九州ダービー(きゅうしゅうダービー)は、主に九州(九州サッカー協会管内)にホームタウンを置くサッカークラブ同士の対決を指す。なお、Jリーグ加盟クラブ間の対戦の愛称として「バトル・オブ・九州」(バトル・オブ・きゅうしゅう、バトルオブ九州)が2010年より設定されている。, この項ではJ1・J2・J3の以上Jリーグ主催大会に加え、JFL(日本フットボールリーグ)についても網羅する。FC琉球は沖縄県であるが、九州・沖縄広域圏として扱うと含まれる(沖縄県は九州サッカー協会エリア)。, 2008年、当時J2に所属していたアビスパ福岡、サガン鳥栖、ロアッソ熊本の3クラブ共同で「九州ダービーキャンペーン〜熱いサッカーは九州から始まる! 2008年、当時J2に所属していたアビスパ福岡、サガン鳥栖 ... 互いに「望みを絶たれた」経験から、ある種因縁めいたものがあるとされている。 [要出典] 鳥栖フューチャーズvs大分トリニティ. サガン鳥栖 u-15のページです。サガン鳥栖オフィシャルサイト。最新ニュース、試合情報、チーム・クラブガイド、チケットやスタジアム情報などサガン鳥栖の公式サイトです。 1999年 - 2001年(J1) 「日本サッカーに足りないものがここにある」松本 育夫(サガン鳥栖監督)(1/2) - OCNスポーツ サッカーコラム, なんですと?福士蒼汰“指原莉乃のうちわ”に混乱 正体を知らず訪れた芸人宅で見つける. J1で史上初の因縁の対決であるサガン鳥栖VSアビスパ福岡の試合はチケット完売の満員御礼で観客数19762人と浦和レッズ戦並の観客で溢れかえり異様な雰囲気(苦笑), 今まで凌ぎを削って来た相手なだけに両チームのサポーターもいつも以上に気合が入ったと思う。, アビスパのサポーターの決起集会にも参加して今年のチャントの新曲を歌ったりと本当にダービーのこの感じは久しぶりのいい雰囲気\(^o^)/, それは選手達にも伝染するもので、豊田陽平と鈴木惇の小競り合いなど両チーム合計で8枚のイエローカード(サガン鳥栖4枚 アビスパ福岡4枚)が乱立する大荒れになりながらも、前半8分にサガン鳥栖のDF吉田豊nクロスからFW豊田陽平の見事なヘディングが決まり先制されると、アビスパも何とかしようとするものの、中々サガンの守備陣を崩すに至らずサガン鳥栖に試合を支配される苦しい展開で前半を1-0で折り返す。, しかし、後半開始早々アビスパのDF實藤のミスからカウンター一発で鳥栖の岡田に追加点を決められ2-0で苦しい展開を余儀なされるが、アビスパは坂田・平井を投入して反撃に出ると後半26分にCKからFWウェリントンがゴールに突き刺し、1点を返すと勢いに乗るアビスパはその後も波状攻撃を仕掛けるが、追いつくことが出来ずに2-1で開幕戦をモノにする事が出来ずに試合終了!, 今回はアビスパ側で応援したが相手が好きなクラブでもあるサガン鳥栖なら負けても悔しくない(笑), アビスパも負けはしたけど、FW金森とか素晴らしいドリブルでチャンスを作ったし、十分J1で通用すると思うし、悲観する様な感じでもなかったと思う。. 乃木坂46白石麻衣が2018年度CM女王に! 「マキアージュ」などCM出演のギャラは6000万で年収は1億超えか 他メンバーは... 乃木坂46・山下美月に文春砲! 彼氏との「指パク写真」流出騒動の真相は? 相手は同じ学校の彼氏で箝口令が出ていた, 指原莉乃が整形で顔面大崩壊? 目元・鼻・口角が変わりすぎて自然に笑えない? 比較画像で検証(猫もいるよ). サガン鳥栖側 ・ディフェンスリーダー役の確保 ・cbの頭数の確保 ・前線への供給役 ・チームへのカンフル剤. あわせて知りたい.

ダビド・ビスコンティ(David Carlos Nazareno Bisconti, 1968年9月22日 - )は、アルゼンチン・ロサリオ出身の元サッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー、フォワード。愛称はダビ。, CAロサリオ・セントラル時代はアルゼンチンリーグで得点王を獲得[1]。アルゼンチン代表にも選出され、10番を背負った経験を持つ。, 1993年、横浜マリノスに加入し、攻撃的MFとして3年に渡り活躍。ラモン・ディアス在籍時はアシストの役割を担った[1]1993年のJリーグ開幕戦となったヴェルディ川崎戦では先発フル出場した[2]5月19日、第2節ガンバ大阪戦での決勝ゴールがJリーグ初ゴールとなった[3]。