ソ連 女性宇宙飛行士 事故. その仕組みも「多世界解釈」で解説。, 5chの異世界スレに投稿された「電車型タイムマシンで2047年にタイムスリップした中学生」の話を紹介。 1961年 5月16日 に打ち上げられたソビエトの女性宇宙飛行士の搭乗した 宇宙船 による 5月23日 に再突入が試みられた時の交信を 傍受 したとされる 。 5月26日 に タス通信 は、23日に大型無人衛星 が 大気圏 に再突入して燃え尽きたと発表した 。� https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ユディカ・コルディーリア兄弟&oldid=79953082, 1960年11月28日の傍受とされる、地球周回軌道から外れゆく有人宇宙船から発信された微かな, 1961年4月の傍受とされる、ボストーク1号の交信記録。これによると、ボストーク1号は制御の問題で, 1961年5月の傍受とされる、制御不能に陥った宇宙船から発信された救難を求める通信記録。, 1961年10月の録音とされる、制御不能に陥った宇宙船から発信された宇宙飛行士の音声記録。, 1964年4月の傍受とされる、突入角度を誤った事で大気内で燃え尽きた再突入カプセルからの通信記録。. 【6月17日 AFP】1963年6月16日、ワレンチナ・テレシコワ(Valentina Tereshkova)さんは、世界初の女性宇宙飛行士として宇宙へ飛び立った。この科学的快挙は、ソビエト連邦のプロパガンダの1つとして大成功を収めた。, ユーリ・ガガーリン(Yuri Gagarin)が史上初の有人飛行を成し遂げてから2年後、宇宙船「ボストーク6号(Vostok-6)」で宇宙へと飛び立ち、26歳にして国民的英雄となったテレシコワさんは、これまでに単独で宇宙飛行を成し遂げた唯一の女性だ。, 1962年4月、当局は宇宙飛行の候補者を5人にまで絞り込んだ。極秘プロセスで選ばれたのは、技術者2人、学校教師1人、タイピスト1人と、パラシュート降下の経験を90回持つ工員1人で、この工員がテレシコワさんだった。7か月に及ぶ集中訓練の後、女性初の宇宙飛行士として選抜された。, 農家で生まれ育ったテレシコワさんは、モスクワ(Moscow)から約280キロの歴史都市ヤロスラブリ(Yaroslavl)にある織物工場で働き、職場では旧ソ連共産党青年組織「コムソモール(Komsomol、共産主義青年同盟)」のリーダーを務めていた。宇宙飛行士に選抜されたことは、家族にさえ打ち明けることを禁じられていたため、家族がこの偉業を知ったのは、政府が全世界に向けて発表してからだった。, テレシコワさんがカザフスタンのバイコヌール宇宙基地(Baikonur cosmodrome)から飛び立ったとき、すでにバレリー・ブイコフスキー(Valery Bykovsky)飛行士が操縦する別の旧ソ連宇宙船「ボストーク5号(Vostok-5)」が、2日間にわたり地球軌道を周回していた。, テレシコワさんは3日間のミッションで、地球を48周した。ミッション初日には、ブイコフスキー飛行士と通信して、彼に歌を歌ってあげたりもした。2人の乗った宇宙船が互いから遠ざかると、通信はそこで途絶えた。, テレシコワさんの飛行は、数々の問題に遭遇したが、これらはすべてソ連崩壊後に初めて公表された。, 宇宙飛行士訓練センターがあるスターシティー(Star City)で今月開いた記者会見で、テレシコワさんは「飛行の初日から、問題が持ち上がった」と話した。「技術的な不具合により、宇宙船は着陸ではなく、さらに高い軌道へと送り込まれるようにプログラムされていました」。つまり、宇宙船は地球からどんどん遠ざかっていたのだ。この不具合は修正されたが、主任設計者のセルゲイ・コロリョフ(Sergei Korolyov)氏からは、誰にも言わないでほしいと頼まれたという。「私は30年間、この秘密を守った」とテレシコワさん。, テレシコワさんは公式報告書に、宇宙服のせいで脚を痛めた他、ヘルメットのせいで肩は圧迫され、頭部にかすり傷を負ったと記している。飛行中には嘔吐(おうと)もしたという。こうした情報もまた、史上初の女性による宇宙飛行の偉業を台無しにしないために、公表されなかった。, 着陸時には、地上のミッション管制センターは不安に包まれた。当時の宇宙開発部門を統括していた旧ソ連将軍、ニコライ・カマニン(Nikolai Kamanin)氏が後に明らかにしたところによると、テレシコワさんは宇宙船をうまく誘導することができず、降下が始まる直前には通信も途絶えてしまった。, テレシコワさんは、当時の標準的な手順通りに、宇宙カプセルから外へ発射され、シベリア(Siberia)南部のアルタイ(Altai)に着陸するためにパラシュートで降下した。だが、宇宙船設計者のボリス・チェルトック(Boris Chertok)氏の手記によると、管制センターは着陸完了から2時間もの間、テレシコワさんの位置を把握できなかった。