『ゴールデンカムイ』コミックス アニメDVD同梱版 第二弾 キャラクター&キャスト発表ッ!!! ゴールデンカムイという漫画で、生真面目ながらも漢気とユーモアあふれるキャラで大人気な谷垣源次郎(たにがきげんじろう)。谷垣は、秋田の阿仁生まれのマタギ(狩猟する人)であり、日露戦争にも参加した元帝国陸軍の軍人です。日露戦争後は、鶴見中尉の元 2018/3/16 “脱獄王”白石逃走中ッ!?「書店DE“脱獄王”白石を探せ!!」全国で開催!! 2018/4/2 2018/8/23 公式サイト開設3周年目突入&連載4周年突破記念!「ゴールデンカムイ北海道オールスターズ総選挙」勃発!! 2016/11/18 YJC『ゴールデンカムイ』9巻本日発売! 恒例の記念壁紙更新!! すべてを知った谷垣は2人の思い出の味であるカネ餅を食べさせる。それにより、賢吉はそばの人間が故郷の親友であると気付き笑みを浮かべながら息を引き取った。 【ゴールデンカムイ】杉元佐一(すぎもと さいち) 2016/6/9 網走監獄コラボ壁紙、期間限定配信!! 『ゴールデンカムイ』は、野田サトルによる日本の漫画。明治末期の北海道・樺太を舞台にした、金塊をめぐるサバイバルバトル漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2014年38号(2014年8月21日発売)から連載中[5]。コミックス第23巻の発売時点で累計発行部数は1400万部を突破している[6]。, 日露戦争終結後のとある冬、元陸軍兵の杉元 佐一は、幼馴染の梅子の眼病の治療費を得るため北海道で砂金を採っていたところ、アイヌが秘蔵していた金塊のことを知る。直後に杉元は冬眠明けのヒグマに襲われ、窮地をアイヌの少女・アシㇼパに救われる[7]。, 作中より5年前、アシㇼパの父・ウイルクを含むアイヌを殺害し[注 2]金塊を奪った男・のっぺら坊[注 3]は、網走監獄の獄中から仲間に金塊の在処を伝えるべく、同房の囚人たちの体に金塊の隠し場所を示す入れ墨を彫り、脱獄させた。その「刺青人皮」は獣の皮のように剥がし、全てを集めて暗号を解く必要がある。杉元は治療費分を得ること、残りの金塊をアイヌの手に戻しウイルクの仇を討つことを条件に、アシㇼパと行動を共にすることになる。, 同じく金塊を狙う陸軍第七師団歩兵第27聯隊[注 4]に所属する情報将校・鶴見 篤四郎中尉は、日露戦争で活躍しながら報われなかった師団員のため北海道征服を目論んでおり、その軍資金を必要としていた。しかしその理想にはついていけない造反組がおり、その中で生き残った尾形 百之助は第七師団を離脱、二階堂 浩平は鶴見との取引に応じ原隊復帰する。, 脱獄囚の中には戊辰戦争で死んだはずの土方 歳三がおり、彼もまた、かつての盟友・永倉 新八と合流し、入れ墨の囚人のうち何人かを仲間に加え、尾形を用心棒とし、蝦夷共和国を再興するために金塊を追い求めていた。, 杉元とアシㇼパは捕らえた入れ墨の囚人で脱獄王と呼ばれる白石 由竹を仲間に加え、各地に散らばった囚人を追いながら鶴見ら第七師団や土方一味[注 5]と交戦したりアイヌと交流を行ううちに、互いの絆は深まってゆく。, さらに杉元一味は、ウイルクの友人で「一緒に日本に来た」というアイヌ・キロランケを同行者に加える。彼は「のっぺら坊こそがウイルクである」と語り、一味は真偽と金塊の在処を確かめるべく、網走監獄へ向かうこととなる。その頃、土方はのっぺら坊とその仲間は極東ロシアのパルチザンと見当を付けていた。, 第七師団の兵士で元マタギの谷垣 源次郎は、杉元一味との交戦のあと、アシㇼパのコタン(アイヌの村)で治療を受けていた。