4月09日(木)  広島文化学園HBGホール 04.ラジオデイズ 現在お使いのブラウザではJavascriptが有効となっていないため、サイトのコンテンツが正常に表示・動作されません。 あと、『とげまる』を聴くと、リリースの少しあとに出産をしたので、息子が小さかった頃のことを思うし、『三日月ロック』を聴くと、映画の撮影でウズベキスタンに行った時のことを思い出すんです。ウズベキスタンの風景と、『三日月ロック』の「夜を駆ける」の感じがすごく合ったんですよ。そんな風に、どのアルバムも人生の記憶と結びつくんですよね、スピッツって。人生の傍らにスピッツがあるというか。 4月19日(日)  姫路市文化センター 大ホール 7月08日(水)  岡山市民会館 スピッツが昨日9月25日、自身初となるインターネット生配信企画『スピッツNewアルバム「見っけ]リリース記念~レディオの皆さま、ありがとさん~』を実施した。, ニューアルバム『見っけ』を10月9日にリリースするスピッツ。この企画は、「スピッツ Newアルバム『見っけ』大抽選会~レディオの皆さま、ありがとさん~」の一環として行われたもので、メンバー4人全員が出演。ニューアルバム『見っけ』についてどこよりも早く自らの口で語る機会となった。, など多数の声が寄せられ、「スピッツ見っけ」がトレンド入りするなど大盛況の生配信となった。, また、大抽選会もあわせて行われ、事前エントリーされていた全国各地130ものラジオ番組の中から、FM愛知『#funday』、RNC西日本『さわやかラジオ おはようハイタッチ』の2番組にスピッツがメンバー全員で出演することが決定した。各番組での出演情報など最新情報は、順次ユニバーサルミュージックのサイトに掲載される。, また、アルバムリリースを記念して、WEBサイト「エンタメステーション」にて、『私とスピッツ』と題した企画が、9月26日17時からスタートした。, 『私とスピッツ』は、“スピッツ好き”を自負するトップランナーたちに、スピッツとの出会いや好きな曲、アルバムなどにまつわる思い出を語ってもらう企画で、ハライチの岩井勇気、奥貫薫、上白石萌歌、西野七瀬(五十音順)が参加。本日公開された第1回目では、上白石萌歌がスピッツへの熱い想いを語っている。, ユニバーサルミュージック スピッツ公式サイト 4月14日(火)  宇都宮市文化会館

※【デラックスエディション Spitzbergen会員限定盤】は、スピッツオフィシャルファンクラブ“Spitzbergen”会員のみがどちらか1枚のみ購入可能。ツアー情報, 2019年 5月05日(火・祝)名古屋国際会議場センチュリーホール

12月08日(日)  武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ 1月28日(火)  大阪城ホール 12月27日(金)  マリンメッセ福岡 http://www.adieu-web.com. 07.快速

6月30日(火)  大宮ソニックシティホール 4月28日(火)  市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館) 6月12日(金)  山形県総合文化芸術館 6月23日(火)  コーチャンフォー釧路文化ホール 12月28日(土)  マリンメッセ福岡, 2020年 4月28日(火)  市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館) 4月21日(火)  レクザムホール・大ホール(香川県県民ホール) http://spimo.net, 2000年2月28日生まれ。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションにて、グランプリに選ばれ、芸能界入り。2018年、アニメーション映画「未来のミライ」主演(声優)、ドラマ「義母と娘のブルース」、浪漫活劇「るろうに剣心」などに出演。2019年、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞(「羊と鋼の森」)。日本テレビ連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺〜」に出演し、TBS バラエティー番組「A-Studio」11代目サブMCを担当。2020年に舞台「お勢、断行」の出演を控える。, 各サブスクリプションサービスはこちら

