グリプス戦役以降は、ザビ派のシンボルであるミネバ・ラオ・ザビ殿下の護衛役をシャア・アズナブル直々に与えられており、時にはミネバ自身の意向を無視してでも、彼女の身の安全を守り続けてきた。また、その任務の傍ら尉官としての残党活動も続けており、同時にグローブ・コロニーの記録ビデオ(スナッフフィルム)を取引する闇ルートを、しらみ潰しに壊滅させてもいる。その過程において、第二次ネオ・ジオン抗争後にとあるコロニーで娼婦として扱われていたプルトゥエルブを保護する事となった。彼女には、実娘「マリィ」から継がせた「マリーダ」の名前を与え、人として生きる道を示すも、愛する者を再び奪われるかもしれないという恐怖から、敢えて忠実な部下として扱うのだった。 『機動戦士ガンダムUC』のもう一人の主人公とも言うべき役柄であり、主人公であるバナージと対照的な存在として描かれている。初代連邦大統領であったリカルド・マーセナスの子孫に当たり、代々政治家を輩出してきた名家であるマーセナス家の生まれで、彼自身それを疎ましく思い、父親であるローナン・マーセナスとは折り合いが悪くマーセナス家には頼らずに自分の実力で名を上げる為に家を飛び出して連邦軍に入隊しMSパイロットとなる。, 軍に入った後もマーセナス家のお坊ちゃんと言う肩書が付いて回る事にうんざりしていたが、自分自身も無意識の内に自分を特別視していた事を後にブライトに指摘されている。MSのパイロットよりも航空機のパイロットに憧れを持っており、複翼機の飛行機プラモ(小説版UC)またはミニチュア(アニメ版UC)をお守りとして身に着けている(小説版では左腕、OVA版では手首)。, サイド4のスペースコロニー・インダストリアル7での作戦行動中にオードリー・バーンを保護するが、後に彼女がジオンの遺児「ミネバ・ラオ・ザビ」である事を知り衝撃を受ける。それでも彼女に心惹かれる事に葛藤し、『袖付き』の拠点である資源衛星「パラオ」攻略戦中に、捕虜となったミネバを連れ出して軍を離脱する。, ミネバと共に地球へ降下し、現状を打開すべく実家であるマーセナス家を頼るが、父ローナンの助力は得られず、そこで自分の一族が背負う『ラプラスの箱』と関係する宿命を明かされたことで重い宿命に絶望。「ミネバを救うために」と事実上の求婚をするが、その独りよがりがミネバの失望を買う原因となってしまい、彼女は出奔してしまう。, その後、ローナンの意を受けて『箱』の解放を防ぐために軍へと復帰。「世界のあり方が間違っていても、そこに住まう人間を救う為には少数を犠牲にしなければならない」という考えを胸に抱きラー・カイラムへと乗艦、『袖付き』に呼応したジオン軍残党決起の際には、その場に居合わせたユニコーンガンダムと共にその戦力の中核たるシャンブロを撃墜する活躍を見せた。そして、ミネバがガルダに居る事を知り作戦行動中に当該空母へと乗り込み、移送される状況であった彼女の下へと現れ、マーサ・ビスト・カーバインらに銃を向け彼女を連れ出そうとして自らの胸中を語るが、大義の無い想いはまたもミネバに拒絶されてしまう。そして、常に彼女の傍で付き従いニュータイプとして覚醒しはじめたバナージをマーセナス家の人間として強く憎悪するようになる。, その後はユニコーンガンダムに対抗するために、同系機であるバンシィに搭乗。UC計画の体現者として、ジオニズムの象徴たるニュータイプのバナージ・リンクスを、そして地球連邦の暗部であるラプラスの箱を破壊し、ビスト一族の血を継ぐバナージとマーセナス家の血を継ぐ自分を殺す事で箱に関わる全てを終わらせて、箱の呪いから世界を解放する為に戦場へと赴いた。, バナージもそうであったように「システムに取り込まれている」リディには説得が通じず、やむなくマリーダ・クルスがクシャトリヤで出撃し、サイコフレームの共振によって誤解を解こうとするも、直前で失敗。逆に憎悪を倍加させたリディはビームマグナムでクシャトリヤのコクピットを打ち抜いてしまう。死の瞬間のマリーダと通じ合ったことで凄まじい罪悪感と、彼女を失った人々の悲しみを共感してしまい、塗炭の苦しみを味わうも、ロンド・ベルのクルー達の暖かい言葉に本来の自己を取り戻す。