EXOPLANET#1 - THE LOST PLANET IN JAPAN, Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I(完全生産限定版), GIRLS' GENERATION THE BEST LIVE at TOKYO DOME, LIVE IN LONDON -BABYMETAL WORLD TOUR 2014-, 乃木坂46 2ND YEAR BIRTHDAY LIVE 2014.2.22 YOKOHAMA ARENA, うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ 1(Blu-ray+CD), 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray Premium Edition, うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ 2(Blu-ray+CD), ラブライブ! 『スター・ウォーズ』スカイウォーカー・サーガの全9作は、それぞれ物語の内容を表す副題が付けられている。ファンの方にとっては説明不要だが、一覧は以下の通り。, この副題が「全てが間違っている」と唱えた動画がTikTokで話題に。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルも「全部理にかなっている!」と膝を打った動画が提案する、新たな(?)副題は以下のとおりだ。, NOW it all makes sense!#EverythingYouThoughtYouKnewIsWrong https://t.co/4BfzA7dnYI, — Mark Hamill (@HamillHimself) July 31, 2020, ひとつずつ見てみよう。まず、エピソード1で描かれたのは、サーガの原始であるアナキン・スカイウォーカーの誕生。これぞ『スカイウォーカーの夜明け』だ、というのは、確かに理にかなっている。続くエピソード2では、シス卿として潜伏していたパルパティーンがジェダイ殲滅のためにクローン軍を完成させた。『シスの復讐』だ。エピソード3では、そのクローン軍がオーダー66によってジェダイへ攻撃をしかけたという内容から『クローンの攻撃』に。, オーダー66でジェダイは表社会から抹消されたが、エピソード4ではオビ=ワンがルーク・スカイウォーカーに教えを授け、『ジェダイの帰還』をもたらした。そのルークは、エピソード5でヨーダの修行を受けて『フォースの覚醒』。エピソード6ではヨーダもアナキンも死に、「僕はジェダイだ(I am a Jedi)」宣言をしたルークが『最後のジェダイ』になった。, エピソード7は『帝国の逆襲』。崩壊したはずの帝国軍がファースト・オーダーに生まれ変わった逆襲撃が描かれたからだ。エピソード8ではルークが『新たなる希望』であるレイに教えを施し、レジスタンスを託して消えた。そして『ファントム・メナス』とは「見えざる脅威」といった意味だが、これは死してなお長年銀河を牛耳っていたパルパティーンのことを指している、というのだ。, 解釈によって様々な意味合いを帯びるのも、『スター・ウォーズ』副題の持つ神秘的な魅力。ストーリーをいろいろ思い出しているうちにまた観直したくなった?『スター・ウォーズ』は「Disney+(ディズニープラス)」で配信中だ。, THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。, 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』フュリオサ役シャーリーズ・セロン、『エイリアン』リプリー役シガニー・ウィーバーに影響を受けていた.

2018年6月7日 13時13分 12月20日の公開初日に観てきました。. 『スター・ウォーズ』ダース・ベイダーになったアナキンはどうしてフォース・ゴーストになれたのか, 『スター・ウォーズ』のスピンオフドラマ「マンダロリアン」シーズン2に、映画でも登場したあのキャラクターが登場!?[※ネタバレあり], ジョニー・デップ、『ファンタスティック・ビースト3』ゲラート・グリンデルバルド役を降板 声明文を発表[写真あり], ジョニー・デップ『ファンタビ3』降板のとき、かつてジョニーを支持していたJ.K.ローリングは「解雇に反対しなかった」, ヘイリー・ビーバー、「私のベイビー」と可愛すぎる2ショットを投稿! 「一体だれの赤ちゃん?」と注目の的に[写真あり], 「フレンズ」待望の復活特別エピソードは「2021年3月」! チャンドラー役マシュー・ペリーが発表, ファン激怒!ジョニー・デップの『ファンタビ3』降板後、アンバー・ハードを『アクアマン2』から解雇させるための請願書にケタ違いの署名が集まる, ハリー・スタイルズ、コロナが落ち着いたら一時的に日本に引っ越す予定であると告白! 「日本に行くたびに大好きになる」, ジェイソン・モモア、「ゲーム・オブ・スローンズ」後、一文無しになっていた!「完全に借金していた」, スティーヴン・スピルバーグの娘でポルノ女優のミカエラ・スピルバーグ、ポルノの仕事は「生きがい」であり「癒し」, 『ファンタビ』ジョニー・デップ後任の最有力候補だったコリン・ファレルが、グリンデルバルドを演じるのは不可能?