次に、同じスプレッドシートの別シートから参照する方法を紹介します。 値(単一セル)を参照する. 今回はスプレッドシートの便利な絞り込み機能を紹介します。Googleスプレッドシートは共同編集が行えて便利です。ただ同じシートを複数人で編集するため、誰かが絞り込みを行うと他の編集者の編集画面も変化し編集するのに不便が起こっていました。 ひとつのファイル内に複数のシートを作成し、別シートを確認しながらデータを入力する場合があります。毎回シート見出しをクリックしてシートを切り替えながらの作業はたいへんですね。複数シートを同時に表示して作業を効率よくできるようにしましょう。

売上の台帳と商品の台帳が別の表になっていて、売上の台帳の方には商品コードしか入っていないような時、VLOOKUP関数で表を連携させるのが便利です。スプレッドシートでは、売上台帳と商品台帳が別のファイル(シート)として管理さ... DXPOST(ディーエックスポスト) – 仕事に役立つデジタルトランスフォームのヒントを紹介します。, 売上台帳やレポートを作成して都度更新していくのなら、Excelよりも断然スプレッドシート!, 縦に長い表の場合、1行ごとに背景色を交互に変更すると視認性が上がります。スプレッドシートにおいて交互の背景色を設定する方法を説明します。.

売上の台帳と商品の台帳が別の表になっていて、売上の台帳の方には商品コードしか入っていないような時、VLOOKUP関数で表を連携させるのが便利です。 やり方はとっても簡単です。 シングルクォーテーションで参照したい値を持つシート名を挟んで、その値のセル番号を入力するだけです。 コピーしたリンク(URL)を、共有したい相手に知らせることで、そのURLを知っている人はデータを見たり編集できるようになります。, 共有したいフォルダ、スプレッドシートを選択 » リンクを取得ボタンから設定。(複数のスプレッドシート、複数のフォルダをまとめてリンクで共有することはできません。), 共有したい相手に以下のようなメールが届きます。ユーザーはこのメールから共有されたスプレッドシートへアクセスできます。, https://spread-sheets.com/wp-content/uploads/2019/09/logo.gif. この記事では、Googleスプレッドシートの固有の関数である「IMPORTRANGE」について解説します。, IMPORTANGEは非常に便利な関数で、スプレッドシートを使うなら必ず覚えたい機能です。, この記事では、3つの営業部が作成した売上台帳を1つの台帳に連携させるという例題を通じて、IMPORTRANGEの使い方を説明します。, 会社組織で、各部署が売上や費用の表を個別に管理・更新しているケースがあります。例えば、各部署の上長にあたる方や経理担当者が各部の売上の進捗を確認するために、それぞれのシートを開いて見に行くのは効率的とは言えません。, こんなとき、スプレッドシートでIMPORTRANGE関数を使うと、各営業部のシートの内容を自動的に集約することができます。営業1〜3部のシートを開く必要がなくなるわけです。, 上記のように、同じ構造の台帳が他に2つあります。これを1つのシートに自動連携してみます。, スプレッドシートキー – 読み込みたいデータ(シート)のURLを””二重引用符で囲んで入力します。, 参照したいシート名!参照したい範囲 – スプレッドシートキーで指定したシートのシート名とそのシートで参照したい範囲を入力します。, まず、各部のデータを集約したいスプレッドシートを新規に作成します。ここでは「営業本部まとめ」というファイル名となっています。, 第1営業部のシート名が「台帳」となっているのと、A〜F列までが参照したい範囲であることを確認します。, まとめシートのIMPORTRANGE関数に以下のように入力してEnterキーを押しましょう。, ここで慌てず、A1セルにカーソルをあわせると、以下のような表示となりますので、「アクセスを許可」を押します。, 営業1部のシートの閲覧権限があなたに付与されていない場合、IMPORTRANGE関数でデータを参照することができません。必ず、事前に権限を付与するようにしてください。, IMPORTRANGEでは、参照元の書式(セルの色やフォントの大きさなど)は参照先のシートには反映されません。必要に応じて、IMPORTRANGE関数を設定するシート側で書式を調整してください。, まとめシートにおいてA列からF列までは、第1営業部のデータが参照されていますので、第2営業部はG列以降に表示されるようにします。