人種差別をテーマにしたホラー映画『ゲット・アウト』。コメディアンであるジョーダン・ピール初監督作にして大きな話題となった本作は、数多くの伏線が仕掛けられたサプライズ・スリラーです。その多くの謎を解説していきましょう。記事末にはネタバレも記載してるのでご注意! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ゲット・アウトの紹介:2017年10月27日公開のアメリカ映画。『インシディアス』などのジェイソン・ブラムが製作を担当し、お笑いコンビ“キー&ピール”として活躍するジョーダン・ピールが監督を務めるという、異色コンビによるホラー。白人の彼女の実家を訪れたアフリカ系アメリカ人の青年が体験する恐怖を描く。, クリス・ワシントン(ダニエル・カルーヤ)、ローズ・アーミテージ(アリソン・ウィリアムズ)、ディーン・アーミテージ(ブラッドリー・ウィットフォード)、ジェレミー・アーミテージ(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)、ミッシー・アーミテージ(キャサリン・キーナー)、ジム・ハドソン(スティーヴン・ルート)、アンドリュー・ローガン・キング(レイキース・スタンフィールド)、クリス・ワシントン〔11歳〕(ザイランド・アダムス)、ジョージナ(ベティ・ガブリエル)、ウォルター(マーカス・ヘンダーソン)、ロッド・ウィリアムズ(リル・レル・ハウリー), Blu-ray > 外国のホラー映画NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンダニエル・カルーヤ(出演),アリソン・ウィリアムズ(出演),ブラッドリー・ウィットフォード(出…, ①若い黒人男性・クリスは恋人である白人女性・ローズに誘われて、ローズの両親に会いに行くことに。黒人であることを気にするクリスだが、家族は歓待ムード。微妙に居心地の悪さを感じたクリスは帰ろうとするが、制止される。 イギリスのドラマや舞台を中心に活躍しているカルーヤは、本作の出演で初めて国際的な注目を浴びたと言っても良いでしょう。

var quads_screen_width = document.body.clientWidth; 差別問題を浮き彫りにさせる映画が近年急増する中、『ゲット・アウト』の続編はどのようなストーリーになるのか、そして公式に製作決定となるのか、楽しみですね。追加情報を待ちましょう。, 『ゲット・アウト』のメインテーマを作曲したのはアメリカ人ミュージシャンのマイケル・エイブルスです。ブルースやジャズの要素を取り入れた、オーケストラ曲の作曲を得意としています。

