今回はスマブラSP参戦ファイター「ポケモントレーナー」の性能やコンボ、立ち回りの長所・短所をまとめていきます。今回はフシギソウ編になります。, スマブラシリーズにはスマブラXからの参戦で、その後のスマブラ4には参戦しなかったもののSPにて復活を果たしました。, 下強の方が発生も早く当てたあとの展開もいいので、弱を使うくらいなら下強でいいという場面がほとんどです。, 連ガなので初段をガードされると自動で全段ガードされてしまい、比較的簡単に反撃を取られてしまいます。また、相手が0%のときは空後から横強が確定します。, フシギソウは上スマの発生が非常に遅いため、対空の手段として上強を使うことがあります。, 当てたあとの確定コンボもないし撃墜を狙えるわけでもありませんが、発生が早めの地上技なので意外と小回りが利いて使える技。, 空上や空後を最低空でガードさせたあとに上強を入れ込んでおくと、相手がジャンプした場合刺さりやすいです。, 恐らくフシギソウの持つ地上技の中で最も優秀な技。発生が4Fとかなり早く、当てたあとに相手がダウンするので展開が凄く良いです。, フシギソウは発生の早い技が多くないため、ジャスガからの反撃技としてもこの下強は重宝します。, 相手が0%時は空後→DAの確定コンボが火力も高く展開もいいです(展開を考えると空後→横強よりこっちの方が良い)。, ガードされると反撃を取られやすいですが、発生と持続が優秀なので差し合い(立ち回り)で使うのもアリだと思います。, フシギソウは地上技が頼りない分、空中技の性能はどれも比較的高めに設定されています。この空Nも例に漏れず非常に優秀な性能となっています。, 差し合いで相手のジャンプに刺さるように置いたり、シールドキャンセルからの空Nで反撃を取ったり、崖狩りで置いて複数の選択肢を同時に狩ったりと色んな場面で活躍します。, 【スマブラSP】必須テクニック「シールドキャンセル」を用いた反撃方法を身につけよう!, 空中で当てた場合、相手が適切なベクトル変更をしていなければ%によって上Bが確定し、撃墜を狙うことができます。, ちなみに空Nのベクトル変更は外下、ちゃんとベクトル変更すれば基本的に上Bは確定しません。ベクトル変更のやり方や仕様は下の動画で解説しています。, 貴重な差し込み技。フシギソウは自分から差し込む技があまり多くないため、立ち回りで差し込む際には空前を使うことが多いです。, 普通にガードされると反撃を取られてしまいますが、空前の先端をガードさせると格段と反撃を取られにくくなります。, フシギソウの立ち回りの要になる重要な技。空後を使いこなせない限りフシギソウで上手く立ち回ることは出来ないと言っても過言ではありません。, 先ほど紹介した空前も確かに差し込み技として優秀ではありますが、ジャストシールドされやすかったり着地隙が比較的長かったりと、空前だけで立ち回るには心もとない性能。そこで重要なのがこの空後です。, 着地隙がわずか7F、ガードされても-4Fしか不利を背負わない、しかも2段技でジャストシールドされづらいという振りやすさを持っているにもかかわらず、ヒットするとDA・空前・空N・上Bなどが確定してしまうという破格の性能。, フシギソウをうまく扱えないという方は、まずこの空後をたくさん使ってみて振り方を覚えることをオススメします。, 文字通り最強の空上。あり得ない攻撃範囲の広さから繰り出される強力なふっ飛ばしのフシギソウの空上は、全キャラの空上と比べても最強クラスに強いと言えます。, 普通に着地狩りとして使うだけでも相手にとっては脅威になると思いますが、着地際に最低空で空上を振ったり、下投げを内側ベクトル変更してきた相手に確定で空上を当てて撃墜を狙えたりすると、さらに空上の性能を引き出せることでしょう。, アップデートによって本当ての攻撃範囲を狭められましたが、今もなお空下による復帰阻止の強さは健在。どんどん復帰阻止に行っていいと思います。, 攻撃判定が下方向に広過ぎて崖上で使っても崖下まで攻撃が及ぶため、復帰しようとしている相手に崖上から安全に復帰阻止を狙うこともできます。, 撃墜可能な後ろ投げ。かなり飛ぶ上に撃墜できなくても復帰阻止の展開にできるため、下投げからのコンボが入らない%では積極的に使いましょう。, コンボ始動技。超低%(0%~15%程度)のときは基本的に上投げ空上が安定して強いですが、20%以降くらいからはずっと下投げを選択することになります。