閉じる, by 残念ながら、テアトル梅田にはある荷物フックは無いのですが。 . シネ・リーブル梅田(大阪市)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(7件)、写真(2枚)、地図をチェック!シネ・リーブル梅田は大阪市で118位(231件中)の観光名所です。 さん(男性), 2000年にオープンした梅田スカイビルタワーイーストの3階にあるミニシアターです。JR大阪駅からはアクセスが良いといえませ...  ©Copyright2020 ナガの映画の果てまで.All Rights Reserved. All Rights Reserved. たりする・笑)。 海猿 売店で売っている軽食やドリンクも、ちょいお洒落な雰囲気なのは同じです。 (C)2019 Factory Gate Films. 確か夕刊の映画紹介欄に何と岩手県一関市のジャズ喫茶ベイシーのドキュメンタリー映画が紹介されているのを発見。オーディオ好きのわたくしはベイシーの文庫本を読んでそそ... コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションは、Go Toトラベルキャンペーンに参加し、ホテル公式ホームページにて対象プランをご案内いたします。ご自分のスタ...

All rights reserved. トイレの前に段差があるのですが、それほど数も多くないので並ばざるを得ず、せまい... 選ぶ条件としてもちろん最重要なのは、自分が見たい作品を上映しているかどうか?ではあると思います。, 今回の記事では、「TOHOシネマズ梅田」、「大阪ステーションシネマ」、「梅田ブルク7」、「テアトル梅田」、「シネリーブル梅田」、「第七藝術劇場」の6つの梅田の映画館「TOHOシネマズなんば」「なんばパークスシネマ」の2つのなんばの映画館と番外編で少し梅田からは遠ざかりますが、日本最大級の映画館「109シネマズ大阪エキスポシティ」を紹介していきたいと思います。, 今回ご紹介する映画館はどれも私が頻繁に利用しているので、より詳しい情報をお届けできるかと思います。. 大々的に宣伝している以外の映画、アメリカ以外の映画を観たい時には、チェックします。 シネ・リーブル梅田 と テアトル梅田 は大阪北区にあるテアトル系列の劇場で、関西には他に、シネ・リーブル神戸、シネマート心斎橋がある。. 続きを読むたりする・笑)。大々的に宣伝している以外の映画、アメリカ以外の映画を観たい時には、チェックします。同じような上映傾向の映画館にテアトル梅田がありますが、そこに比べると、売店が充実していますね。売店で売っている軽食やドリンクも、ちょいお洒落な雰囲気なのは同じです。前の席に傘ホルダーがあって、傘を差せるのは便利。残念ながら、テアトル梅田にはある荷物フックは無いのですが。座席の前後間隔が普通の映画館より広いので、そこは良いですね。  コメントありがとうございます! 続きを読むアットホームさと客層が心をくすぐられます。グランフロントができたおかげでアクセスもなんだか便利になったような気もしますし、これからもどんどん訪れたいお気に入りの映画館です。  さん(女性), 大阪梅田のスカイビルにある映画館。スクリーンは4つで、大きな映画館ではありませんが中々センスのいい面白い映画が上映されて...  座席の前後間隔が普通の映画館より広いので、そこは良いですね。, が多く、映画好きの方が多い雰囲気でした、スクリーンは小さめで、大迫力ではありませんでしたが、座席も座りやすい映画館でした、グッズコーナーは小さいので分かりにくいかもしれません。, 行き、一度エレベーターを上がります。そして階段かエスカレーターで再度おり、グランフロントに沿って少し歩き、今だったら木下サーカスの横を通り、進むと右に階段があります。これを降りて地下道を歩いて上がるとスカイタワーにビルはすぐです。, ますが、仕事帰りに間に合わないことも多くて残念です。アットホームな雰囲気も魅力ですね。, はやらないような、マイナーで個性的な作品が上映されています。他では上映しない映画が観られるのが嬉しい。客層も「映画好き!」という方しか居ませんので静かです。椅子もゆったりして心地良く観られる場所です。. All Rights Reserved.