1995年にはjリーグ得点ランキング3位の27得点をマークし[1]、サントリーシリーズ優勝に貢献、同年のJリーグチャンピオンシップ、ヴェルディ川崎戦の1stレグでは決勝ゴールを決め[2]、年間優勝に大きく貢献した。, 1996年に退団し、チリ、アルゼンチンなどのクラブで活躍。2000年再来日し、アビスパ福岡、サガン鳥栖でプレーした。福岡時代、2000年11月18日第13節市原戦でハットトリックを達成した[4]。Jリーグでは通算138試合62ゴールの成績を残し[3]、2003年帰国した。, 2012年3月31日、横浜FMの20周年記念のメモリアルゲームとなった鹿島アントラーズ戦に来場した。, 横浜F・マリノス、歴代最強外国籍選手5人。Jリーグ初代得点王ディアスから現役最強CBまで, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ダビド・ビスコンティ&oldid=77831509. サガン鳥栖とアビスパ福岡の戦いは 因縁 1988年に大阪からホークスがやって来た。南海ホークスから福岡ダイエーホークスになる。 1994年に浜松からpjmフューチャーズが佐賀に移転し1995 たまに記事を書くと思います。 藤枝ブルックス / アビスパ福岡: 46 (17) 1996 →東京ガス (loan) 12 (1) 1997 →福島FC (loan) 13 (3) 1998: 水戸ホーリーホック: 17 (2) 1999-2002: サガン鳥栖: 63 (18) 1. アビスパ福岡公式サイト|AVISPA FUKUOKA Official Website, アビスパ福岡公式サイト。公式サイト。試合レポート、プロフィール、スケジュール、チケット情報。, サガン鳥栖オフィシャルサイト。最新ニュース、試合情報、チーム・クラブガイド、チケットやスタジアム情報などサガン鳥栖の公式サイトです。, ご存知の方も多いかと思いますが、「バトル・オブ・九州」を語る上で欠かせないのが、サガン鳥栖とアビスパ福岡のダービーマッチです。, 出典「日本サッカーに足りないものがここにある」松本 育夫(サガン鳥栖監督)(1/2) - OCNスポーツ サッカーコラム, 「野球は福岡、サッカーは鳥栖」という暗黙の了解を受け、九州からプロサッカークラブを育てようと、鳥栖でPJMフューチャーズがスタートしました。しかし、その半年後に福岡市が静岡県から藤枝ブルックスを誘致し、同じ地域に、しかも電車で30分ほどの近隣にサッカークラブが誕生してしまったんです。その後、福岡ブルックスからアビスパ福岡となってJ1に昇格し、安定したクラブ経営や集客力で順調なスタートを見せました。一方、その余波を受けた鳥栖は、経営難からチーム存続の危機に追い込まれてしまった。そういった経緯もあり、サポーターの中に福岡に対しての“怨念”にも似たライバル意識が芽生えたのだと思います。, サポーターは選手以上に福岡とのダービーマッチを意識していると思います。鳥栖のホームゲームでは、福岡サポーターが鳥栖駅からスタジアムの途中にある陸橋で、「サガン鳥栖は弱い」と歌いながら歩いてくる。向こうの横断幕でうちのマスコットのウイントスが焼き鳥にされたり、釜ゆでにされていたり……。あれはチームにとっても、サポーターにとっても本当に屈辱的でした。ただ、今はダービーで結果を出しているので、「ユーモア」として捉えられるようになりましたけどね(笑)。, アビスパ福岡(アビスパふくおか、Avispa Fukuoka)は、福岡県福岡市にホームを置く[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。, サガン鳥栖(サガンとす、Sagan Tosu)は、日本の佐賀県鳥栖市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。, サガン鳥栖のホームタウン鳥栖市と、アビスパ福岡のホームタウン福岡市は、特急電車なら15~20分分程度の比較的近距離。, 小郡市、久留米市、佐賀県鳥栖市、基山町で構成する「筑後川流域クロスロード協議会」では、平成24年8月9日、クロスロード地域がひとつになり共に発展するために、Jリーグサガン鳥栖を応援する「サガン鳥栖応援宣言」をベストアメニティスタジアムにおいて行いました。