なお、本大会への出場を決める代表決定戦以外におけるコールド、延長のイニングは記載しない。, 今大会については、三菱自動車倉敷オーシャンズ(岡山県倉敷市)と三菱自動車岡崎硬式野球部(愛知県岡崎市)が、親会社・三菱自動車工業の不祥事を受け、倉敷オーシャンズは中国地区予選を、三菱岡崎は東海地区予選を、それぞれ出場辞退している[1]。, 信越硬式野球クラブ、フェデックス、佐久コスモスターズ硬式野球倶楽部が北信越2次予選に進出, (1次予選免除:JR東日本、NTT東日本、セガサミー、東京ガス、明治安田生命、鷺宮製作所), 横浜金港クラブ、湘南ひらつかマルユウベースボールクラブ、WIEN BASEBALL CLUB、全川崎クラブが西関東2次予選に進出, (1次予選免除:JX-ENEOS、東芝、三菱日立パワーシステムズ横浜(以上神奈川県)), 三菱自動車岡崎の予選出場辞退に伴い2次予選参加チームに空きが生じたため、各県1次予選からの進出3チーム及び日本プロスポーツ専門学校の計4チームがすべて東海2次予選に進出, (1次予選免除:ヤマハ(静岡県)、ジェイプロジェクト、三菱重工名古屋、トヨタ自動車、東邦ガス、王子、JR東海、東海理化、新日鐵住金東海REX(以上愛知県)、西濃運輸(岐阜県)、Honda鈴鹿、永和商事ウイング(以上三重県)), (1次予選免除:日本新薬、ニチダイ(以上京都府)、大阪ガス、NTT西日本、パナソニック(以上大阪府)、三菱重工神戸・高砂、新日鐵住金広畑(以上兵庫県)), シティライト岡山は中国2次予選に進出、ショウワコーポレーションは中国1次予選に進出, 三菱重工広島、JFE西日本、JR西日本、伯和ビクトリーズ、ツネイシが中国2次予選に進出、MSH医療専門学校は中国1次予選に進出, JR九州、西部ガス、九州三菱自動車、苅田ビクトリーズベースボールクラブが九州2次予選に進出, 宮崎梅田学園が九州2次予選に進出、宮崎福祉医療カレッジ、宮崎ゴールデンゴールズは宮崎県・鹿児島県1次予選に進出, http://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/20160510-OYT1T50076.html?from=ytop_ylist, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第87回都市対抗野球大会予選&oldid=63838102. 画像データは(株)フォーカスシステムズの電子透かし「acuagraphy」により著作権情報を確認できるようになっています。. VS信越硬式野球クラブ(都市対抗1次予選) PV(869) 試合結果 Read more... 9月12日 (土) - 2020年 浅原 翔平 VS上田硬式野球クラブ(都市対抗1次予選) PV(587) 試合結果 Read more... 9月6日 (日) - 2020年 浅原 翔 … VS信越硬式野球クラブ(都市対抗1次予選) PV(869) 試合結果 Read more... 9月12日 (土) - 2020年 浅原 翔平 VS上田硬式野球クラブ(都市対抗1次予選) PV(587) 試合結果 Read more... 9月6日 (日) - 2020年 浅原 翔 … 河野行革相「話をそらすなよ」緊迫する場面も 費用削減議論は進まず 行政事業レビュー.

全日本クラブ野球選手権大会(ぜんにほんクラブやきゅうせんしゅけんたいかい)は、日本野球連盟加盟チームのうち、クラブチームを対象に毎年行われているトーナメント大会である。, 日本野球連盟に加盟しているチームはすべて等しく都市対抗野球大会に参加することができるが、1940年代以降企業チームの台頭が進み、もともと都市対抗野球の表舞台で活躍していたクラブチームは本戦に出場することがきわめて厳しくなっていった。1974年に社会人野球日本選手権大会が創設されるまで、クラブチームが参加できる全国規模の大会は都市対抗野球だけであり、都市対抗の予選で敗退したチームは夏を迎える前にシーズンの主要な試合日程を終えてしまうことから、企業チームとクラブチームの実力差は拡大する一方であった。, クラブチーム間の交流と実戦機会を増やす要望がクラブチーム側から上がり、1976年に第1回大会が開かれた(第14回大会(1989年)までは「全日本クラブ対抗野球大会」の名称で開催されていた)。(以上の経緯についてクラブチーム (社会人野球)の項を参照。), 企業チームの縮小傾向が続く中クラブチームは増加しており、現在、単純計算では都市対抗野球の本戦出場よりもクラブ選手権の本戦出場の方が狭き門となっている[1]。, 日本野球連盟に加盟しているチームで、登録規定に基づくチーム種別がクラブ登録であるか、会社登録である専修学校及び各種学校等のチーム。, 長年にわたり、「同一の企業に所属する選手が10名以上いるチーム、及び広域複合企業チームは、クラブ野球選手権に出場することはできない」という規定が存在した[2]。しかし、社会人野球日本選手権大会の出場要件を整理した2010年からは、原則として会社登録(広域複合企業チーム含む)以外のすべてのチームがクラブ選手権の予選に出場することが可能である[3]。