閉じる, by

シネ・リーブル梅田&テアトル梅田とは. 続きを読むん。単館系の作品をメインに上映しているので映画ファンには有難い存在のようです。  (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 劇場設備ですが、スクリーン1~8までがある本館はHEPナビオビルの7階から9階です。, スクリーン9・10があるTOHOシネマズ梅田アネックス(別館)はHEPファイブビルとHEPナビオビルの間の通路を道なりに進んだところにあります。, 別館での上映作品を鑑賞する際は、少し路地の分かりにくいところにあるということを念頭に置いて早めに劇場に向かうようにしましょう。, まず、何といっても大阪最大級の座席数を誇るスクリーン1は特筆しておくべきかと思います。, すごく簡単に説明してしまうとTCXというのは、東宝系列の独自規格のもので、壁一面に広がる巨大スクリーンです。, TOHOシネマズ梅田では縦6.3m、横15.0mという巨大スクリーンになっています。, しかしこれは全ての作品がこの音響に対応しているわけではなくて、一部の作品のみとなっています。, この音響に対応している上映回は鑑賞料金に+200円となるのでこの点も注意が必要です。, 私自身も一度このTOHOシネマズ梅田のDOLBY ATOMOS上映を鑑賞したことがあるのですが、臨場感が通常の音響上映とは全く異なります。, 具体的にどんな音なのかというと、普通は映画館って5方向や7方向から音が聞こえる仕組みになっていて、微妙に音の切れ目みたいなものがあるんですよ。, しかし、DOLBY ATOMOSだとその切れ目をほとんど感じなくて、まるで音に包み込まれているかのような感覚を味わえます。, +200円でこの音響を体感できるのであれば、一度試してみる価値はあると思いますし、ハリウッド大作アクション映画などを見る際には最適な環境だと思います。, 大阪ないし日本有数の動員力を誇る映画館ということで、舞台挨拶、特に東宝配給の作品のキャスト登壇舞台挨拶が大阪で行われる場合この映画館で行われることが多いです。, 以前に『ナラタージュ』という作品の舞台挨拶付き試写会にお邪魔したことがあったんですが、身分確認が非常に厳しかったです。, ジャニーズ関係の舞台挨拶は転売防止のために非常に厳しい身分照会が行われるということを頭に入れておいてください。, 試写状を持って行くと、身分証(顔つきなら1点、顔がないものは2点)の提示を求められ、スタッフによる照合作業が行われ、問題が無ければ手にブラックライトに反応するスタンプを押されました。, スクリーンに入場する際にそのスタンプが手に押されているかをブラックライトを当てられて確認されるので、チケットを発券してから、それを転売するという小細工も通用しません。, 最前列は少し見上げる形になってしまいますが、このスクリーンですと2列目何かは非常にお勧めです。, 次に、スクリーン10は120席ほどのこちらも小さめのスクリーンなのですが、スクリーン内の傾斜が比較的急に作られていて、自分の前の座席に人が座っていてもあまり気にならずに見る事ができるという利点があります。, そのため、中央から後方部の座席でゆったりと前の人を気にせずに見る事ができるので個人的に非常に気に入っています。, 平日から毎日混雑しているというわけではありませんが、土日やサービスデイは非常に混雑する劇場になっています。, 特に本館の映画館直通エレベーターや自動券売機、コンセッションカウンターはかなり混雑することがあります。, 土曜日や日曜日、サービスデイに見る場合はオンライン予約をしておくと良いと思います。また混雑するということを念頭に置いて早めに映画館に向かうようにしましょう。, この二つをあまりお勧めできない理由は共通していて、スクリーン内の傾斜が緩やかすぎるんですね。, そのため座席が混雑して自分の前に人が座ると前の人の頭部が邪魔でスクリーンにかぶってしまうケースがあります。, そのためスクリーン7に関しては個人的には前列付近を、スクリーン9は通路のすぐ後ろの一列なんかをお勧めしています。, またスクリーン7は設備上の問題なのかどうかは分かりませんが、若干他のスクリーンに比べて音響が良くないです。, 上映開始時間の10~15分前からスクリーンが開場され、開始時間から10~15分ほどCMや予告編の上映があります。