そこに、女占い師・インカㇻマッが現れ、「アシㇼパの連れ3人のうちの1人が裏切る」と予言する。その心労でアシㇼパの祖母が寝込んでしまったことから、谷垣はアシㇼパを無事連れ帰るべく、インカㇻマッ、コタンの孤児チカパシとともに杉元一味の後を追う。, 第七師団は剥製師に偽物の刺青人皮を作らせ、杉元一味と土方一味はそのことを突き止める。第七師団にまとめて襲われた杉元一味と土方一味は結託し、さらに谷垣らも合流。お互いさまざまな思惑と猜疑心で探り合いをしながらも、のっぺら坊から全ての答えを得るため、一同は協力して網走監獄への潜入を行う。その網走監獄の犬童 四郎助典獄は囚人を秘密裏に硫黄山使役することで得た資金で武装していた。, 土方一味の協力で網走監獄でのっぺら坊と対面する杉元・アシㇼパ・白石だが、独房に居たのっぺら坊は影武者であり、父・ウイルクではなかった。土方の目的は杉元からアシㇼパを引き離して確保することと、杉元らを囮として本物ののっぺら坊を見つけ出すことであった。そこへインカㇻマッから情報を得ていた第七師団が駆逐艦に乗って現れ、のっぺら坊とアシㇼパを確保することを目的として網走監獄を襲撃する。犬童は本当ののっぺら坊の元へ向かい、尾行してきた土方と戦い敗れる。杉元はのっぺら坊がウイルクだと確認したが、アシㇼパと対面を果たす前に狙撃され、杉元もまた狙撃される。のっぺら坊(ウイルク)の死により金塊の謎を解けるのはアシㇼパだけになった。, 傷心のアシㇼパはキロランケ、白石、尾形と樺太[注 6]へと向かった。それを知った杉元と谷垣は樺太行きを決意し第七師団と結託、第七師団からは先遣隊として月島 基と鯉登 音之進が同行する。鯉登の荷物に紛れてこっそり谷垣の後を着いてきていたチカパシ、アイヌ犬のリュウも樺太で同行することになった。, アシㇼパ一行はウイルクの足跡を求めて樺太を北上する。杉元達はヤマダ曲馬団と知り合い、山田座長が元陸軍将校で、曲馬団の巡業で得たロシア各地の情報を日本陸軍の特務機関に流しているスパイで、そのためにロシア政府から命を狙われていることを知った。山田座長から「パルチザン(キロランケ)の目的は、かつての仲間が収監されている北樺太(ロシア領)最大のアレクサンドロフスカヤ監獄(亜港監獄)ではないか」と告げられ、そこを目指す。, キロランケはウイルクと自分の若い頃を知るソフィアと会えば、アシㇼパが金塊の鍵を思い出すだろうと考えてアシㇼパを樺太まで連れてきた。亜港監獄にはソフィアが収監されており、彼女を脱獄させることもキロランケの目的だった。タタール海峡が凍ると流氷の上を渡り、ロシアまで徒歩で行き来が出来るようになる。海が凍るのを待ってキロランケら4人は燈台に残されていたロシア軍の爆薬を使い、亜港監獄の塀を爆破し脱獄。アシㇼパはキロランケの通訳でソフィアと話したことにより、ウイルクに言われていたことを思い出す。それに気付いた尾形に鍵を教えてくれと言われるが拒否。毒矢で尾形を誤射してしまうが追いついた杉元が尾形を救う。キロランケが谷垣・月島・鯉登と戦闘になり、三人により倒される。それをソフィアは流氷の影から見ていた。, 作者の野田は、10年近いアシスタント生活を経て初連載となる前作『スピナマラダ!』を開始したが、読者からの反応がないため編集長から「時間を無駄にして欲しくない」と連載終了を告げられ全6巻で完結。反省点を意識しつつもヒット作で見返してやるという意気込みを原動力に本作の制作が開始された[8]。, 野田の曽祖父が日露戦争に出兵した屯田兵であったことから、かねてより関連する作品を描きたいという希望を抱いていたところ、担当編集者から「北海道を舞台にした猟師の作品」を持ちかけられ、当初は日露戦争帰りの若者を主人公にした「狩猟マンガ」として構想された[9]。