主観も多いに入っているけど、2018年現在の世界のディフェンダーランキングを考えてみました。. DF史上最高額の移籍金110億円超でリバプールに加入した、大型センターバック。 193cm・92kgというフィジカルを活かした 対人守備・空中戦の強さ が特徴的。 迫力満点のセンターバック、足元の技術もあるので運びも落ち着いていて上手いです。

日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。. サイドバックとセンターバックに分けたそれぞれのランキングtop10としています。. 現代サッカーではボランチとともにビルドアップを支えながら正確なフィードで決定的なチャンスを演出するセンターバックは、非常に注目されているポジションです。このページでは世界最高レベルのセンターバックをランキングし、その凄さの秘密に迫ってみたいと思います。, アジャラはセンターバックとして非常に優れた選手でありましたが、最大の特徴は空中戦での圧倒的な強さです。, タレント揃いのマンチェスターシティでは芽が出ず、ドイツのバイエルンに移籍して頭角を現したセンターバックです。, サイドバックのランキングで紹介したマルディーニとともに、黄金期の無敵と呼ばれたミランのディフェンスラインを支えた伝説的なセンターバックです。, バスケのディフェンスは、足を動かすことが重要です。バスケのディフェンスのコツは、ステイローで姿勢を低くして、ステップを使い分けることや、ディレクション及びハンドチェックを上手に行うなど5つあります。ディフェンスで意識することは、ボール保持者との距離やチームディフェンスの約束事です。, サッカーの1対1の局面はオフェンスが有利というのが一般的な考え方ですが、ディフェンスは抜かれないようにし、ボールを奪うためにできることは多々あります。今回はディフェンスの優先順位、相手のタイプ、自分の特徴、6対4の原則、フェイントの5つのディフェンスのコツを紹介します。, 現代バスケットボールの戦術研究として、基本的な戦術20選を解説していきます。バスケットボールの醍醐味といえば、スピード感溢れる試合展開やテクニックにありますが、様々な戦術を、相手チームの特性やそれぞれのシチュエーションに応じて使い分ける頭脳戦も見どころの一つです。, バスケの8秒ルールとはどのようなものでしょうか?バスケットボールのルールには24秒、8秒、5秒、3秒という様々な制限時間におけるルールが定められています。そんな数ある制限時間のルールの中から今回は8秒ルールにスポットを当てて、誰にでも簡単にわかりやすく理解できるように解説していきます。, サッカーにおける重要で最も多く発生する場面である一対一。一対一の場面でディフェンスがかわされればそれはチームにとって重大なピンチの場面を意味します。そこで今回は、練習から意識したいサッカーの一対一ディフェンスを強化するために必要な7つのことを紹介していきます。, Activeる!

サッカー日本代表の歴代「センターバック(cb)」で最高・最強の選手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?サッカーのセンターバックは、守備力はもちろん、高さ、フィジカル、そしてフィードキックの精度など、求められる技術が非常に多くなっています。 2002年に開催された『日韓ワールドカップ』と2006年に開催された『ドイツワールドカップ』に出場しており、、、, ライターコラムfrom松本あの夏から6年…松本山雅に受け継がれる松田直樹の“闘う遺伝子”https://t.co/6GM6QVHUWX …大枝令さん(@reiray00)による #松本山雅FC (@yamagafc)連載です。 #サッカーキング #JSK pic.twitter.com/Q2U6baEMBH, 『高さ』『スピード』『パワー』『ビルドアップ能力』『チャンスメイク能力』に優れた日本サッカー史上最高のハイスペックなセンターバックです!!!, ヨーロッパのビッグクラブでプレーしていてもおかしくないポテンシャルの高さがあったと思います。。。, 2006年に開催された『ドイツワールドカップ』と2010年に開催された『南アフリカワールドカップ』と2大会連続でワールドカップに出場しています!!!, 1998年に開催された『フランスワールドカップ』ではキャプテンとしてチームを牽引しました!!, 『ロングフィード』『空中戦』『カバーリング』『ディフェンスライン統率』に優れており、、、, 1993年から1997年まで5年連続で『Jリーグベストイレブン』に選ばれていて、、、, 2014年に開催された『ブラジルワールドカップ』と2018年に開催された『ロシアワールドカップ』と2大会連続でワールドカップメンバーに選ばれています!!!, 『ビルドアップ能力』『ディフェンスライン統率能力』『空中戦の強さ』が優れており、、、, サッカー日本代表歴代最強のセンターバックランキング【TOP10】を紹介してきましたが、、、, 現在は昌子源選手、植田直通選手、富安健洋選手など海外リーグで活躍している日本人センターバックがたくさんいます!!, […] ◆ サッカー日本代表歴代最強のセンターバックランキング【TOP10】 […], […] >> サッカー日本代表歴代最強のセンターバックランキング【TOP10】 […], サッカーに関する情報を発信しています。サッカー選手に関する情報から大会情報まで紹介しています。.

