居合刀特注 小柄・笄付ソハヤノツルキウツスナリ ; 美術刀特注 薩摩柄 青梨子地鞘; 美術刀特注 薩摩柄 黒・黒微塵切返鞘; 美術刀特注 薩摩柄 黒・赤微塵切返黒散鞘; 法具型武器紹介 独鈷双剣; 長物特注 鍛人製 千鳥十文字朱鑓; 居合刀紹介 幅広二本樋同田貫刀身「比良八荒」(小太刀) 居合刀� 本作の名前のうち、「妙純傳持」の切付銘から美濃国守護代「斎藤妙純」が所持していた刀であるといわれ、この刀を遺品として入手した縁者に当たる者が妙純を偲んで「妙純傳持」と刻んだとされている[要ページ番号]。 また「ソハヤノツルキウツスナリ」の切付名から、田村語り並びに坂上田村麻呂伝説に登場する伝承上の人物としての坂上田村麻呂の聖剣「ソハヤノツルギ」の号(名称)をもらった本歌取としての写しとされている。 刀剣研究家である辻本直男は、ソハヤとは即ち「素早い」の転訛で … »ã€‚, 「鍛人」(かぬち)製品、安く入手しました。.

妙純傳持ソハヤノツルキウツスナリ(みょうじゅんでんじそはやのつるぎうつすなり[注 1])は、鎌倉時代に作られたとされる日本刀(太刀)。日本の重要文化財に指定されており、静岡県静岡市駿河区にある久能山東照宮が所蔵する。徳川家康の愛刀として有名で、ソハヤノツルキ[注 2]や三池の御刀とも呼称される。文化財としての指定名称は「革柄蠟色鞘刀無銘(伝三池光世作)裏ニ「妙純傳持ソハヤノツルキ」表ニ「ウツスナリ」ト刻ス」で、「蒔絵刀箱」も附指定されている[2]。なお、革柄蠟色鞘刀は「かわづかろいろさやかたな」と訓む[3]。, 本作の名前のうち、「妙純傳持」の切付銘から美濃国守護代「斎藤妙純」が所持していた刀であるといわれ、この刀を遺品として入手した縁者に当たる者が妙純を偲んで「妙純傳持」と刻んだとされている[4][要ページ番号]。, また「ソハヤノツルキウツスナリ」の切付名から、田村語り並びに坂上田村麻呂伝説に登場する伝承上の人物としての坂上田村麻呂の聖剣「ソハヤノツルギ」の号(名称)をもらった本歌取としての写しとされている。, 刀剣研究家である辻本直男は、ソハヤとは即ち「素早い」の転訛ではないかとし、素早いを表す言葉で、切れ味が鋭いので、物を素早く切断する力を備えたものとの賛辞ではないかとの説を提唱している[4][要ページ番号]。, 鎌倉時代の筑後国の刀工・三池典太光世作と伝えられる日本刀である。筑後三池の刀工の作であることから「三池の御刀」などとも通称した[5][要ページ番号]。, 『明良洪範続編』によれば、本作は御宿家伝来の刀であるとされる。天正12年(1584年)前後に織田信雄から徳川家康に贈られたと神社の宝物台帳に記されている[4][要ページ番号]。社伝によると、家康はこの刀を最も好み、戦に幾度か使用したほか、常に身に付け、夜は枕刀にするほどだったという[5][要ページ番号]。また、妙純傳持ソハヤノツルキウツスナリは行光作の脇差と大小で家康の愛刀であったという。, 家康は大坂の陣によって豊臣宗家(羽柴家)を滅ぼした後も、死の直前に家臣に命じてこの刀で罪人の試し斬りをさせ、徳川家に対して不穏な動向のある西国大名が謀反を起こすことのないよう、この刀の切先を西に向けて、その刀の剣威によって徳川家の子孫を鎮護するため久能山東照宮に安置するように遺言を残したという[原 1][原 2]。『徳川実紀』によれば、刀の身長は2尺2寸余、柄長は7寸であって、長さと重さが手頃なので、老体且つ病弱の家康でも死の前日に柄を握って2、3振りはすることは出来たとされている[4][要ページ番号]。, 明治44年(1911年)4月17日に古社寺保存法による国宝に指定されている。奇しくも指定された4月17日は家康の命日であった[注 3]。昭和25年(1950年)の文化財保護法施行後は重要文化財となった。久能山東照宮が所有し[2]、内陣に御神体と同様に祀られている[5][要ページ番号]。, 刃長67.9センチメートル、元幅3.9センチメートル、先幅2.8センチメートル、反り2.5センチメートル[6]。本作のナカゴの指裏[注 4]に「妙純傳持」と「ソハヤノツルキ」と2行に彫られ、指表に「ウツスナリ」と刻まれており「妙純という人物が伝え持つソハヤノツルキを模して鍛造」という意味を表す[5][要ページ番号]。, 革柄蝋色鞘刀〈無銘(伝三池光世作)/裏ニ「妙純傳持ソハヤノツルキ」/表ニ「ウツスナリ」ト刻ス〉.