, 小郡市や久留米市は、福岡県だが、鳥栖市と隣接しているため、サガン鳥栖を応援している。, 【アビスパ福岡】 2012年 ~(J2), サガン鳥栖とアビスパ福岡の因縁はJFLでそれぞれ鳥栖フューチャーズ、福岡ブルックスの時代からあった。1995年にブルックスが福岡に移籍すると、鳥栖フューチャーズの主力選手をごそっと抜きだされ、1995年に先にJリーグに昇格され、鳥栖フューチャーズは1996年にPJMが撤退して解散となったことがある。『サガン鳥栖』誕生後、福岡と対戦する場合は福岡サポーターから「田舎でもサガン鳥栖は弱い」、「飛ばない奴はサガン鳥栖」と言われる始末だった。尤も、J2では順位が鳥栖と福岡で逆転した年が2度ほどあり、2011年には鳥栖がJ1昇格し、福岡がJ2に降格したため、遂にカテゴリでも逆転することとなった。サポーター同士でも小競り合いが起き、2007年には福岡サポーターが鳥栖勝利の際に鳥栖駅を占拠して問題となった。なお、サガン鳥栖のアンチテーマは福岡サポーター(ウルトラオブリなど)以外にもFC東京や浦和レッズなどで歌われている。, ULTRA OBRI 2010 9.23 vs SAGAN TOSU @INAKA STADIUM, おまけ  アビスパだけでなく、J1の他チームのサポーターもこのチャントを歌っています。. !〜」を展開した[1]。, 同年4月、アビスパ福岡、ギラヴァンツ北九州、サガン鳥栖、ロアッソ熊本、大分トリニータの5クラブの地元である自治体(福岡市・北九州市・鳥栖市・熊本市・大分市)が「九州Jリーグホームタウン連携会議」(九州JHT)を発足[3] させ、共同でスタンプラリーや特産品販売などのイベントを行なう[4]。, ※1998年まではジャパンフットボールリーグ(旧JFL)、1999年以降は日本フットボールリーグ。, 福岡、鳥栖、大分の3チームで争っていた時代は大分が圧倒しており、2002年(J2)・2006年(J1)の福岡、1999年 - 2002年(J2)の鳥栖との対戦はいずれも無敗であった。しかし2010年にJ2に降格して以降は苦戦しており、2012年にアウェー北九州戦で「バトルオブ九州」初勝利を挙げるまでは3シーズンに亘り16試合連続で勝ちなしであった[9]。鳥栖は2004年までの低迷期が影響して福岡・大分との対戦成績が極端に悪くなっていたが、対戦機会の多かった福岡戦に関してはある程度改善している。大分とのJ1での初対戦となった2013年には、ナビスコカップでは敗れたもののリーグ戦で連勝した。, 「バトルオブ九州」という名称を冠してからは、2010年に5クラブで競った際は同シーズン終了後J1に昇格した福岡が5勝1分2敗で優勝、2011年・2012年と北九州が連覇(それぞれ3勝3分、3勝1分2敗)、2013年は福岡が優勝(3勝3分)と福岡勢の優勝が続いていたが、2014年は熊本が初優勝した(4勝3分1敗)。, 九州に本拠地を置くJリーグチームの中でも、両チームは本拠地同士が30km程度しか離れておらず、さらにはクラブ創設の経緯を含め過去に様々な浅からぬ因縁があることから、注目度も高い[10]。, 鳥栖市と大分市は大分自動車道で結ばれているため、「大分道ダービー」と呼ばれることがある。互いに「望みを絶たれた」経験から、ある種因縁めいたものがあるとされている。[要出典], 本項目で述べた以外のスポーツにおいても、「九州ダービー」と称されるものがある。以下は代表的なものを記述する。, 「大分道ダービー」と呼ばれることがある。互いに「望みを絶たれた」経験から、ある種因縁めいたものがあるとされている。, “~ 熱いサッカーは九州から始まる!福岡・鳥栖・熊本共同企画 ~ 「2008九州ダービー」イベント実施のお知らせ”, https://web.archive.org/web/20080607062233/http://www.nishinippon.co.jp/nsp/avispa/20080324/20080324_002.shtml, http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20100302-601841.html, https://kumanichi.com/roasso/kiji/201004/20100407002.html, “サッカー:あすJ1開幕 いきなり福岡VS鳥栖 クラブ誘致や選手移籍で因縁、両サポーターも火花”, http://mainichi.jp/articles/20160226/ddg/041/050/003000c, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=九州ダービー&oldid=79370382, 11月11日に行われた沖縄県での対戦で、熊本が勝利しJリーグ参入の成績条件であったJFL4位以内を確定させている。