サッカーのポジションであるセンターバックは、DF陣の中央に位置し、最終ラインの中央を守備します。 センターバックの後方にはGKしかいませんので、 センターバックが突破されたらチームは得点を奪われる危機的な状況に陥ります。 ↑こちらは4-5-1のフォーメーションですが、黄色い星印がセンターバックのポジションです。 配置などは戦術やシステムによって異なりますけど、ディフェンスラインの中央と考えていただ … 2020.09.06

最近はややパフォーマンスを落としているものの純粋なクオリティーとして世界トップクラスの選手であることは間違いありません.

個人的な好みもあって、わりと 攻撃志向の高い選手 が上位に入ってきているかと思います。 世界最高センターバックランキング 第5位 ジェラール・ピケ バルセロナ. サイドバック以外にセンターバックや中盤もこなす、 ユーティリティープレーヤー 。 身体能力の高さを活かした対人守備、さらに攻撃センスも高いです。 ラーム、キミッヒ、ダビド・アラバ系が好き — つばさ (@fifa_0701) February 9, 2019 ヘディングしたら一発で脳震盪の男、づんづんです 今回は日本人で最高のセンターバックは誰なのか? 僕の独断と偏見で歴代最強だと思う選手を10名紹介します ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog 柱谷哲二 生年月日 1964年7月15日 現役期間 87~98 代表戦 72試合6ゴール 主将として … サッカーが上手に、サッカーに詳しく、そしてサッカーがますます楽しくなるようお手伝いします。, 2018.08.07 サッカー日本代表の歴代「センターバック(CB)」で最高・最強の選手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?, サッカーのセンターバックは、守備力はもちろん、高さ、フィジカル、そしてフィードキックの精度など、求められる技術が非常に多くなっています。近年のサッカーでは前線からのプレスが激しいこともあり、センターバックに攻撃の起点となる役割を求めるチームが多くなっています。, 近年のサッカー日本代表でも、同様にフィード力があるDF、もしくはボランチがセンターバックにコンバートされたり、攻撃の拠点となれる技術を持つセンターバックが選出される傾向が多いと言えるでしょう。, そこで今回は、サッカー日本代表で活躍したセンターバック(CB)を紹介し、『サッカー日本代表で歴代最強「センターバック」は誰?CB人気投票!』という人気投票のランキング結果を発表します。, 吉田 麻也は、2010年から日本代表に選出され、10年以上サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しています。2014年ブラジルW杯で全試合に出場、2018年ロシアW杯では全試合に出場し日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。, 吉田 麻也は、日本人のセンターバックで初めてヨーロッパで通用した選手です。オランダのVVVフェンロー、イングランドプレミアリーグのサウンサンプトンでレギュラーを勝ち取り、日本人センターバックのパイオニアと言えるでしょう。, 吉田 麻也は、身長が189cmと非常に高く、そしてフィジカルも強いため、空中戦で滅法強いことで知られています。, 守備の時もそうですが、攻撃時にも吉田 麻也の高さはいかされます。セットプレーからの得点力は非常に高く、2019年時点で日本代表戦に99試合出場し11得点しています。, 吉田 麻也のもう一つの魅力といえば、フィードキックの精度の高さです。もともとMFのため、足元の技術は高く、ロングフィードの精度、ショートパスの精度は非常に高く、攻撃の起点となることができます。, ハイプレスでボールを奪い、すぐに攻撃に切り替える現代サッカーでは、センターバックも足元の技術やフィードキックの精度が求められます。まさに吉田 麻也は現代サッカーの理想的なセンターバックと言うことができるでしょう。, 吉田 麻也は高さに注目されることが多いですが、実は戦術理解度が高く、ディフェンスラインを上手にコントロールします。より中盤がコンパクトになるようにディフェンスラインをあげたり、ゲームをコントロールする力が長けています。