ただ、従来からこの規定に触れないクラブチームでも、特に企業チームから転換したチームによっては、スポンサー企業やチーム運営の方針から当大会に出場しないチームも存在する。, 各大会にエントリーするには、各地区の予選が開始する1週間前までに日本野球連盟(および傘下各地区連盟・各都道府県連盟)に登録を完了させなければならない。出場する選手についても同様である。, 年により異なるが、おおむね8月後半から9月までの間に行われる。大会は近年4日間開催され、金曜日に開幕、翌週月曜日に閉幕する。, 2020年大会は東京五輪開催に伴い、5月に開催予定で、一部地域では予選もはじまっていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。, 当初は一定していなかったが、第4回大会(1980年)に西武球場で開催すると、その後第20回大会(1995年)まで会場が固定されていた。クラブチームの拡大を受け、またそのすそ野を広げようとする目的から、第21回大会(1996年)から第33回大会(2008年)まで、西武球場(西武ドーム(インボイスSEIBUドーム・グッドウィルドーム))と地方球場の隔年開催となった。近年は再び西武ドームで開催球場が固定されている[4]。, 第1回大会から日本野球連盟と毎日新聞社が主催を続けている。日本野球機構が共催に名を連ね、スポーツニッポン新聞社が後援、ミズノが協賛している。, 1日に3~4試合を消化することから、延長戦をスムーズに決着させるためタイブレーク制度が2003年以降導入された。当初は他大会と同様の要件で適用されていたが、現在は適用が緩やかにされている。他大会では決勝や準決勝ではタイブレークを適用しないこととしているが、クラブ選手権では決勝戦を含むすべての試合で適用される。, 本戦に出場するには各地区の予選を勝ち抜く必要がある。出場枠は登録クラブチーム数および近年の本大会等の成績により見直しが行われることがある。現行の地区割りと出場チーム数は次のとおりとなっている。(かっこ内は本戦出場チーム数), これらに加え、前年優勝チームの所属する地区はその年限りで出場枠が1つ増やされる。この措置は第39回大会(2014年)から導入される。, 上記のとおりの出場枠を獲得するため各地区で予選が行われる。また、その予選に出場するために各都道府県を単位とする予選が行われることが多い。対比する意味で都道府県単位の予選を1次予選、地区ごとの予選を2次予選と呼ぶ。, 2011年末現在、都市対抗野球は日本野球連盟全加盟342チーム中32チームが本戦出場。クラブ選手権は全クラブ259チーム中16チームが本戦出場。, 会社登録チームがクラブチームに衣替えする場合、しばらくの間は企業チーム並みの実力を維持することがみられ、既存のクラブチームとの実力差が大きくなるおそれがあったため。, クラブ選手権の予選にエントリーするチームは、日本選手権の予選に出場することはできない。日本選手権の予選出場を選択したチームは、当該年の2月末日までに日本野球連盟に申請を行う。, 企業チーム間の試合では2002年シーズンから金属バットの使用が禁止されたが、経済的負担を考慮してクラブチームについては2005年シーズンから使用が禁止されることとされた。, 都市対抗、日本選手権での指名打者制度導入は1989年であり、これに先んじて導入されている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=全日本クラブ野球選手権大会&oldid=79351168, 大会3日目までは1日4試合を行い、最終日は準決勝と決勝を行う(優勝するためにはダブルヘッダーで連勝する必要がある)。, バットは木製バットを使用。第4回大会(1979年)から第29回大会(2004年)までは金属バットの使用が認められていた, 長年にわたり本大会の放送は行われず、試合は現地で観戦する以外の方法がなかったが、第38回大会(. 第87回都市対抗野球大会予選は、第87回都市対抗野球大会に出場するチームを決定する全505試合の結果を記録したものである。 NOMOベースボールクラブ(ノモ・ベースボールクラブ)は、兵庫県豊岡市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球のクラブチームである。, 投手としてNPB/MLBのプロ野球で活躍した野茂英雄が、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャース時代の2003年に設立したため、チーム名に野茂の苗字をローマ字表記(NOMO)で入れている。また、当初はチームと同名の特定非営利活動法人が運営していたが、2015年に社会人野球チームでは初めての認定NPO法人へ移行した。, 1994年、鉄鋼不況の影響から社会人野球チームの新日本製鐵堺が同年シーズン限りでの休部を決定(2008年に正式に廃部)。また、他の社会人野球チームでも同様の事態が相次いだため、新日本製鐵堺OBである野茂英雄は社会人球界の縮小を憂慮。若い野球選手たちに活動の場を提供すべく、2003年に特定非営利活動法人を設立したうえで、新たに社会人野球チームを設立した。, 2003年、新日本製鐵堺が使用していた堺浜野球場を本拠地として、大阪府堺市で活動を開始した。, 2004年、運営法人が大阪府から特定非営利活動法人として認定された。