救助隊がテレシコワさんをようやく発見した場所は、想定していた地点から数十キロも離れていた。, テレシコワさんは、着陸時にヘルメットのバイザーに鼻を激しくぶつけたため、公式セレモニーではその際にできたあざを化粧で隠さなければならなかったと、後のインタビューで話している。, テレシコワさんは宇宙飛行の数か月後、宇宙飛行士のアンドリアン・ニコラエフ(Andriyan Nikolayev)さんと結婚した。2人の結婚は「おそらく政治界と科学界にとって好都合だったのだろう」とカマニン氏は記している。1964年には娘のエレーナ(Yelena)さんが誕生したが、夫婦は後に離婚。テレシコワさんはその後再婚した。, テレシコワさんは、旧ソ連時代にさまざまな栄誉ある役職に従事し、76歳の現在はロシア与党の統一ロシア(United Russia)の議員を務めている。, だが冒険心は、以前と変わらない。テレシコワさんは今月、たとえ片道の旅だとしても、いつでも火星に飛行する「覚悟はできている」と述べている。(c)AFP/Victoria LOGUINOVA-YAKOVLEVA, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News. copyright©2020 Junk Lane all rights reserved. 人間が宇宙へ行って60年近く経った今でも、ユーリー・ガガーリンの宇宙飛行より前に何件もの死亡事故があったという噂が絶えない。ガガーリン以前にも宇宙飛行士が宇宙へ送られ、ソ連指導部が彼らの不幸をもみ消していたとしたら?

【オカルト】本当に危ないところを見つけてしまった・・・(通称蓋スレ) (09/04). ソ連の宇宙開発の成功に疑問の余地はないが、すべてが順調だったわけではなく、この国は開発の大きな代償も払わねばならなかった。ここでその3つの大惨事を振り返る。それらは宇宙ミッションの危険性を裏付けるものでもある。 ソ連のガガーリンが人類初の宇宙旅行に成功した裏側には、いくつもの公になっていない幻の宇宙飛行士たちの犠牲があったのかもしれない。1960年代から語られているソ連の宇宙開発に関する都市伝説を紹介。宇宙飛行士の死はなぜ、こんなにも胸につまるのだろうか? 2020年夏、コロナよりも恐ろしいウイルスが流行!? 1961年2月17日、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた宇宙船には男女2人の宇宙飛行士が乗っていた。 2人は定期的にソ連の宇宙基地と交信していた。 歴代の宇宙飛行者が最も多い国は アメリカ で 332人 、次いで2位が ロシア (ソ連を含む)で 113人 、3位が ドイツ (東西ドイツを含む)の 10人 となっている。 日本 はドイツに次いで4位の 9人 で、 フランス 、 カナダ と同じ人数。

2011.03.23 11:00; 115,250. satomi Lost Cosmonaut - Is this the first woman in space? 一応、これが消された宇宙飛行士の真相みたいなんですけど。 じゃあ、あの2人の男女の声は何だったんだろうか? 本当に、ソ連が発表している通り、単なる無人宇宙飛行船のデモンストレーションのための音声だったのか?

ガガーリンと上級技師らがソユーズ1号を検分してみたところ、構造上の問題は203点見つかった。問題は深刻で宇宙航行は危険だ。ミッションは延期すべきだ、とガガーリンは進言した。 問題は誰がブレジネフにそれを伝えるかだ。そこでガガーリンは10ページのメモにまとめ、KGBで一番の親友Venyamin Russayevに渡した。が、それを指揮系統の上司に上げる者は誰もいなかった。そのメモを見た人間は、Russayevはじめ全員が降格・辞職させられるか、シベリアに飛ばされたのだ。誰が見ても決死の任務でしたが、コマロフは「自分が乗る」と自ら名乗り出ます。断ると、代わりに乗せられるのが親友ガガーリンとわかっていたからです。1967年4月23日、打ち上げの日、ガガーリンは打ち上げ場に姿を現し宇宙服を着ると言って騒ぎます。「急にわがままを言い出した」とロシア人記者は報じましたが、その場に居合わせた人の中には自分が代わりに乗ると言って騒いだと言っている人もいます。結局コマロフが乗り、やがて予想通りの事態 ―アンテナは開かず、電源が失われ、進路をとるのもままならない事態を迎えます。 宇宙の彼方に宇宙飛行士がひとり。彼は地球の周りを回りながら、自分が地球に生きて帰れない運命にあることを知っている。電話で繋がっているのはアレクセイ・コスイギン(Alexei Kosygin)― 当時のソ連上層部の人だ。彼もまた泣いている。電話の向こうの宇宙飛行士が死ぬのが分かっているから。 