見っけ発売に伴って、スピッツのインタビューが掲載された3誌について、簡単にですが書いていきたいと思います! スピッツ特集で発売された音楽誌は以下の3誌。3誌ともに購入してみたので、簡単なインプレッションを! Rockin'on Japan 2019年11月号 メンバー全員へのインタビューがメインです。 7月06日(月)  滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール 4月30日(木)  大分iichikoグランシアタ 5月20日(水)  札幌文化芸術劇場hitaru あと私、けっこう、マサムネさんに対して変態チックな要素を持っていて……私のまわりの友達も変なんですけど。マサムネさん、まつ毛、すごく多いから、一本一本数えた友達がいたり(笑)。そういう変な友達と、集団意識で、情報を交換する、みたいな。「マサムネさんの『な行』を、一生守り続けたいよね」みたいな。, 「な」の発音が、すごく柔らかいから……何を言ってるんだろう、私(笑)。歌の中で、「な」の発音が独特だと思っていて。「♪君の心の中に棲む~」(と、「流れ星」を歌う)の「な」とか、輪郭がボヤッとしてるところが好きで。それを守り続けたいよね、っていう話を友達と(笑)。, あ、します。1時間って決めて、スピッツしか歌っちゃダメっていうカラオケ会をやって、最後に曲の感想を言い合う、みたいな(笑)。「あそこの歌詞がいいよね」とか。, なんだろう? 「猫になりたい」とか……ああ、でも、ほぼほぼ歌えちゃうかもしれないです、スピッツの曲は。あと「あわ」とか。, はい。その友達は理解してくれるんですよ。「あわ」、知らない人けっこういるから。雨の日は「あわ」から入ることが多いです(笑)。, 2019年 5月27日(水)  仙台サンプラザホール 6月07日(日)  松山市民会館・大ホール 11月30日(土)  静岡エコパアリーナ

5月20日(水)  札幌文化芸術劇場hitaru この曲も、最初のテッちゃんのギターを聴くだけで、もうスピッツ、ですよね。息子が、今、8歳なんですけれど、彼が知らないであろうスピッツの曲がラジオでかかった時、最初のギターのフレーズを聴いて「あ、お母さん、これスピッツだ」って言ったんです。子供でも、草野さんの声を聴く前に、スピッツってわかる。それもすごいことですよね。草野さんの素敵さはもちろんですが、メンバーのみなさんも同じようにすごくて、スピッツというチームが素晴らしいんですよね、スタッフさんも含めて。だから、もう、そのチームに対する愛ですね、今となっては(笑)。, アルバムって最初に聴いた時に好きな曲と、ずっと聴いているうちに好きになる曲って、ありませんか?今は「ありがとさん」と「初夏の日」が好きです。でも聴き込んでいくうちに、また変わるかもしれないし、ツアーもすごく楽しみです。 6月29日(月)  大宮ソニックシティホール あと、草野さん、ジャケ写の女の子を選ぶのも、上手ですよね。今回の『見っけ』のカバーガールの生越(千晴)ちゃん、すごく仲良しなのです。モダンスイマーズという劇団に所属している女優さんで、舞台で何度か共演したこともあって。その前の『醒めない』の佐藤玲ちゃんも仲良しで。勝手に縁を感じてます(笑)。, うーん。続けていてくれたら、バンドがあってくれたら、もうそれだけでいいです。それ以上のことはないです。でも、続けるっていうことが大変で、すごいことじゃないですか。だから本当に、ずっと元気でいてください、おばあちゃんになっても観に行くので、おじいちゃんになっても続けていてくださいね、って。, 【収録楽曲】

12月14日(土)  横浜アリーナ 6月01日(月)  沖縄コンベンションセンター劇場棟 2SHM-CD + 1Blu-ray PDCJ-1116 ¥8,980+税 

4月19日(日)  姫路市文化センター 大ホール UPJH-9080 ¥3,980+税, ■デラックスエディション Spitzbergen会員限定盤(3DISCS・完全受注限定生産盤)

4月30日(木)  大分iichikoグランシアタ 『見っけ』試聴を前に、ディレクター竹内修氏から本作とスピッツの現状と変化について語られた。前作から3年間という期間でのメンバーの変化については、「30周年という節目を経てリセットされたという感じがあり、新鮮な気持ちでアルバムのレコーディングに入った」と述べた。 楽曲面での変化については、「楽曲構成の定型から外れてきているスピッツがある」と、現在進行形のバンドのかたちを伝え、「もっと簡潔 …

