企業スポーツ選手の労働者性についての知見を踏 まえた定義であり,企業スポーツ選手の狭い意味 での定義である。川井(2003)は,企業スポーツ チーム27社へのアンケート調査に基づき,企業 スポーツ選手の法的問題を様々に議論した。その 地域スポーツ指導者として 15.8% スポーツ選手のキャリアプロセスに対する関心は海 外でも高く,社会老年学説や死亡学説を援用した研究 から始まり,1980年代よりスポーツ選手の引退を対象 とした研究は急激に増えた.その後,スポーツ選手の けが 14.1% �����3Σȇn�^�9TТ5����pl�tE�f�@E�ZD�c��^Z-`C�4��.r�+�o�r���;oā�L.Q���G�7�@���5�LD���J��H�E�_,���#�d۷>��V?3J�f�ZQ5�l��%��B��� 0����ʜp��tĎ

しかしながら、スポーツばかりやっていて、まともなビジネススキルがない20代後半~30代のもと選手を採用する会社がすくなく、次のキャリアでつまずいてしまいます。, 一般の社会の中で元アスリートを受け入れる需要が少なく、これがアスリートのセカンドキャリア問題となっています。, 今回の記事では、そんなトップアスリートたちの引退後のセカンドキャリアについて焦点を当てて考えていきましょう。, プロスポーツ選手やオリンピック選手など、各スポーツで活躍したトップアスリートはその後、人生のキャリア形成は大きな課題となってきます。, もちろん、中には会社の経営者や学者などになったりなど、社会的に活躍していく元アスリートの方もいます。, しかしながら、多くのアスリートが「競技者の人生」から「一般社会人の人生」へシフト出来ず、その後の人生を棒に振ってしまっているのも現実です。, 有名な選手でいうと、元プロ野球選手の清原選手は自身の本の中で引退後の苦しみや社会に適応できず薬物に依存してしまったことなどを告白しています。, そのほかにも、元マラソン選手の円谷選手は、選手引退後、走れない自分自身に失望して自ら命を絶っています。, 今あげた例は、ほんの一部ですが、社会に適応できず苦しんでいるアスリートは多くいる現状にあります。, 戦後からバブル崩壊までは、トップアスリートは各会社の広告塔として活躍し、給料をもらいながら競技に専念することができました。, そして、競技引退後もその会社に残り、会社員としてキャリアを積んでいくことができました。, しかしながら、バブル崩壊後、企業スポーツは衰退し、アスリートの就職の場が限られるようになりました。, 運よく実業団に入れたとしても引退後は契約が止められたり、企業の部活自体がなくなったりなどのケースもあります。, 最近で言えば、日清食品グループの駅伝部が廃部になり、内定者が取り消しになりました。, 現状の日本の社会は、スポーツだけで生きていくのは難しい社会体制となっているんですよね。, また、元アスリートが社会に適応できない理由として、社会的な体制のみならず、元アスリートの心にも問題があります。, 金銭的な問題などではなく、その競技以上の生きがいや、やりがいをかんじられないんですよね・・・・・. 教職員 21.8% 学校(専修学校等も含む) 7.7% 300万~450万円未満 全体:14.4% 男性:13.9% 女性:15.8% 年齢による体力的な問題 44.2% TBS「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」を筆頭に、スポーツ選手の引退後の生活について密着したテレビ番組が放送されるようになり、社会的にもアスリートのセカンドキャリアについて考える機会が与えられるようになってきました。, 近年では、Jリーグがキャリアサポートセンターを設立(2013年廃止)したり、NPBやBリーグが民間人材紹介会社と提携してセカンドキャリアサポートを行ったり、文部科学省スポーツ庁がスポーツキャリアコンソーシアムを設立したり、多くの民間企業が元アスリートの人材紹介・採用に積極的に力を入れたりとスポーツ選手のセカンドキャリアの支援制度はかなり手厚くなってきているように思えます。