この記事へのトラックバック一覧です: サンテレビ土曜深夜アダルト・バラエティー枠CM集!! 「懐かしパーフェクトガイドvol.4」で“ダンレボ=DDR”特集を担当!「ダンスマニア」の名曲を音楽レビュー!! ... cm前にはのり天go go heavenと表記。なお、この番組だけは関東には放送されていなかった。 夜美女(2003年4月 - 2007年3月) インリンのm時ですョ!→ドm時デスョ!(2007年4月 - 2008年3月) 今夜もハッスル(2008年4月 - 2009年6月) 金曜日時代.

]。また、一部の番組では副音声を利用した解説放送を行っている。, 独立局であるが、ANNとは、開局当初から番組販売での取引関係が深く、MBSテレビ→朝日放送テレビでネットしないテレビ朝日や各系列局制作の番組を番組販売により多数購入して時差放送しているほか、1985年以後の『全国高校野球選手権大会中継』と水曜・日曜の阪神戦では、朝日放送テレビとの相互リレー中継(日曜阪神戦ナイターやサッカー日本代表の強化試合・世界水泳といったテレビ朝日系全国ネットのスポーツ中継が組まれている時など、朝日放送テレビが差し替えできない場合は体裁上共同制作による完全中継)を実施している。また2013年には『海賊戦隊ゴーカイジャー』・『仮面ライダーオーズ/OOO』を皮切りにテレビ朝日製作の特撮番組の再放送を始めている。, 以下の県外のケーブルテレビ局では、区域外再放送が行われている。なお、大阪府については全てのケーブルテレビ局で再放送を行っているため、省略している[注 16]。, 近畿地方や岡山県・香川県では、原則としてリモコンキーIDも「3」としている[注 17]。, 和歌山県では、アナログ放送の頃から地元のテレビ和歌山から同意が得られないため(共同アンテナを除く)区域外再放送が行われていない。また、かつては高知県の高知ケーブルテレビ、三重県のアドバンスコープ、滋賀県の滋賀ケーブルネットワークなどでもアナログ放送のみ再放送を行っていたが、2011年7月24日のアナログ放送停波と共に終了した。, また、光放送の「ひかりTV」では、2020年11月15日22時06分現在も、原則として他都道府県の放送については配信同意を得ていないため、直接受信や他のケーブルテレビ、及びスカパー!プレミアムサービス光・フレッツ・テレビとは異なり、大阪府の大多数では配信・放送の対象となっていない(スカパープレミアム光については、四條畷市と島本町の一部ではサンテレビが受信できず、KBS京都、奈良テレビ(四條畷市一部のみ)で代替している)。, サンテレビでは新作テレビアニメ番組を継続的に放送しており、特に深夜帯の作品群(いわゆるUHFアニメ・深夜アニメ)においては関西地区における主要なネット局の1つとして重要な位置付けにある。, 平日の朝7時台には帯番組として、長年にわたって番組販売により購入した旧作を再放送している[注 21]。ただし、2007年4月以降は金曜日が他ジャンルの番組に変更され(一時期を除く)、2013年3月21日(木曜日)からは7時からの前半枠が『Kids劇場』と題した特撮番組枠となるなど、やや規模を縮小している。まれに、この枠で新作を放送することがある[注 22]。2016年4月には土曜朝7時台にも枠を新設し、『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』(新作)を放送した。, 朝以外の作品は、大多数が深夜帯に放送されている[注 23]が、土曜と日曜には22時台に編成することもある。深夜帯は2005年7月に水・木曜日の26時台にアニメ番組枠が新設されたのを契機に、作品数の増加に比例して枠は拡大。時期によっては、平日(月 - 金曜日)の26時台が全てアニメ番組枠となる[注 24]ほか、2011年4月以降は日曜日にも番組枠が常設されている。