Javascriptを有効にしてください。詳しくはお使いのブラウザのヘルプをご覧ください。, SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから、2019年10月7日~10月9日の集計が明らかとなり、スピッツのニュー・アルバム『見っけ』が60,398枚を売り上げて首位を走っている。 前作『醒めない』から約3年ぶり、通算16作…, [Alexandros]川上洋平、同郷・相模原の映画監督が撮影したスペシャルムービーいよいよオンエア! ティザー映像も公開, Creepy Nuts、初の武道館公演「こんなに気持ちいいものなんですね」ファンクラブ開設や全国ツアーも発表, May J.、ベストAL『May J. W BEST 2 -Original & Covers-』キービジュアル&ジャケ写公開, 11月15日にミューザ川崎シンフォニーホールで公演【ジャズピアノ Battle ジャム】を開催, このエルマークは、レコード会社・映像制作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です RIAJ80010003, 本田雅人と中川英二郎が【かわさきジャズ2020】で共演。気の合う二人が音楽の魅力を語る, <Billboard JAPAN×NTTデータ>ビルボードライブ横浜のプロモーションビデオを脳科学で分析してみた, “ライブを見てほしい”--「キンモクセイ」で注目のオレンジスパイニクラブのロングインタビュー, 山下洋輔、スガダイロー、桑原あい、奥田弦〜世代を超えた4人のピアニストが、「ジャズピアノ Battle ジャム」への意気込みを語る, 『Mステ』3時間SPにキンプリ/BLACKPINK/いきものがかり/スピッツ/髭男ら14組, 蒼井翔太、髭男らがダウンタウンと初共演 9/30『HEY!

12月07日(土)  武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

6月30日(火)  大宮ソニックシティホール

6月01日(月)  沖縄コンベンションセンター劇場棟 リリース情報. 5月14日(木)  新潟県民会館

02.優しいあの子

リリース情報. 今、スピッツの曲って合唱曲になっていて、「チェリー」とかも、学校で歌われたりとかして。ああ、もうそういう時代になってるんだ、と思って。それはすごくうれしかったですね。, 私の同世代だと、もちろんみんなスピッツを知っているけど、ドンピシャの世代ではないわけで。だから、まわりに話が合う人が少ないんですけど、大人のお友達から知識を得て、「やっぱり歌詞の深みが違うな」って思ったりとか。すごく歴史が長いので、一番目のアルバムからずっと聴いて、その変わりざまとか、逆に変わってない部分とか、そういうものを感じ取ったりとかして。アルバムによって色が違うところとかも、楽しいなって思います。, セカンド・アルバムがいちばん好きです。『名前をつけてやる』。あれが好きすぎて、お誕生日に、友達がレコード盤をくれて。なかなか手に入らないのに。すごくいい友達ですよね(笑)。あのアルバムが異常に好きで、1日一回は一通り聴く、みたいな。かわいい曲がいっぱい詰まってるアルバムなので。短編集を読んでいるみたいな……「プール」とか「名前をつけてやる」は、すごく官能的な歌でもあると思っていて。エロスとか、そういうものを秘めながら、でもさわやかに歌うマサムネさんが、すごく魅力的で。あのアルバムは一生聴き続けるだろうなって思います。, 難しいなあ……いちばん好きな曲……でも、寝起きは必ず「運命の人」を聴くんですよ。すごくテンションが上がるので。目覚ましは絶対「運命の人」です、毎日。あとは……「冷たい頬」も好きですし……なんか、季節ごとに好みが変わるかもしれないです。スピッツって、なんとなく秋冬のイメージがあって。その季節の移ろいによって好みも変わっていく、みたいな感じがしますね。 03.ありがとさん

12月08日(日)  武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ 5月12日(火)  金沢歌劇座 ニューアルバム『見っけ』 2019年10月9日(水)リリース 【初回限定盤】(SHM-CD+Blu-ray) UPCH-7518 \5,280+税 私の人生の目標は、スピッツが主題歌の作品に出ることと、あとジャケット! アルバム・ジャケットの女の子、マサムネさんが選んでらっしゃるという噂を聞いたんですけど。ジャケットになりたい、なんていう、大きな夢を持っています(笑)。, 全体的に、勢いがいいアルバムだなと思って。高速をつっ走りながら聴きたい曲がいっぱい詰まってて。「快速」という曲もあるぐらいで。私は「ブービー」がすごい好きでした。曲調は「ジュテーム」とかに近いような感じがして、なんて言うんだろう……音数が少ない曲は、スピッツにあんまりない気がして。そういう曲だから、逆に新鮮で。聴きやすくて……でも、何回聴いても、マサムネさんの歌詞って、理解ができなくて。なんとなくその時の自分の心情を重ね合わせて、「こういう意味だろうな」とか、何回も聴くうちに、自分になじんできて、なんとなくわかるようになるのが好きで。この「ブービー」も、どういう曲なのか、まだわかってないんですけど、これから掘っていきたいなって、いちばん思った曲です。 05.花と虫 12月12日(木)  横浜アリーナ