(実際にはこの時点で3位以内が確定した), 2005年10月23日のアビスパ福岡対サガン鳥栖の試合は、アビスパ福岡のJ1昇格が目前であることから最後のダービーマッチという意味で「2005 Kyushu Derby Match FINAL」と題して試合が開催され、福岡が4-1と鳥栖を圧倒する。しかし、1年で福岡がJ2に戻ってしまい、再びJ2で対戦することとなった。, 福岡と鳥栖がJ2で対決した2007年は第3クール(鳥栖のホームゲーム)で福岡サポーターがペットボトルや傘を投げ入れたり、関係者以外立ち入り禁止のエリアに入ったり、さらにはメインスタンドに侵入し子供にケガを負わせた。, 2011年には東日本大震災によりJリーグが中断されている中、復興支援試合がレベスタで行われた。, J1初の九州ダービーとなった2006年の初対決では、アウェーの大分からバスだけで25台、4500人が詰め掛け、5000人を超えた大分サポーターで博多の森のアウェー側は満席、アウェー席に近いスタンド席も大分サポーターで埋め尽くされた。アウェーにも関わらず、大分サポーターがカラーボードを掲げ、大分のシャムスカ監督を始め口々に「大分のホームかと思った」と発言している。試合も大分が快勝した。, 2017年終了時点で福岡はこのカード2勝しかしていないが、勝利を収めたシーズンはいずれもJ1に昇格している。(2010年、2015年), 1996年7月7日、鳥栖スタジアムでの旧JFL第14節で初対決し、鳥栖Fが4-1で勝利。しかし、, J2発足以降、両チームが所属した2002年までは大分が圧倒し、4年間で15勝1分けであった。しかし、鳥栖が唯一負けなかった試合は、鳥栖が大分のJ1昇格を阻止した試合である(, 2010年5月9日、8年ぶりにJ2での同カードが大分銀行ドームで開催された。逆転に次ぐ逆転という壮絶な打ち合いの末に鳥栖が4-3で大分を下し、J2リーグ戦での初勝利を収めた。, 2013年には初めてJ1で両チームの対戦が実現、リーグ戦では鳥栖の2勝に終わったが、ベストアメニティスタジアムで開催された, 熊本のホームゲームではKKWINGを使用することが多いが、一度だけ水前寺競技場を使用した。アウェーとなる福岡からはJRで乗り換えなしで水前寺まで行くことができるため、JRが混雑した。なお、2018年6月の対戦でも水前寺を使用した。, 福岡県と佐賀県が対決したのが2010年と2011年で行われた。鳥栖がJ1昇格したため開催は一時中止となった。, 熊本がJ3へ降格したため、2017年に完成した、ミクスタで行われるようになったが、北九州がJ2復帰したため、J3リーグでの1年限りとなった。, 近年鳥栖がホームの駅前不動産スタジアムでの観客動員記録を更新するのは熊本戦が多く、2008年第36節では初の2万人超えとなる20,129人、2011年最終節では鳥栖のJ1昇格が事実上決定していたこともあり22,532人を動員した。なお鳥栖は駅スタで熊本に勝利したことがなかったが、2019年天皇杯2回戦で対戦し、PK戦の末、鳥栖が勝利した。, 2015年のJ2で福岡が3位、長崎が6位でシーズンを終えたため、J1昇格プレーオフ準決勝で両チームが対戦。福岡が1-0で勝利した試合後、長崎サポーターからのアビスパコールに福岡の選手が反応しアウェイ席まで挨拶に向かう一幕があった。, それから2年後の2017年に両クラブが再び昇格を争い、長崎が2位に入り初のJ1昇格を果たした。一方4位でプレーオフを戦うことになった福岡はPO準決勝(vs, 鹿児島が1シーズンでJ3降格になったことから、2020年のJ3リーグの第1節で無観客試合として行われる。, しかし、HOYOが2013年をもってチャレンジリーグから撤退。鹿児島も「チャレンジリーグ入れ替え戦」で.