, 一方で、日曜未明(土曜深夜)帯はMBSテレビの『アニメシャワー』が関西圏のアニメファンの視聴習慣に大きく根付いている事から[22]、原則として競合を避けるように編成している。, 2000年代以降は、キー局が制作に関与している作品を放送する場合がある。特に、TBSテレビや同系列局のCBCテレビ、日本テレビが関与している作品にその事例が多く、本局と同様にアニメ番組を多数編成している毎日放送や読売テレビで放送枠から外れた作品をネットするというケースが多い[注 25]。ただし、2017年4月以降は、関西圏でも異系列ネットすら行われないキー局の作品もある。, なお、平日26時台を中心に他局(府県域局のテレビ大阪やKBS京都を含む)のアニメ番組と競合するケースも珍しくない。ただし、プロ野球中継が組まれる日に中継時間が延長された場合は、競合の有無が変化することがある。, これらの他、昼間時間帯以外で5分(一部の作品は10分)程度のミニアニメも多数放送されている。, 時間帯を問わず、番組の冒頭では視聴時の注意喚起のテロップが表示される(短編アニメでは表示なし。連続放送する場合も同様)。以前は必ず本編の冒頭で画面上端または下端に表示されていたが、現在はオープニング主題歌の冒頭で表示される場合もある[注 26]。また、深夜枠では野球中継で時間が繰り下がった場合、その旨もあわせて表記される(他ジャンルの番組でも同様。編成によっては、最大4回表示されることもある。)。, 地上デジタル放送への完全移行までは、ハイビジョン制作の作品はデジタル放送において画角比16:9のフルサイズで放送していた[注 27]。しかし、同じ16:9サイズでも標準画質のマスターで制作されているものは額縁放送となっていた(2008年9月30日に放送マスターを更新してからも継続)。, 1995年1月17日未明に発生した阪神・淡路大震災では本社も被災し、またほぼ全ての社員が被災者となったことから、震災の発生から数ヵ月間は特別な放送体制を取ることを強いられた。, 地震が発生した5時46分の時点ではまだ放送開始前で、5時41分にテストパターン映像による試験電波を発射し始めて5分経ったところだった。, マスターは無事だったため、テープの確認作業を経て6時30分からのフィラーの天気予報、6時56分からのオープニング、7時からの『BBCワールドニュース』のサイマル放送と、自動送出で通常通りの放送を行ったが、本社ではスタッフがなかなか揃わない上に震動によって多くの物品が散乱し、スプリンクラーも作動して水浸しになる等、すぐには震災に関する放送を行うことができなかった。, スタッフの多くが交通網の寸断によってポートアイランド内の本社になかなか辿り着けない中、最低限のスタッフが揃った所で8時14分頃にCMを中断して震災関連のニュース番組を放送。これをきっかけに通常の番組を全て休止し、午後からはCMもカットしてひたすら震災関連のニュースに専念した。, 当初は、技術スタッフが不足しており字幕スーパーを画面に表示するオペーク装置を作動させることができず[注 28]、画用紙に手書きした文章を映して対応した。初日は、何とか本社に辿り着いた社員に道中の模様をリポートさせるという形で現状を伝えた。翌日からは、電気・水道・ガスといったライフラインや情報通信・交通などの生活に関する情報をはじめ、学校から生徒に向けた連絡、被災者の諸手続について、さらには公衆浴場の復旧に関する情報まで、被災者からのあらゆる要望に応じた情報の提供が主となった。, 22日までの間も番組やCMを一切休止し、早朝から夜間の一定の間隔を設けてスタジオからの震災関連情報を、アナウンサー等ほぼ全ての社員・スタッフが交代で放送した。スタジオ放送が休止されている時間帯は、お天気カメラや市街地からの中継映像をフィラー映像として放送することで、切れ目なく電波を出し続けた。, 震災から1週間が経過した23日からはほぼ通常の編成に戻ったが、休止した番組の代替編成を始めとしてニュースの時間帯等で震災関連の文字情報を提供する等、3月末までは変則的な編成で放送した。