あの話題作出演で超多忙, 美しすぎる妊婦エマ・ロバーツ、コスモポリタンの表紙でお腹を露出!妊娠についても語る「驚きと美しさを感じるわ」[写真あり], セレーナ・ゴメス、中国版ファッション誌で完璧すぎる姿を披露! 色々なファッションのセレーナは必見[写真あり], ・ 2018年12月18日 tvgrooveはリニューアルしました。旧コンテンツは. 『エピソード6/ジェダイの帰還』にてルーク達と出会う以前の、ウィケット・W・ウォリックらイウォーク族の冒険を描く。子供向けに実写映画本編より対象年齢を下げて制作されている。, 前述の通り、映画の公開は時系列通りになっていない。それをスピンオフ等も含め歴史通りに整理すると、エピソード1 ファントム・メナス→エピソード2 クローンの攻撃→クローン・ウォーズ全シリーズ→エピソード3 シスの復讐→ハン・ソロ スター・ウォーズ ストーリー→スター・ウォーズ反乱者たち全シーズン→ローグワン スター・ウォーズ ストーリー→エピソード4 新たなる希望→エピソード5 帝国の逆襲→エピソード6 ジェダイの帰還(ジェダイの復讐)→スター・ウォーズ バトルフロント2→スター・ウォーズ レジスタンス→エピソード7 フォースの覚醒→エピソード8 最後のジェダイ→エピソード9 スカイウォーカーの夜明けとなる。, 基本的な用語のみ記述する。その他の用語、及び詳細は「用語一覧」「登場兵器一覧」「登場テクノロジー一覧」「惑星一覧」「戦いの一覧」を参照。, 1977年には『スター・ウォーズ』のテーマをMECO(英語版)がディスコアレンジでカバーした「スター・ウォーズのテーマ〜カンティーナ・バンド(酒場のバンド)」が発売され、Billboard Hot 100で1位を獲得した。, 1978年には、イメージソングとして子門真人が歌った[37]「スター・ウォーズのテーマ〜カンテナ・バンド[37]」が発売された(ポリドール、DR-6186)。これは上記MECOのアレンジカバー版を基に有川正沙子が日本語詞をつけたものであった。, 本シリーズの日本でのテレビ初放映作品は『エピソード4/新たなる希望』で、1983年10月5日20時より日本テレビ系の「水曜特別ロードショー」(現・「金曜ロードSHOW!」)にて日本語吹替版が放送された。, 2度目のテレビ放映も同じく日本テレビの「金曜ロードショー」枠(水曜から放送曜日移動)で『エピソード4/新たなる希望』。新しい吹替バージョンとして、番組内で水野晴郎にも紹介された。, 2005年6月から同年7月に行われた日テレ・TBS・テレビ朝日の『エピソード3/シスの復讐』公開を控えた5作品一斉放送では一部の声優が変更された。, 『エピソード4/新たなる希望』公開30周年に当たる2007年には、WOWOWで「エピソード1~6」がハイビジョン・5.1chで放送された。, 2010年7月には、NHK-BShiにて5.1chにエピソード順での放送が行われた。特に2010年の放送では、6月末より関連番組や便乗CMをほぼ毎日放送するなどこれまでの日本におけるどの放送よりも力を入れて行われ、『エピソード2』の7月18日の放送直後に外伝作品の『スター・ウォーズ クローン大戦』を放送するなど時系列順を徹底し(『エピソード』1~6の順に、それぞれ7月17日~7月22日まで毎日)、パロディ作品の『ファンボーイズ』も『エピソード3』の直後に放送している。, データ放送ではそれら関連番組の視聴時間に応じて「フォースポイント」というポイントが溜まり、オリジナルグッズへの応募が可能だった。, 『フォースの覚醒』が2015年12月18日に公開されることを記念して、日本テレビで『エピソード1』から『エピソード6』までの6部作が放送された。映画番組「金曜ロードSHOW!」にて12月18日(金)に『エピソード4/新たなる希望』、25日(金)に『エピソード1/ファントム・メナス』が放送され、12月28日(月)深夜の「映画天国」では『エピソード5/帝国の逆襲』、『エピソード6/ジェダイの帰還』がオンエアされる。また『エピソード2/クローンの攻撃』は12月30日(水)深夜、『エピソード3/シスの復讐』は2016年1月1日(金・祝)深夜に特別枠で放送された。「映画天国」と特別枠は関東ローカルでの放送となった[82]。, 『最後のジェダイ』が2017年12月15日に公開されることを記念して、日本テレビの映画番組「金曜ロードSHOW!」にて12月1日(金)に『エピソード5/帝国の逆襲』が、12月8日(金)に『エピソード6/ジェダイの帰還』が、12月15日(金)に『フォースの覚醒』が地上波初放送された。視聴率は関東地区で『帝国の逆襲』が9.7%、『ジェダイの帰還』が8.1%、『フォースの覚醒』が12.2%を記録した(ビデオリサーチ調べ)。, 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が2018年6月29日に公開されることを記念して、日本テレビの映画番組「金曜ロードSHOW!」にて6月29日(金)に『エピソード4/新たなる希望』が、放送された。視聴率は関東地区で8.2%を記録した(ビデオリサーチ調べ)。, 本シリーズは、多種多様な媒体を通じて沢山のスピンオフ(外伝)を世に送り出してきた。