, 10年以上にわたり日本代表のセンターバックでレギュラーを任され続ける大きな理由は、どの監督にも重宝される戦術理解度があったからといえるでしょう。, 今野 泰幸は、2005年から日本代表に選出され2017年まで、サッカー日本代表のボランチやセンターバック、そしてサイドバックとして活躍しました。2010年南アフリカW杯、2014年ブラジルW杯に出場しました。, 今野 泰幸は、海外へ挑戦はしませんでしたが、Jリーグの所属するどのチームでもレギュラーを勝ち取れるほど、周囲の評価が高い選手です。, 身長178cmとそこまで高くないのに、日本代表でボランチやCB、サイドバックといった守備のキーとなるポジションでレギュラーで出場しました。特に2014年ブラジルW杯では、センターバックとしてレギュラーを勝ち取ったほどです。, 監督が変わってもどこかのポジションで出場できる今野 泰幸の守備力は、何がすごいのか。, それは適切なポジショニングに加え、取れると判断してからの圧倒的なスピードでボール奪取する能力に秀でています。バランサーでもありながら、ボール奪取能力が高い、稀有な存在として活躍しました。, 今野 泰幸の凄さは守備力と言いましたが、90分間ハードに動き続けることができるスタミナ、そして攻撃の起点となれるビルドアップ能力にも長けています。ショートパス・ロングパス両方で高いキック精度を誇り、攻撃の起点となることもできます。, そういったマルチな能力があるからこそ、ボランチ、CB、左右のサイドバックといった複数ポジションで高いパフォーマンスを発揮できるのでしょう。, 田中マルクス闘莉王は、2006年から日本代表に選出され2010年まで、サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しました。2010年南アフリカW杯では、中澤 佑二とCBのコンビを組み、高さと強さで誰もが認める日本歴代最高のCBコンビとして、日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。, 田中マルクス闘莉王は、ブラジルのサンパウロ出身でしたが、日本に帰化しサッカー日本代表として戦ってくれました。, 田中マルクス闘莉王は、185cm85kgという日本人離れした体格の持ち主。屈強なフィジカルと体格の海外DFにもほとんど負けることない、まさに鉄壁という名にふさわしいセンターバックでした。特に空中戦は滅法強いことで知られています。, またセンターバックとしてのスピードはありませんが、間合い・ポジショニングが絶妙でそれを補うクレバーさがありました。, 攻撃の起点になれるフィードキックの精度が非常に高く、ビルドアップ能力が高いことで知られています。そのためチームによってはボランチなどを任されることもあります。, そしてコーナー・フリーキックからのセットプレイでの圧倒的な高さからヘディングで得点する能力も兼ね備えています。サッカー日本代表では、43試合に出場し8得点をあげるなど、田中マルクス闘莉王は高い得点能力を誇りました。またシュートセンスも高いため、Jリーグではセンターフォワードを任されることもありました。, そういったビルドアップ能力や高い得点力を兼ね備えていたことは、田中マルクス闘莉王の最大の魅力と言えるでしょう。, 田中マルクス闘莉王は、熱い男として知られています。ピッチでは味方を鼓舞し最後まで諦めないその姿勢は、本物のリーダーと言えるでしょう。チームのモチベーションをあげ、団結させる姿はまさに闘将です。, 中田 浩二は、2000年から日本代表に選出され2007年まで、サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しました。2002年日韓W杯では左センターバックとして4試合に出場し、日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。, 中田 浩二の最大の魅力は、本職のボランチ、センターバック、左サイドバックなど、様々なポジションで高いパフォーマンスを発揮するユーティリティ性です。, フリーキックを任されるほどのキックの精度の高さを誇るため、センターバックからの正確なフィードキックは、日本代表に欠かすことができません。また本職はボランチのため、ゲームメイク力も高いことで知られています。また身長が182cmあるため、高さにも定評がありました。