, バナージ・リンクスの駆るユニコーンガンダムと、フル・フロンタルの搭乗するネオ・ジオングによるラプラスの箱をめぐる激闘に割って入り、さらにはラプラスの箱ごとすべてを闇に葬ろうとした地球連邦のコロニーレーザーをバナージとともにサイコ・フィールドを展開し、身を挺してこれを守った。光の奔流の中で、複翼機の幻影を見た彼の心の変化を感じ取ったかのように、バンシィのサイコフレームは黄金の光から、ユニコーンガンダムと同じエメラルドグリーンの輝きへと変化している。, 嫉妬や憎悪といった「分かり合えない人類」の塊のような描かれ方をしているため、またマリーダ・クルスの命を奪ったことから大変に嫌われている損なキャラクターであるが、犯した罪の大きさと、それを悔い、償おうとすることで、彼もまた「誤解なく分かり合える人」としての革新を遂げた。これは「誰でもニュータイプになれる」ということを示唆しており、ガンダムUCの「可能性」というキーワードの体現者として非常に大きな役割を、ある意味ではバナージ以上に担ってると言えよう。, なお、この戦いが終わった後、初のニュータイプとして地球連邦政府へ閣僚として参画したことが公式に語られている。100年の長い長い時間を経て、宇宙世紀憲章に込められた「願い」が実現したことになる。, 『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』公式ホームページ:リディ・マーセナス, https://gundam.wiki.cre.jp/w/index.php?title=リディ・マーセナス&oldid=17461. 特にネェル・アーガマ移乗後の行動が大きく異なり、地球において一度は迷いを振り切ったかに見えたものの、やはり連邦に対する復讐心を捨てきれておらず、ネェル・アーガマの占拠に加わっている。 しかし今度は、地球連邦軍が仕掛けたパラオ攻略作戦(ユニコーン及びバナージの奪還)の最中、10年来の部下ギルボア・サントを喪い、マリーダを囚われ、更にはミネバもまた(彼女自身の思惑もあり)地球……政府直轄地へと引き離されてしまう。

     
    1. , in ネガティブ(後ろ向き), 人間関係・友人関係, 仲間・友達・友情, 団結・協力, 心, in 好き, 愚痴・悪口・皮肉, 日常で使える, 短文・短い・一言(ひとこと), 面白い・おもしろ, 努力をすることというのは、うんこをすることと同じだ。1.踏ん張ること。2.毎日すること。3.水に流すこと。4.その姿は決して人には見せないこと, 政治の腐敗とは 政治家が賄賂を取ることじゃない それは政治家個人の腐敗であるにすぎない 政治家が賄賂を取っても  それを批判できない状態を政治の腐敗と言うんだ, 正義の味方?誰も傷つかない世界だと?おかしなことを。誰も傷つかず幸福を保つ世界はない。人間とは犠牲がなくては生を謳歌できぬ獣の名だ。平等という綺麗事は、闇を直視できぬ弱者の戯言にすぎぬ。雑種。 お前の理想とやらは、醜さを覆い隠すだけの言い訳に過ぎぬ。, 夜明け前だ。夜明け前が一番暗ェ。だが目をつぶるなよ。闇から目ェ逸らした奴には明日に射す光も見えねェ。たとえこの先どんなに深い夜が待っていてもな。, 人と人とのつながりはきっと麻薬だ。 知らず知らずに依存して、そのたびにじんわりと心を蝕む。 そのうち他の人に頼らなくては何もできなくなってしまう。, す、すごく怖いよ、で、でも「命令」してくれよ。「一緒に来い!」って命令してくれるのなら、そうすりゃあ勇気がわいてくる。あんたの命令なら、何も怖くないんだ。/だめだ、こればかりは「命令」できない。おまえが決めるんだ。自分の「歩く道」は自分が決めるんだ(ナランチャ・ギルガ/ブチャラティ), 誤解は解けないだろ、もう解は出てるんだからそこで問題は終わってる。それ以上解きようがない, わたしは「結果」だけを求めてはいない「結果」だけを求めていると人は近道をしたがるものだ。近道した時、真実を見失うかもしれない。やる気もしだいに失せていく。大切なのは「真実に向かうとする意思」だと思っている。向かおうとする意思さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな。違うかい?(アバッキオの相棒).