, 2月17日にはテレビ朝日系列のニュース番組『ニュースステーション』をサンテレビジョンより、通常より60分長い21:00-23:18で生放送された[23]。これは、業務提携している朝日放送の協力により実現したものである。朝日放送と並行して同内容のものが放送されたことになり、これは極めて異例である(番組内でも並行放送している旨が紹介された)。番組内では前述した震災当日の動きが伝えられ、その一環で当時の本局の放送開始時のオープニング映像のごく一部も放送された。また、通常はローカルニュースを放送する時間に編成されたことから、通常の『SUN-TVニュース』にあたるニュースや天気予報も全国放送された。なおスタッフロールでは、淡路島からの中継を担当した瀬戸内海放送と並んで「制作協力」と扱われた。, 1996年以降も、毎年1月17日には、曜日を問わず震災関連の報道特別番組を長時間にわたって編成。前夜(同月16日)から被災地域の数カ所で開かれる追悼行事「阪神・淡路大震災1.17のつどい」の模様を、主要会場の1つである東遊園地(神戸市役所南側)からの生中継方式で、発生時刻(5時46分)の前後に放送している。同年や2005年には、ほぼ1日を通して特別番組を編成していた。, この地震発生からの動きは、当社のウェブサイト内の「震災報道の記録」にも詳述されているので参照のこと。なお、この日は、上記に記載の通り「震災から20年の特別番組」放送のため、2:50放送開始となり、前日の放送終了が26:50となった事から終夜放送となった。, また、発生から25年目に当たる2020年1月17日(金曜日)には、4部構成による震災25年報道特別番組『バトン1.17~あなたへ~』を17:00 - 21:55に編成。発生当時テレビ朝日のアナウンサーとして『ニュースステーション』[注 31]のサブキャスターを務めていた小宮悦子(フリーアナウンサー)が、第2部(かつての契約キャスターだった松本純の取材・ナレーションによる事前収録のドキュメンタリー「震災の記憶~家族4人を亡くした同級生は~」を放送した19:00 - 20:00)・第4部(谷口のナレーションによる事前収録のドキュメンタリー「いたみ分けあい歩む道~震災障害者のいま~」を放送した21:00 - 21:55)以外の時間帯にゲストで出演した[24]。, 2011年3月11日の東日本大震災発生時にも、通常番組の一部を休止し、震災関連特別番組を編成。コマーシャルも公共広告や自社・及び関連の神戸新聞社・デイリースポーツに関連するイベント等に縮小。, またこの日から3月24日頃まで、コマーシャルの時間を含む全ての放送時間帯(途中からコマーシャル中の表示は停止)に、震災の救援物資情報、義援金募集情報のL字型画面ロールテロップを放送した。, 開局当初は東京12チャンネルと連携し、『こんにちは!奥さん2時です』などの共同制作番組も手掛けていた。, しかし、テレビ東京は「メガTONネットワーク」(現・TXNネットワーク)と称した全国放送網を構築すべく、その本格展開第1号となった1982年3月1日のテレビ大阪の開局により、大阪府内でも広範囲で視聴できる本局との競合を避ける意向から、サンテレビへのテレビ東京系列の番組供給を中止[注 32]。これにより、テレビ大阪が受信できない兵庫県内の内陸部[注 33]では、BSテレ東を受信しない限りはテレビ東京の番組を全く視聴できない状況となっている。, よって、現在に至ってもサンテレビとテレビ東京は通常の番組編成面では、ほぼ無縁の状態に等しい。ただし例外的にテレビ東京からネット受けを行ったケースは過去にあり、1989年1月の昭和天皇崩御時の特番[注 34][注 35]や、神戸市が提供スポンサーに入っていた宝くじ番組、2000年代のプロ野球日本シリーズの中継が挙げられる[注 36]。