同年3月に、日本野球連盟にクラブチーム『NOMOベースボールクラブ』として新規登録された[1]。, 2005年、都市対抗野球の阪和地区2次予選で7年連続で本戦出場を狙っていた松下電器と対戦。5-3で勝利したことによって、松下電器を予選敗退に追い込んだ。さらに、近畿予選で快進撃を続けた結果、創部から2年で都市対抗野球への初出場を決めた。企業チームの流れを汲まないクラブチームの出場は、全足利クラブ以来27年振りであった。本戦では初戦でJR東日本に1-6のスコアで敗退したが、同時に初出場を決めていた全日本クラブ野球選手権では優勝した。さらに、当時所属していた柳田殖生内野手が、NPBドラフト会議で中日ドラゴンズから5巡目で指名。後に入団したため、チーム出身者から初めてのプロ野球選手が誕生した。, 2006年、日本選手権本戦への初出場を決めたことによって、都市対抗野球・クラブ選手権を含めた社会人野球の日本野球連盟主催3大大会すべてへの出場を果たした。社会人野球の同一チームとしては初めての快挙だったが、本戦では、初戦でホンダ熊本に1-5というスコアで敗退した。, 2011年、堺浜野球場が阪神高速6号大和川線の建設用地に充てられるため同年限りで閉鎖されることから、運営法人では堺市からの本拠地移転を検討する[2]。当初は、佐賀県鳥栖市(鳥栖市民球場)や[3]、千葉県柏市が移転先の候補に挙がっていた[2]。しかし、鳥栖市では市長が歓迎の意向を示したものの、使用条件で折り合わず11月に移転を断念する[4]。このため、運営法人では移転先の公募に踏み切った[5]。, 2012年5月31日、翌2013年度から本拠地を兵庫県豊岡市へ移転することを正式に発表した[6]。, 2013年1月に、豊岡市での活動を開始した[7]。移転後は、こうのとりスタジアムをメイン球場[8]に定めながら、兵庫県立但馬ドームなど市内の4施設で活動する[9]。, 豊岡市内に城崎温泉を擁することから、所属選手は城崎温泉旅館協同組合に加盟する旅館・ホテルで働くとともに[10]、勤務先や市が提供する寮で生活するようになった。このような事情から、2015年1月に温泉街の一角で大規模な火災が発生した直後には、選手たちがボランティアで復旧作業に従事している[11]。, 2018年、本拠地移転後初めて(チームとしては10年振り)のクラブ選手権出場を果たした。, 活動資金については、野茂英雄が大半を出資するほか、運営法人に登録した正会員・賛助会員からの会費・寄付で賄っている。また、キリンビバレッジと共同で、オリジナルデザインの自動販売機を開発。この販売機での売上および、同社から設置者に支払われる販売手数料の一部を、活動資金に充てている[12]。, 代表理事は、野茂および、野茂の新日本製鐵堺時代の監督・清水信英。清水は、チームの設立当初から監督も務めている。また、野茂の近鉄時代のチームメイト(金村義明・光山英和・佐々木修・池上誠一・小池秀郎)が、運営理事に名を連ねる[13]。, クラブチームとして運営しているため、チームに所属する選手は、他の企業に正社員やアルバイトとして勤務。平日の夜間や週末を、チームでの練習に充てている。また、NPBで活躍する選手の輩出を設立当初から目標に掲げているため、NPB球団のスカウトへの露出が高い独立リーグや企業チームへの移籍には寛容である。, 本拠地を豊岡市へ移転してからは、運営法人が兵庫県に対して、認定NPO法人としての認証を申請。その結果、2015年5月15日付で認証されたため、同県からの税制優遇措置を受けられるようになった[14]。社会人野球で活動するクラブチームの認定NPO法人化は、全国初の事例である。この認証によって、法人への賛助会費や寄付金が、日本の所得税法における寄附金控除の対象になった[15]。, 当クラブでは、「ベースボールクリニック」を随時実施するなど、野球を通じた青少年の育成活動にも取り組んでいる。また、野茂の名を冠した少年野球大会「NOMO CUP」を毎年開催。ボーイズリーグで選抜された中学生選手のアメリカ遠征にも協力している[16]ほか、本拠地を兵庫県豊岡市へ移転してからは、同県出身の栗山巧(埼玉西武ライオンズ外野手)と共に「NOMO KURIYAMA ALL STAR GAME」(小学生の軟式野球による神戸選抜チームと但馬選抜チームの対抗戦)を主催している。, ユニフォームのデザインは、野茂が中学生以来のファンだというガンダムがモチーフになっている。, http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2094881.article.html, http://www.sankei.com/west/news/150113/wst1501130074-n1.html, https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201505/0008030916.shtml, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=NOMOベースボールクラブ&oldid=78357408, NOMOク、NOMOクラブ、NOMO Baseball Club、野茂ベースボールクラブ.