鴨鍋(かもなべ)や鴨南蛮(かもなんばん)そば、北京ダックなど鳥を使った料理は色々ありますね。, ところで皆さんは「鴨」と「アヒル」の違いについて考えたことはありますか? 色がついているのが「鴨」で、白いのが「アヒル」と思っているかもしれませんが、実は違うんです。, 鴨(かも)は、野生に生息しているカモのことです。英語では 、単に “duck” と言うか、区別するために“wild duck (野生のカモ)” と言います。鴨には色々な種類がいます。鴨は冬の季語でもあり、古くから日本で見られる冬鳥として親しまれてきました。, アヒルの祖先であるマガモは、カモの中でも代表的な種類です。漢字では「真鴨」と書きます。オスは青緑色の首が特徴的なため、別名「青首」とも呼ばれます。マガモだけでなく、カモのオスは繁殖期に羽の色が鮮やかな色に生え変わるものが多いです。, カモの多くは季節に合わせて遠く離れた地域に移動しますが、カルガモは一年中日本で過ごします。漢字では「軽鴨」と書きます。春から夏にかけての繁殖期にはヒナがよちよち歩いている可愛らしい姿を見ることができます。, 日本では古くから鴨を網や銃を使って捕獲しており、馴染み深い鳥でした。マガモの肉は鳥肉の中でもかなり美味しいと重宝されています。鴨にちなんだ言葉もいくつか生まれました。, たとえば、「鴨にする」「いい鴨だ」という言葉は、利用しやすい人物という意味です。鴨は日没時にエサを取りに飛び立ち、明け方に元の場所に帰ってきます。その習性を利用すると鴨の大群が簡単に捕まることから、簡単に捕まえられる人やだましやすい人を鴨と呼ぶようになりました。, また、「鴨が葱を背負ってくる(かもがねぎをしょってくる)」という言葉があります。これは、鴨肉ばかりでなく葱までが同時に手に入ればすぐに鴨鍋が作れることから、ますます好都合であることのたとえです。略して「鴨葱(かもねぎ)」とも言います。, 一般的に、「カモ」とカタカナで表記するときは生物のことを指していて、「鴨」と漢字で表記するときは料理など他の意味で使い分けられています。, アヒルは、マガモを品種改良して家禽化したカモのことです。家禽(かきん)とは、食用の肉や卵、羽毛をとるために飼育されている鳥のことです。アヒルは、漢字で「家鴨」と書きます。英語では、単に “duck” と言うか、区別するために“domesitc duck (家庭のカモ)” と言います。, アヒルは一般的に白い色をしています。品種によっては、羽に他の色がついたものもあります。, 北京ダックは、アヒルを丸ごと炉で焼いた中国料理です。皮をそぎ切りにし、葱やキュウリと一緒に薄い皮に包んで食べます。, また、ピータンはアヒルの卵をアルカリ性の条件で熟成させて作ります。こちらも中国料理です。黒いゼリーのような見た目で独特の香りを持ちます。, アヒルの羽毛はダックダウンとして衣類や羽毛布団、クッションなどに用いられています。, 野生のマガモと家禽のアヒルを交雑させてできた種をアイガモと呼びます。漢字では、「合鴨」と書きます。肉の味が美味しいカモと、肉が多くとれるアヒルをかけ合わせることで、肉の味も量も良い合鴨肉が生まれました。現在、蕎麦屋や精肉店で出てくる鴨肉のほとんどが合鴨肉です。, また、アイガモは合鴨農法にも使われます。合鴨農法とは、アイガモを水田に放して雑草や害虫を食べてもらい、美味しいお米と鴨肉を生産する農法のことです。, 田植えから稲刈りまでの間、アイガモのおかげで除草剤や防虫剤を全く使わないか、もしくは少ない量でお米を作ることができます。. ガチョウはアヒルや白鳥の仲間です。温和な性格で、ぜんぜん怖くありません。 温和な性格で、ぜんぜん怖くありません。 Jremes84 / Getty Images Oops! 徳生公園にて . カモ、アヒル、ガチョウ. 鳥綱カモ目カモ科の鳥。マガモを家畜化したもの。 豆知識, アヒル ガチョウが孵化させた雛は当然のようにガチョウの後について歩き、ガチョウを親と見なしているようにふるまった。ところが、一つの卵だけを自分の目の前で孵化させたところ、その雛は彼を追いかけるようになり、ガチョウのふところへ押し込んでも、他の雛がガチョウについて行くのに、 It appears that you have disabled your Javascript. 