6月23日(火)  コーチャンフォー釧路文化ホール 7月16日(木)  長良川国際会議場メインホール, SPITZ mobile(SPITZ オフィシャルモバイルサイト) 6月21日(日)  帯広市民文化ホール大ホール

12月28日(土)  マリンメッセ福岡, 2020年

ラジオに呼ばれて亀田誠治と共にスピッツを語ったりするなど、ハードコアなスピッツファンとして知られている方だけあって、1989年リリースのスピッツ唯一のインディー盤であり、一切復刻されていないので今でも入手困難なミニアルバム『ヒバリのこころ』を持って現れました。, そう、持って来たんです。ディスクユニオンで見つけたのを憶えています。これ、メジャーデビューしたあとも、しばらくお店で売っていたんですよね。, 大学生の頃でしょうか……『ヒバリのこころ』は、さかのぼって出会ったような気もするのですが。『名前をつけてやる』の頃かもしれないですね。私、吉本ばななさんが大好きなんですけれど、何かの小説のあとがきに、「ヒバリのこころ」という曲を聴いて、このスピッツというバンドはもしかしたら私の小説を好きでいてくれるんじゃないかと思った、というようなことを書かれていて。この取材の前に確認しておこうと思って、ばななさんに「どの本のあとがきだったでしょうか?」とお尋ねしたら、「はっきり覚えていないけれど、あの曲は超好き!」と。私も、30年近く前の記憶なので、曖昧なんですけれど、気づいたら私の人生にスピッツがあった、という感じです。, そうですね……あ、エレカシ(エレファントカシマシ)も好きでした。エレカシは、草野さんも宮本さんを崇拝してらっしゃるじゃないですか。エレカシのアルバムは正座して聴く、という話をインタビューでされていて──。, それ、メジャーデビューの時のロッキング・オン・ジャパンのインタビューですね。1991年の3月。, (笑)そうそう。それも読んでるということは、その頃もう好きだったんですね。エレカシとスピッツの対バンライブを観たことがありますが、それぞれのカバーに大感動しました。, スピッツは、それまで奥貫さんが知っていた音楽とどんなふうに違ったから、そこまではまったんでしょうね。, 音楽は好きでよく聴いていました。歌謡曲では、松田聖子さんや松本隆さんの世界も好きで。父も音楽が好きだったので、井上陽水さんなどフォークのアルバムも身近にあったんですけど、何が違ったのかな……音楽であり、文学だな、という気がして。草野さんの詩は文学ですよね。そしてメロディーは叙情的で、でも精神はパンクでロック。私にとってはやはり特別なバンドです。, そうなんです。スピッツが好き、ということで、ラジオなどに呼んでいただいたこともあるのですが、そのたびに必ず好きな曲を訊かれるんです。でも、本当に答えられないし、その時何を選んでも、私、すごく後悔してしまうんですよ。一曲なんて挙げられないので。だから、いちばん好きなアルバムを訊かれた時には、新曲を聴くたびに「好き」が更新されるから、「最新作です」って答えるようにしています。, (笑)。回数を聴いたのは……『ハヤブサ』だと思います。なぜかというと、私、その年に、初めて実家を出てひとり暮らしを始めて、すごくさみしかったんです。その心細い時期に『ハヤブサ』をとにかくずっと聴いていたので。当時のことを思い出しますね、『ハヤブサ』は。 3月31日(火)  高崎芸術劇場

https://entertainmentstation.jp/542725, エンタメステーション 4月07日(火)  米子コンベンションセンター・BiG SHiP