しかし狩猟だけではネタ切れが早いと思われたため、道史の中から野田が興味を惹かれた「熊害(ゆうがい)」、「土方歳三」、「脱獄王」、「埋蔵金伝説」、「アイヌ」といった様々な題材を拾い上げて組み入れていき、本作が練り上げられていくことになった[9]。特にアイヌに関しては、これまでのマンガで取り上げられることが少なかったため、読者にとって新鮮であろうと考え、また取材に協力してくれたアイヌの人々から「可哀想なアイヌではなく、強いアイヌ」を描くことを期待されたこともあり、迫害や差別といった暗い背景ではなく、「明るく、おもしろいアイヌ」を描いていけば、読者に受け入れられていくと確信していたという[9]。料理に関する要素が強いことに関しては、作品構想の始めのテーマが狩猟であったこともあり、獲物を生活に活かしていく中で、料理描写は必然と考えられたためとしている[9]。, 本作の背景資料として北海道在住の写真家や野田の兄妹が撮影した写真を利用している[10]。, 明治末期、日露戦争(1904年(明治37年)2月8日 - 1905年(明治38年)9月5日)終結直後[注 4][注 7]の北海道周辺を舞台とした、金塊をめぐるサバイバルバトル漫画。また戊辰戦争・日露戦争・ロシア革命などの歴史ロマン要素のほか、狩猟・グルメ要素、アイヌなどの民俗文化の紹介要素も併せ持つ。, タイトルの「ゴールデンカムイ」とは、英語(Golden)とアイヌ語(kamuy)を組み合わせた造語である。ラテン文字では「GOLDEN KAMUY(英語版、スペイン語版)」「GOLDEN KAMUI(仏版、イタリア版など)」、漢字では「黄金神威」(中国語(繁体字)版)、ハングルでは「골든 카무이」と表記される。, 作中では当時のアイヌの文化が豊富に描写・紹介されており、アイヌ語の表記に関しては、アイヌ語仮名の小書きも使用されているが、公式ツイッターやアニメのテロップなどでは「アシ(リ)パ」・「カムイモシ(リ)」のように括弧書きで表示されることもある。, アイヌ文化を丁寧に描いているとして平取町アイヌ文化情報センターでも人気になっており、アイヌ民族博物館の職員は「文献や資料をよく調べている。文様も細かく描写されており、見応えがある」「全国の若い世代にアイヌ文化に興味を持たせるきっかけをつくったという点で貢献度は非常に大きい」と評価している[11][12]。アイヌの料理や狩猟など風習・文化がリアルに表現されており、北海道アイヌ協会の理事長は「よく描かれている」と評価している[13]。, 軍属や実在施設関係者や実在する異名を冠された人物については、該当人物ページへのリンクや実在との解説のない限りは作中のみの架空人物。, キャスト出典:[23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37], 北海道を本拠とし旭川に本部を置く大日本帝国陸軍の師団。通称「北鎮部隊」。かつて屯田兵と呼ばれた組織を前身とした部隊で、戦争帰りの将兵が多く、瀕死の重傷であっても反撃を試みたり、不意な襲撃にもすぐに対応するなど、個々の能力は高い。日露戦争時、第七師団は4個の歩兵聯隊[注 15]のほか、騎兵聯隊や砲兵聯隊など約2万人の兵で構成されていた。聯隊(中佐)は3個の大隊、大隊(少佐)は3個の中隊、中隊(大尉)は4個の小隊(中尉)を持つ。作中では「第七師団」といった場合、師団全体よりも鶴見ら歩兵第27聯隊を指すことが多い。, 周囲三方が山に一方が網走川に囲まれた日本一厳重な監獄。北海道網走という土地柄、冬場は多くの囚人が死亡するほど過酷な環境である。