性格もカモは警戒心が強いですがアヒルはおっとりし、合鴨は基本的におっとりしていますが警戒心も強い中間の性格です。 アヒルとガチョウはガチョウの先祖が雁なので交配は無理 だと思います。 大きさも違うし食性も違います。 これは鴨さん、間違いなし。 徳生公園にいつもいる鳥くん。 じゃあ!これは??んん? カモとアヒルとガチョウ…見分けつきますか? それで調べてみました。 アヒルは「家鴨」と書くつまりカモを家畜化したもの. ガチョウとは!? ガチョウはカモ目カモ科の雁(ガン)と同じ種類の鳥です。ガチョウはもとを辿れば野生の雁(ガン・かり)を飼育して家禽化したもので古くは古代ギリシャ人が観賞用に、古代エジプトや中国では食用にされていました。 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より, ガチョウ アヒルの祖先である マガモ は、カモの中でも代表的な種類です。漢字では「真鴨」と書きます。オスは青緑色の首が特徴的なため、別名「青首」とも呼ばれます。マガモだけでなく、カモのオスは繁殖期に羽の色が鮮やかな色に生え変わるものが多いです。 2020/1/28 In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript. 実際に飼う前にアヒルについて色々と調べると思いますが、調べていくうちに1つの疑問に辿り着きますよね?, 『アヒルと鴨の違いって何だろう?』『アヒルとガチョウの違いって何だろう?』知っている様で知らないアヒルと鴨とガチョウの違い。, アヒルってもともとは鴨の改良品種なら違いは無いのでは?そう思っても不思議はありませんよね?, ガチョウとは違いがあっても鴨とはそんな変わりが無いと思う人の為に、違いについて調べました。, アヒルは鴨が家畜化されて食肉や卵、羽根などがたくさんとれる様に改良された水鳥です。, 生物としての分類はマガモと同類とされていて、60cm前後の体長で4~5kgくらいの重さになります。, マガモの体長は60cm前後で、翼を広げた長さは個体差もありますが80~100cmにもなると言われています。, アヒルとマガモの交配して出来た合鴨は、アヒルとマガモに似ている部分が多くあります。, 性格もカモは警戒心が強いですがアヒルはおっとりし、合鴨は基本的におっとりしていますが警戒心も強い中間の性格です。, アヒルと鴨には似ている部分がありますが、ガチョウに関してはそもそもが違う種類です。, アヒルとガチョウは見た目は似ていますが、アヒルは大人しい性格ですがガチョウはどちらかと言うと攻撃的な部分があります。. 鳥綱カモ目カモ科の鳥。同科のハイイロガンをヨーロッパ、西アジアで、またサカツラガンを中国でそれぞれ家畜化したものである。 Copyright (C) 2020 アヒルの飼育と生態 All Rights Reserved. 2020/02/03 特に国産のサクランボ。あの赤から黄色にグラデーションする色。 グースとはガチョウ、ダックとはアヒルのことです。 グー 他にはガチョウはアヒルと違い草や根を食べて暮らしていて、基本的には一回ツガイになった奥さんガチョウとは離れないそうです。, ちなみにあの高級食材で有名なフォアグラはガチョウの肝臓ですし、羽はダウンジャケットや羽毛布団に使われています。, アヒルはカモ目カモ科のマガモと同じ種族の鳥です。そうなのです、ガチョウとアヒルは親戚同志なのです。ただ雁(ガン・かり)を家禽化したものがガチョウなのに対してはアヒルはマガモを家禽化したものです。アヒルはガチョウから少し遅れてローマ時代にマガモを飼育・改良して作られました。アヒルはガチョウと比べて成長が早くて約1年で大人になるため比較的商売に向いているそうです。, アヒルはガチョウに比べると小さくて首が短いのが特徴である他、ガチョウとの違いとしては雄と雌で基本的に色が違います。巣づくりの季節に近くと雄の羽の色はどんどん目立つ色に変化するらしいですよ。