G1セルに上記と同じ要領でIMPORTRANGE関数を入力していきます。, 各部署で表に更新をかけた際に、自動的にまとめシートも更新されるかどうかをチェックします。, 第1営業部の売上台帳に1行追加してみます。3/1に大和食品から1,000万円の売上が有力であることを山田さんが入力したとします。, まとめシートの方の第1営業部の11行目に新しいデータが反映されています。問題なく動いているようですね。, 説明した通り、IMPORTRANGEは、他のシートのURLと範囲を指定して別のシートに表示する関数です。この関数をエラーなく使用するポイントは以下です。, 今回は、単純に3つの売上台帳のデータを1つのシートに集約する方法を説明しました。IMPORTRANGEは参照する範囲を細かく指定することや、QUERY関数など他の強力な連携用の関数を組み合わせることで、更に威力を発揮します。, IMPORTRANGEとQUERYの組み合わせについては、こちらで解説しています。, また、IMPORTRANGEで別のシートの指定しつつ、VLOOKUP関数で、既存のシートのデータを使って検索する方法について、こちらで解説しています。, 映像系のメディア企業で執行役員としてWebサービス系の事業開発を担当しています。現在の会社は4社目で、1社目はシステム構築ベンダーでエンジニア、2社目は映像系ベンチャーでマーケ、3社目は広告会社でマーケティングプランナーでした。メディア企業のデジタルトランスフォームに関する情報をお届けできればと思います。, IMPORTRANGE関数とQUERY関数を組みわせて、複数のシートから特定のデータだけを抽出する方法!, スプレッドシートで複数の表を集約する際に、特定の条件にあったデータだけを抽出したいことがあると思います。本記事では、それを実現するQUERY関数とIMPORTRANGE関数の組み合わせ方法を案内します。スプレッドシート固有の関数の使い方を覚えて、業務効率を高めましょう。. スプレッドシートでの情報操作に便利なQUERY関数。ただ、複数範囲を結合してQUERY関数で扱いたい場合に、エラーが出て思ったように処理できない方が多いと思います。QUERY関数の場合、そのときの範囲の性質によって、条件での列の指定の仕方が変わるため、少しやっかいです。, この記事では、結合した範囲をQUERY関数で処理する方法、結合したQUERY関数を範囲としてQUERY関数で処理を行う方法を解説します。画像と例を付けているので、分からなかったら手を動かしてみましょう。, 普段のQUERY関数なら列の指定を「SELECT A,B」や、条件の指定を「WHERE A=3」のように使っていますが、結合した範囲に対してはそのような表記をするとエラーが表示されます。, 結合した範囲の場合、参照している範囲が、A列だけ、B列だけなわけではないので、「Col1(=範囲1列目)」、「Col2(=範囲の2列目)」のような表記を使用します。, 例えばAとBの範囲を結合した範囲に対して、3列目が転職の行だけを表示するQUERY関数は次のようになります。, ※1列目は「Col0(ゼロ)」ではなく「Col1」だということに注意して番号を振りましょう。, 言葉にするとややこしいですが、やりたいことは、下記のようなQUERY関数による処理です。, Aの就活カテゴリ、Bの転職カテゴリを結合して、結合した範囲でPVが100より大きいものを表示する関数式。, 複数のIMPORTRANGE関数とQUERY関数を組み合わせることで、別シートに存在する配列を結合して処理することができます。, ここでもやはり、QUERY関数内でIMPORTRANGE関数を使用した場合、QUERY関数の条件では「Col数字」の表記で指定します。.

この記事では、googleスプレッドシートの固有の関数である「importrange」について解説します。importangeは非常に便利な関数で、スプレッドシートを使うなら必ず覚えたい機能です。この記事では、3つの営業部が作成した売上台帳を1つの台帳に連携させるという例題を通じて、importrangeの使い方 … スプレッドシートのデータを知り合いに共有する方法を解説。共有することで同じファイルを同時に編集することができる便利な機能です。ユーザーにより、閲覧のみや編集などの権限を設定することができます。フォルダごとの共有やスマホアプリでの操作方法もあります。

条件付き書式で特定の... 縦に長い表の場合、1行ごとに背景色を交互に変更すると視認性が上がります。スプレッドシートにおいて交互の背景色を設定する方法を説明します。.