, 20%~60%程度では下投げから空上や空Nが確定し、70%以降は下投げ空上(相手内変更)や下投げ上B(相手外変更)が確定で繋がり撃墜を狙うことが可能です。, 主な使い道は崖狩りのシーン。ステージ端から横回避一回分くらいの位置で横スマを打つと、タイミングによってその場上がりや回避上がり、さらにジャンプ上がりや攻撃上がりを狩ることができます。, つまり、タイミングさえ合ってしまえば相手の崖上がりのほぼ全ての選択肢を狩れるということになります。, 発生26F、ほとんど当たりません。着地狩りなどで一点読みすると稀に当たることがあるかもしれません。当たったときのふっ飛ばし力は申し分なし。, 使った試しがほぼありません。一応はっぱカッター(横B)の持続部分から下スマが確定します。, 色々開拓されていますが、個人的に一番当てやすいと思う使い方はすかし着地からのNB。, 空中攻撃を読んでジャストシールドを狙ってシールド解除したり、1段目でシールドを解除してしまった場合に刺さります。当たれば20%近く取れるのでリターンは高め。, ポケトレが持つ唯一のちゃんとした飛び道具。逆に言えば飛び道具がこの技しかないため、飛び道具キャラと待ち合いしたいときは基本的にフシギソウを出すしかありません。, 本当てと持続当てが存在し、至近距離で本当てしたときは上Bや空上が確定し撃墜を狙うことができます。, 復帰技としての上Bは、普通のワイヤー復帰より距離が長く少し優秀という程度ですが、問題なのは撃墜技としての上B。, 根元当てと先端当てがあり、狙いたいのは先端当て。弱体化された今でもめちゃくちゃ飛びます。, 復帰阻止や着地狩りとしても使い勝手が良く、空後や空上、横Bや下投げなどの色んな技から上B先端が確定します。左右へのシフトが可能。, 1F目から完全無敵であることを活かして、相手のコンボを抜けるために使ったり、とりあえずやばいと思ったときに連打しておけば助かることがあったりと色々使い勝手が良い技。, リザードンは多段ジャンプ持ちのキャラであるため、フシギソウで空中ジャンプを使い切っていたとしてもリザードンに交代した後は必ずジャンプが1回は残っています。, ジャンプ上がり即ポケモンチェンジや崖離しポケモンチェンジで崖上がりを誤魔化すことも可能。, 通常ポケモンチェンジをした直後は一定時間再度ポケモンチェンジを行うことが出来ないクールタイムがありますが、下B以外の各種必殺技を使えばそのクールタイム中であってもポケモンチェンジが可能になります。, 撃墜力が高いです。比較的当てやすいコンボ始動技から確定で撃墜技に繋げることができたり投げバーストを持っていたりと撃墜で困ることは少ないと思います。, また、下投げコンボや空上→空上等のコンボが代表されるように、コンボ火力が高い点も長所の一つです。, 差し合いで積極的に振れる技が空後と空前と横Bくらいしかないため、相手と5分状況の立ち回りは強いとは言えません。, また、機動力の関係で着地が弱いです。ポケモンチェンジなどを駆使してうまく着地を試みる必要があります。, 機動力の低さが仇となり立ち回りは強くないものの、撃墜力やコンボ火力は全キャラの中でも最強クラスに強いファイターです。, ポケトレ3体の中ではオールラウンダー的な位置付けで、いつどの状況で出しても基本的に安定して活躍できる性能になっています。, SmashlogキャラランクではポケモントレーナーはSランクの評価。使いこなせば強さを発揮してくれることは間違いありません。, 【スマブラSP】最強キャラランク | Ver.7.0最新版【トッププレイヤー監修】. スマブラspのフシギソウは攻撃力に優れた中量級ファイター。特に空中技の性能が優秀で、攻撃範囲やリーチが長い技が揃っている。弱点は低い復帰能力。縦復帰、横復帰共にイマイチ。 こんにちは、あとりえです。 今回はスマブラsp参戦ファイター「ポケモントレーナー」の性能やコンボ、立ち回りの長所・短所をまとめていきます。今回はフシギソウ編になります。 フシギソウについて フシギソウはポケモントレーナーが操ることができる3キャラのうちの一体。