食生活についてはこれまたガチョウと違いカニやドジョウ、タニシなんかを食べているようです。さらにはアヒルは多くの奥さんをもつ一夫多妻制なんですと・・・。まぁ繁殖能力が強いということでしょうか。, フォアグラはガチョウの肝臓だっていうイメージが強い人が多いかもしれませんが、アヒルの肝臓を肥大化させたものもフォアグラです。というかむしろフォアグラの生産は主にアヒルなのです。, 雁はガンともカリとも読まれますが、あのV字飛行で有名な鳥です。小学生のころに国語の教科書で雁の狩りをする人の物語を読んだ気がしますが、現在では雁は保護鳥となっていて狩猟は禁止です。雁はカモより大きくハクチョウより小さい鳥たちの総称で日本ではマガン、カリガネ、ヒシクイなどが生息しているようです。, アヒルの先祖であるマガモは食用のために大昔から狩猟されてきました。狩猟に詳しい人はよくアオクビと呼ばれる方も多いです。マガモは食用としては高級品でカルガモやヒドリガモなんかよりはるかにおいしく、鴨料理が有名です。ちなみにカルガモに熱を入れるとプラスチックが燃えるような匂いがしますね・・・。. 「アヒル」とは、カモ目カモ科マガモ属の「真鴨(まがも)」を原種に、食肉用、採卵、羽毛採集、愛玩用などを目的として家禽化した鳥類で、漢字では「鶩」や「家鴨」と書きます。 成体で体長50~80cm、体重3~5kg程度、白い体毛に扁平形の黄色のくちばしを持った個体が一般的です。 「アヒル」と「ガチョウ」と「カモ」の違いをご存知でしょうか。 それぞれの名前は知っていても、これらの鳥類は見た目がかなり似通っているので、どれがどれだか分からないという方も多いと思います。 刷り込み(すりこみ、imprinting)とは、動物の生活史のある時期に、特定の物事がごく短時間で覚え込まれ、それが長時間持続する学習現象の一種。刻印づけ、あるいは英語読みそのままインプリンティングとも呼ばれる。, この現象を指摘したのは、イギリスの博物学者ダグラス・スポルディングで、後にドイツのオスカル・ハインロートが再発見した。ハインロートの弟子であるオーストリアのコンラート・ローレンツは研究を続け著作で大衆化した。ローレンツの著書によると、彼は、ハイイロガンの卵を人工孵化して、ガチョウに育てさせようとした。ガチョウが孵化させた雛は当然のようにガチョウの後について歩き、ガチョウを親と見なしているようにふるまった。ところが、一つの卵だけを自分の目の前で孵化させたところ、その雛は彼を追いかけるようになり、ガチョウのふところへ押し込んでも、他の雛がガチョウについて行くのに、その雛だけは彼を追ったという。, ガンの仲間の雛は、親の後ろを追いかけて移動する習性がある。この行動は生まれついてのもの、つまり本能行動である。ところが、雛は親の顔を生まれた時には知らず、生まれた後にそれを覚えるのである。具体的には、生まれた直後に目の前にあった、動いて声を出すものを親だと覚え込んでしまう事が分かった。したがって、ガチョウが孵化させた場合には雛はガチョウを親鳥と思い込み、ローレンツが孵化を観察した場合には彼を親鳥と認識することになるのである。, 全く異なる段階での同様の現象をやはりローレンツがコクマルガラスで報告している。このカラスは敵(タカなど)の姿を見ると警告音を発し、それを聞いた鳥は一斉に隠れる。ところが、若鳥は警告音を聞いて退避する事は本能行動として身についているが、敵の姿を知らない。これは親や群れの成鳥がその姿を見て警戒音を発するのを聞いて覚えると言う。また、この記憶が成立するのもたった1回でじゅうぶんだといわれている。, 通常、後天的にものを覚える、つまり学習が成立するためには、特に知能がさほど発達していない動物では、繰り返しと一定の時間の持続が必要であると考えられていた。しかし、この例ではほんの一瞬でその記憶が成立している。しかも、それがその後にも引き続いて長時間にわたって持ち越される。ローレンツはこの現象が、まるで雛の頭の中に一瞬の出来事が印刷されたかのようだとして、刷り込み(imprinting)と名付けた。通常は、親が卵を温め、声をかけるから、このような仕組みでも失敗は生じないはずである。