?〈結論:PayPay無いとヤバいです〉. 検便は資格ではないですが、ここで紹介しておきます。 これからキッチンカーで事業をはじめようとしている方、『法人を作ろうか』とか『公庫から融資を受けよう』とかいろいろお考えだと思いま... こんにちは。移動販売でクレープ屋をもうすぐ始めるつもりでいるゆきち(@yuki_one2)です。 移動販売をはじめたい。まず考えつくのは「どんな車両にしようか」。移動販売において、車両選びは最大の買い物であり、今後の営業利益を決めかねない大事な決断です。絶対に失敗はしたくないですよね。この記事ではキッチンカーを始めようとしている僕が、現在直面している車両選びについてまとめています。. こんにちは。移動販売でクレープ屋をもうすぐ始めるつもりでいるゆきち(@yuki_one2)です。 個人事業を始めようと思っている方が直面する問題が「融資」ですね。 日本政策金融公庫は個人事業主でも利用できる金融機... こんにちは。移動販売でクレープ屋をもうすぐ始めるつもりでいるゆきち(@yuki_one2)です。 移動販売経営をするのに必要な資格って何だと思いますか? 絶対に必要な資格はひとつ、「食品衛生責任者」です。 ... キッチンカーをこれから始めようと思っている方の疑問をギュッと集めてみました。実際に開業を目指す方達のLINEグループを作って、そこから疑問を抽出したのでリアルな疑問が集まったと思います。今回は集まった疑問をキッチンカーをやっている僕が回答しましたので、どうぞご覧ください。, 移動販売で開業しようと日々準備に励んでいますが、なかなかキッチンカーと言ってもイメージは持ちづらいですよね。そこで紹介したいのが実施にキッチンカーを体験できる「試食会」です。ではその試食会とやらはどういうものなのでしょうか。実際に体験してきたので開業希望者が語ります。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); キッチンカー開業のためにやるべきこと①つ目は、自分のやりたいキッチンカーを考えることです。, おそらく多数の人は、やりたいキッチンカーがすでに決まっていて、その後開業を視野に入れることが多いでしょう。, キッチンカーも万能ではないので、調理するのに複雑すぎる場合は車内ではできない可能性があります。キッチンカー出店の前例がある商品で始めるのが無難でしょう。, また「収益になるか」ということも大事です。趣味でやるのとは別として、キッチンカーで生きていこうと思うなら収益が見込めないと続けることが困難になります。, 製作するのに原価が高すぎる商品は避けた方がいいです。ざっくりでもいいので、いくらで販売して何円の収益になるのかシュミレーションはしておきましょう。, 僕も開業前に、分からないなりに「売り上げ計画」を書き出しています。実際に開業した今となってはチグハグな数字ですが、あながち間違ってもいません。, 自分の事業をイメージするのにも有効な手段だと思うので、売り上げ計画はおすすめです!!, 自分のやりたい商品を考えたら次はお金の計算です。出店をむかえるまでにいくら必要なのか、じっくり計算しましょう。, 軽バンタイプか軽トラタイプか、またまた大きいトラックタイプか、どのキッチンカーで始めるかによって予算も大きく変わります。, キッチンカー販売車両の選び方については、こちらの記事にまとめてあるのでご覧ください。, ざっくり軽バンタイプだと180万円くらい、軽トラタイプだと330万円くらいを見ておくといいと思います。, またこちらの記事には、僕が実際に開業までにかかった費用を公開しているので参考にしてください。, 初期費用はキッチンカーに置く設備費と、商品に使う消耗品が車両購入費に次いで多い結果となりました。, ここは最も超えるのが難しい問題かもしれません。僕もかなりいろいろ考えて苦労しました。, 金利が安くどんな人でも融資の対象となるのが特徴で、キッチンカーをやっている多くの人が利用しています。, 僕は結局「カーローン」を利用しました。金利は少しだけ高く、車両購入の部分でしか借金はできませんが、こういう選択肢もあります。, 僕の場合は180万円の借金を金利4%ほどで借りています。