今作スマブラSPのワイヤーは、一部ファイター(フシギソウ、シモン&リヒターを除く)で使用できるタイミングが限定されている上、事故率も高いので前作程脅威ではなくなっています。, ただ、通常の上B復帰と勝手が違うのでうまく復帰阻止にいけず、ガンガン復帰を通されてしまっている方も多いのではないでしょうか?しっかりと対策して、ワイヤー復帰にリスクを付けられるようにしていきましょう!, 一部のワイヤーに特化しているフシギソウ、シモン&リヒターを除いて、大体の場合ワイヤーが届く範囲はこのピンクのラインの辺りになってきます。正確な位置ではありませんが、大体この距離感だと思ってもらえればOKです。, ワイヤーでカバーする範囲が意外と広いと見せかけて、空中機動や落下のタイミングで位置がズレてしまうので、割と信用ならないです。ジャンプが無い状態で掴まないと大抵の場合そのまま奈落の底へ落ちてしまいます。, この最低限掴めそうな範囲を理解しておき、そこに攻撃を置くことがワイヤーへの対処法となるわけです。, それでは次項から実際に、技の置き方とそれ以降の復帰の潰し方について見て行きましょう。, 先ほど紹介した例だと、崖の真横〜斜め下あたりはワイヤーで掴める範囲なのでこのラインに攻撃を置くのが最も安定してワイヤーにリスクを付けれる状態と言えるでしょう。, ワイヤーが崖に当たってからファイターが崖を掴む間は無敵がないので、その中間地点に持続の長い攻撃を置くのも対策となります。マリオやリンク、ウルフの空Nなんかは合わせやすいでしょう。, また飛び道具置きもかなり有効です。リンクの爆弾やピーチのカブなど、斜め下方向に投げられてかつ広い範囲をカバーする飛び道具であれば、投げるだけでワイヤー掴みを阻害できるので、困ったら飛び道具に頼ってみるのも良いでしょう。, 特にリンク族の場合真上に攻撃判定のない回転斬りでしか復帰択がないので、真下に誘導してしまえばあとはメテオ技を当てるだけで倒せてしまいます。, ゼロサム、サムスの場合はそれぞれ優秀な下Bを持っているのでタイミングをズラされてしまいがちですが、ジャンプを失った状態で崖外に出せればかなりルートは絞れてくるので、落ち着いて対処すればまず問題ありません。, またリンク族とは異なり斜め方向の上昇距離も弱いです。真下から上Bを使われる前に叩くようにしましょう。, シモン&リヒターの場合、ワイヤーでの復帰が本命となるので上で紹介したファイター達よりもワイヤーで掴む距離が長めです。, ただしシモン&リヒターは崖外の暴れがそもそも存在しない(ワイヤー技として崖を掴んでしまうため)上に、空中の横移動力が殆どないため少し小突くだけで簡単に復帰阻止できてしまいます。, 【スマブラSP】シモン・リヒター対策で抑えておきたい復帰阻止・崖・立ち回りのポイント, 移動回避自体も飛ばされた後に使うことが多いので、復帰阻止のタイミングをズラされるのは横Bのクロスとジャンプくらいです。これらのタイミングズラしにさえ気を付ければ安定して復帰を阻止できるでしょう。, ジャンプを残されてその位置に陣取られた場合、ジャンプ読みで技を置いておくと復帰阻止ができてしまいます。, 上Bは判定が強く大抵の技に勝ってしまう上、発生直後は無敵が付いているので真下から復帰を潰すのは割に合っていません。シモリヒに復帰阻止を狙う場合は必ず横軸で小突くことを意識しましょう。, というのもこの上B、シモンリヒターより明らかに範囲が広い上に空中機動や暴れ技も優秀なので、タイミングを作っても中々阻止が成立しません。, フシギソウの場合そもそも崖外に出ることが難しいのですが、どうしても狙いたい場合はワイヤーで捕まれない範囲で直接復帰阻止をする意識しましょう。, ワイヤーの届かない範囲であれば通常の復帰阻止と変わらないので、復帰阻止が強いファイターの場合ガンガン外に出て試行回数を稼いだ方が良いです。, またフシギソウも例にもれず、上Bで崖を掴んでから崖捕まりに移行するまでの間は無敵が無く無防備なので、崖近くで上Bを使われた場合その近くに攻撃を置いても良いです。, ただし、フシギソウに復帰阻止に行く場合自分が真下にいかないようにしましょう。超範囲の空下に当たってしまったり、リザードンチェンジから阻止されてしまうなんてことが起きてしまうのであまり無茶はしないように注意です。, 今作は前作程ワイヤー復帰が安定ではなく、むしろ事故の確率を上げてしまう中々に使いどころが難しい技となりましたが、そのワイヤーにリスクを付けられるようになれば復帰阻止をより簡単にできること間違いありません。. どーも!Raitoです。 今回の記事ではいわゆるワイヤー復帰ファイターの対策です。 今作スマブラSPのワイヤーは、一部ファイター(フシギソウ、シモン&リヒターを除く)で使用できるタイミングが限定されている上、事故率も高いので前作程脅威ではなくなっています。