詳しいプロフィールを見る, rin_to_bonさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 全世界1位の興行収入を記録 監督は全シリーズ共通でロバート・ゼメキスが務める。 最新鋭の技術を投入したジュラシック・パークは絶対安全な施設であると豪語していたが、全く予期していなかった事故に動転してしまう。 もっとも、その事故の元凶でもあるため割と自業自得ではあるのだが。 事態が深刻化してもパークの開業を最後の最後まで諦めず、「ディズニーランド� ジュラシック・パークは1997年に「タイタニック」に更新されるまで、全世界興行収入1位の記録を保持していた。その金額はなんと9億1469万ドル。当時のレートを参考に1ドル110円として計算すると日本円にして100億円を超えるレベル。うまい棒を10億本購入できる金額である。, 2. 【衝撃動画】回転寿司でカメラを皿に乗せ店内隠し撮り / 店員ブチギレ激怒の大炎上「女子高生やオッサンを撮影」, 【衝撃】ブチギレ激怒で大炎上「回転寿司のマグロはマンボウ」「男がマグロおいしそうと言ってきたら即ブロックしよう」→大炎上, 【衝撃動画】回転寿司で女子高生らを隠し撮り炎上した客がコメント公開「神経質になるな」「落ち着いて動画楽しめ」→大炎上, 【衝撃画像】PS5転売屋が買い占め写真掲載して買えない人を煽って炎上「お前らの気持ちなんてどうでもいい」「12万円で買え」, 【衝撃画像】PS5故障が多発していることが判明 / 購入1時間後に壊れた人も「来年に改良型を買うべきか」, 【衝撃動画】華原朋美が金欠すぎてファンにお金求める / 助けたいなら「お金くれ」「お金下さい」, 【激怒】食べ始めて5分でラーメン二郎店員に「あの、うしろ、つっかえてるんで」と言われブチギレ激怒 / しかも店員が客に舌打ち, 【激怒】態度がクソ悪い高田馬場のラーメン屋にブチギレ激怒 / 客を小馬鹿にした態度で上から目線, 【衝撃動画】PS5がブッ壊れる瞬間を撮影した動画がヤバイ / 故障して二度と復活せず, 【衝撃動画】オープンハウス内定者研修の隠し撮り動画流出か / 新人に怒鳴り声「笑ってんじゃねえ!」「三井に勝てるわけないだろ!」, 【衝撃画像】美人すぎるスッピン女優・坂口杏里が使用済み口紅やニオイを高額販売 / ネットでは猛烈批判の声, 【衝撃画像】美人すぎる女優・坂口杏里が手足縛られケガで傷害事件被害か / 悲惨な写真ネット掲載「殴られた」, 【極秘情報】映画「ジュラシック・パーク」の知られたくない8つの秘密 / 知られざる秘密が判明(バズプラス Buzz Plus). 制作当初は動いているミニチュアを使って遠景の恐竜の映像を表現する予定だったが、フルCGで描かれたティラノサウルスをみたスピルバーグ監督が急きょ方針を変更し、他の予算を削ってまで全面的にCGを導入することにした。これによりアニメーターのフィル・ティペットは仕事を失うが、CGを導入することを伝えた際にティペットが落胆して発した「これで僕らは絶滅だ」という言葉は劇中のグラントのセリフでそのまま使われた。, 3. 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。, 『デイブレイカー』とは、オーストラリア出身のスピエリッグ兄弟の監督・脚本によるSFアクション・ホラー。人口の9割以上がヴァンパイアと化した近未来を舞台に、人間の減少により血液不足に陥った状況を解決するために代用血液の開発を進めていたヴァンパイアの男が、人間とヴァンパイアの双方を救う新たな道を探ろうとする。09年・オーストラリア・アメリカ製作。, 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。, 獰猛で巨大な人食いザメと人類の、息詰まる闘いをダイナミックに描いたパニック映画。監督は当時28歳のスティーヴン・スピルバーグ。1975年公開のアメリカ映画で、第48回アカデミー賞で作曲賞、音響賞、編集賞を受賞した、大ヒット映画。, 大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。, 『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。, 『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。