おそらく金融機関によっては、もっと良い条件もあります。参考までにどうぞ。, これは1日の講習さえ受ければ誰でも取れる、超簡単な資格です。もはや資格というのもおこがましいくらい。, しかし内容はとっても大事なことで、食品を扱うにあたって必要な衛生管理についての資格です。, これを越えればもう出店をむかえられます。キッチンカー開業の最後の難関とも言えます。, 保健所の審査は他の業者に任せる人が多いですが、個人でやれば余計な手数料を払わずに済みます。, 保健所ではどういうことを気にしているのか、衛生面で気を付けなければいけない場所はどこかなど、自分で足を運んで気付いたことがたくさんあるからです。, これからキッチンカーをやりたいという人は、ぜひ自分で営業許可を取得してみてください!!, 営業許可の取得についてはこちらの記事をご覧ください。またYouTubeで営業許可を取得した日のことも紹介しています。, 開業までに準備すること⑤つ目。ここまで来ればいよいよキッチンカー製作の前段階です。, 自分はやろうとしているキッチンカーに必要な設備を何なのかを、きっちりと把握しましょう。, 必ずキッチンカーを作り始める前に保健所にキッチンカーを開業したい旨を伝え、必要になる設備を確認しましょう。, また保健所の許可には関係ないけれども、調理に必要な機材なども漏れがないように確認しておきましょう!, こちらの記事にもあるように、キッチンカーを入手する方法なんてのはいくらでもあります。, それだけに選択肢が多く、どうやってキッチンカーを入手するのかという判断はとても難しいです!, ただここは大きなお金が動き、大事なことなので時間はたっぷりかけて検討するべきです。, おそらくキッチンカーの相場というものが曖昧なので、片っ端から候補となるキッチンカー業者から料金の見積もりを取っておきましょう。, また会社によって、どのように内装工事が施されるのかが全然違います。写真だけではなく、実際に完成しているキッチンカーを見に行って、作業スペースを確認すると良いでしょう。, そこに立ってみて気付くことは多いはずです。内装を比較してみても会社によって細かく違います。自分の好きなスタイルを見つけましょう。, 僕がキッチンカーを購入したのは「ビーステージ早瀬店」ですが、開業している今となっても良いお店だったと満足しています。, 消耗品や設備も準備しなくてはいけませんが、時間がかかる資格や検査の取得はキッチンカーが出来上がるまでに取っておきます!, 特に「食品衛生責任者」と「検便」については、保健所の営業許可に必要な書類となっています。キッチンカーがなくても事前に取得できるので、タイムロスがないようにしましょう。, また万が一、食中毒などが出てしまった時に対応する保険「PL保険」も事前に加入することをおすすめします。, 出店先を探す時にこの「PL保険」加入が条件の場所があります。保険加入まで時間がかかることがあるので、PL保険も余裕を持って加入しておきましょう。, ただし保険開始時期はもったいないので、キッチンカーが出来上がったあとがおすすめです。, キッチンカーが出来上がったら、さっそく保健所に持って行き、稼働できるか見てらいましょう!!, 事前に保健所の方と、キッチンカーの設備や材質について相談しているならば、1日で審査は終わります。, 出店先探しは「営業許可証」が発行されてからでないと、お店に相手にされないことがほとんど。, すぐに初出店を迎えたいところですが、最初の1ヶ月は出店先探しで終わると覚悟しておいた方がいいです。, 僕が実践している出店先探しについては、こちらの記事が参考になるかと思います。どうぞご覧ください。, ちなみに僕の初出店の様子がこちらです。本当に理想通りにはいきませんでした。ここからまた新しい課題が始まります!, この記事の場合は「千葉県でクレープを移動販売するため」の実例でした。参考になれば幸いです。, キッチンカーをはじめるには、とにかく準備が大事だと今になっても痛感しています。とくに保健所の審査に必要なものは、よくよく確認しておきましょう!, それではキッチンカー開業を目指す皆さんの成功を祈っています!また次回の記事をお待ちください。