6月12日(金)  山形県総合文化芸術館 https://entertainmentstation.jp/, ニューアルバム『見っけ』特設ページ 5月12日(火)  金沢歌劇座 5月06日(水・振)名古屋国際会議場センチュリーホール 6月02日(火)  沖縄コンベンションセンター劇場棟 11月30日(土)  静岡エコパアリーナ 10.まがった僕のしっぽ 01.見っけ 6月14日(日)  リンクステーションホール青森(青森市文化会館) 12月15日(日)  横浜アリーナ 6月21日(日)  帯広市民文化ホール大ホール スピッツが10月9日、前作『醒めない』より約3年振りのオリジナルアルバム『見っけ』をリリースする。発売に先駆けて都内でアルバム全曲最速試聴会が9月6日におこなわれた。会場ではスピッツのディレクター竹内修氏と司会者とのトークセッションも展開された。“変わらぬスピッツ”と“新たなスピッツ”が感じられる味わい深い『見っけ』は、ポップに聴くことはもちろん、細部に注目すると楽しみ所満載という、聴きごたえ抜群の作品。30年間ディレクターとしてスピッツと制作を共にした竹内修氏は本作について、デビューからの現在のスピッツの変化や近況について様々な角度から語った。その内容もふまえ、試聴後のアルバムレビューをしたためたい。【取材=平吉賢治】, 『見っけ』試聴を前に、ディレクター竹内修氏から本作とスピッツの現状と変化について語られた。前作から3年間という期間でのメンバーの変化については、「30周年という節目を経てリセットされたという感じがあり、新鮮な気持ちでアルバムのレコーディングに入った」と述べた。, 楽曲面での変化については、「楽曲構成の定型から外れてきているスピッツがある」と、現在進行形のバンドのかたちを伝え、「もっと簡潔に、研ぎ澄まされている」とも表現した。それは、実際にお披露目されたアルバムの全曲を聴くと、納得の内容だった。, アルバム1曲目「見っけ」はロック調の4つ打ちビートの楽曲。基本的にバンドサウンド生演奏を中心とした“オーガニック”な点は、ある種のスピッツらしさとも捉えられるのだが、この曲ではそこにシーケンスのサウンドがキラキラと踊るという印象的なテイストがプラスされていた。そして、そこにふわりと漂う草野のボーカル。これまでのスピッツの作品もそうだが、今作『見っけ』は特に、各パートの音がクリアに出力され、的確にアンサンブルの役割を担い、かつ一体感があるという、“音としての良さ”、そして“演奏感の伝わりやすさ”、更には“楽曲・音楽の捉えやすさ”という3点が特に顕著に感じられた。, その点に加え、待ってましたの“スピッツ感”のような、まるで90年代のJ-POP黄金期を彷彿とさせるような曲調とも感じられる2曲目の「優しいあの子」。“スピッツ感”が何かと言うと、メロディの染みやすさというのが最たるところであろうか。イントロのクランチサウンドのギターで奏でられるメインメロディを簡潔に、そしてスピッツならではとも言える、人間味のあるちょっと跳ねたリズムを含み、メインメロディはサビで、最小限の尺で草野のボーカルが漂う――。, 3曲目の「ありがとさん」についてディレクター竹内修氏は、「ありがとう」という素直な言葉ではなく、「ありがとさん」と、ちょっとひねって照れ隠しのように言っているのが草野的なのかなという思いを明かした。単に感謝の言葉ではなく、そこに「この人達には一体何があったのだろう?」と思わせるような歌詞と捉え、それが草野の真骨頂だという思いを語った。, また、「本作の代表曲の1曲ではあると思っている」と、竹内修氏はこの曲の存在感を示した。「ありがとさん」は、優しく、馴染みやすいポップスでありながらも“ロックという側面”が、濃過ぎず、薄過ぎず滲んでいる。例えるならUKロックのいなたさと言うか、ダーク・ビューティなギターの歪みサウンドと言うか、そういったギターアンサンブルのなかに草野のキュンとくるボーカルを乗せるという、スピッツ風オリジナリティを持たせたバンドサウンドの名トラックと言えよう。, ロックという視点で聴くと、本作にはどこかに偏りがあるサウンドではなく、あらゆるロック要素が織り込まれているのが興味深くも味わい深い点だった。