, 今回は、スポーツ選手やアスリートの引退後のセカンドキャリア支援制度について、そもそもセカンドキャリア支援制度とは何なのか、国・競技団体・民間企業がどのような内容で支援を行っているのかを明らかにし、現状の支援制度の問題点と未来の展望を考えたいと思います。, まず、本題に入るまえにそもそもスポーツ選手のセカンドキャリア支援制度とはどのようなものなのか、理解しておきましょう。, 世間的に、セカンドキャリア支援制度や転身支援制度という言葉が登場したのは、人件費や定年を迎えた際の退職金の増加による人員削減を迫られた企業が社員に早期退職や起業・転職を促し始めた2010年前後のことです。, 中にはリストラまがいの内容の制度を突き付けられたと炎上した企業もありましたが、現在では積極的に独立やキャリアアップを目指すための制度と捉えられることが多くなっているようです。, では、スポーツ選手・アスリートにとってのセカンドキャリア支援制度とはどのようなものなのでしょうか?, 現在、国・競技団体・民間企業が主に行っている支援は、現役のアスリートにキャリア形勢についての啓蒙活動、引退したスポーツ選手の就職先の斡旋、積極的な元アスリートの中途採用です。, 文字に起こすと「え?ただの人材紹介業ではないか!」と思うかもしれませんが、スポーツ選手のそれは一般的なサラリーマンのそれとは大きく異なります。, では、国・競技団体・民間企業が行うアスリートの引退後の支援について詳しく見ていきましょう。, スポーツ庁は、「スポーツキャリアサポート推進戦略」を受託している日本スポーツ振興センター(JSC)と共にスポーツキャリアサポートコンソーシアムを設立し、アスリートのキャリア支援を行っています。, 「アスリートが競技者としてのキャリアも人としてのキャリアもどちらもあきらめずに、その両方で自らの可能性を最大限に発揮するためのチャレンジ可能な社会を目指す」ことをビジョンとして、これまで各競技団体・大学・民間企業がそれぞれに行ってきたセカンドキャリア支援を一元化することを目的としています。, 支援内容としては、アスリートのデュアルキャリアの促進を後押しするためのカンファレンスやトークイベントを行ったり、実際にジュニアアスリートに向けたキャリア教育プログラムを実施したりしています。, 現役のアスリートや未来のアスリートに対してデュアルキャリアの考え方を浸透させ、スポーツキャリアとライフキャリアを両立することが常識になるように支援を行っています。, 各競技団体は、Jリーグではキャリアサポートセンターを設立したり、NPBやBリーグでは民間人材紹介会社と提携してセカンドキャリアサポートを行ったり、大学では就職サポートを行ったりとそれぞれに支援を行っています。, 独自のキャリアサポートを始めたJリーグは、2002年に設立以降、現役選手のキャリアデザイン支援や選手の引退後の支援を行っています。2010年以降は、主にJクラブ加入3年目までのプロやアカデミーの若手選手を中心としたキャリア教育に重点を置き、2013年からはトップチームからアカデミーに至るまで選手のキャリアデザイン支援業務をJクラブと共に取り組んでいます。, NPBやBリーグは、セカンドキャリアについてのアンケートやセミナーを実施して啓蒙活動を行ったり、一般社団法人日本プロ野球選手会がSBヒューマンキャピタルと共にイーキャリアNEXTFIELDをスタートしたり、日本バスケットボール選手会がイーキャリアNEXTFIELDと連携したりと民間の人材紹介会社と連携しながらセカンドキャリア支援を行っています。, 支援内容としては、若手選手に対するキャリアについての教育、セカンドキャリアを意識し始めた選手のキャリア形成の支援、引退後の職業斡旋が主になります。, 国や各競技団体だけでなく、人材紹介業としてスポーツ選手やアスリートの職業斡旋を行う民間企業もここ数年で急増しています。, ビジネスとしての可能性だけではなく、アスリートのセカンドキャリアが社会問題として扱われるようになったことの証明でもあるでしょう。, サービス概要は、企業によって様々ですが、アスリートや体育会系人材の中途採用の需要がある企業へ引退したアスリートを紹介するサービス、現役アスリートのうちからキャリア形成についてコンサルタントのカウンセリングを受けられるサービス、引退後の転職・再就職のサポートを行うサービス、教育や資格取得(士業など)のサポートを行うサービスなどが主になります。