ジョージ・ルーカス自身が他の作家による二次創作に寛容だったこともあり、映画本編と整合性が取られていない独創的な作品も多く存在する[83]。しかし2012年にウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収した際、膨大な数のスピンオフが新規ファンに混乱を与えてしまうという配慮から、スピンオフ作品は全て「カノン(正史)」と「レジェンズ(非正史)」に分別されることとなった[83][84]。, 「カノン」に属するスピンオフ作品は、ウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムの買収後に設立した「ルーカスフィルム ストーリー・グループ」の監修を受けた作品が該当する[83]。それ以外(及び、すでに展開を終了している作品)は全て「レジェンズ」としていわゆる“パラレルワールド”の扱いとなった[83]。しかし、「レジェンズ」の所属になったキャラクターのスローン大提督が「カノン」のアニメーション『反乱者たち』に、同じくタグ&ビンクが「カノン」の実写映画『ハン・ソロ』にそれぞれ登場しており、ルーカスフィルムのリーランド・チーは今後も「レジェンズ」のキャラクターが「カノン」に登場していくことを明言している[85]。, 2008年に本機のゲーム性をさらにアップした『CRフィーバースター・ウォーズ ダース・ベイダー降臨』も登場した。, 2014年に『CR FEVER STAR WARS Battle of Darth Vader』が登場した。, 2015年6月1日、オリジナル&プリクエル・トリロジー6部作のデジタル配信が開始された。ウォルト・ディズニー・カンパニーによるルーカスフィルム買収後の配信であるため、20世紀フォックスのロゴは表示されない(『エピソード4』を除く)。それまでの映像ソフトには未収録のボーナス映像も収録されている。, その後、シークエル・トリロジーやアンソロジー・シリーズの作品がソフト化される際は、デジタル配信も同時に行われるようになった。また、『クローン・ウォーズ』『反乱者たち』などのアニメーションも配信されている。, An Architect Of Hollywood's Greatest Deal Recalls How George Lucas Won Sequel Rights, “Director George Lucas Takes a Look Back—and Ahead”, https://www.seattlepi.com/ae/movies/article/Director-George-Lucas-takes-a-look-back-and-1173117.php, Mickey + 'Star Wars' = Disney completes Lucasfilm acquisition, "New Video Series: A Discussion About the Future of Star Wars", ジョージ・ルーカス不在にマーク・ハミル悲しむ ―「スター・ウォーズ」シリーズ生みの親のフォース, “The Walt Disney Company To Acquire Twenty-First Century Fox, Inc., After Spinoff Of Certain Businesses, For $52.4 Billion In Stock”, https://web.archive.org/web/20171214141817/https://thewaltdisneycompany.com/walt-disney-company-acquire-twenty-first-century-fox-inc-spinoff-certain-businesses-52-4-billion-stock-2/, 『エピソード2/クローンの攻撃 3D』、『エピソード3/シスの復讐 3D』が「セレブレーションアナハイム」にて上映, 次回「スター・ウォーズ セレブレーション」は2015年4月にカリフォルニア・アナハイムで開催!, 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 3D』、『エピソード3/シスの復讐 3D』が「セレブレーションアナハイム」にて上映!, http://collider.com/rian-johnson-new-star-wars-trilogy-plans/, Rian Johnson Talks New ‘Star Wars’ Trilogy Plans and If He’ll Direct All Three Films, Rian Johnson explains his approach to his new Star Wars trilogy -, 『スター・ウォーズ』映画新シリーズの製作が決定、次回3部作とは別物に ― 『ゲーム・オブ・スローンズ』製作者が脚本を執筆, “Disney Earnings Beat; 'Star Wars' Spinoffs Planned”, ‘Star Wars: Rogue One’ Details: Theft of Death Star Plans