, また、番組販売を通じて過去にテレビ東京で放送された番組の取引は現在も限定的ながら行なわれている(『ポケモンゲット☆TV』など[注 37][注 38])[注 39]。また、外部制作扱いのものでは『熱血電波倶楽部』のようにテレビ大阪で未放送となった番組を遅れネットした事例がある他、サンテレビが参加している制作委員会形式のテレビドラマでは、系列のTVQ九州放送・テレビせとうちが参加している作品がある。, この他、KBS京都からネット受けしている『うまDOKI』においても、関西以外の地方でのメインレースはテレビ東京や系列各局からの中継を受けている[注 40]。これは、サンテレビがテレビ大阪の開局前から競馬中継を放送していることによるもので、テレビ大阪(2012年4月以降はテレビ愛知も)では、中央競馬中継を放送していない。, こうした中、テレビ東京社長(当時)の菅谷定彦は、2007年5月31日の定例記者会見で、アナログ放送が終了する2011年からを目途に、放送対象地域が大阪府に限定されているテレビ大阪について兵庫県や京都府へも拡大する構想を発表したが、その後特に動きはない。, 開局当初から1990年代の中盤までは、男女とも正社員として採用。女性アナウンサーについては、1990年代の後半以降、関西圏のアナウンサー・タレント事務所からの派遣扱いで契約社員として一定期間(最大3年間)勤務するフリーアナウンサーが多い[25]。, 開局当時から設けられている、自社制作の番組や主催・後援のイベントでアシスタントを務めるユニット。メンバー紹介を兼ねたプロモーションビデオ風のスポットCMも放送されている[27]。, 任期は毎年4月からの1年間で、毎年12月から翌年2月にかけて、兵庫県内(本社へ1時間以内で通えるエリア)に住む女性を対象にメンバーを公募。新たに採用されたメンバーは、毎年3月下旬から4月上旬にかけて、自社制作の番組で披露される。2020年4月からは第51期の5名が活動している。また、2017年度(2017年4月 - 2018年3月)に活動した第48期(5名)のうち2名は、2018・2019年度にも「サンテレビガールズplus」として活動していた。, 主なOGは、あいはら友子、やすみりえ(第22期)、赤江珠緒(元朝日放送アナウンサー、現在はフリーアナウンサー)、遠藤奈美(KBS京都アナウンサー)、塚本麻里衣・津田理帆(いずれも現在は朝日放送テレビアナウンサー)、時枝里好(第37期)、塩見泰子(第40期。現在は気象予報士・NHK大阪放送局契約キャスター)、東優花(第45期。元テレビユー福島契約アナウンサー)、羽田優里奈(第47期)。2011年度選出の武田訓佳は、任期終了後から羽田と同じく舞夢プロへ所属するとともに、2013年度から『熱血!タイガース党』で「秘書」(アシスタント)を務めている。また、第49期では、フィギュアスケートの選手として国際大会へ出場した経験を持つ岩元こころを採用していた(任期中は関西学院大学へ在学→任期満了後にセント・フォース関西へ所属)。, 埼玉県:テレビ埼玉(テレ玉、TVS)千葉県:千葉テレビ放送(チバテレ、CTC)神奈川県:テレビ神奈川(tvk), 全国独立放送協議会 | 首都圏トライアングル | 5いっしょ3ちゃんねる | 三都ネット, 1:一部、東名阪ネット6制作扱いの作品を含む。テレビ番組・映画の両方を展開している作品は、両方に記載。2:『走る男女子部』・『走る男 THE FINAL』は一部局が制作局から外れているため、共同制作のリストには含めない。3:現在は首都圏トライアングル制作に移管。4:『モンキーパーマIII』は一部局が制作局から外れているため、共同制作のリストには含めない。, 民放テレビ局の網掛の凡例■…NNN・NNS系列局、■…ANN系列局、■…JNN系列局(Gガイドのホスト局)、■…TXN系列局・提携独立局、■…FNN・FNS系列局、■…独立局、■…TOKYO MX系統独立局の備考1.