, ここまで、アスリートやスポーツ選手に対する国・競技団体・企業・大学のセカンドキャリア支援の現状について詳しくみてきました。, 国がセカンドキャリア(デュアルキャリア)についての方針を打ち出すと共にマインドセットを行い、競技団体や企業や大学がそれぞれ具体的な支援を行っているという今の支援制度はアスリートにとってとても有益であると思います。, 今後も官民が連携して支援制度を充実させれば、必ず日本独自のセカンドキャリア支援が行えるようになるでしょう。, ただし、引退後に企業に就職して定収入を得ることがセカンドキャリアの正解なのかという問いに向き合い続けることは大切でしょう。, キャリアに正解などありませんが、現状のアスリートのセカンドキャリア支援は「どこかの企業に就職すること」が正解になっているように思います。, 全く否定する気はありませんし、引退後のアスリートのセーフティーネットとしての機能を十分に果たす素晴らしい仕組みだと思います。, これの仕組みのおかげで引退後に破産や不祥事・犯罪などの悲惨な失敗によって、転落人生を歩まなくてはいけないアスリートは確実に減るでしょう。, 高卒の人もいれば大卒・社会人卒の人もいて、日本代表レベルの人もいれば下部リーグで細々と競技人生を続けてきた人もいて、年齢も20代の人から50代の人までいて、男性もいれば女性もいて…。, だから、全てのアスリートがセカンドキャリアでもそれぞれにとっての成功を実感できるような仕組みへと発展させていくことが今後の展望となるでしょう。, 僕はこのような支援制度の充実だけでは、セカンドキャリアの問題は解決しないと考えています。, アスリート自身が競技で培った様々な力を競技固有のスキルとしてではなく、「ライフスキル」として昇華するようにしなくてはいけません。, そうすればデュアルキャリア(アスリートとしてのキャリアと人としてのキャリアを生きている)という考え方を自然と受け入れることができ、人生の中で自然なセカンドキャリアに進むことができるようになるでしょう。, アスリートは、競技スポーツも仕事も自分を豊かにするための手段でしかないということを理解し、どのキャリアにおいても人としてどうありたいかを問い続けられる”哲学者”であるべきなのです。. endstream endobj startxref (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); これらの、問題について、もちろんスポーツしかやってこなかった、アスリート自身の自己責任のもんだも多いと思います。, しかしながら、社会の体制や支援が少しでもあれば、社会の中で生きがいややりがいを見つけて活躍していけれる元アスリートも多くいるのではないでしょうか?, 先行研究の結果からも、アスリートは経済産業省が提唱している社会人基礎力が一般の人と比べて優位に高い数値であることが分かっています。, 労働人口が減少している現在の日本だからこそ、スポーツで身につけた力を社会に還元していくための支援・システムがもとめられますね。, アスリート支援は、個人的な問題のみならず社会の発展にもつながる有益なものなのではないでしょうか?, アスリートしてのキャリアと並行して長い人生のキャリアを考えて行動していけるといいですね。, デュアルキャリアとは、生涯の一定期間において、「人としてのキャリア形成」と「アスリートとしてのキャリア形成」の両方を同時に取り組んでいる状態を指します。, アスリートと並行して将来のキャリアを考えてキャリアプランニングをしていくことが大切です。, 現役時代から多くのことを学び、体験して自分がやりたいことをしていけるように取り組んでいきましょう。, 自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで

~/d�̮���#T���

h�bbd```b``���`�D�, �B_A$g1X��d��,��`�@d�A �G��� h�=�P�j�Ɖ� �C 自衛官・警察官 3.6% Copyright ©  セカンドキャリア.com All rights reserved. プロスポーツ選手やオリンピック選手など、各スポーツで活躍したトップアスリートはその後、人生のキャリア形成は大きな課題となってきます。 もちろん、中には会社の経営者や学者などになったりなど、社会的に活躍していく元アスリートの方もいます。 しかしながら、多くのアスリートが「競技者の人生」から「一般社会人の人生」へシフト出来ず、その後の人生を棒に振ってしまっているのも現実です。 有名な選手でいう …

広告(求人情報誌・インターネット等も含む) 3.7%, 「その他」に多くみられた回答は、「起業・自営」、「自身の就職活動」、「スカウト・推薦」がありました。, 収入はない 全体:3.9% 男性:2.2% 女性:8.4% 79 0 obj <> endobj 600万~750万円未満 全体:9.4% 男性:9.4% 女性:9.5% 6�� E7�7�Ɛ1�.��]�\&��VVAHDUn奱�D��ES��X��;�ι�@EB���q�\��� 7�y�?� 企業スポーツチームにおけるトップアスリートのセカンドキャリア形成に関する研究--ラグビー部を有する企業に所属している選手を事例として 青石 哲也 , 佐々木 康 生涯学習・キャリア教育研究 (6), 37 … ���I��/�.c��������`]崙�ۦM ����U�vMo|���Z%�Bn��Z5��}Gn�kz�A�L������������ d�l�# l����e`��h �" ���z�2��b~��.��{�ۂcbC� ���NJ3��>`�`l�L��T�' V���fQ��. 450万~600万円未満 全体:14.1% 男性:15.0% 女性:11.6% 部活動指導者として 10.6%, 約8割のオリンピアンが、競技団体に従事して競技の普及や強化に携わったり、地域のスポーツ現場で指導者として活躍したり、自身も愛好者として競技を続けたりしている一方で、競技とは「関わっていない」オリンピアンが2割にのぼりました。, これらのデータからみえてくるスポーツ選手のセカンドキャリアの現状は「30歳で現役を引退したら社会に出て、平均的な年収を得て生活する。」というものです。, つまり、セカンドキャリア問題の仕事・収入面についてはある意味解決できているといえるでしょう。, 現役アスリート・引退したアスリート合計の平均年収ではありますが、国民全体の平均年収と同等なので、問題とは言えません。, また、職業に関しても大半が正規社員として会社に雇用されているため、定年退職を迎えるまで安定した収入を得ることが可能でしょう。, しかし、セカンドキャリア問題のアスリート本人の精神面については検討が必要だといえるでしょう。, 現状を鑑みると引退後の生活には、オリンピックで活躍していた現役アスリートのときのような華やかさややりがいはありません。, 個人差はあるもののスポーツ選手は引退を迎えるとアイデンティティの喪失が起こります。, 元アスリートの不祥事・犯罪など、これらのセカンドキャリア問題の原因はアイデンティティの喪失によるものだと考えられます。, つまり、これからのセカンドキャリアの考え方や支援制度は単なる就職・転職やその斡旋だけではいけないということです。, 現役アスリートのうちから「アスリートとしての人生」は「人としての人生」の一部であることを意識し、常に「人としての目標」を準備し、アスリートとしての経験をその糧にする(ライフスキルに落とし込む)というような考え方を啓蒙していく必要があるでしょう。, このように、現状としてアスリートの引退後のセカンドキャリアのハード面(仕事、収入など)は改善されつつあるものの、ソフト面(人材教育、人間教育など)はさらに力を入れていく必要があるでしょう。, 今回は、データをもとにアスリート・スポーツ選手の引退後のセカンドキャリアの現状と展望を考えました。, 僕は、アスリートとして活躍した人であれば、必ずセカンドキャリアにおいても成功を収めることができると思います。, なぜなら、アスリートは高いライフスキル(課題発見・解決能力、忍耐力、完遂力など)を持っているケースが多いからです。, しかし、職業斡旋などのセカンドキャリア支援が整えば整うほど、その高いライフスキルを生かしにくい環境に身を置く人が増えていきます。