またアヒルでは動く物を親と認識するが、カモでは動きに加えて適切な鳴き声がないと親と認識しないというように種によっても様式が異なる。, この現象は古典行動主義が想定していたような、行動は刺激に対する古典的あるいはオペラント条件付けの結果であるという単純な結びつきでは説明できない。刷り込みにかかわる行動は、その基本的な部分は先天的、遺伝的に持っているものであり、そこに後天的に変更可能な部分が含まれている事を示している。鳥類の場合、繁殖期のさえずりは本能行動的であるが、その鳴き方は学習による部分があるなど、類似の例も多い。, この議論は別の議論を引き起こした。発達生物学者ギルバート・ゴッドリーブは、孵化前のカモが自分の鳴き声を聞くことで自分と同じ種の声を覚え、親を認識できると実験で明らかにし、本能の概念を批判した。これは生まれながらに持つ生得的に見える行動にも学習の影響が及ぶ可能性を示している。しかしながら、ゴットリーブの実験でも、なぜ子ガモが産まれる前に鳴き自分の声を覚えるか、を学習の結果としては説明できなかった。この議論はローレンツの次の世代の動物行動学者に、学習の生得的基盤、生得性と学習がどのように相互作用するか、学習の多様性と言う新しい視点をもたらした。, ローレンツを親だと覚え込んだ雛は、その後も彼を追いかけ、彼はその雛を同じ寝室で育て、庭で散歩させ、池に入って泳ぎを覚えさせたとのこと。鳥類では子育ての期間がそれなりに長く、その間に飛行や遊泳、餌を取ることなど覚えねばならない上に、それを親が子供に教えるような行動が見られる。それらのすべてに刷り込まれた親がかかわらざるを得ない。, ローレンツは、この現象を、成立すればその後は一生維持されるというように考えていたようだが、必ずしもそうではなく、また、その内容は種によっても異なる。アヒルの場合は、雛に親代わりに人間を覚えさせることはできるが、追尾する行動を引き出すには、人間がしゃがみこむ必要がある。背が高すぎると親とは認識できないらしい。また、別の親代わりのものを提示すれば、それに追随する行動も見せ、案外と覚え直しもできることがわかっている。, 他に、鳥類や一部哺乳類において、幼い時に一緒に生活していた動物を性的に成熟した時の相手として選ぶことが知られている。普通は、同種同士が群れでいたりするので、同種を相手に選ぶわけであるが、動物園などで、幼い個体を異なる動物と共に育てたりした場合に、一緒に育った、全く別の種に対して求愛行動を行うようになることが知られている。かつて、ドイツのある動物園で、冬に暖房装置が故障したためクジャクが全滅し、この時1羽だけ生き残った雛をゾウガメの檻に保護したことがあった。そのクジャクは大きくなってから新たにクジャクの群れに入れられたが、クジャクを相手にしようとせず、ゾウガメに向かって尾羽を広げて見せたと言う。, 人工繁殖の場合にもこの問題が生じる。最近では、人工飼育の場合に、このようなことが起こらないような配慮がなされるようになって来た。たとえば、どうしても手を出して餌を与えたりしなければならない場合には、鳥の姿の手袋で、まるで親が嘴から餌を渡しているようにするなどの工夫がなされている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=刷り込み&oldid=77089631. という事で、アヒルもガチョウも、鳥綱カモ目カモ科の鳥でした。 そして、どちらも人間によって家畜化された鳥なんですね。(そして、どちらも飛べなくなってしまいました。) じゃあ、この2種類の鳥さんの祖先である、真鴨と雁は、どの程度違う種に属するのかが気になってきますよね。 性格もカモは警戒心が強いですがアヒルはおっとりし、合鴨は基本的におっとりしていますが警戒心も強い中間の性格です。 アヒルとガチョウはガチョウの先祖が雁なので交配は無理 だと思います。 大きさも違うし食性も違います。 水鳥でであるガチョウやアヒルからダウンを採取するのですが、どの水鳥からとっても同じというわけではありません。 水鳥の生息地の環境や条件によってダウンの品質は変わります。 グースとダックではグースのほうが優れている . ガチョウはアヒルや他の鳥と何が違うのでしょうか。