, 中澤 佑二は、1999年から日本代表に選出され2010年まで、サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しました。2006年ドイツW杯で全試合出場、2010年南アフリカW杯では、田中マルクス闘莉王とCBのコンビを組み、高さと強さで誰もが認める日本歴代最高のCBコンビとして、日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。, 中澤 佑二の最大の魅力は、その高さです。アフロヘアーと187cmという高身長から繰り出されるヘディングは、「ボンバーヘッド」という相性でファンから親しまれたほどです。, もちろん相手選手に負けないフィジカルの強さ、そして競り合いの駆け引きの巧さを持ち合わせており、空中戦ではアジアレベルを超越していました。, 中澤 佑二のセンターバックの特徴は、ガツガツと相手にぶつかり、ボールをダッシュするストッパータイプです。バランスやサポートを得意とする日本人ディフェンダーは多くいますが、中澤 佑二の対人守備能力が非常に高いことが大きな魅力と言えるでしょう。, 中澤 佑二はクレバーなため、ポジショニングやカバーリング能力も高いのですが、対人守備で必要なボール奪取回数やタックル数などは、毎試合高い数値を残していました。, 中澤 佑二は、攻撃面でも日本代表に欠かすことができない存在でした。セットプレーでは高さを生かして得点を量産しました。日本代表として110試合出場し、17得点をあげるなど、フォワード顔負けの得点力を誇りました。, 松田 直樹は、2000年から日本代表に選出され2005年まで、サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しました。2002年日韓W杯では、あの中澤 佑二との右センターバックのポジション争いに勝ち、全試合フル出場して日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。, 松田 直樹の最大の魅力は、チームの勝利のためなら全てを捧げ、闘志むき出しにし気迫こもったプレースタイルです。闘争心に見合ったフィジカルをもち、マッチアップ(1対1)に強く、空中戦も強いセンターバックとして、知られました。, また松田 直樹は、中学生までは攻撃的なポジションだったこともあり足元のテクニックも高く、必要とあらば攻撃にも参加したり、とにかく縦横無尽にピッチを駆け巡る姿が印象的でした。, サッカーに対する真摯な姿勢は、チームメイトからの信頼は厚く、今でも様々な名選手が松田 直樹について語るほど。心筋梗塞で34歳という若さで亡くなった際は、チームメイト、関係者、サポーターと早すぎる死を悲しみました。, 宮本 恒靖は、2000年から日本代表に選出され2006年まで、サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しました。2002年日韓W杯では、フラットスリーの真ん中を森岡 隆三とポジション争いを行い、4試合全てに出場して日本代表のベスト16進出へ大きく貢献、2006年ドイツW杯では、キャプテンとして2試合に出場しました。, 宮本 恒靖の最大の魅力は、キャプテンシーです。ピッチ上でもピッチ外でも、キャプテンとしての存在感は大きく、チームを鼓舞するだけでなく、監督の思考・戦術をピッチで体現します。監督からの評価は高く、所属するチームはもちろん、日本代表でもキャプテンを任されました。, 2004年のアジアカップ準々決勝のヨルダン戦では、延長で決着がつかずPK戦へ突入、2人外してしまった後に、ピッチコンディションを理由にレフェリーにPKを行うサイドを変更要求し認めさせ、そこから奇跡の逆転に繋げたのは、今でも伝説として語られます。, 宮本 恒靖のキャプテンシーは、メンタル面だけではありません。宮本 恒靖のもう一つの魅力、それは戦術理解度の高さです。監督の要求を100%理解し、チームに浸透させることができるため、歴代監督から重宝されました。, 宮本 恒靖の身長はセンターバックとしては小柄な176cm、そしてフィジカルもそこまで強くない、そういった要素をカバーできるほど戦術理解度が高かったため、センターバックとしてレギュラーを勝ち取り続けました。, 森岡 隆三は、1999年から日本代表に選出され2003年まで、サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しました。