SHOES, 11/8(日)オンラインランニングイベント「OnFriends ONLINE MEETUP vol.3」開催!, Nov 04, 2020 / このシューズ、メタライドやグライドライドと同じくつま先のアウトソールがせりあがっているガイドソールを採用しています。, メタライドが300g超え。 アシックスの高反発シューズ「NOVABLAST(ノヴァブラスト)」, (株)陸上競技社について 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! かめ, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ミッドソールにはクッション性に優れたFLYTEFOAM PROPELと軽量性に優れたFLYTEFOAMの2層構造を採用し、着地時のやわらかなフィーリングと快適な足運びを実現。ランニング時の足への負担を軽減しました。, 初心者ランナーですが、走った際に勝手に足が前に出るような印象を受けました。思ったよりもスピードが出るので少し戸惑いましたがすぐに慣れました。膝や踵への負担も軽く走りやすいです。もう少し金銭的な負担が少ない靴が私にとって理想なのですが、価格以上の価値は十分にあると思います。, ダイエットを目的に毎日甲子園球場の周りを走っていますがこのシューズを使用しだしてつま先の方に余裕があり痛みもまったっく感じません。横幅や甲の部分は細めに設計されておりよりフィット感が感じられるシューズだと思います。軽いトレーニングにも愛用しています。, ランニング初心者なので、足に優しく走りやすい靴が欲しいという条件で探し、ショップで店員さんにおすすめを聞いたところこちらを紹介されました。まず手に取った感想は「軽い」でした。軽いので足に負担がかかりにくいことと、前の部分が適度にカーブがかかっているので走りをサポートしてくれると教えてもらいました。試着してみると気持ちよく足にフィットし、優しく包まれている感覚がしました。 長時間走ったのにかかとの減りが少ないのには驚きました。カラー展開が豊富で色を選べるのも嬉しい所です。, アシックスの厚底シューズ「グライドライド」「エボライド」とは?テクノロジーと評価・レビューを紹介, FLYTE FOAM(上層)、FLYTE FOAM PROPEL(下層)、Rearfoot GEL(踵部). グライドライドは極論すると角度を付けた2枚の平面。 エボライドはそれよりはマイルドな転がり感になっています。 GT-2000の線は参考までに。 一見とても特徴的で大胆な弧を描く弓形のソールデザインGUIDESOLEが、着地からキックにかけての足首の動きを少なくし、走行効率を高めランナーのエネルギー消費を抑えてくれます。また前足部に搭載されたハードEVAシートが優れた強度を発揮し、走るとスムーズかつ楽に足が前に出る回転モーションを生み出しやすくしています。 こちらの方が癖が小さいと思います。, これこれ! エボライドはグライドライドと同じ専用ラストが使用されています。足を入れてみるとつま先上がりの構造のためか爪の上側には余裕があり、同じサイズでも他のアシックスのシューズと比べて足長的にも大きい方だと思います。 これは期待できそうですよね。 【PR】ASICSの〝先進的〟レーシングシューズ METASPRINT(メタスプリント)&METARACER(メタレーサー) 2月7日(金)ですね。, その名もEVORIDE(エボライド)! アシックス エボライド ディテール etc. Jan 22, 2020 / SHOES Jan 22, 2020 Updated アシックスの『 METARIDE(メタライド) 』や『 GLIDERIDE(グライドライド) 』などの “走行効率” を高めることに着目したランニングシューズシリーズから、軽量タイプの 『EVORIDE (エボライド)』 が登場します。 OTHER, Nov 09, 2020 / アシックスの高反発シューズ「NOVABLAST(ノヴァブラスト)」, 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! 報道等での写真利用について, WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com, 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!!

エボライド ガイドソールの 着用時イメージ.

ホカ オネオネの「CLIFTON(クリフトン)7」, 【PR】ASICSの〝先進的〟レーシングシューズ METASPRINT(メタスプリント)&METARACER(メタレーサー), 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! サイトポリシー メタライド、グライドライド、そしてエボライドなどのライドシリーズ。 それぞれターゲットは違うけれど、価格的にもようやく入手しやすいモデルが登場。 今回購入したのは2020年2月7日に発売された「エボライド」です。少 .

ASICS EvoRide カラーバリエーション; ASICS EvoRide を 履いてみての感想.

SHOES.

