というバイクが良いかも知れません。このバイクは最高速度が高い事が最もアピールポイントのバイクですが、スーパースポーツクラスよりも用途が万能で扱いやすく、エンジンも低回転からトルクがあるので、40キロ程度の速度からでもとんでもない加速感があり、そのままいつまでも300キロ程度まで加速Gが発生し続ける、といった趣があります。 圧巻なのは200kmを遥かに超える速度が出ていても400ccのローギヤのような加速を見せて更に車速が伸びていきます。

安全運転で、大型二輪免許取得がんばってください。, 以前92年型カリフォルニア仕様のV-MAXに乗っていました。 が、すみません、精神面の違いではなく、性能の比較です。両者ともプロが運転して、いたとして比べたいです。, 「ss バイク」に関するQ&A: ツーリングにも向いているお勧めのリッターバイクは?, 先日、バイクショップで試乗会が開催されたので、貴重な体験と思い行ってまいりました。 アップハンドルとスタンディングポジションの影響もあって、加速Gに対応するのが非常に難しいです。 しか経験がありませんが  車の排気量が2リッター以上になるとバイクは400cc以上の排気量が必要です。2リッター以上のターボモデルの車に対しては400cc以上でも特に2気筒や4気筒エンジンでないときつくなってきます。できれば、600cc以上がお勧めです。2stであれば250ccでこと足ります。 R1と比較すると5センチ違いますよ(笑) SL65は普通に保証付で売られていますので、マフラー交換程度の隼くらいと比較すべきでしょうか。, エヴォ7とはランエボでしょうか。 それでもわざわざ絡んでくるようであれば警察を呼びましょう。, CBR1000RR,YZF-R1,GSX-R1000,ZX-10Rの中でどれを買うか悩んでいます。 現在スズキの1300隼に乗っていますが、ツーリングの際よく煽られます。結婚して依頼ツーリングに出る時は常に嫁と一緒です。走行順は常に私が前(何かあった時にまず私からと思って・・・)で妻(ボルティー)は適度に車間を空けてついてきてます。スピードはメーターで90(高速道路)ちょい(隼には良くない?)で巡航してます。そんな感じで走行してるのですが、左車線を猛スピードで接近してきて煽りたおす輩がいます。追い越し車線が空いてるのになぜか私...続きを読む, そういう馬鹿な輩は時々見かけますね。 隼は2000rpmぐらいからゴリゴリとトルクで押し出す感じであまり開けると前が浮き上がります。(そこまで開けるのは相当覚悟がいるでしょうが)