値を参照するメリットは、参照元のデータを変更したとき自動で参照した値も変わることですよね。, つまり、積極的に値を参照すると、データの修正や更新に時間を奪われることが激減します!, 同じシートの中から値を参照するのは簡単ですが、別のスプレッドシートから値だったり、同じスプレッドシートの別シートの値だったりを引っ張ってきて、使いたいことってありませんか?, 同じシート内からだけじゃなく、別シートからも値を参照して、仕事の効率化を加速させましょう!, 福岡在住のデータサイエンティスト。Pythonでルーチンワークを瞬殺する仕組みを作ることやデータを視覚化することが得意です。, 別のシートから値を参照するためには、『IMPORTRANGE』というスプレッドシートにしかない関数を使用します。, 『スプレッドシートキー』というところに値を参照したいスプレッドシートのURLを入力します。, ※スプレッドシートキーとは、スプレッドシートのURLを指した名称で、以下の例でいう「××××」の部分のことです。, (例:https://docs.google.com/spreadsheets/d/××××/edit#gid=0), この『範囲の文字列』のところに、"持ってきたいシートの名前!持ってきたいセル"を入力します。, 例えば、データベースという名前のシートのA1セルを参照したい場合は、"データベース!A1"と入力すれば大丈夫です。, 表を参照したい場合は、『範囲の文字列』のところに、"持ってきたいシートの名前!持ってきたい範囲セル"を入力します。, 例えば、データベースという名前のシートのA1からG9を参照したい場合は、"データベース!A1:G9"と入力すれば大丈夫です。, 合計金額だけを参照したいときは、SUM関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせます。, 例えば、 別のシートのA列の合計金額を参照したい場合は、次のようにSUM関数と組み合わせます。, 他の集計データを参照したい場合は、SUM以外に、SUMIFやSUMIFS、COUNTA、COUNTIF、COUNTIFSなどと組み合わせてみてはいかがでしょうか。色々捗りますよ(^o^), 次に、他のスプレッドシートから表引きしたいときは、VLOOKUP関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせます。, ここで『1002』をキーとして、商品名である『ぶどう』を参照したい場合は、次のように記述します。, IMPORTRANGE関数とVLOOKUP関数を組み合わせれば、このように他のスプレッドシートであっても表引きを実現できるんです。, 集計したデータや表引きしたデータだけをIMPORTRANGEで持ってくるということは、スプレッドシートをデータベースのように扱うことができます。, スプレッドシートは200万個のセルにしか値を入力できませんが、IMPORTRANGEを使えば実質無限のセルを使うことができるんですよ。, シングルクォーテーションで参照したい値を持つシート名を挟んで、その値のセル番号を入力するだけです。, まず、A1セルに『参照元のシート』が入力されているので、B1セルに『='A1'!A1』みたいな感じで目的の値を参照したくなりませんか?, ぱっと見いけそうな感じですが、「『A1』という名前のシートが無いよ」というエラーを返されます。, ですが、このままだと単に文字列を結合させてるだけに過ぎないので、『'参照元のソート'!A1』という文字列のセル参照が返されます。, 文字列でセル参照が返されるということは、文字列で指定したセル参照を返す、あの関数を使えば解決しますね。, これで、A1セルの値を参照して別のシートから値を参照することができるようになりましたね。, INDIRECTは、他にも動的に関数を作り込むときに役立つので、覚えておくと本当に便利ですよ!, 同じスプレッドシート内で表(範囲セル)を引っ張って場合は、さっきの『別のスプレッドシートから値を取得する』のところ登場したIMPORTRANGE関数を使います。, ちょっと変な感じですが、スプレッドシートキーは今開いているスプレッドシートのURLを入力します。, これで範囲指定してあげれば、同じスプレッドシート内でも表を参照することができるという訳です。, 冒頭でも述べましたが、同じシート内からだけじゃなく、別シートからも値を参照して、仕事の効率化を加速させましょう!, データサイエンティスト。Pythonでルーチンワークを瞬殺する仕組みを作ることやデータを視覚化することが得意です。おかげさまで当ブログは5年目を迎え、毎月13万PV閲覧されています。ストレングスファインダー:戦略性・最上志向・目標志向・未来志向・個別化.