Confirmed as Plot; Plus Footage and Concept Art, 『スター・ウォーズ』実写TVドラマは「ザ・マンダロリアン」 ─ ジョン・ファヴローが概要明らかに, スター・ウォーズ実写ドラマ『ザ・マンダロリアン』初の画像公開 ─ 『マイティ・ソー バトルロイヤル』タイカ・ワイティティ監督も参加, Star Wars Episode V: The Empire Strikes Back (1980), Star Wars: Episode VI - Return of the Jedi (1983), Star Wars Episode I: The Phantom Menace (1999), Star Wars Episode II: Attack of the Clones (2002), Star Wars: Episode III: Revenge of the Sith (2005), The Empire Strikes Back (Cream of the Crop), Star Wars Episode I: The Phantom Menace (Cream of the Crop), Star Wars Episode I: The Phantom Menace(Cream of the Crop), Star Wars : Episode I - The Phantom Menace : Reviews, Star Wars Episode II: Attack of the Clones, Star Wars Episode II: Attack of the Clones (Cream of the Crop), Star Wars : Episode II - Attack of the Clones: Reviews, Star Wars Episode III: Revenge of the Sith, Star Wars Episode III: Revenge of the Sith (Cream of the Crop), Star Wars : Episode III - Revenge of the Sith: Reviews, Star Wars: Episode VII - The Force Awakens, Star Wars: The Clone Wars (Cream of the Crop), 『ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION STAR WARS』 2015, 『スター・ウォーズ』非正史のキャラクター、正史作品へ続々カムバック!ルーカスフィルムのスタッフが明言, https://www.goodreads.com/book/show/5986868-the-secret-history-of-star-wars, 「『スター・ウォーズ』を岡田斗司夫が徹底解説」 2015年2月1日号ニコ生ゼミ テキスト全文公開, https://www.youtube.com/watch?v=YZ865g-J5vY&t=17m03s, ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION STAR WARS ─『フォースの覚醒』を導いたスター・ウォーズの伝説, LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE〜, EXILE TRIBE PERFECT YEAR LIVE TOUR TOWER OF WISH 2014 〜THE REVOLUTION〜, EXO FROM. オリジナル・トリロジー( Original Trilogy )とも。 ルーク・スカイウォーカーを主人公とするシリーズで、1977年から1983年にかけて公開された。 スピンオフを含むスター・ウォーズ全作品の大元となる作品群である。 1983年に公開された映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』にて、アナキン・スカイウォーカーはフォース・ゴーストとして登場した。しかし、彼はどうやってフォース・ゴーストになったのか。, この映画の公開から数年後、ジョージ・ルーカスはアナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーとなった経緯を描く旧三部作を発表した。この作品を通してファンたちは、惑星タトゥイーンの奴隷だった少年が、ジェダイとなるトレーニングを受けながらも、やがてダース・ベイダーになってしまうまでの流れを知ることができたのだ。, その後もダース・シディアスのもとで暗躍していたアナキンだったが、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』では息子を救うため、シスではありえないフォース・ゴーストとなって登場した。, フォース・ゴーストとは、死後に意識を保存して不老不死を得たジェダイのことだ。特殊な訓練を重ねることによって、死後もなお、生きている者とコミュニケーションをとることができるようになっている。フォースのライトサイドに身を捧げたものしか、このスキルを身に付けることはできない。