1グレードのみ、走りにこだわる人向けです。今回試乗したのは、車両本体価格236万5000円の1.8L「W×B」のCVT車です。, カローラツーリングのボディサイズはTNGAを採用したことにより、全長4495mm×1745mm×全高1460mmの3ナンバーサイズへと拡大されました。ただ幅についてはカローラスポーツの1790mmに比べ45mm少なく、日本向けの配慮がうかがえます。, トヨタのフロントマスクのデザインアイコンである「キーンルック」によって、カローラツーリングは低重心なシルエットがより強調されています。サイドビューはリア方向へ抜けの良いサイドウインドウグラフィックとドアショルダー部で伸びやかさが表現されています。, カローラフィールダーの実用性重視、もっと率直にいえば商用バン譲りだったスタイリングに比べて、格段にスポーティな外観デザインになりました。樹脂製バックドアを採用し、高い走行性能を実現させるための軽量化を施しているあたりにも、カローラツーリングの目指している方向がわかります。, そんなスタイリッシュなデザインにもかかわらず、ステーションワゴンとしての機能はスポイルされていません。カローラツーリングのラゲッジスペースの容量は5人乗車時で392Lを確保。さらにリアシートをすべて倒すと最大802Lまで拡大します。ラゲッジルームの奥行きは通常時で930mm、リアシートを倒すと1953mmまで拡大するので長尺物も楽々積むことが可能です。, またリバーシブルデッキボードが設定され、荷室の床面の高さは2段階に調整可能。上段にセットすると後席を倒した際にフラットな床面となり、下段にセットすれば背の高い荷物の積載が可能です。デッキボードの裏面はタフユースに対応した樹脂製でステーションワゴンとしての利便性を高めています。, カローラツーリングに試乗してみると、全幅1745mmの3ナンバーサイズとは思えないほど取り回しの良さが印象的です。最上級グレードの「W×B」は215/45R17という大径タイヤを装着していますが、最小回転半径は5.3mに抑えられているため、ボディの大きさが気になることはほとんどありません。, なにより低重心、そしてワイド化されたボディによって走行性能は従来モデルとは比べものにならないほど向上しています。カーブでハンドルを操作してからのクルマの反応の速さやクルマの傾きの小ささなどは、質感が1ランクどころか2ランクほど向上しています。, さらに向上を実感するのが静粛性。お世辞にも新しいとは言えない1.8Lガソリンエンジンですが、車内への騒音の侵入を最小限に抑えています。これがハイブリッド車だったらさらに静粛性は高いでしょう。, 大きく進化したカローラツーリングですが、ちょっと気になることもありました。乗り味が少々硬いこと、そしてリアラゲッジの大開口部分の影響か、セダンに比べてコーナリング時に若干リアの動きが大きく感じました。この2点が修正されるとさらにクルマの動的質感は向上するでしょう。, 選択肢の少なくなったコンパクトステーションワゴンにはカローラツーリング以外にもホンダシャトルがあります。ラゲッジルームの容量にプライオリティを置いたシャトルと、走りのバランスが絶妙な新型カローラツーリングとでは大きくキャラクターが異なっています。ユーザーにとっては自分の用途に合わせて選べるようになったのではないでしょうか。, 中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立、現在はAJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員として多くのメディアで執筆中。日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。, 「ホンダヴェゼルモデューロX」盛りだくさんの専用装備と圧倒的な安定感は価格に十分見合う, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4. 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。, 自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る, 新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針, 新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。, よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。, 知識豊富なコンシェルジュがメリットある情報や資産価値の高い車種を提案しお近くのカーディーラーと連携しスムーズに車購入をサポートします。, しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。もし、投稿したコメントを削除したい場合は、該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、通報よりその旨をお伝えください。, トヨタ 新型カローラスポーツ試乗│ベーシックな標準仕様モデルの高水準な仕上がりに驚く!, トヨタ 新型カローラハッチバック プロトタイプ試乗│トヨタの”顔”カローラの走りがモデルチェンジで大刷新した, トヨタ カローラスポーツ VS スバル インプレッサスポーツどっちが買い!?徹底比較, トヨタ 新型カローラハッチの正式名称は”カローラスポーツ”|3ナンバー化したカローラモデルチェンジ第一弾を徹底解説, 【MOTA×MINI SPECIAL BRAND PAGE】MINIの個性をさまざまなキーワードから紐解いていく。, MINIの基本「3ドア」を代表する グレード「COOPERとCOOPER S」を山田弘樹さんがチェック!, MINIファミリーで唯一のオープンモデル、コンバーチブル。1台でオープンとクローズの両方を楽しめる個性的なモデルを飯田裕子さんがレポート, インターネット常時接続の新型サイバーナビを使って海辺でウェブ会議してみた|パイオニア サイバーナビ, いつものスマホアプリをキレイな大画面で使えるディスプレイオーディオでドライブしてみた|パイオニア・カロッツェリア, 一面オーシャンビューの貸別荘で、心ゆくまで団らんを!【大阪/関空オーシャンフロント】. 【高速試乗動画】現行型トヨタアルファードで第2世代トヨタ・セーフティ・センスを試す!

 このDAは日本の四輪・二輪メーカーを中心とした国際的なメーカー連合が、アンドロイドオートやアップルカープレイに対抗できるスマートフォン連携システムとして普及を目指している国際標準規格「スマートデバイスリンク」に準拠するものだ。先ごろ発表された「LINEカーナビ」のアプリケーションをダウンロードしたスマホを接続すれば、そのままナビが使える。もちろん現時点では従来型メモリーナビをDA上で使えるユニットもオプションで用意されるのは当然として、アンドロイドオートやアップルカープレイまでがオプションでないとカローラのDAでは使えないという。この方面でもトヨタの覇権ねらいは本気らしい。, 今回の試乗会では全ボディ共通で用意される1.8リッターハイブリッドと、セダン/ツーリング専用の1.8リッターガソリンのみの試乗となったが、べったりと路面にへばりつく低重心かつフラットな身のこなしは、既存のハッチバックも含めて全車に共通している。ただ、各ボディのハードウェアの特性や、それぞれが想定する顧客層の違いもあってか、そのセッティングや味わいは、結果的な部分でも、また意図的な部分でも少しずつ微妙に差がある。