All rights reserved. 売上の台帳と商品の台帳が別の表になっていて、売上の台帳の方には商品コードしか入っていないような時、VLOOKUP関数で表を連携させるのが便利です。 © 2020 たぬハック All rights reserved. IMPORTRANGE関数とQUERY関数を組みわせて、特定のデータだけを抽出する.

スプレッドシートで複数の表を集約する際に、特定の条件にあったデータだけを抽出したいことがあると思います。本記事では、それを実現するquery関数とimportrange関数の組み合わせ方法を案内します。スプレッドシート固有の関数の使い方を覚えて、業務効率を高めましょう。 =SUM(IMPORTRANGE("1gNduUGoxaYd30MyDovseKxkojmiAWzWdGpGDglK9d-c","A:A")), =VLOOKUP(1002,IMPORTRANGE("1gNduUGoxaYd30MyDovseKxkojmiAWzWdGpGDglK9d-c","A1:C6"),2,FALSE), スプレッドシートの『IMPORTRANGE』関数で200万の制約が無くなるって本当?. © 2020 DXPOST(ディーエックスポスト) - 仕事に役立つデジタルトランスフォームのヒントを紹介します。.

たとえば、以下のような売上台帳で、売上が「確定」したセルにだけ色をつけたいということがあると思います。

Googleスプレッドシートでデータを会社の人や友人に共有することができます。最大200人まで共有ができますが、同時に編集を行えるのは100人までとなります。, 2 共有したい相手のメールアドレスを入力します。アドレス帳に登録されている相手であれば名前の入力でも可能です。, 3 追加するユーザーの入力後、権限を決めたら送信をクリックすると共有相手に招待メールが届きます。, スプレッドシートを共有した相手には、以下のようなメールが届きます。このメールから共有されたスプレッドシートにアクセスすることができます。, フォルダごと共有する、複数のスプレッドシートをまとめて共有する場合はGoogleドライブからの操作が便利です。, 共有したいフォルダ、スプレッドシートを選択 » 共有ボタンから設定。(一括で操作する場合は、ShiftキーやCtrlキーで複数選択をする), 少人数の場合は、メールアドレスで追加していく方法がおすすめですが、大人数の場合メールアドレスの追加は大変なので、URLで共有する方が便利です。, 4. Googleスプレッドシートで画面に表示しきれない大きい表を作ったり見たりするときは、「行・列の固定」という機能を使うと便利です。本記事では、「行・列の固定」がどんな機能なのか、どのようなとき利用すると便利なのかを紹介します。また、具体的な設定方法も説明しましょう。 こちらの記事で、IMPORTRANGE関数を使って、3つの営業部の売上台帳を1つのスプレッドシートにまとめる方法を紹介しました。, これによって、わざわざ各営業部のシートを開かなくても、営業本部スプレッドシートを開くだけで各部の売上の状況を把握することができるようになりました。, 経営会議に提出する資料作成のために、各営業部の全ての案件ではなく、重要な高額の受注案件のみを抽出したい。, 本記事では、そういったニーズに対して、IMPORTRANGE関数とQUERY関数を組み合わせて、特定の条件で複数のスプレッドシートを参照・集計してデータを抽出する方法を説明します。, なお、QUERY関数とIMPORTRANGE関数については、それぞれ以下の記事で基本的な使い方を紹介していますので、ぜひご覧ください。, 最初に、IMPORTRANGE関数を使って、営業本部のまとめシートから営業1部シートを参照する設定を行いましょう。, さらにこの表に対して、2,000万円よりも高額な案件のみを表示する、という設定を加えたいと思います。, このQUERY関数のデータの部分に、IMPORTRANGE関数を挿入し、次のような構文をつくります。, IMPORTRANGE関数で参照したいシートと範囲(営業1部の表)を指定して、QUERY関数のクエリ部分で2,000万円以上の行のみを抽出するような設定にしています。, 上記の式において、QUERY関数のクエリ内のwhere句にCol4という文字列が入っています。これは、QUERY関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせて使う際の重要なポイントです。, QUERY関数で同じシート内のデータを集計する場合は、A,B,C,Dのように列名を指定しますが、今回のようにIMPORTRANGE関数を使って別のスプレッドシートのデータを集計する場合は、列番号を指定するような形にします。