「のっぺら坊」を狙った第七師団の攻撃に備え、犬童が密かに集めた資金により、看守全員がモシン・ナガン小銃で武装し、マキシム機関銃を常備する。作中独自の設定として後年に建てられた五翼放射状平家舎房や教誨堂が既にある[注 37]。五翼放射状平家舎房には囚徒700人以上が収監可能で、全体を見渡せる位置に六角形の中央見張り所がある。, 「のっぺら坊」と呼ばれる男により、身体にアイヌの金塊の隠し場所に関する暗号が記された入れ墨を彫られた囚人たち。中には金塊に興味なく、脱獄を目的として入れ墨を入れた者もいる。小樽へ向かうよう指示され、暗号を解くため脱獄当初は全員が一緒に行動していたようだが、殺し合いが始まったことで逃亡者が出て散り散りとなった。, 脱獄囚は総勢24人いるとされ、第231話(単行本第23巻)の時点で、下記の18人の他に、第七師団に捕縛・殺害され、鶴見が刺青人皮として身につけている「33人を殺害した津山という囚人」、「茨戸で刺青人皮として取引きされていた囚人」、「夕張の炭鉱事故で死亡した囚人」、「約10年前に横浜で遊女を殺害した囚人」の存在のみ言及されている4人を含めた、計22人が登場している。, 「グルメ漫画」を掲げ、作中で北海道に縁ある食材や料理(主にアイヌ料理)が登場。調理や食事が描かれ各キャラクターが多様な表情を見せる。また杉元やアシㇼパにより当時のアイヌにはなじみのない味噌が頻繁に登場する。以下、紹介・列挙する。なお、劇中では食事中にアイヌ語で「ヒンナヒンナ」という場面が多くあるが、これは「食べ物に対する感謝」の言葉であり、「美味い」という意味ではない。また、実際には食事中に言うことはない[54]。, ※作中にて淡水魚や狩猟で獲った獣肉などの生食場面があるが、あくまで物語当時の食生活を描いている創作物であり、実際にはウイルス性肝炎の感染や寄生虫、食中毒等の危険に留意することが必要である。, 第一期が2018年4月より6月までTOKYO MXほかにて放送され[76]、第二期が同年10月より12月まで放送された[77]。第三期が2020年10月より放送中[78]。ナレーションは立木文彦。, インターネットではFODにて第一期は2018年4月9日より月曜23時30分に、同年7月14日土曜0時(金曜深夜)より第2話以降最新話限定で無料、第二期は同年10月8日より月曜23時に独占配信[77]。第三期は2020年10月5日より毎週月曜23時に独占配信[87]。, 当初は第1巻から第3巻まで2018年6月26日から毎月順次発売される予定であったが[88]、映像クオリティを向上させるため1か月延期された[89]。 アメリカ中西部で銀行強盗や殺人を繰り返し、周辺住民を恐れさせた。 ... 杉元佐一についてまとめてみました。 2016/11/25 「連載100回&白石のコミックス初表紙記念!特製白石スタンプPRESENT」特設ページ公開!! クールでかっこいい男だろう。 その後、インカㇻマッの占いを信じて体調を崩したフチへ、それまでの恩返しの為にアシㇼパを無事に連れ戻す役目を負うことを決意。インカㇻマッとチカパシを伴い、網走へ向かった杉元達を追う形で旅立った。 初登場時のキチッとした軍帽に軍服姿もかっこ... ゴールデンカムイの人物にはモデルがいるが、刺青人皮を持つ囚人のひとり坂本慶一郎にもモデルがいた。 【ゴールデンカムイ】216話ネタバレ感想|ヴァシリが可愛い過ぎる【最新話考察】『ゴールデンカムイ』216話の内容と感想を紹介します。前回の内容を復習したい方は下記の関連記事をご覧ください。関連記事>>『ゴールデンカムイ』215話ネタバレ感想 杉元からも信頼を得ており、尾形からもその真面目さから「(裏切りには)乗ってこない」と言われていた。 フチの不安の原因となったインカㇻマッのことは胡散臭さも相まってあまり信用していなかったものの、同行者故の配慮も示していた。(実際、彼女は鶴見中尉の助言で谷垣を利用しており、谷垣の行動が第七師団に伝わるようにしていた)