ジュラシック・パークはその後も「ジュラシック・ワールド」などの続編が制作されていて、映像技術などは時代の流れとともに進化をしているが、やはり第1作目の衝撃と完成度は群を抜いているのではないだろうか。, もっと詳しく読む: 【極秘情報】映画「ジュラシック・パーク」の知られたくない8つの秘密 / 知られざる秘密が判明(バズプラス Buzz Plus), https://buzz-plus.com/article/2018/07/06/jurassic_park/. PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。, 『アンブレイカブル』とは、2000年製作のアメリカ映画。日本公開は2001年の6月。大ヒットとなった「シックス・センス」の次にM・ナイト・シャマランが手掛けた作品。脚本もシャマラン自身が担当した。凄惨な列車事故に遭いながら、ただ一人かすり傷ひとつ負わずに生き残った男が辿る数奇な運命を描く。主演は「シックス・センス」に続きブルース・ウィリス。共演はサミュエル・L・ジャクソン、ロビン・ライト・ペン。, トランスフォーマー(Transformers)とは2007年に公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 絶滅した生物種をよみがえらせるというアイデアは、作家マイケル・クライトンが『ジュラシック・パーク』の恐竜たちを世に放って以来、現実とSFの狭間を長らくさまよっていたが、獣医師のフェルナンデス=アリアスは「ついにその時が来たのです」と言う。, フェルナンデス=アリアスが、絶滅したヤギ、ブカルド(別名:ピレネーアイベックス)の復活に初挑戦したのは10年前。, クローン羊のドリーが、哺乳類初の成功例として誕生してからまだ7年しかたっていなかった。, しかしその後、クローン技術の改良が続き、いまやクローンづくりは高リスクの実験から、当たり前の作業になりつつある。, 無傷の細胞か、少なくともゲノムを再構築できる程度のDNAが残っている必要があるからだ。, つまり、復活が理論的に可能なのは、人類が世界の覇者になっていく過程で絶滅した生物種ということになる。, さらに年代が近くなるほどに、狩猟や生息環境の破壊、病気の蔓延など、絶滅の直接のきっかけとなった加害者が人類であるケースが多くなる。, 米スタンフォード大学の生命倫理学者ハンク・グリーリーは、この問題の倫理的、法的な側面に強い関心を寄せてきた。, そんなグリーリーも、絶滅種をよみがえらせるという離れ業を可能にした科学の進歩を高く評価し、いたずらに敬遠するのではなく、むしろ受容すべきだと考えている。, グリーリーは言う「掛け値なしに、すごいことだと思いますよ。たとえばサーベルタイガーなんか、いつかこの目で見てみたいものです」, 有名な世界初のクローン羊「ドリー」は若くして病気にかかり、6歳で安楽死させられた。, 進行性の肺疾患を発症したため、6歳と半年あまりで安楽死させられたのだ(羊の寿命は10〜12歳程度とされる)。, 年齢にしては早すぎる関節炎にもかかっており、クローンであることが原因だったかどうかについての論争を巻き起こした。, そして2007年には、ドリーのクローニングで使われたものと同じ乳腺細胞株から、新たに4頭の羊がつくり出された。, この件から「クローン=健康に異常をもたらす」と考えられがちだが、ドリーと同じ体細胞を使って2007年に誕生したクローン羊4匹は、9歳になったいまでも健康に生きているという。, 中国科学院の博士研究員ゼン・リウ氏が率いる研究チームは、長年にわたる努力の結果、2匹のメスの体細胞クローンのカニクイザル「チョンチョン(中中)」と「ホワホワ(華華)」を誕生させた。, 論文の共著者である中国科学院脳科学卓越革新センター所長のムーミン・プー氏は、「ヒトを含む霊長類のクローンを作る上での技術的な壁は打ち破られました」と言う。, 「私たちがこの壁を壊すことを選んだのは、ヒトの医療に役立つ実験動物を作るためです。この手法をヒトに応用するつもりはまったくありません」, 動物愛護団体は、霊長類がヒトに近いからこそ、実験に使うことは残酷だと批判してきた。, また、クローン動物を作ること自体についても、流産の多さ、不毛な社会環境、親ではなく人間に育てられることなど、動物に不自然なストレスを与えるものだと主張している。, 簡単に言うと、ほんの数カ月から数年でクローン人間を作ることが技術的に可能になることを示している。, ミシガン州立大学のクローン研究の専門家であるホセ・シベリ氏は、今回の研究には関与していないが、「もう後戻りはできません」と言う。, ナショナル ジオグラフィックがインタビューした科学者の全員が、現時点ではヒトのクローンを作る必要はないし、無責任だと強調する。, 手探りで猫と暮らして来た「失敗」などをつづる…予定でしたが、気が付けば、完全に雑記ブログ(^◇^;)ときどき猫!