スズキは「ソリオ」のフルモデルチェンジを行い4代目として2020年11月に発売する。現行モデルは2015年8月26日「ソリオ」「ソリオ バンディット」共に発売しており丸5年でのフルモデルチェンジを果たす。 スズキ ソリオの2020年度上半期(4月-9月)の新車販売台数は16,542台で登録車(普通車)では第17位と、フルモデルチェンジから丸5年が経過している割には高い人気を維持し続けています。

Copyright © 2020 Creative Trend All Rights Reserved. スズキはは2019年上半期の販売台数でスペーシアが軽自動車の4位の79,843台で全自動車販売台数4位である。2020年のスズキは次世代軽量プラットフォーム「ハーテクト」を採用し車両軽量化を行い燃費向上をはかる。最大の目玉は、大人気車種の「ハスラー」フルモデルチェンジを行い2020年1月から販売を開始する。更に「カプチーノ」のフルモデルチェンジを22年ぶりに行う。更に、人気のスイフトのマイナーチェンジを行い販売力強化を行っていくだろう。, スズキは新型ハスラーのフルモデルチェンジを行い2019年12月24日発表、2020年1月20日に発売する。エクステリアデザインはキープコンセプトであり、ハスラーのヘッドライトは現行と同じ丸目となる。ボンネットの高さを20mm上げ、丸みがありながらも厚みと少し角ばったイメージとなり新型「ジムニー」に近いデザインとなった。, スズキは新型「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」 一部仕様変更を行い2020年1月20日発売する。, 今回の一部仕様変更で、「前後の衝突被害軽減ブレーキ」「後方誤発進抑制機能」「リヤパーキングセンサー」をCVT搭載車(FA 5MT車除く)に設定した。「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当。, 新型ハスラー同様に、新開発「R06D型」エンジン(NA車)と新開発CVTを組み合わせた新しいパワートレインを採用、軽快な走りと低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能を実現。, スズキは「イグニス」を一部仕様変更し新グレード「HYBRID MF」を新設定して2020年2月4日に発売した。, スズキは新型「スイフト」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い2020年5月25日に発売する。同時に「スイフトスポーツ」の改良も行われる。2020年4月16日発売であったが「新型コロナウィルス(COVID-19)」の影響により延期となる。, スズキは新型「スイフト スポーツ」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い2020年5月25日に発売する。2020年4月16日発売であったが「新型コロナウィルス(COVID-19)」の影響により延期となる。新しいハイブリッド(48Vハイブリッドシステム)を搭載し、ヨーロッパでは2020年3月に発売。「S-Cross」「エスクード」にも搭載予定。日本搭載は見送られている。, スズキは新型「エスクード」の一部改良を行い新たにハイブリッド(マイルドハイブリッド)を搭載したモデルを2020年に発売する。ヨーロッパでは2020年3月に発売。「S-Cross」「スイフトスポーツ」にも搭載予定だ。, スズキは新型「SX4 S-CROSS」の一部改良を行い新たにハイブリッド(マイルドハイブリッド)を搭載したモデルを2020年4月に発売する。ヨーロッパでは2020年3月に発売。「エスクード」「スイフトスポーツ」にも搭載予定だ。, スズキは、新型「スペーシア」「スペーシア カスタム」「スペーシア ギア」を一部仕様変更を行い2020年8月20日発売した。一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」と「SRSカーテンエアバッグ」の標準装備化え、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロールを新たに採用。一時停止などの標識認識機能の向上により、スズキ セーフティサポートをより充実。, スズキは「ソリオ」のフルモデルチェンジを行い4代目として2020年11月に発売する。現行モデルは2015年8月26日「ソリオ」「ソリオ バンディット」共に発売しており丸5年でのフルモデルチェンジを果たす。, スズキは「クロスビー」を一部仕様変更して2020年10月15日発売した。今回の一部仕様変更では、車線維持支援機能を採用したほか、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートの採用により、スズキ セーフティ サポートをより充実させた。, スズキは新型バレーノのマイナーチェンジを行い日本では2020年11月に発売する。インドではマイナーチェンジモデルの予約を1月からスタートし2019年2月に発売を開始する。, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。