, A列(年月日)数を指定したい場合は、Col1B列(取引先)を指定したい場合は、Col2C列(商品)を指定したい場合は、Col3D列(金額)を指定したい場合は、Col4, QUERY関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせて、特定の列に抽出条件を設定する際に、参照先のシートがかなり横に長く、目視では列番号が分からないということが発生することがあります。, このCOLUMN関数は入力したセルの列番号を表示する関数です。これによって表示された列番号をQUERY関数のwhere句にて、Col✕✕として指定しましょう。, 第1営業部の表を参照した式を、同様に第2営業部、第3営業部の表を参照する設定にします。, 営業本部シートに各営業部の2,000万円以上の案件のみを表示することができるようになりました。, 映像系のメディア企業で執行役員としてWebサービス系の事業開発を担当しています。現在の会社は4社目で、1社目はシステム構築ベンダーでエンジニア、2社目は映像系ベンチャーでマーケ、3社目は広告会社でマーケティングプランナーでした。メディア企業のデジタルトランスフォームに関する情報をお届けできればと思います。, スプレッドシートで表を集計する方法は幾つかありますが、元の表に手を入れずに集計したいことがあると思います。本記事ではそんな時に使えるQUERY関数の基本的な使い方を紹介します。QUERY関数を覚えると、スプレッドシートを更に便利に使って仕事の効率があがりますので、是非ご覧ください。, IMPORTRANGEの超基本的な使い方!スプレッドシートで複数の表のデータを集約する方法, この記事では、Googleスプレッドシートの固有の関数である「IMPORTRANGE」について解説します。IMPORTANGEは非常に便利な関数で、スプレッドシートを使うなら必ず覚えたい機能です。この記事では、3つの営業部が作成した売上台帳を1つの台帳に連携させるという例題を通じて、IMPORTRANGEの使い方を説明します。, DXPOST(ディーエックスポスト) – 仕事に役立つデジタルトランスフォームのヒントを紹介します。, 売上台帳や商品在庫リストなどにデータを入力する際、決まった内容を繰り返し入力する必要が出てくることがあります。たとえば、以下のような売上台帳。E列のステータスには「確定」「有力」「失注」の3パターンしか存在しないため、毎度これを打ち込むのは効率的ではなく、誤入力のリスクもあります。本記事では、誤入力を防止できたり、形式を統一するためのプルダウンリストの作り方を説明します。. スプレッドシートでは、売上台帳と商品台帳が別のファイル(シート)として管理さ... 手元のエクセルファイルをスプレッドシートで使用する際、・そのエクセルは今後ずっとスプレッドシートで更新するのかどうか・今後もエクセルとしても使用し、ファイルをメール配布するなどしたいかどうかによって、オススメしたい使用法が少し異なります。... たとえば、以下のような売上台帳で、売上が「確定」したセルにだけ色をつけたいということがあると思います。 QUERY(範囲,"select 列A, 集計関数(列B) group by 列A"), QUERY(範囲, "select 列A, 集計関数(列A) where group by 列A pivot 列B"), QUERY(範囲,"where 列 = date '"& TEXT(セル,"YYYY-MM-DD") &"'"), QUERY(importrange(シートID,参照範囲), "where 条件"), QUERY({IMPORTRANGE(シートURL,シート範囲);IMPORTRANGE(シートURL,シート範囲)},"WHERE 条件"). © Copyright 2020 Webマーケ戦略会議.

そういうとき、スプレッドシートでは「条件付き書式」を使います。早速やってみましょう。

スプレッドシートでの情報操作に便利なquery関数。ただ、複数範囲を結合してquery関数で扱いたい場合に、エラーが出て思ったように処理できない方が多いと思います。query関数の場合、そのときの範囲の性質によって、条件での列の指定の仕方が変わるため、少しやっかいです。 Googleスプレッドシートを開いた時、最初に表示されるシートを指定できたらすごく楽なのに! ぬぉおぉおぉおおおおおーイライラする! ・・・こんな経験、ありませんか? それじゃなくて、こっちのシート … 条件付き書式で特定の... エクセルをスプレッドシートに変換する方法、変換せずにエクセル形式のまま使用する方法.

そういうとき、スプレッドシートでは「条件付き書式」を使います。早速やってみましょう。 スプレッドシートでは、売上台帳と商品台帳が別のファイル(シート)として管理さ... © 2020 DXPOST(ディーエックスポスト) - 仕事に役立つデジタルトランスフォームのヒントを紹介します。.