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! 「RUNをもっと、より楽に、より長く」を開発コンセプトにしたアシックスのENAGY SAVING FAMILYから、2019年に発表された「メタライド」に加えて、「グライドライド」「エボライド」が発表されました。, 今回はこの「グライドライド」「エボライド」の各シューズの特徴や比較などをご紹介します。, ENAGY SAVING FAMILYは「RUNをもっと、より楽に、より長く」を開発コンセプトとして走行性能を追求したモデルで、アシックスが2019年から展開しています。, ランニング初心者用であるメタライドに対してグライドライド、エボライドは重量が抑えられており、ランニング中級者のレーシングシューズ、上級者のトレーニングシューズとして幅広い層に活用できるモデルとなりました。, これらのシューズは靴底にカーブを設けたGUIDE SOLEによる効率的な足運び、ミッドソールのFLYTE FOAMによる高い耐衝撃性が快適な走りをサポートしてくれることが特徴です。, ENAGY SAVING FAMILYモデルのシューズの大きな特徴の1つが、靴底前面のアウトソールが弓状にカーブしたGUIDE SOLEです。カーブしたソールが足首の屈曲を減らし、スムーズな体重移動と足の運びをサポートします。, META RIDEとGLIDE RIDEはミッドソールの上層に軽量性と耐久性を両立させたFLYTE FOAM、下層には反発性が高いFLYTE FOAM PROPELを採用しています。, FLYTE FOAMはアシックス従来のミッドソール素材である「EVA」より約55%軽量で、素材に添加した繊維でアシストすることで優れた耐久性や軽量性を発揮しています。, GUIDE SOLEによる重心移動がメタライドでは勝手に進んでいく感じであるのに対し、グライドライドはある程度コントロールできる感覚があります。, ソールの反発も強いため、蹴り出して進むことも容易になっているため、自分の感覚で足を休ませたり、スピードアップしたりとコントロールしやすいシューズとなっています。, サブ3〜4あたりまでの中級者ランナーを対象とした軽量性を実現しています。アウトソールには前足部から中足部にAHAR(エーハー)、踵部にはAHAR PLUS(エーハープラス)を使用したことで、反発性と耐久性を実現しました。, シュータンは厚めのため、1km4分を切るような速いペースで走るランナーが紐をしっかりと締めた場合には、違和感を感じる方もいるかもしれません。, 比較するとエボライドのように上位モデルになるごとに価格が安くなっていきますが、クッション性のような機能を削っていることがわかります。, まとめると、メタライドはランニングを始めたばかりのランナーがマラソン完走を目指すモデル、グライドライドはソールの機能をコントロールしやすい、より大衆的なモデル、エボライドは機能を削った中級から上級者向けのモデルといえるでしょう。, GLIDERIDEは、ランナーが少ない力でより長く、より楽しく走ることを追求したシューズです。 現在実際に着用してランニングしていますが、着地するたびに一歩押し出してくれるようなクッション性を感じます。プラス軽いので足に負担を感じません。こちらのシューズに出会えてよかったです。, RUNをもっと長く、もっとラクに。METARIDE、GLIDERIDEの優れた走行効率性を受け継ぎつつ、軽さを追求したRIDEファミリーのベーシックモデルです。GLIDERIDEと同じくシューズのラストを跳ね上げた構造にすることでスムーズな足運びを可能にすると同時に、ミッドソールに配置されたFLYTEFOAMが抜群のクッション性と反発性を実現しています。アッパーにはエンジニアードメッシュアッパーを採用しており、フィット感と通気性を高めています。, 非常に走りやすいシューズだと思います。フィット性がよく 爪先のほうに向かって上にそっているため 無理なく足を回転させてくれるかんじがして 疲れを感じさせ無い構造になっています。デザインも白地にゴールドのラインが入っていてかっこよく、ランニング後に普段着に着替えてもシューズはそのままで問題なし。, N社の影響を受けてか、アシックスも厚底シューズを開発。見た目通りクッション性は高く、ソールがラウンド形状をしているので足を置いていくだけで坂道をク台いているような感覚になり、楽に走ることができます。難点とすれば、ソールが厚いので仕方がないですが重量があることと、つま先あたりのソールとアッパーが削れやすいところですので今後の改善を望みます。, つま先の形が独特でこの構造のおかげで足がスムーズに前に出ます。ずっと走っていても全然苦じゃないです。とくに土踏まずの吸収がよく疲れにくいのが嬉しい。

アシックスからGUIDESOLE搭載の軽量ランニングシューズ「EVORIDE」が登場!, 27,000円「METARIDE」の兄弟版シューズ『GLIDERIDE(グライドライド)』の実力, 25.5~29.0cm(0.5cm刻み)、30.0cm、31.0cm、32.0cm. お値段が手頃なのも魅力的です。, アキマジーロ様 EVORIDE(エボライド)の評価レビュー:すべてのランシューを過去にする超新星なasicsの厚底ウサギ跳び靴。 投稿日:2020年3月17日 更新日: 2020年10月6日.