クワイ=ガン・ジンやオビ=ワン、ヨーダもこのスキルを身に付けた。しかしアナキンはこのトレーニングを受けていないのだ。, この謎について、ジョージ・ルーカスはDVDのコメンタリーにて、「オビ=ワン、ヨーダからアシストを受けて身に付けた」という内容を口にしている。資料集「The Rise and Fall of Darth Vader」では、アナキンが死後、オビ=ワンと出会い 「フォースの死後の世界」について教わり、生きているものと関わる方法を授けられたとしている。, しかし公式の見解では、アナキンがフォース・ゴーストになった方法については諸説あるようだ。もっとも広く知られているのは、フォースの女官たちによってトレーニングされたというものだろう。つまり、アナキンはダークサイドに堕ちる前からフォース・ゴーストになる方法をしっていたのだ。, 『スター・ウォーズ』マーク・ハミル&ハリソン・フォードが夢の再タッグ! 反トランプ大統領のプロジェクトに出演[動画あり], 『スター・ウォーズ』での人種差別を批判したジョン・ボイエガ、ディズニーと「率直な話し合いをした」と告白! 彼が声を挙げ続ける理由とは, 『スター・ウォーズ』メイス・ウィンドゥ役のサミュエル・L・ジャクソンが意味深発言!? 「メイスはまだ生きている」, カニエ・ウェスト、『スター・ウォーズ』シリーズに物申す!? 「この話題になるとイラ立ってしまうんだけど…」「オレは新三部作が一番いいと思っている」, 『スター・ウォーズ』ジョン・ボイエガ、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の理想のストーリーを明かす! さらに今後はアニメ版への出演も…?. news 2020.11.07 山崎 『スター・ウォーズ』ダース・ベイダーになったアナキンはどうしてフォース・ゴーストになれたのか "と聞かれますが、それに対する答えを持っていません。映画はアナキンとルークの物語であり、ルークは銀河を救い父を取り戻して物語は終結しています」と語ったことにより[13]、スター・ウォーズシリーズは全9部作の予定を全6部作と修正して一旦の完結を迎えた。, シークエル・トリロジー(Sequel Trilogy)とも。レイを主人公とするシリーズで、2015年から2019年にかけて公開された。旧三部作の後日譚に当たり、世界歴代興行成績の上位を塗り替えるヒットを記録している。いずれの作品もタイトルに「エピソード○」は入らないが、エピソード7 - 9に位置付けられ、オープニングクロール(冒頭字幕)に明記されている。, 2011年に入り、ルーカスは『スター・ウォーズ』の新しい映画作品について仕事を始めた。2012年にウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収してスター・ウォーズシリーズの著作権を取得[14]、配給会社も20世紀フォックスからウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズに変更され、新体制での再スタートとなった。2015年に『フォースの覚醒』、2017年に『最後のジェダイ』、2019年に『スカイウォーカーの夜明け』が公開され、本来想定されていた全9部作が完結した。, 買収後のルーカスフィルム社長にはキャスリーン・ケネディが就任。作品自体は引き続きルーカスフィルムが製作するが、ルーカス本人は今までのように製作総指揮は行わず、製作現場から退き「クリエイティブ顧問」という特別な役職に就任した[15]。マーク・ハミルはディズニーの制作について、「ルーカスの頭のなかでは、第7作から第9作までの粗筋ができていた。そしてディズニーが実際に作った作品は、ルーカスの構想していたのとは大きく異なるものだ」と言及した[16]。また、20世紀フォックスが永久的配給権・販売権を所有する『エピソード4』を除いて、オリジナル&プリクエル・トリロジーの同権利も2020年5月にディズニー/ルーカスフィルムに移行する予定になっていた。2013年に親会社(ニューズ・コーポレーション)の分社化により21世紀フォックスが設立され、20世紀フォックスは傘下となり、その後2017年12月14日にウォルト・ディズニー・カンパニーは21世紀フォックスのエンターテインメント部門を総額661億ドル(7兆4000億円)で買収することに最終合意したと発表。これにより『スター・ウォーズ』全ての権利を完全にディズニー/ルーカスフィルムが有することとなった[17]。, 2010年に本シリーズの『エピソード1〜6』のデジタル3D化が発表された[20]。そのためのデジタル3D変換技術の開発がイン・スリー社において行われたが、これは人物や背景などのシーン中の全対象物の3次元形状を3DCGモデルで再現し、そこに元映像をマッピングして3Dレンダリングするという非常に手間のかかるもので[21]コストの問題が解決出来ずキャンセルされ、ルーカスとILMの監修の下プライム・フォーカス社においてデジタル3D変換が行われることになった[22]。