元公安の警部補 谷口剛(40歳):長江英和

#5 未来が見える男. 野々村光太郎(59歳):峰雷太 その一方で、捜査一課弐係の警部補、真山徹からは向かいのマンションから部屋を監視されている。, 同時期から、インターネットで柴田に関する情報提供を求めるといった、不審な行動が目立ち始める。, 証拠不十分で5人は何のお咎めもなく釈放され、特に朝倉は事情聴取で「無理矢理つき合わされ、見ていただけだ」と主張し、罪は軽く見られていた。, だが主犯が朝倉と直感した真山は、あろうことか街中で朝倉に向けて拳銃を発砲してしまう。, 事件以来、朝倉は警察を不審視し真山と顔を合わせるたびにそれをネタに煽り、真山は尻尾を掴むため、彼が再び犯罪を犯し合法的に彼を裁く機会を伺っていた。, そして、麻衣子の事件で朝倉が動き出したと感じた彼は、弐係とは別に、独自で行動を起こす。, 真山の無実を信じる柴田も別口で捜査を始めるが、直後何者かに刺され重傷を負い、彼女もまた追われる身に。, 真山の依頼で柴田の手によって朝倉の元へ挑戦状が送られ、朝倉は遂に本性を現し対峙する。, 本物の早乙女を殺し彼そっくりに整形した後、指紋を消した上で警視庁に潜り込んでいたのだ。, その動機はなく、完全な快楽を目的とした異常者であり、犯罪劇を「ゲーム」として楽しんでいる。, その圧倒的「犯罪」のカリスマ性から、中学時代の同級生には恐れられており、レイプ事件も彼が共犯者たちを唆した(恐喝?)ことによるものである。, 暗示術を使って、何の罪もない普通の若者を自分の影武者に仕立て上げ、用が済んだら彼を殺害させた。, 自分に因縁をつけてきた真山に執着しており、犯罪者、捜査一課刑事の立場の両面から彼を追い詰めていった。, 真山をつけ回したルポライターのKEEを真山の仕業に見せかけて殺し、精神病の振りをしていた最後の共犯者を真山が面会に来たタイミングで自殺させ、, 麻衣子に暗示(柴田への嫉妬心の増幅)をかけ殺人者に仕立て上げたのもこの手段によるもの。, 遂に真山と柴田をSWEEPの手によって追い詰めた朝倉は、部下の手によって真山を撃たせ、激昂し自分に銃を向けた柴田をも撃つ。, 勝利は目前に思われたが、早乙女の行動の不信な点に気付いた野々村係長が彼の指紋を調査したところ、朝倉の指紋と一致したことが判明。, 正体を暴かれるもなおも朝倉は狂気の高笑いを上げるが、意識を取り戻した真山によって銃弾を十発以上も撃ち込まれ、絶命した。, 柴田が昏睡状態になった数か月間姿を現していなかったが、柴田が目覚めた時と同時期に、真山の元に「お待たせしました。ゲームを再開します」というメッセージが届く。, そんな中、定年した元弐係の壺坂は、朝倉の指紋がSWEEP隊員の班目重友と一致したと特定。, そして、柴田と真山は新しい事件の依頼のため死後の世界「黄泉の国」に繋がるという曰くつきの孤島・厄神島で連続殺人事件に遭遇。, 「僕の使命はヒトの命を永遠のものに転化させる事だ。命が永遠に続くこの世界には憎しみがない。みんな愛し合っている。僕も愛されている」, 父と麻衣子と再び永遠の別れを経た柴田と再会した真山は、彼女をボートに乗せて沖へと逃がす。, 彼の正体、催眠術の秘密、整形にしてはあまりに異常ななりすまし、人外と思しき描写……それらの謎は一切明らかにされることなく、, この『SPEC』ではご存知の通り、「人間の脳が普段使っていない90%の部分を活用した能力」=SPECが自明のものとされており、, 事実、柴田は超能力の存在を信じており、前作第5話の犯人・鷺沼聖は本当に予知能力を持っているという描写が存在した。, なお、柴田は公安部の部長となり、SPEC HOLDERの事件を取り扱う、第五課未詳事件特別対策係を設置し、直接は登場していないものの、, 完結編「結~爻ノ篇」において、地球生命であるガイアの意思を無視して先人類達が人類を滅亡させ歴史をリセットする計画を進行させていた。, 何事もなかったかのように巡りゆく世界の中で、一部始終を見ていたと思しき、男と女の声がした。, 『ケイゾク』、『SPEC』を併せて考えると、朝倉の正体がぼんやりと見えてくるだろう。, これは、『ケイゾク』でマインドコントロール、顔を変える、憑依、死者への干渉等、あらゆる異能力を使う描写があったことからも裏付けられる。, あるいは、「朝倉」の本体は霊体そのものであり、人間の肉体を移り変わっていっただけなのかもしれない。, 想像を膨らませてるだけで、真実はとても分かりやすいことなのかもね 「魔が差した」とか -- 名無しさん (2015-10-20 00:48:23), この項目見て、結・爻ノ編でセカイが腐った肉みたいになった当麻の中でうじ虫連呼してたのはセルフパロだったのか と気付いた。 -- 名無しさん (2015-10-20 16:49:16), ケイゾクの映画は本当にガッカリだったな。死後の世界まで風呂敷広げまくった割に実際は浅瀬でせせこましく銃を撃ち合ってるだけ。 -- 名無しさん (2016-11-30 20:19:32), 朝倉ってペニーワイズみたいだな -- 名無しさん (2019-06-03 18:52:48), 朝倉「イライラしたからやった、今も反省してない」 -- 名無しさん (2019-06-03 19:16:03). 朝倉裕人(あさくら ひろと)は、ドラマ『ケイゾク』の登場人物。 『ケイゾク』と同世界観の続編『spec 警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿』にも同名の存在(? )が登場する。 放送日:1999年1月8日 – 3月19日 近藤昭男(39歳):徳井優 休日はSTAYHOMEで動画見まくり。, 2018年放送の『大恋愛〜僕を忘れる君と』のネタバレあらすじ感想。タイトルこそ「大恋愛」ですが、ギトギトな恋愛ドラマではなくどちらかというとヒューマンドラマに近く感動必至です。出演は、戸田恵梨香・ムロツヨシ・松岡昌宏・草刈民代ほか。, 2010年放送のドラマ『Mother』のネタバレあらすじ感想。臨時担任教師が、虐待から生徒を救うために誘拐して、母と娘になりすまし逃亡するストーリー。日本中を大感動させてくれたドラマです。出演は、松雪泰子・芦田愛菜・田中裕子ほか。, 2007年放送のドラマ『ハケンの品格』のネタバレあらすじ感想。数々の資格を持つスーパ派遣の仕事ぶりを軸に派遣のリアルを描いた作品です。「ハケンの品格2」を見るならその前に2007年の『ハケンの品格』を見ておくべき。出演は篠原涼子・大泉洋ほか, 1995年放送のドラマ『未成年』のネタバレあらすじ感想。脚本は野島伸司。未成年たちの心の葛藤が描かれた青春ストーリーです。90年代を代表する野島作品のひとつです。出演は、いしだ壱成・香取慎吾・反町隆史・河合我聞・北原雅樹・桜井幸子ほか。, 2015年放送のドラマ『民王』のネタバレあらすじ感想。原作は池井戸潤の小説。総理大臣の父親と大学生の息子の心と体が突然入れ替わってしまうという大珍事が起きたことによりストーリーが展開していきます。出演は、菅田将暉・遠藤憲一・高橋一生ほか。, 2007年に放送されたドラマ『華麗なる一族』のネタバレあらすじ感想。原作は山崎豊子。1960年代後半、日本有数の財閥の人間の愛憎劇を描いたドラマ。華麗なる一族の父と息子の葛藤が描かれています。出演は、木村拓哉・北大路欣也ほか。. 特別篇での壺坂さんが指紋を調べるシーン→映画冒頭の壺坂さんと斑目さん。 特別篇での真山と朝倉の電話シーンのラストの妹の声→厄神島での死者の世界との繋がり 逆に不自然な部分としては特別篇ラストのみ。 彩さんは誰の墓参りしてたんだ・・・。