4曲目「ラジオデイズ」の濃度の高いギターアンサンブルもそうだし、6曲目「ブービー」ではリズムの妙技も見せる。ラスト・トラックの「ヤマブキ」ではUSロックのテイストを感じる部分もあったりと、様々なロック・アプローチがありながらも「スピッツ」として成立しているのは30年というキャリアの深みと洗練された楽曲構成、アレンジ、パート選び、音色のバランスの厳選っぷりを感じずにはいられなかった。正に、「研ぎ澄まされている」のである。, そして、スピッツの楽曲では、わかりやすくブラックミュージックやダンスミュージックに寄せたようなリズムアプローチは、さほど顕著には見られないと思われるなかで、スピッツというバンド独特のグルーヴがあり、それは今作でも感じられる。“踊れる”というグルーヴというより、“心が弾む”というグルーヴだろうか、“目に見えないワクワク感が引き出される”というのがスピッツのグルーヴの魅力と感じるのである。, さて、トラック中盤に戻るが、7曲目「快速」のように、メロディの後ろで伴奏が絶妙に半音移動するという隠し味をさりげなくまぶすあたりは、スピッツの変わらぬ粋なアプローチと言えるだろうか。心地良いメロディ・アンサンブルに対し、各パートに着目して聴いて「心地良さの正体」に気づけるという楽しみも、ありとあらゆる部分に散りばめられているのである。「YM71D」での少し変化球的なギターとストリングスというアレンジは、音楽通が唸りそうなブレンド具合と感じられた。, ディレクター竹内修氏が「今作でプログレッシブ・ロック的なテンポチェンジを含む楽曲への挑戦があることは、スピッツ初の試み」と語ったのは10曲目の「まがった僕のしっぽ」。6/8拍子と、通常の8/8拍子が混在し、かつ、セクションでのテンポチェンジがほどこされた本トラックは、『見っけ』の収録曲で、音楽的に最も興味深いものだった。, 草野の清涼感・透明感のあるボーカルと、生の息遣いを感じるバンドアンサンブルがそうさせるのか、確かに楽曲構成は“プログレ的”ではあるのだが、そこに“マニアックさ”は感じられないように思えた。この、「いままでにないアプローチを自然にスピッツ楽曲として描く」という点は、特筆すべき彼らの新しい魅力ではないだろうか。, 変化球でありながらもポップに聴ける“新たな挑戦”が含まれたトラックのあとは、アコースティックなナンバー「初夏の日」。この、さりげなく緩急がつけられた曲順構成には、アルバムを一枚通して聴いて楽しむという感覚を改めて感じさせてくれた。, ディレクター竹内修氏は、草野マサムネの歌詞についての制作秘話も明かした。本作収録曲の歌詞の一部にある<サスティーン>というフレーズ(音楽分野では「音が持続する」という意味)に対し、「本来の英語は“sustain=サステイン”が正しいけど、“サスティーン”でいいの?」と草野に聞いたところ、「そのほうが普通に通るのでいいんです」というやりとりがあったという。, 草野は言葉の本来の言い方よりも、多くの人に伝わるような言葉の選び方をしているという。以前の作品でも、あえて“ら抜き言葉”を使ったりと、柔軟な言葉の選び方をしているという、ディレクター視点ならではの草野の作詞のポイントを明かした。その点に注目して本作を聴くと、歌詞の面でも新たな発見があり非常に興味深い。, 『見っけ』は、「今までにはないスピッツ」もあり、「スピッツらしさ」が芯にある、非常に味わい深くも心地良い聴きごたえのアルバム。そして、“お腹いっぱい”と“もう一杯”という、満足感とおかわり欲が湧き出る作品。“現在のスピッツ”を感じるにふさわしい内容だった。, スピッツの16作目となるアルバム『見っけ』は、連続テレビ小説『なぞつら』主題歌「優しいあの子」も収録されている全12曲入りのフルアルバムで、アナログ盤を含めた全6形態でのリリースとなる。そして、本作を携えた全国ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2019-2020 “MIKKE”』の開催が決定している。, MusicVoice(ミュージックヴォイス)の公式アカウント。自社撮影の写真を掲載しています。.