アヒルや鴨とガチョウの大きな違いや特徴を紹介するだけでなく、ガチョウを使ったおいしい料理のレシピも部位ごとに紹介しています。また、さあにおいしくたべるための下処理方法などもご紹介してあります。 サクランボって美味しいですよね。 1分, さて今回はガァガァとなく鳥の話です。そうアヒルです。ん??ガチョウだっけか??なんてイマイチはっきりとしないところですが、ガチョウとアヒルの差って分からない・・・。ということで今回の「今さら聞けないチガイ」シリーズはガチョウとアヒルの違いについてです。, ガチョウはカモ目カモ科の雁(ガン)と同じ種類の鳥です。ガチョウはもとを辿れば野生の雁(ガン・かり)を飼育して家禽化したもので古くは古代ギリシャ人が観賞用に、古代エジプトや中国では食用にされていました。家禽として定着したのはローマ時代のことらしいですよ。この歴史はニワトリと同じくらい古いとも言われています。ただ家禽としてはアヒルの方が成長が早くガチョウは生態になるまで2年くらいを要するのでアヒルと比べると商売には向かないかもしれませんね。, ガチョウとアヒルは実際めちゃくちゃ似ています。歴史的にもかなり見間違いがあったそうですが、ガチョウはアヒルに比べると大きくて首が長いのが特徴です。またアヒルと違いガチョウは雄も雌も同じ色をしています。 そして、ひと粒ふた粒じゃ、物足りない... このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 鳥綱カモ目カモ科の鳥。同科のハイイロガンをヨーロッパ、西アジアで、またサカツラガンを中国でそれぞれ家畜化したものである。. 2017/5/29 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="mstpgm-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="auto"; amzn_assoc_height ="auto"; amzn_assoc_default_search_category =""; amzn_assoc_default_search_key ="";amzn_assoc_theme ="light"; amzn_assoc_bg_color ="FFFFFF"; © 2020 complesso inc. All rights reserved. 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より, そして、どちらも人間によって家畜化された鳥なんですね。(そして、どちらも飛べなくなってしまいました。), じゃあ、この2種類の鳥さんの祖先である、真鴨と雁は、どの程度違う種に属するのかが気になってきますよね。, 要は、クジラとイルカが、大きい種類がクジラで小さい種類がイルカってのと同じことです。, ディズニーのドナルドダックのイメージがあるかれでしょう、家畜のイメージがあまりありません。, ご主人が帰って来ると迎えに出てきてくれて、普段は犬やなんかと一緒に遊んでいるような。, 日本が、バブル景気でアメリカを恐れさせていた時代、「ハワード・ザ・ダック」というアヒル人間が出て来る映画がありました。, そのアヒル人間のモデルは、なんと日本人だったということです。劇中で「バンザーイ」とか曰われます。ハリウッド流の皮肉ですね。, 日本では、狩猟に制限があるので、天然の鴨肉で全国の鴨鍋や鴨南蛮を賄えるはずもありません。, 工場で体が冷え切って、夏に仕事が終わって作業場から外に出て来ると、クラクラきました。, アヒルより大きいのだから家畜として良さそうなものですが、成鳥になるまで2年ほどかかるので、コストパフォーマンスに合わないのかもしれません。, ガチョウで思い出させるのはフォアグラですが、日本では鳥インフルエンザによる生産不安により生産者が断念し、国内では生産されてはいません。, フォークギターと言ったりアコースティックギターと言ったり、いったいどこが違うの?と、疑問が湧いた人。過去の私もその一人でしたが、答えは単純。フォークギターはアコースティックギターのひとつです。.