ありがとうございましたー。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. すたーとあっぷきっちんのようなサービスを上手に活用しながら「仕込場所問題」をうまく乗り切ってくださいね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); さらにここからは、営業許可を取るために必要なキッチンカーの内装設備についての解説に移りたいと思います。, 最近は軽トラックに搭載できる木製ボックスも販売されているのですが、キッチンカーの営業を前提に考えるなら購入は慎重にご検討ください。, というのも今は許可されたとしても、許可条件が変わって将来的に禁止になる可能性がないとは言い切れないからです。, 木製のキッチンを採用される方は、そのリスクも踏まえたうえで購入するようにしてください。, キッチンカーの床面は、たいていコンパネ+フローリングマットの組み合わせで製作されますが、保健所の規定によってはロンリウムと呼ばれる素材で仕上げる必要があるかもしれません。, 軽バンや大型バンをキッチンカーのベース車両にする方は、「間仕切り」が必要になることがあります。, このようなタイプの車はキッチンと運転席の間が仕切られていないので、その代わりになるものを設置するようにしましょう。, 取り付け義務のない保健所もあるので確認が必要ですが、「キッチン内部の見た目」という意味では運転席が見えないほうがオシャレに仕上がるかもしれません。, 関東の一部の地域では窓やサッシを取り付けて、虫や異物混入を防ぐ必要があるとされている保健所もあるようです。, 設置が必要な場合は窓の大きさや取り付ける高さに規定があるかもしれませんので、必ず保健所で詳細の確認しておきましょう。, 換気扇は設置が義務付けられている場合とそうでない場合があり、保健所によって対応は分かれます。, 設置する場合は設置場所について規定があるかどうか、また換気扇の大きさに指定はないかどうか合わせてご確認ください。, なかには「何ルクス以上」などと数値で明確に規定されている場合もありますので、どのような照明を釣りつけるべきか、確認するようにしましょう。, そのため防水・撥水加工の施された木材や、ステンレス製の調理台を設置するようにしましょう。, 大きさに規定はありませんが、木材は一切使用禁止の場合もあるかもしれません。ご注意ください。, またシンクの大きさは首都圏ほど条件が厳しく、長さ・奥行き・深さに至るまで、保健所で指定されている場合があります。, 「何センチ以上」と明確に規定されてるところもありますし、「肘が入るくらいの大きさ」などと抽象的な表現の場合もあります。, 材質としてはステンレスシンクなら間違いなく許可されますが、シンクの数も2個・3個と保健所によってまちまちです。, シンクの近くには石鹸(液体石鹸でもOK)と手指消毒液(アルコールスプレーなど)もいっしょに設置しましょう。, その際石鹸や消毒液があるかどうかもチェックの対象となりますので、必ず購入しておいてください。, またシンクの設置と関連して、水道を出すために蛇口を設置することが求められるでしょう。, ポリタンク付属のコックを蛇口の代わりとしても認められる場合もありますが、そのような保健所はごく一部。, 一つの蛇口の口を回転させて、複数のシンクで共用することは認められない可能性もあります。ご注意ください。, ちなみに水道への水供給手段としては、「電動汲み上げポンプ」の設置が必要になる場合があります。, これはキャンピングカーでよく活用されている方法なのですが、この仕組を作るためには電源が必要になりますのでこの点も合わせてご確認ください。, キッチンカーのシンクで使う水道を確保するために、「給水タンク」に水を入れて搭載する必要があります。, 同じくキッチンカーで使った汚水を貯めるために、「給水タンク」と同じ容量の「排水タンク」も必要です。, 申請する保健所によっても違いますし、同じ保健所の中でも「メニュー」によって必要なタンクの容量は違ってきます。, 具体的に何リットル分必要なのかを確認し、指示通りのポリタンクを搭載するようにしましょう。