2002年日韓W杯に出場し、怪我のため1試合の出場となりましたが、ベスト16進出へ貢献しました。, 相手との駆け引き、カバーリング能力など、状況判断力が高く、常に安定したパフォーマンスを誇りました。180cmというセンターバックとしては決して高くない身長であるにも関わらず、3バックの中央を任されました。, 秋田 豊は、1995年から日本代表に選出され2003年まで、サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しました。1998年フランスW杯に出場しました。, 秋田 豊の最大の魅力といえば、セットプレイからの得点力。強いフィジカルと高さを持つ秋田 豊のヘディングは、日本代表の武器だったことは間違いありません。, しかし秋田 豊が日本代表で活躍できたもう一つの武器は、その泥臭くも気迫溢れる対人守備力です。潰し屋として、日本代表に欠かすことができなかったセンターバックとして知られています。, 井原 正巳は、1988年から日本代表に選出され1999年まで、サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しました。1994年ドーハの悲劇を経験し、その後1998年フランスW杯に日本代表のキャプテンとして3試合に出場しました。, まず強靭なフィジカルは、アジアレベルで押し負けることはありませんでした。そして競り合いの強さ。その鉄壁の守備力から「アジアの壁」と呼ばれるほどでした。, そして状況判断力も優れており、クレバーにスペースを埋めたりサポートする能力は非常に高いセンターバックでした。またボール奪取能力も非常に高く、センターバックとして必要な要素をほとんど持ち合わせていました。, センターバックとして完成された能力を持っていたからこそ、11年間日本代表のセンターバックのレギュラーとして活躍し続けることができたのでしょう。ちなみに2019年時点で日本代表122試合出場は、歴代2位の記録になります。, 井原 正巳のロングフィードは、ライナー性でかつ精度が高く、攻撃の起点となりました。他にも時折オーバーラップし、攻撃に厚みをかけたり、リベロ的な役割も果たすこともありました。, 柱谷 哲二は、1988年から日本代表に選出され1995年まで、サッカー日本代表のセンターバックとして活躍しました。1994年ドーハの悲劇を経験した時の日本代表のキャプテンを任されていました。, 柱谷 哲二の最大の魅力といえば、その戦う姿勢です。近年のクレバータイプのキャプテンではなく、いい意味でまさに昭和のスポ根時代のキャプテン。常に闘志をむき出し、全力で戦うキャプテンの姿から「闘将」と呼ばれました。, ピッチ内では味方を鼓舞し、ピッチ外ではチームをまとめ、1990年代の日本代表のキャプテンといえば、真っ先に名前が上がります。, 柱谷 哲二は、黄金時代のヴェルディにはFWやMFのタレントが豊富だったこともあり、センターバックを任されていましたが、もともと守備的ミッドフィルダーでした。ピッチを広く見渡した的確なカバーリングやサポート能力に長けており、足元の技術力もしっかりしています。1990年代ではあまりみられない、近代的なセンターバックとして活躍しました。, 小城 得達は、1963年より日本代表に選出され、1976年まで、サッカー日本代表のDF、MFとして活躍しました。1964年東京オリンピックのベスト8、1968年メキシコシティオリンピックで、銅メダル獲得に貢献したMFとして知られています。, 小城 得達は、プレースキッカーやPKを任されるほどのキック精度を誇り、ゲームメイク能力にも長けていますが、高い身体能力を持っていたこともあり代表ではセンターバックを任されました。, また小城 得達のフィジカルは当時の日本代表の中ではずば抜けており、相手フォワードのマークし当たり負けせずにボールを奪い、釜本 邦茂へロングパスを提供し、得点を量産しました。, 南米やヨーロッパの強豪相手であれば、引いて守ることが多いため、中沢・闘莉王のセンターバックコンビのどちらかが最強のセンターバックと言えるかもしれません。また近代的なハイプレス主流のサッカーであれば、足元技術と高さを兼ね備える吉田 麻也、バランスでいえば井原 正巳、この辺りが歴代最強・最高の候補になってくるのではないでしょうか。, BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!.