#keyandpeele season 4, Jordan Peeleさん(@jordanpeele)がシェアした投稿 - 2014 9月 18 1:31午後 PDT, 本作を監督したのはジョーダン・ピール。ニューヨーク出身で、アフリカ系アメリカ人の父と白人の母の間に生まれました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 こんにちは、タイランド.All Rights Reserved. そんなマイケルが作曲した本作のメインテーマの歌詞は殆どスワヒリ語で歌われています。歌詞の中で唯一”ブラザー”とう単語だけ英語が使用されていますが、この言葉は黒人の人々にとって特別な意味を持っている言葉でもあります。 if ( quads_screen_width >= 1140 ) {document.write(''); ❤️, Allison Williamsさん(@aw)がシェアした投稿 - 2017 5月 8 11:04午前 PDT, クリスの恋人で、不気味な使用人達と暮らしている両親を持つローズ。演じるのはアメリカ出身の女優アリソン・ウィリアムズです。 } #GetOut is Now Available on @AmazonVideo! Own #GetOut TODAY on Blu-ray, DVD & Digital HD with an Alternate Ending and Deleted Scenes: https://t.co/hq2j8SALAK pic.twitter.com/2BUsZj2N3K, 映画の撮影は、アメリカはアラバマ州のフェアホープとモビールという湾岸都市で行われました。しかしこのロケ地が決定したのは、撮影開始の直前だったそうです。 タイトルの「ゲット・アウト 」ですが、これには複数の意味が含まれています。 これは本作を最後まで観ればわかるのですが、重大なネタバレになってしまうので詳細は伏せておきます。 僕もはじめに本作を観始めたときに思っていましたが、構図としては黒人差別の話っぽくて、黒人はここ hellothailand, 映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。, 予告編の不穏な感じは、安っぽさの欠片もなく不気味な映画であることを物語っていました。, 鑑賞中はただただ圧巻のその脚本でしたが、鑑賞後、冷静になって考えてみると、トンデモ設定過ぎる。, ローズ『知らないけれど、大丈夫。わたしの両親はそんな差別をするような人たちではないの』, 逞しいローズはそう警察官に主張するも、そんなこと慣れっこのクリスは微笑むだけです。, みんな、クリスを歓迎します。そしてクリスの家には使用人として住み込みの黒人女性のメイドさんや庭師の黒人男性がいました。, その晩、ローズの兄を交えて、ローズの母、父、兄、ローズの五人でディナーを共にします。お兄さんは酔っぱらってクリスに対して挑発的な態度を取ります。, 『ティーカップの飲み物をスプーンでかき混ぜる際に発生する、あの金属音を聞くと眠りに落ちてしまいます。(Sunken Place)』, 後に、ローズの母と共に現れた先ほどの若き黒人は、落ち着きを取り戻し、まるで何事も無かったように接します。, そして、先ほど、鼻血を流して発狂した若き黒人も、半年前に行方不明になっていたことが分かります。, この家族はグルで、黒人を捕まえては家族や友人の脳みそを移植し、永遠の命を得る、というとんでもないことをしていたのです。, それもそのはず、黒人のメイドにはローズの祖母、黒人の庭師には祖父が入っていたのですから。, そして黒人のメイド(ローズの祖母)を仕留めたところで、背後から銃を持ったローズ。そして、庭師の黒人(ローズの祖父)が襲ってきます。, しかし、祖父の感情に戻った瞬間、庭師の黒人(祖父)は娘を撃ってしまった罪悪感で自害します。. クリスは目を覚まし、自分が椅子に縛り付けられていることに気がつきます。そこで彼は、黒人の肉体に白人の脳を移植して永遠の精神・生命を手に入れるという手術を、アーミテージ一家が祖父の代からつづけてきたことを知ります。ローズは黒人を恋人として騙し、その材料にしていたのです。ジムは視力を取り戻すためクリスの肉体を落札したのでした。, 催眠術の合図となるカップをかき混ぜるスプーンの音を聞かないため、クリスは耳に椅子の肘掛けから取った綿を詰めました。彼が眠っていると思いこんで拘束をときに来たジェレミー、ミッシー、そしてローズの父ディーンを倒して自力で脱出を試みます。 ホラー映画でありながらコメディタッチを取り入れ、多くの伏線を散りばめた社会風刺色の強い作品となっています。 103分. 車内でクリスともみ合いになったジョージーナは木にぶつかって死亡。そこにローズとウォルターが追いつきますが、クリスのカメラのフラッシュによって一瞬我に返ったウォルターは、クリスではなくローズを向かってライフルを撃ちます。しかしローズの祖父の意識が復活すると、孫娘を撃った罪悪感から自分の頭を打ち抜いてしまいました。 2013年に『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』にブラック・デス役で出演。2018年には『ブラックパンサー』に出演しました。, Loved getting to hang with my fav, Daniel.

このシーンで死んでしまった鹿はブラックバックという種類のメスです。「Black Buck」には「粗暴で白人女性を襲う(という偏見にもとづいた)黒人男性」という意味のスラングもあります。また、鹿(Deer)はスラングで「彼女をつくろうとして失敗する男」という意味もあり、この時点ですでにクリスの運命が暗示されています。, 本作の主人公クリスの職業はフォトグラファー。劇中ではカメラの「フラッシュ」が重要なアイテムとして機能します。, アーミテージ家やその友人である白人の脳にすげ替えられた黒人たちが、フラッシュで一瞬だけ正気に戻る様子がたびたび描かれています。ここでポイントなのは、これが“スマートフォンのカメラ機能の”フラッシュであるということです。 もう人種差別など過去の出来事と言った雰囲気が漂っていた時期だったので、ピールは執筆中の映画はウケないと思い、ほぼ自分のためだけに脚本を書いていたそうです。

このシーンだけを観れば、ローズが人種差別に反対しているとみることができます。しかし実際は、これから行方不明になる予定のクリスと自分が一緒にいたことが警察の記録に残ってしまうことを懸念しての行動だったのです。