, また開場時間付近はポップコーンなどを購入するためにお客さんがコンセッションカウンターに殺到するので、飲食物を買いたい方は、開場時間前に買っておくと良いでしょう!!, こちらも大阪ないし日本有数の動員力を誇る映画館です。松竹系列の映画館ということで松竹配給の作品上映には力が入っています。, また時空の広場を経由してルクアの屋上へ向かう長いエスカレーターを使っても辿りつく事ができますよ。, スクリーン1は500席超、2~4は300席付近と、とにかく各シネコンに1つ2つしかないような大規模なスクリーンがなんと4つも搭載されています。, たくさんの作品が比較的大きめのスクリーンで上映されるという点は非常に利点だと思います。, 他の劇場では小さなスクリーンに追いやられているような作品が、大阪ステーションシネマなら比較的大きめのスクリーンで見る事ができるかもしれません。, 座席を選ぶときの注意点としては、人気作品は、事前予約でかなりの座席が売れてしまうことと前方の座席は結構見上げる形になってしまうことですね。できるだけ真ん中後方を取ると良いでしょう。, 大阪ステーションシネマはあまりシネコンでは上映されていないような小規模上映作品を取り扱ってくれたり、午前10時の映画祭といった名作のリバイバル上映を実施していたりと、他のシネコンではなかなか取り扱ってくれないような作品をしばしば扱ってくれています。, TOHOシネマズ梅田と同様で日本有数の動員力を誇る映画館ですので、土日やサービスデイは非常に混雑しています。, 直通エレベーターは非常に混雑が予想されますし、人気作品は座席が売り切れたりします。, 早めに映画館に向かう、オンラインで座席予約しておくなどの対策を講じておくと、スムーズに映画を見る事ができると思います。, 大阪ステーションシネマには自動発券機がありますが、この機械はオンライン予約の発券専用となっています。, そのため、劇場で当日座席券を購入する場合は有人カウンターのみになりますので、その点をご注意ください。, TOHOシネマズ梅田と同様に混雑する映画館ですので、繁忙期には事前に何らかの対策を講じておくと、スムーズに映画を鑑賞できると思います。, 大規模な映画館でありながら、マイナー作品や名作リバイバルなんかも実施していて、多様な作品が鑑賞できる施設になっています。, ここに映画を見にくるお客さんは比較的ご年配の方が多いということも頭に入れておきましょう。, そのため『家族はつらいよ』のようなご年配の方が多く見に来られる映画は大阪で一番混雑します。, 前出2つの映画館よりは少しアクセスが悪くなってはしまいますが、話題作からミニシアター系作品まで手広く扱っていて、ゆったりと映画を見る事ができる良い環境です。, 梅田ブルク7は他のシネコンでは上映しないような特撮映画や女児向け映画、また深夜アニメの劇場版を積極的に上映していて、売店も非常に充実しています。, そうなんです。面白いのは、アニメ御用達劇場であったにも関わらず、なぜか2016年に大ヒットしたアニメ映画を1つも上映していなかったんですよね(笑), 阪急梅田駅・JR大阪駅から少し立地的に離れているということもあって、前出2つの映画館よりも落ち着いた雰囲気です。, ただ、人気アニメの劇場版の公開日となると、売店が混雑したりなんていう梅田ブルク7特有なことも起こりますので、その点には注意が必要です。, シアター1は梅田ブルク7では最大のスクリーンで座席数が300席超あるのですが、ここは個人的にお気に入りのスクリーンです。, まず、音響についてはオブジェクトベースで従来のような5方向、7方向といったスピーカーの数や位置に縛られない仕様になっています。, さらに映像面ではドルビービジョンが圧倒的なコントラストを実現していて、映像の彩度が他の劇場と比べても格段に高いです。, それとドルビービジョンの投影の方式が相まって、3D上映の際に前方の座席に座りすぎると、「色ずれ」という現象を起こします。, これは当ブログ管理人が実際に確認したのですが、映像に残像のようなものが見えるんですね。, 私はそれほどガタイが良い方という自覚はないですが、それでも左右に人がいると窮屈に感じました。, そのため座席を取る際に、ガタイの良い方は、できるだけ左右に人がいない場所を取るようにしましょう。, ちなみに料金としては2D上映で+500円、3D上映だとさらに+900円のようです。, 地下からもこの映画館に向かうことはできるのですが、少し迷いやすいので、梅田の土地勘に乏しい方は地上からマップ等を見ながら慎重に向かうと良いでしょう。