, 2012年には『エピソード1/ファントム・メナス』のデジタル3D版が公開され、以後『エピソード2〜6』のデジタル3D版がエピソード順に公開される予定だったが、同年10月にウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収し、続三部作(シークエル・トリロジー)の製作を決定したためそちらに尽力することとなり、デジタル3D版の公開は事実上の凍結状態となっている。この影響で日本でも公開終了後に『エピソード1/ファントム・メナス』のデジタル3D版のBlu-ray Discの発売が予定されていたが発売中止となった。, 全世界の映画館での興行公開は現在も行われていないものの、『エピソード2/クローンの攻撃』のデジタル3D版は2013年7月26日から7月28日にドイツのメッセ・エッセンで開催された「スター・ウォーズ セレブレーション ヨーロッパⅡ」にてイベント上映され[23][24]、『エピソード3/シスの復讐』のデジタル3D版は2015年4月16日から4月19日にアメリカのカリフォルニア州アナハイムで開催された「スター・ウォーズ セレブレーションアナハイム」にてイベント上映されている[20][25]。, 2017年11月9日にウォルト・ディズニー・カンパニーにより、シリーズ完結後に新たな三部作の実写映画の制作が予定されていることが発表された。, 『最後のジェダイ』の監督ライアン・ジョンソンが主導し、ルーカスフィルムに「三本の映画、一つの物語、新たな登場人物、新たな場所。フレッシュに始めよう」と提案[26]。スカイウォーカー・サーガからは離れた、新たな別の人物を主人公とする三部作を予定している[27]。ライアンは1作目は監督する予定だが、全作を監督するかは不明とのこと[28]。三部作の方向性について「唯一のゴールは、子供として『スター・ウォーズ』により、どう感じさせられたかを考えることだ」と語った[29]。, 2018年2月3日、ルーカスフィルムはジョンソンの三部作とは異なる新シリーズを製作することを発表した。脚本・製作はテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが担当し、ボブ・アイガーは物語について「『スター・ウォーズ』シリーズのある時点に焦点を当て、そこから始まる物語になる」と語っている[30]。, 2019年5月7日、ウォルト・ディズニー・スタジオがタイトル未定の新作3本を2022年から1年おきに全米公開すると発表した。全米公開日はいずれもクリスマス前の週末で、第1作が2022年12月16日、第2作が2024年12月20日、第3作が2026年12月18日となる[31]。, 実写映画本編を補完する実写映画シリーズ。2013年、ルーカスフィルムがスター・ウォーズのメインストーリーとは別の劇場映画をいくつか製作すると報じられ[32]、2015年4月にアメリカのカリフォルニア州アナハイムで開催された本シリーズのオフィシャルファンイベント「スター・ウォーズ セレブレーションアナハイム」で、これらの実写映画スピンオフ作品群は「アンソロジー・シリーズ」のレーベル名の下で公開されることが明らかにされた[33]。2016年12月公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を皮切りに、2作品の公開が発表されている。, ルーカスフィルム・アニメーションが制作している主要なアニメーション作品では、『エピソード2/クローンの攻撃』から『エピソード3/シスの復讐』冒頭の戦いまでをシームレスに繋ぐ2Dアニメのテレビシリーズ『スター・ウォーズ クローン大戦』や、同じく『エピソード2/クローンの攻撃』と『エピソード3』の間の時代を舞台にクローン大戦における戦いの一端を描いた3DCGアニメ映画『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、そしてその続編となるクローン大戦の様々な戦場を描く3DCGアニメのテレビシリーズ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』が発表されている。, また、ウォルト・ディズニー・カンパニーによるルーカスフィルム買収後も、『エピソード3/シスの復讐』と『エピソード4/新たなる希望』の間の時代の、反乱同盟軍が結成されるまでの物語を描いた3DCGアニメのテレビシリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』が発表されている。, 2018年10月3日、企画されていた実写ドラマのタイトルが『マンダロリアン』になると製作、脚本を務めるジョン・ファヴローが自身のInstagramで発表した[34]。, 10月4日、スター・ウォーズ公式サイトにて、作中の画像と共に、一作目の監督をデイブ・フィローニ、その後のエピソードの監督をデボラ・チョウ、リック・ファムイーワ、ブライス・ダラス・ハワード、タイカ・ワイティティが、プロデューサーにはジョン・ファヴロー、キャスリーン・ケネディ、コリン・ウィルソン、エグゼイティブ・プロデューサーにはカレン・ギルクリストが参加することが発表された[35]。, 旧三部作の成功を受けて、『エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した惑星エンドアのイウォーク族を主人公にしたテレビ映画。日本では劇場用映画として公開された。