, 日本自動車販売ランキング N-BOXがトップ 2019年度上半期(4~9月)販売台数. ソリオといえばコンパクトなボディサイズながら高い全高と利便性にすぐれたスライドドアを搭載しているコンパクトミニバンとしてスズキの中でも人気の高い車である. さて、ぼくがけっこう惹かれている「トヨタ・ハイラックス」がマイナーチェンジ。一度は運転してみたいと思うものの、なかなか試乗車が配備されないのが現状です。それは... 英国クルー ベントレーモーターズは、新型コロナウイルスに起因する生産 停止の延長を決定し、当初予定されていた4月20日(月)の生産停止を3週間延長し5月11日(月)から生産を開始し、5月18日(月)にはフル稼働にて生産を … ソリオといえばコンパクトなボディサイズながら高い全高と利便性にすぐれたスライドドアを搭載しているコンパクトミニバンとしてスズキの中でも人気の高い車である, 現行モデルは全長3,710mm、全幅1,625mm、全高1,745mmと小回り性能にも優れており、NBOXやタントといった軽自動車より余裕のある排気量により走りの面においても不満のない仕上がりになっている, ▲重量増の原因となるスライドドアを搭載していながらスズキの得意とする軽量化技術の恩恵で必要十分な動力性能を確保している, そこで現行モデルが改めてどのようなクルマなのかを振り返ると同時に次期型モデルのフルモデルチェンジ内容を考察していきたいと思う, https://www.suzuki.co.jp/car/solio_bandit/, 新型ソリオはちょっぴり凛々しくなってますね(*゚▽゚) pic.twitter.com/RLQnUs8BLL, 5ナンバーの寸法規定は全長4,700ミリ以下、全幅1,700ミリ以下、全高2,000ミリ以下となっている, 小型乗用車として有名なホンダフィットや日産ノートなどは車幅が1,695ミリと5ナンバー規格ギリギリまで使っているのに対してソリオは1,625ミリと70ミリほど狭くなっている, 対して全高はフィット1,525ミリ、ノート1,520ミリなどと比べてる1,745ミリとだいぶ高くなっており、ここがコンパクトなボディサイズながら広々とした車内空間を実現しているソリオの要因となっている, 高い全高と、こどものいる家庭に重宝されるスライドドアを搭載しておりミニバンライクな使い方が可能ながら、それでいて街中での取り回し性能に優れているところがソリオの人気の1つとなっている, ガチンコライバルとして挙げられるのはダイハツ『トール』である(トヨタには『タンク』という名称でOEM供給されている、エンブレムの違いなどがあるが基本は同じクルマとなる), トールのボディサイズは全長3,700ミリ、全幅1670ミリ、全高1,735ミリとなっておりソリオと近いサイズ感になっている, ▲ダイハツ『トール』 いよいよ2020年11月25日に発表、12月4日に発売予定となっている、スズキのフルモデルチェンジ版・新型ソリオ(Suzuki New Solio)/ソリオ・バンディットに関する最新情報が公開されました。 スズキは「ソリオ」のフルモデルチェンジを行い4代目として2020年11月25日発表、2020年12月4日に発売する。現行モデルは2015年8月26日「ソリオ」「ソリオ バンディット」共に発売しており丸5年でのフルモデルチェンジを果たす。新型 ・6エアバック(フロント・サイドSRSカーテンエアバッグ)全車標準装備, まず手始めに明らかになっている情報が上の7項目ですが、この中で最も注目したいのが「アダプティブクルーズコントロールに全車速追従走行が追加」されるということ。, この情報が本当に正しければ、新型ソリオ/ソリオ・バンディットには電動パーキングブレーキが標準装備されることになり、より一層の商品力アップにつながることに(足踏み式のサイドブレーキ)。, これが装備されるだけでも、現行ソリオから乗り換えるオーナーも多数存在すると思われますが、電動パーキングを装備する目的としては、先述の通り競合モデルとなるマイナーチェンジ版・トヨタ新型ルーミー/ダイハツ新型トールがこれを採用してきたからだと思われます。, 日本メーカ, >スズキスズキ, ソリオ, バンディット, フルモデルチェンジ, 新型ソリオ, 何かと話題のマクラーレン・スピードテールが兵庫県・六甲山サイレンスリゾートにてプレミア公開!何とプラチナエンブレムのオプション価格は600万円【動画有】. スズキが、コンパクトワゴン「ソリオ」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。 新世代とし魅力をアップするスズキ新型ソリオについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 ようやく関西にもスピードテール上陸! マクラーレンが世界限定106台のみ販売した ... ビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型ISがいよいよ一般顧客にも納車開始へ!特別仕様車F SPORT Mode Blackは最短で2020年11月18日に納車されるようだ. スズキ、ソリオが、2020年末にもフルモデルチェンジされるという情報が出てきています。 . 公用車として十分活用できる新型ミライ発売まであと少し! いよいよ2020年12月 ... フルモデルチェンジ版・日産の新型ローグ(日本名:エクストレイル)が早くも中古車市場に登場!下位グレードのメーター類は一部アナログ…シートの質感は?. ・アダプティブクルーズコントロールに全車速追従走行を追加