, ちなみに100L・200Lといった「大容量タンク」が必要とされる場合、一つのタンクでまかなおうとすると農業用の大型ポリタンクを搭載することになってしまいます。, ですが、キッチンカーの中でそのようなタンクを搭載するのは現実的ではないため、多くは20Lタンクを複数連結させて設置する場合が多いようです。, 連結することを許可の条件にしている保健所もありますし、個別の設置で許可される場合もあります。, 60度以上の熱湯を出せる「給湯器」を取り付け、家庭と同じような状態で使えることが許可の条件とされるのです。, 給湯器の設置を求める保健所は全国的にみてもそれほど多くはありませんが、設置が必要かどうか、必ず保健所で確認をとりましょう。, 次に冷蔵設備についてですが、食材を適切な温度で保管するためにおそらくどのキッチンカーにも冷蔵設備が必要になるはずです。, 冷蔵設備としてクーラーボックス+保冷剤でも許可される地域もあるかもしれませんが、大半の保健所ではきちんとした冷蔵庫(冷凍庫)を設置しなければ許可されません。, 保冷する食材がないメニュー(例えば綿菓子とかポップコーン)であれば、冷蔵設備は必要ありません。, なおキッチンカーに搭載する冷蔵設備は、出店場所に行くまでの間も使えることが義務付けられる可能性があります。, つまりキッチンカーの走行中も、冷蔵庫を使える状態にしなければならないということです。, 首都圏ではこれを許可の条件にしているところが多いので、その点も含めて確認してください。, ここまでご紹介した換気扇や照明、水道設備、冷蔵庫をつかえるようにするには、電源が必要になります。, キッチンカーの電源確保の方法としては「現地調達」が基本となりますが、現地で電源を借りれない場合も多々あるでしょう。, そのほか「サブバッテリー」や「ポータブル電源」という選択肢もありますので、保健所によく確認したあとで検討してみてください。, キッチンカーの電源について詳しくは、こちらの記事で解説していますので参照してください。, それらの備品を安全に保管するために、収納ケースの設置が義務付けられることがほとんどです。, 市販の蓋付きの収納ケースで許可される場合もありますが、吊り下げ戸棚をキッチンカーに取り付ける仕様を求められるかもしれません。, また容器の大きさに具体的な指示があるかもしれませんので、そこも含めて確認するようにしましょう。, 調理販売で出たゴミを廃棄できる大きさで、蓋付きのものであれば何でもいいと思いますが、もしかすると大きさの指定もあるかもしれません。, 以上の14項目の内容を参考にしつつ、あなたが許可申請する保健所ではどのような設備が求められるのか、十分にリサーチしてから製作に取り掛かりましょう。, 保健所の許可とは関係ありませんが、キッチンカーの調理でよく使われるLPガスの購入にも注意が必要です!, ガスを使った調理を検討中の方は、LPガスの入手方法についてかならず確認しておいてください。, では最後に、保健所でキッチンカーの許可を取得するまでの手続きについて解説していきます。, なんどもお伝えしていますが、まずは保健所にキッチンカー開業の意向を伝えて、キッチンカーの許可条件や設備について確認しましょう。, 保健所との相談は複数回必要になりますが、ここでしっかりと話しを聞いておくことで、キッチンカーの開業準備がスムーズに進むはずです。, 書類の申請のタイミングは保健所によって異なり、このあとの「キッチンカーの内装設備チェックの日」にまとめて書類を提出する場合もあります。, 保健所に提出すべき書類の中身も、各保健所によって多少ばらつきがありますが概ね下記のような書類の提出を求められるようです。, 参考程度にごらんいただき、実際の書類づくりは保健所担当者の指導を受けて仕上げるのが無難です。, キッチンカーの内装設備まで完成したら、ようやく保健所のチェックを受けることができます。, このチェックに合格すれば約2週間ほどで営業許可証が完成しますが、設備に不備がある場合は不合格になることも・・・。, 基本的に保健所の指示通りに設備が整っていれば、不合格になることはありませんが、なんども足を運んだり作り直すのは手間も時間もかかります。.