CV:細谷佳正 帝国陸軍北海道第七師団歩兵第27聯隊に所属している兵士。階級は一等卒。 秋田県の阿仁出身。マタギの生まれで山や野生動物の習性に詳しい。好きな食べ物はカネ餅(マタギの非常携行食)、嫌いな食べ物はしいたけ。 ある目的の為に家族・故郷・そしてマタギの生き方も捨て、兵士となった過去を持つ。 愛称は谷垣ニㇱパ、マタギ、ゲンジロちゃん、セクシーマタギ 寒冷地仕様のムチムチボディと濃いめの胸毛がチャームポイント。 個人的には細谷さんの起用は谷垣の魅力をきちんと表現してくれるだろうという安心感がある。, 吊り上がったようなゲジ眉にキリッとした鋭い目。 Blu-ray/DVD初回限定版 第四巻~第六巻の予約・購入者向けに「原作者・野田サトル書き下ろしドラマCD」のプレゼントあり[90]。, 尺や放送コードの関係で放送できなかった原作エピソードは、原作コミックスのアニメDVD同梱版特典としてアニメ化されている。, 第1弾は原作コミックス第15巻の限定版として長編「茨戸の用心棒」と短編「怪奇!謎の巨大鳥」を収録[92]。長編「茨戸の用心棒」の冒頭およびラストシーンは、アニメ第12話「誑かす狐」冒頭および終盤の茨戸のシーンと同じものが使われており、両者が並行する時間軸であることを示す演出となっている。, 第2弾は原作コミックス第17巻の限定版として長編「恋をしたから脱獄することにした」と短編「恐怖の猛毒大死闘!北海道奥地に巨大蛇は存在した!」を収録[93]。, 第4弾は原作コミックス第23巻の限定版として、テレビアニメの製作前からテレビ放送できないエピソードとしてカットされた姉畑支遁のエピソードが収録予定[95][37]。, 『ゴールデン道画劇場』(ゴールデンどうがげきじょう)はYoutubeで毎週月曜23:30に期間限定で配信されたショートアニメ[96]。監督は森井ケンシロウ、アニメーション制作はDMM.futureworks/ダブトゥーンスタジオ、音響制作はマジックカプセル[97]が担当。, テレビアニメ本編ではカットされた原作のギャグやパロディ、おまけ等のショートエピソードをショートアニメ化したもので、内容は全て原作準拠。公式サイトの解説によると「本誌連載時の扉絵やコミックスのおまけを中心にお送りするショートアニメ」。なおタイトルの『ゴールデン道画劇場』はアニメオリジナルだが、こちらもタイトルロゴを含め『ゴールデン洋画劇場』のパロディとなっている。, テレビアニメ本編のBD / DVD各巻に映像特典として収録。BD / DVD特典限定の新作も収録される。, 単行本の人物紹介において「杉元"一味"」「土方"一味"」との記載がある。アニメ版では「杉元"陣営"」「土方"陣営"」という表記に変更されている。また、「ゴールデンカムイ北海道オールスターズ総選挙」(2018年8月23日~10月8日開催)においては「杉元"一行"」「土方"一派"」「鶴見"一党"」という表記がされている。, アニメ監督の難波日登志「杉元とアシㇼパはオーディション。他のキャラはアニメにした時のイメージに合う役者さんをオファー」, 作中で彼の年齢については明言されていないが、満期除隊の場合は通常23~24歳である。(満20歳時の, 三十年式歩兵銃は500メートルほどが有効射程と言われているが表尺自体は2000メートル。