, セーフティネットが整ってきたからこそ、セカンドキャリアでもアスリートのように自分で高い目標を設定して達成を目指すようなチャレンジをして良いのではないでしょうか?. とにかく仕事に就きたかった 6.1%, 「その他」の記述回答には、「会社にチームがあったから」、「競技に携わることができるから」、「スカウト・推薦を受けたから」といった企業チーム(実業団など)に所属することで継続的に競技に関われる環境が整っていることが影響していると解釈できるものもありました。, オリンピアンの現在の職業への入職経路(あっせん機関等)については、以下の通りになりました。, 縁故(友人・知人等も含む) 35.4% 答えたくない 全体:7.2% 男性:7.1% 女性:7.4%, 「平成25年分民間給与実態統計調査」(国税庁 2014)によると、年間の平均給与は414万円であり、男性511万円、女性272万円と報告されており、オリンピアンの年収は国民全体の平均給与額と同等といえるでしょう。, 競技団体役職員として 19.7% ��%��Cy�RM�1���U]�t����89~,6� v��*�$ok�շ��X�����Cm4K]=�A��]GDf ��1�s���-����+#4yf,6�'�� b�0�6N�o�xזH�����0_����r q�ʲ�.W�iV{5HUߛ���!�D�r���Eu�6�9'o�'�[�o[A��lM���(. 競技団体役職員 1.2%, 正規雇用者 55.7% %%EOF

%PDF-1.6 %����

900万~1,200万円未満 全体:8.0% 男性:10.1% 女性:2.1% 1.スポーツキャリアによる成果が第二のキャリア形成 の際に外部から評価しにくい。 2.パフォ―マンス向上に専心するあまりセカンドキャリア 対策を怠ること。 3.支援機関に頼ろうとしないこと。 (菊2012) 緒言①なにが問題なのか 契約/嘱託社員 16.7% 女子アスリートのセカンドキャリアとは?スポーツ選手引退後は1人の女性としての人生を!. 自営業 11.5% 派遣社員 1.0%, 能力・個性・資格が生かせる  27.3% 年齢による体力的な問題(体力の衰え) 45.5% 競技を楽しめなくなったため 5.2% プロスポーツ選手やオリンピック選手など、各スポーツで活躍したトップアスリートはその後、人生のキャリア形成は大きな課題となってきます。 もちろん、中には会社の経営者や学者などになったりなど、社会的に活躍していく元アスリートの方もいます。 300万円未満 全体:19.1% 男性:15.0% 女性:30.5% h�b```b``�a`a`�� ̀ �@1�h ����0�@�كa セカンドキャリアとは,英語の「second」と「career」 を結合した和製英語として,近年使われるようになった。セカンドキャリアは,中高年の定年 引退後や女性の子育て後,プロスポーツ選手の引退後の「第二の人生における職業」のことを ・ 強化指定選手等の約半数(47.4%)が引退後の就職先に不安を抱えている一方で、現役時代から引退後の生活について十分考えたことがあ る者は3割程度に留まる。(「JOC強化指定選手・オリンピアンのセカンドキャリアに関する意識調査」(平成22年)) 0 以前に勤めていた会社 8.8%

Copyright ©  セカンドキャリア.com All rights reserved. この記事で扱うデータは笹川スポーツ財団が中心となり現役・引退オリンピアン(オリンピック出場経験者)を対象にアンケート調査を行ったものになります。 この調査は、「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催およびその後の社会において、オリンピアンがより効果的にスポーツ界に貢献できる環境の整備を進めるにあたり、オリンピアンの現状を包括的に把握することの重要性に鑑み、わが国のオリンピアンのキャリアに関する基礎資料の収集を目的」として行われました。 そのなかでも特に … 金銭的な問題 18.2% その他 18.6%, 引退理由として1番多いの「仕事を優先するため」では、男性の 57.1%に対し女性が 18.6%と大きな男女差が見られ、相対的に高い割合を示したのはやはり「年齢による体力的な問題」で、男女とも約半数が引退理由に挙げました。