^ KBS京都放送、SUNサンテレビジョンはMXとの提携関係あり2.

1 :名無し募集中。@転載禁止:2014/03/13(木) 11:55:09.21 0 ラブホのcmしかないwwwwww おとなのえほんは、かつてサンテレビが制作していた深夜番組、お色気 バラエティ番組である。 放送時期は1980年代後半から1990年代半ばで、番組名は何度かマイナーチェンジしている。 おとなの絵本(おとなのえほん、1990年10月 - 1991年3月); 満月テレビ(まんげつテレビ、1991年4月 - 1991年9月) : 「週刊実話ザ・タブー」で“男泣き!70年代アクション映画”特集担当、映画レビュー執筆!, 「週刊実話」で“AV黄金時代をプレイバック!”担当、ダイヤモンド映像のAV女優について執筆…。.

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 2013年7 … サンテレビ 毎週金曜日 25:15~ kbs京都 毎週日曜日 25:15~ ぎふチャン 毎週金曜日 25:00~ びわ湖放送 毎週金曜日 25:40~ 毎週放送中! 株式会社サンテレビジョンは、兵庫県を放送対象地域としたテレビジョン放送の特定地上基幹放送事業者である。 通称はサンテレビ・sun-tv、略称はそれをさらに短くしたsun(サン)。 コールサインはjouh-dtv(神戸 26ch)、リモコンキーidは局名と同じ「3 本項では、1983年から2009年6月にかけて、サンテレビジョン(サンテレビ)で土曜深夜に放送されていたお色気番組の枠と、2009年10月から金曜深夜に放送中のお色気番組の枠について記述する。, ダイフク企画とメディアクエストにより制作されている性的な事柄を扱うバラエティ番組である。, 基本的なコーナーはそのままに、出演者や番組名、放送時間を変える形でリニューアルすることで、1983年から2009年6月の一時枠廃止を経て2009年10月から金曜深夜に枠として移行し、2020年4月現在に至るまで放送が続けられている。, 中古アダルトDVDの販売・買取を専門に扱う買取りまっくすをメインスポンサーに置き、その関係で撮影やスポンサーのほとんどが関西のブティックホテルまたはラブホテルの一室で行われていた。『夜美女』、『オナゴコロ』、『夜は美女バナ』など、司会やコーナーの進行を女性に置き換え、女性向け番組としての要素を持たせてリニューアルしていた時期もある。, 以前より、当番組枠は番組内容に関してBPO(放送倫理・番組向上機構)へのクレームが多く、「今夜もハッスル」では以前の番組よりも性的な表現などを少なくして放送していた。しかし依然、苦情件数が多かったことにより、2009年6月23日にBPOの青少年委員会で議論され、同委員会が2009年6月24日に製作局であるサンテレビに番組趣旨などを問う質問状を送付することを通告した[1]ところ、サンテレビは同日に「今夜もハッスル」を同年6月27日放送分で番組打ち切りとし、番組枠自体も一旦終了することを決めた[1]。, サンテレビは枠終了について、「社内検証の結果、内容の変更では済まないと判断した。外部の会社が制作し、コントロールが利いていなかった反省点がある」としている[1]。, 土曜枠での反省を踏まえ、更には対策を経て、2009年10月1日より開始の「オナゴコロ」より、アダルトバラエティ枠を金曜深夜に枠移動し、サンテレビが制作に関与しない体制(外部プロダクションの放送枠買い取り方式)に移行したうえで復活した。また今期より近畿地方と関東地方で別番組となり、ネット受けをしていた関東地方向けには加藤鷹司会の『鷹なり天国』、原口あきまさ司会の『そこツボ』・『そこウサ』を制作し、チバテレとTOKYO MXで放送を行っていた。, サンテレビが深夜番組打ち切り 神戸のUHF局 - 47NEWS(よんななニュース), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サンテレビ土曜深夜アダルトバラエティ枠&oldid=78335339.