, 尾形の第七師団出奔時にはまだ師団に導入されていなかった。気球強奪時(99話)に杉元が師団員から奪った銃を尾形が使っている(114話)。三八式歩兵銃では三十年式歩兵銃の銃弾(三十年式実包)も使うことが可能。, 旧日本軍では兵役該当者の名簿を各市町村の役所の兵事係に作らせており、その中には家族や職業、宗教や趣味嗜好などを記載した「, この頃から単行本化する際に「ムチムチ」と呼ばれる肉付きが良い体型に修正されるようになった。, 以降、鶴見とも普通に会話しており、言及はされていないが第七師団へ復帰したと推測される。, 橇を譲った相手は膝下を失った寅次を抱えた杉元であるが、お互いに気付いた描写はない。(150話), アニメ監督の難波日登志「ネイティブに話せる方を探したのですが イメージに合う方がいなくて」「イメージの合う小西さんに」「薩摩弁は指導を受けながら」, 第15巻「前回までのおさらい」にて、杉元の集めた刺青人皮はすべて鶴見中尉に渡ったと言及されている。, アニメブルーレイ第1巻封入冊子の登場人物紹介における表記。第2話のEDクレジットでは「囚人」。, アシㇼパ「父と猟をしていた頃に二瓶の名前を聞いたことがある」(26話)とあるため、アイヌ殺害事件以前のこと。, アニメでは白石が家永より得る情報が日高ではなく夕張に変更となった。そのため、原作では白石が家永より得た情報で日高へ向かう途中に勇払のコタンおよび, 15巻149話で鶴見中尉の元に集められた刺青人皮の一覧(贋作含む)があるが、そこに家永のものは描かれていない。, アニメでは偽アイヌ村事件が描かれていない。そのため、合流した土方により芦別に呼ばれた設定となっている。, 「明治期に実在した凶悪犯」とナレーションがある(102話)が、名前と活動時期が若干違う。, アニメのEDクレジットおよびアニメブルーレイ第2巻封入冊子の登場人物紹介ではいずれも「アシㇼパの叔父」。, キロランケが作った手榴弾が、日露戦争で手榴弾が使われるきっかけになった作中描写がある。, 作中で使用されている描写がある。史実では旅順攻囲戦(二◯三高地の戦いを含む)に18門が投入、, 翻訳者のセバスチャン・リュドマン(Sébastien Ludmann)に贈られた。, 「タイツは19世紀の中ごろにフランスで発明」「当時、すでに小樽の女性はストッキングをはいていた」, アニメ監督の難波日登志「このお話は実はアニメ化のお話をいただいた時からNGと言われていました。理由は動物を強姦したり虐殺する描写です。」, 記録的な雪不足のため、雪像はすべてが制作中止、期間を2月8日~9日の2日間に短縮しての開催。, 博物館明治村×TVアニメ「ゴールデンカムイ」 狩る!食べる!解き明かす!リアル謎解きゲーム, 「鹿の脳みそも食べた」人気漫画『ゴールデンカムイ』の作者のこだわりとは(2018年6月9日 週刊朝日), 『ゴールデンカムイ』野田サトルインタビュー ウケないわけない! おもしろさ全部のせの超自信作!, 【北海道ゆかりの本大賞】増田俊也さん『北海タイムス物語』と野田サトルさん『ゴールデンカムイ』が受賞, Le traducteur Sébastien Ludmann (Golden Kamui) est le premier lauréat du prix Konishi, 2018年Daruma賞発表 : Manga部門 Japan Expo Awards 「漫画部門」の受賞者・作品を発表します。, 「ゴールデンカムイ」鶴見中尉は大塚芳忠、尾形は津田健次郎、谷垣は細谷佳正(コメントあり), 「『ゴールデンカムイ』コミックス第15巻 アニメDVD同梱版 9月19日(水)発売決定.