, 梅ダンジョンの攻略は難しいので、グーグルマップを見ながらE-maの建物を地上から目指すと比較的安全に辿りつく事ができます。, 立地が梅田駅や大阪駅から少し離れていて、ゆったりした雰囲気なのですが、迷いやすいという注意点もありますのでご注意ください。, シアターも2つしかない小さめの映画館なのですが、ミニシアターでしか上映していないような作品ばかりを上映しているので、映画ファンにはうれしい劇場です。, 前出の3つの映画館のような大規模な映画館では上映していないような小規模上映の作品が上映スケジュールを埋めており、映画ファンには嬉しいラインナップです。, 映画館の規模としては、比較的ロビーに多くの座席が置かれていて、上映前に座ってフライヤーを眺めたり、モニターを眺めたりと時間をつぶすことができます。, 映画館が非常におしゃれなので個人的にはここで上映前の時間を過ごすのが楽しみだったりします。, 小規模上映作品は単純に上映している劇場が少ないので、上映している劇場に動員が集中する傾向にあります。, そのため、小規模上映の中でも話題作や人気の高い作品は座席が売り切れになることがあります。, 作品の人気度、土日休日等の繁忙期に応じてオンライン予約を活用するなどすると良いでしょう。(立ち見OKの場合もあります。要確認。), テアトル梅田は2つのスクリーンがありますが、その前方部の座席に座ると、かなり見上げる格好になるのでこの点については気を付けてください。, 座席に余裕がある場合で、前方の座席にこだわりがあるという方でない場合は、後方部の座席を推奨いたします。, 上映開始時間の5~10分前から開場され、予告編もシネコンに比べて5~10分程度と短めです。, 作品ラインナップもシネコンでは上映していない作品ばかりですので、映画ファンには嬉しいですね。, 先ほどのテアトル梅田と同じくテアトルシネマグループが経営している映画館になります。, こちらも小規模上映の作品を多く上映していて、映画ファンには嬉しいラインナップとなっております。, テアトルシネマグループの会員制度は非常に素晴らしいサービスだと個人的に思っております。, 複数回利用する予定のある方は加入しておいて間違いないと思います。入会金1000円で、会員カードと一度だけ「1000円」で鑑賞できる券をもらえます。, また会員メンバーはいつでも1300円で映画を見れるようになり、火曜日と金曜日は1000円で見れます。, たまに「1000円」券の代わりに「無料券」を配布するキャンペーンをしていることがあるので、その時に加入すると一層お得ですね。, シネリーブル梅田のスクリーン内は比較的フラットで、スクリーンの位置も比較的低いんですね。, すごく見やすいので、個人的には穴場だと思っておりますので、良かったら一度お試しください。, ドリンクなどを購入して、外の景色を眺めながら、上映開始を待つのも良いかもしれませんね。, JR大阪駅からも中津駅からも少し離れているので、時間に余裕をもって向かうようにしましょう。, スカイビルにある少し駅から離れたミニシアターで、映画ファンにはたまらないラインナップの作品が上映されています。, テアトルシネマグループの会員サービスはおすすめですので、ぜひ加入してみてください。, こちらは梅田駅や大阪駅ではなく阪急梅田駅から2駅隣の十三駅の近くにある映画館になります。, ドキュメンタリー映画や超小規模上映の作品を上映している、知る人ぞ知る映画マニア向けの映画館になります。, 超小規模上映の映画やドキュメンタリー映画を扱っているため、大阪ではここでしか見れない映画が多く上映されています。, 比較的スクリーン内がフラットになっているので、通路に面した座席を取ることで、前の人の頭などを気にせずに映画を楽しむ事ができます。, ただ自由席なので、常連の方が前方の見やすい座席をささっと取ってしまうので、良席を取りたい方は券を早めに購入して、若い整理番号で入場するようにしましょう。, まず、映画のチケットが当日に劇場販売のみとなっております。つまりオンラインの事前販売が無く、しかも翌日のチケットを買うということができません。, また以前に私が伺った時はクレジットカードが使えませんでしたので、その点もご確認ください。, また上映開始10分前より、整理番号順に入場できるシステムになっています。なお劇場内は自由席となっておりますのでその点もご確認ください。.