, 一方で、女性の引退理由で男性を大幅に上回った項目は、「自己の成績に満足したため」や「競技を楽しめなくなったため」といったいわゆるバーンアウトのような心理的なものであることがわかりました。, 仕事を優先するため 45.5% 91 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<5E736EF5207FAE41920941CF1C217A53>]/Index[79 28]/Info 78 0 R/Length 78/Prev 793544/Root 80 0 R/Size 107/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream 2008 年度 研究論文 挑戦することの価値 -プロ野球選手という夢の職業への挑戦を例に- 東京大学大学院公共政策学教育部 公共管理コース2 年 渡部結実(78037) 2008 年12 月18 日. その他 19.5%, 夏季大会出場経験者と同じく、「仕事を優先するため」では、男性の 57.4%に対し女性が 17.4%と大きな男女差が見られました。, また、全体の上位 3 項目は夏季大会出場経験者と変わらないものの、夏季大会では最も低い割合を示した「金銭的な問題」が、冬季大会の引退理由としては比較的に高い割合を示しました。, 冬季競技特有の用具の調達と維持、競技施設への遠征費や施設利用にかかる経費が負担になったことが考えられます。, 夏季大会と冬季大会ともに「その他」の自由記述には、「結婚・出産・育児」、「指導者転向・後進育成」、「所属チームの廃部」、「スポンサー契約の継続が出来なかったため」、「他のことをしたかったため」、「進学したかったため」などの回答がありました。, 会社員 23.3%

2020年の東京オリンピック開催に伴い、さらにスポーツ選手のセカンドキャリア問題が深刻化すると懸念されています。, そのため、国(文部科学省スポーツ庁)・競技団体(プロ野球、Jリーグなど)・民間企業(実業団)・大学など、様々な側面からセカンドキャリア支援制度の整備を進めています。, アスリートのセカンドキャリア教育の啓蒙、現役を引退するアスリートと中途採用したい企業のマッチング、コンサルタントによるキャリアカウンセリングなど、単なる就職斡旋に留まらず支援を行っています。, では、それらの支援は実際にどのようなセカンドキャリアの現状を生んでいるのでしょうか?, 今回は、アスリート・スポーツ選手のセカンドキャリアの現状を笹川スポーツ財団の「オリンピアンのキャリアに関する実態調査」によるデータをもとに明らかにし、今後の展望について考察したいと思います。, この記事で扱うデータは笹川スポーツ財団が中心となり現役・引退オリンピアン(オリンピック出場経験者)を対象にアンケート調査を行ったものになります。, この調査は、「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催およびその後の社会において、オリンピアンがより効果的にスポーツ界に貢献できる環境の整備を進めるにあたり、オリンピアンの現状を包括的に把握することの重要性に鑑み、わが国のオリンピアンのキャリアに関する基礎資料の収集を目的」として行われました。, そのなかでも特にセカンドキャリアの現状を読み解くために必要なデータである、引退年齢・引退理由・現在の職業/雇用形態・現在の職業の選定理由・現在の職業への入職経路・現在の年収・引退後の競技との関わり、について取り上げたいと思います。, ※この調査では現役アスリート・引退したアスリート両者に対してアンケートを行っているため、アスリートのキャリアの目安として参考にして下さい。, オリンピックに出場した競技の開始年齢が男性より女性の方が若いのと同じく、引退の年齢も男性より女性の方が若いという調査結果が出ました。, 18歳で引退した競技は「自転車」、「体操」、「水泳」、「スケート」であり、一方の最年長者は「サッカー」で、シニア部門の大会まで現役を継続したと考えられます。, 仕事を優先するため 46.0%