YZF-R1のシルバーとかブラックとか・・見ててほれぼれするんですけど、、、、(*^ ^*) ないでしょうかね, >どうしても空力的には4輪に歩がありそうです。 まず、安定性とか精神論は無視でお願いします。 の超絶ハイパワーを絞り出す。, 山野選手がGT-R NISMOのコックピットに収まり、テストコースなので速度リミッターを解除する。4WDモード、サスペンション、トラクションコントロールをすべて「R」モードに設定。, あとは左足でブレーキペダルを踏み、アクセルを踏み込みエンジン回転が高まった瞬間ブレーキをリリースすればローンチスタートモードにより鋭いスタートダッシュであっという間にGT-Rはすっ飛んでいく。, R34時代であればシフトアップのたびに車体がピッチングしたものだが、R35GT-Rはまったく姿勢を変化させることなく、ときおり”シュバッ!”とシフトアップ時のエンジン音が聞こえるだけであっという間に遙か400m地点を通過しブレーキランプが点灯した。, 「速いよ。速いんだけど、ドライバーが介在していないというか……、なんかクルマとドライバーが遠いところにいるような印象。全部クルマが一番いいようにやってくれて、間違いなくそれがベストのタイムを出しているはず」, そう話すのは山野哲也選手。1回目のトライではあえてローンチスタートモードを使わず発進させてみたのだが、それでもタイムは11秒934。ローンチスタートモードを使った2本目がベストタイムで11秒615であった。, ちなみに、さりげなく書いているけれど、この11秒615というタイム、2012年にR35GT-Rで記録した11秒79を打ち破って、ベストカーゼロヨンテスト38年の歴史を塗り替えるトップタイムなのだった。, 続いて山野選手はレクサスGS Fに乗り込む。GS Fは4968㏄という大排気量V8、NAエンジンで477㎰/54.0㎏mというスペックだ。, ターボ4WDのGT-Rとは対照的にFRでエンジンは自然吸気。GS FのトランスミッションはGT-Rのデュアルクラッチとは異なり、トルコン式の8速AT。, Dレンジに入れて左足ブレーキでいっきにスタートするだけで、誰が乗ってもほぼベストパフォーマンスを引き出すことができる。, 「今日のテスト車から1台乗って帰っていいよといわれたら、ボクはGS Fを選びたい」, 「速さではGT-Rが圧倒的なんだけど、GS Fはエンジンが近くにある……というか、エンジンとドライバーが対話しているような感覚。クルマと一体感を実感できるのがいい」, 477㎰/54.0kgmを後輪だけで受け止めて加速していくさまは、やっぱり迫力満点。, トラクションコントロールをカットしてアクセルワークでトライした1本目よりも、クルマ任せでアクセル踏みっぱなしで走った2本目の13秒177がベストタイムとなった。, 排気量5LのV8エンジンがいっきに7000回転まで吹けていくサウンドは、外で聴いていても大迫力だ。, 続いてシビックタイプR、ルノーメガーヌRS トロフィーR、メルセデスA45 AMGの最新ハイパワー2Lターボ対決。, やっぱりシビックタイプRのゼロヨン、気にならないわけがない! 先の2台と異なりシビックRは3ペダルの6MT。ここは山野選手の腕の見せどころだ。, まずは様子見のためスルリとスタート。動き出したところでガバリとアクセルを踏んだ瞬間、トラクションコントロールONにもかかわらずタイヤはいとも簡単にグリップを失う。, 2速、3速とシフトアップしてもアクセルをグイと踏み込むと軽くホイールスピンをしながら加速を続けていく。このあたり、381㎰/48.4㎏mとよりハイパワーながら4WDを採用するベンツA45 AMGとは対照的。, A45は一瞬のスキッドのあとはGT-Rのように、まるでワープでもするかのように視界から消えていく。4WDの威力を改めて実感させられる。この中間的なのがルノーメガーヌRSで、FFなのだがシビックRよりトラクションはよさそう。, 「シビックのエンジンはとにかく全域トルクバンド。2000回転以上だったらどの回転域でもどのギアでも同じようなトルク感、レスポンス感でグイグイ加速していく。, ただ、さすがにこのパワーをフロントタイヤだけで受け止めるのは厳しいね。メガーヌRSは意外と扱いやすく対照的。, ターボというよりV6の3Lみたいなトルク感のエンジン。トルクの出方が穏やかなのでシビックほどトラクションを気にする必要はなく、アクセルを踏んでいける。, ベンツA45 AMGは2ペダルAMTの4WDなのでアクセル全開で踏んでいるだけで12秒780。, コンフォートモードなら街中を普通に乗るにも快適だし、スポーツモードにすれば高回転まで引っ張って素早いシフトアップをしてくれる。ある意味、最も現代的なハイパフォーマンスカーだよね」, ベストカーでは1978年の創刊から3号目ではやくもゼロヨンテストを実施。1985年から1989年の間に発行されたベストカー107冊のうち、ゼロヨンテストを掲載した号はなんと64回。, 全体の約60%もゼロヨンテストを掲載していたのだから、最近ゼロヨンがご無沙汰で寂しいという声もちらほら。, さらに「昔は夜中にテストをしてたんだよね……」とベテラン編集部員は目を細めて言う。ここにきてなんとベストカー2017年1月26日号で、深夜の最高速&ゼロヨンテストが復活予定。気になりませんか、このクルマたちの限界性能?, 「アーマーゲー」と呼ばないで! 私の主観では 現在スズキの1300隼に乗っていますが、ツーリングの際よく煽られます。結婚して依頼ツーリングに出る時は常に嫁と一緒です。走行順は常に私が前(何かあった時にまず私からと思って・・・)で妻(ボルティー)は適度に車間を空けてついてきてます。スピードはメーターで90(高速道路)ちょい(隼には良くない?)で巡航してます。そんな感じで走行してるのですが、左車線を猛スピードで接近してきて煽りたおす輩がいます。追い越し車線が空いてるのになぜか私たちが右に?避けなければならない状態でした。

全車最新モデルでの考察でお願いできれば助かります。 原付と教習車以外でははじめてのバイクだったので、それぞれの車種でどんな加速をするのか知りたくなり、衝動を抑える事が出来ずやってしまいました。 スポイルしちゃいますから・・・。 RR・・・汎用 ZX-10Rは一番高いかと。ただし不満は無いです。 候補はCBR1000RR同じく954、YZF-R1、GSXR100、ZX-10Rです 長くバイクから離れていたもので車種とかに 疎くなり ポジションは大丈夫ですか? これだと200km/h以上でノーマル隼に余裕で勝てそうですが、1000kg程度のボディに800psとは。。ボディ剛性は大丈夫なのでしょうか。, >どうしても4輪が勝ち!って回答が欲しいようですよね…。 ・どれが一番官能的、速いのかということです いえいえ、ぜんぜん違いますよ。 それはどういう基準からですか? 高速になればなるほど車体の軽さのメリットがなくなるので空力と馬力勝負にはなると思いますが、 充分に、満足できる強い加速感は得られます。 てなわけでやっぱりCBR。 この様に二輪と四輪の勝負では、環境や運転者の条件によって勝敗の結果は大きく変わってきます。 そこで、国内、逆輸入にかかわらず、V-MAXの加速に勝てるバイクを探しています。 しかもとても最高に愉快・爽快なフィーリングです。