ドラマ「ケイゾク」第11話(最終回)のあらすじ&感想 動画を無料で見る方法も教えます! 2019/04/15 2019/07/06. 壺坂邦男(60歳):泉谷しげる 捜査一課弐係の刑事。東大卒のキャリア組

捜査一課弐係の刑事 早乙女仁(42歳):野口五郎 脚本:西荻弓絵/清水東 1999年放送のドラマ『ケイゾク』のネタバレあらすじ感想。面白い刑事ドラマランキングには必ずランクインするドラマでファンも多いです。迷宮入りした事件を解決する警視庁捜査一課弐係の刑事たちが難事件を解決していきます。出演は中谷美紀・渡部篤郎等 真山徹(32歳):渡部篤郎 主題歌:中谷美紀「クロニック・ラヴ」, 柴田純(24歳):中谷美紀 リーズ), ディレクター・監督 : 堤幸彦、伊佐野英樹、金子文紀. 捜査一課弐係係長 新宿区西新宿5丁目8番にあった駐車場 真山が谷口(長江英和)に襲われたところ 新宿区西新宿5丁目8番 熊野神社前交差点付近の建物の屋上 壺坂が運転する車が病院から出発したところ 分かりません。情報をお持ちの方はお知らせ下さい 制作:TBS金曜ドラマ 二係に主婦・青木ゆかり(筒井真理子)がやって来た。2年前から行方不明になっている夫の捜索状況を確かめにやって来たのだが、警察の対応に怒ったゆかりは…。 捜査一課弐係の刑事 捜査一課弐係の刑事, 東大出身のキャリア・柴田(中谷美紀)は、迷宮入りした事件を取り扱う通称「ケイゾク」と呼ばれる警視庁捜査一課弐係に配属されます。同じ捜査一課弐係の真山(渡部篤郎)は柴田を奇人扱いしながらもお互いに信頼を積み重ねていき、難事件を解決していきます。, 控えめに言って、最強最高の刑事ドラマ。キャスト最高・ストーリー最高・笑いあり感動ありの名作。20年以上前のドラマだが現在でも全く色褪せていない。, 1話完結型で話が進み、最後の3話でドラマ全体の謎が解かれるという流れ。基本、中谷美紀と渡部篤郎のコンビで事件を解していくのだが、このコンビがこれまた最高過ぎる。2人のやり取りはテンポがよく面白く、セリフや会話の間などのセンスがいい。2人のやり取りならずっと見てられます。さらに2人も顔面が綺麗なので絵になる。そして、キャラクターも含めて渡部篤郎はカッコ良過ぎた。, あと、ラストの中谷美紀と渡部篤郎のキスシーンが感動的でよかった。数あるドラマの中でも感動ランキングに入るキスシーンだった。, 『ケイゾク』は何度も見たくなる魅力的なドラマです。おすすめの刑事ドラマなのでぜひ。, ドラマ・映画好きのアラフォー女。特に90年代ドラマが好み。

木戸彩(22歳):鈴木紗理奈

キャリア組の管理官 捜査一課一係の庶務