最近はややパフォーマンスを落としているものの純粋なクオリティーとして世界トップクラスの選手であることは間違いありません, 対人の強さやヘディングの競り合いが強い一方でスピード面での不安はありますが近年はそのあたりを経験による読みでカバーしているように思えます, 昨季はケガでシーズンを棒に振ってしまいましたがフィジカル、スピード、テクニックの3拍子が揃った世界屈指の選手です, 両足で蹴れる正確無比なロングフィードが持ち味で時折見せるドリブルでの持ち上がりも相手にとっては脅威でしょう, 数年前までは僕の中でピケよりも序列は下だったのですが昨シーズンの活躍により世界的にも一気に株を上げたのではないでしょうか, センターバックとしての守備力はもちろん局面を打開するような精度の高いロングボールも供給します, フンメルスの解説記事はこちら→フンメルスのプレースタイル!バイエルンが43億使う魅力とは, 新チームのACミランでもキャプテンになってしまうほどの求心力を兼ね備えており(契約の条件だったりもしたようですが…)イタリア人としては貴重なビルドアップに長けたセンターバックと言えるでしょう, ボヌッチの解説記事はこちら→ボヌッチのプレースタイル!禁断のミラン移籍が決まった2つの真相, 高い守備能力と広いカバー範囲を誇りディフェンスリーダーとして振舞いながら少しでも隙があればどんどん前線にも入っていく超攻撃的な選手です, 特にセットプレーでの得点力は化け物級でヘディングでの競り合いなんかは見ていて負ける気がしませんね, セルヒオラモスの解説記事はこちら→セルヒオラモスのプレースタイル解説!攻撃能力を兼ね備えたセンターバック!!, 対人能力については言うまでもないですがハイプレスが常識化されつつある現代サッカーにおいてセンターバックというのはフィールドプレーヤーで最も余裕をもってボールを保持できるポジションです, ですからそこから精度の高いボールが出てくるか否かでは試合展開が大きく変わってきてしまうのです, こんにちは、づんづんです 今回はいよいよ23日に迫ったワールドカップ最終予選のメンバー発表記者会見について解説します![…], 2時間だけ寝よ、で2時間だけ眠れた試しがない男、づんづんです 今回は昨日行われた日本対パラグアイ戦のマッチレビューを行っていきます[…], このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 欧州サッカーを中心に観戦しております(たまにJリーグも)野球(基本ホークス)やらゲームやらも大好きです, 新チームのACミランでもキャプテンになってしまうほどの求心力を兼ね備えており(契約の条件だったりもしたようですが…). 歴代センターバックのランキング10人!世界最高のcbはどの選手? 現代サッカーではボランチとともにビルドアップを支えながら正確なフィードで決定的なチャンスを演出するセンターバックは、非常に注目されているポジションです。 サッカー日本代表歴代最強のセンターバックランキング【top10】を紹介してきましたが、、、 いかがでしたでしょうか?? 1位には、 吉田麻也選手を選びましたが、、、 | Activeる! 当時スター軍団だった東京ヴェルディもキャプテンとしてまとめ上げたリーダーシップに優れた選手でしたね, 5年連続でJリーグベストイレブンに選ばれ、アジア最優秀選手賞も受賞するなど実績も十分, 日韓ワールドカップでは試合には出ずとも精神的な面でチームに必要としてサプライズ招集されたことでも話題になりました, 日韓W杯ではフェイスガードを着用してプレーしたりドイツW杯で中田と揉めたとか噂があったり何かと話題になる選手でもありましたね, 日韓W杯でトルシエ監督が提唱したフラット3の一角として活躍し注目を集めると、当時の日本人センターバックとしては珍しく海外移籍も果たすなどプレーの場を広げていきました, こんにちは、W杯が今から待ちきれない男、づんづんです 今回は8月31日に行われた日本対オーストリア戦のマッチレビューをしていきたいと思います[…], こんにちは、お祭りに行くと人が多すぎて酔っちゃう男、づんづんです 今回はレヴァークーゼンからウエストハムへの移籍が決定したチチャリートの愛称で知られる[…], こんにちは、20メートル走れば息切れ づんづんです 今回はサッカー界1の俊足と言われる ピエール=エメリク・オーバメヤンについて解説します![…], こんにちは、づんづんです 今回はサッカー観戦初心者向けの選手紹介です レアルマドリードを陰で支える縁の下の力持ち ルカ・モドリッチを紹介します![…], このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 欧州サッカーを中心に観戦しております(たまにJリーグも)野球(基本ホークス)やらゲームやらも大好きです.