宇宙船は粗悪な造りで、燃料は危険なほど少なく、パラシュートは -- これは誰にも知らされていない話だが -- 動かない。中の宇宙飛行士ウラジーミル・コマロフは今まさに全速力で地球に衝突し、その衝撃で体が炎上・溶解する寸前だった。 トルコで米国が傍受したのは運命の瞬間に向かいながら「にわか拵えの宇宙船に彼を乗せた人々を呪い」怒り泣き叫ぶ彼の声だった。. 20世紀のSF映画に登場するマッドサイエンティストが、実験に失敗したときよく吐いていた。, コンプライアンスや倫理が重視される21世紀(現代)では、もちろん通用しないセリフだ。, 2019/07/30 「写真から宇宙飛行士が消えた!永遠に宇宙を廻る飛行士たち」岡田斗司夫氏のyoutubeより, だが先の動画によると、ガガーリンは宇宙に行って無事に帰ってきた人類初の宇宙飛行士であって、宇宙に行った初の宇宙飛行士ではないという。, 幼い頃に雑誌か何かでこの噂を読み、胸の奥がざわついたのを覚えている。今でいう「都市伝説」の一種だが、気になったのであらためて調べた。, 「Lost Cosmonauts(失われた宇宙飛行士)」という英語のWikipediaによると、, 1961年4月12日、ボストーク1号でガガーリンが宇宙に飛び立つ5日前の4月7日、ウラジミール・イリューシンという宇宙飛行士が軌道上までロケットで打ち上げられたが、帰還時にロケットはコースをはずれて中国領土に落下し、イリューシンは瀕死の重傷を負ったという。, ※実際にウラジミール・イリューシンというソ連のテストパイロットは存在しているが、ボストーク1号の打ち上げ2日前の4月10日、自動車事故に巻き込まれ負傷したことになっている。, それよりももっと驚いたのは、ソ連はガガーリンの前に少なくとも2回ロケットを宇宙へ打ち上げ、いずれも失敗し、複数の宇宙飛行士が地球に帰還できずに死亡しているという話だ。, Wikipediaの情報なので公的な発表ではなく、あくまで都市伝説としてとらえるべきだが、読んでいくうちに胸がつまった。, 1959年12月イタリアの通信社が報じたニュースでは、1958年初頭にアレクセイ・レドフスキー、アンドレイ・ミトコフ、セルゲイ・シボリン、マリア・グロモヴァら4名の乗った改良型R-5Aロケットがロシア南部のカプースチン・ヤール基地から打ち上げられたが、失敗に終わり、全員死亡した。 チェコ共産主義者からのリーク情報だという。, の著者、SF作家のロバート・A・ハインラインが、1960年にソ連軍から得た情報によれば、1960年5月15日にコラプトル・スプートニク1という名の宇宙船が打ち上げられたが、姿勢制御に失敗し、宇宙船カプセルは地球を超楕円軌道で周回するコースに入ってしまったと伝えている。ソ連は無人機だったと主張しているが、噂では有人だった可能性がある。, 噂の発端になったのは、ジュディカ・コルディリアというイタリアのアマチュア無線家の兄弟からの情報だ。, 兄弟たちは1957年からソ連とアメリカの宇宙開発の通信記録を無線で監視していたが、1960年5月、宇宙船の乗組員からの予定のコースを外れたという通信を傍受する。, 1960年11月28日には、地球の軌道からはずれた宇宙船からのかすかなモールス信号によるSOSをとらえ、スイスやイタリアのラジオ局で取り上げられて話題になった。, ジュディカ・コルディリア兄弟はこの2つを含め、合計9つのソ連の宇宙船のものだと思われる通信を傍受している(Wikipedia)。, とくに1961年2月にとらえた通信の内容は衝撃的だ。海外のミステリーサイト 「MYSTERIOUS UNIVERSE」 にその記事が掲載されていたので紹介したい。, 1961年2月17日、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた宇宙船には男女2人の宇宙飛行士が乗っていた。 2018年1月に現れてから1週間も経たない間に5万人のフォロワーを集め、最近ではなんとYouTubeにまで謎の投稿をしている。彼の2020年の予言が、意外にも的を得ているのだ。, タイムリープ関連スレッドで名前のあがる奇妙なタイムリープの方法「マインディット」を紹介。 小惑星アポフィス2029年4月13日に最接近して2068年には・・・衝突の危険も. 20世紀のSF映画に登場するマッドサイエンティストが、実験に失敗したときよく吐いていた。, コンプライアンスや倫理が重視される21世紀(現代)では、もちろん通用しないセリフだ。, SpaceX社が今年5月30日、民間企業初の有人宇宙船の打ち上げに成功し話題になったが、, SpaceX Crew Demo 2 (Launch)/YouTubeより宇宙開発の歴史は華やかなものばかりではない。, だがもしかしたら、ガガーリンは宇宙に行って無事に帰ってきた人類初の宇宙飛行士であって、宇宙に行った最初の宇宙飛行士ではないかもしれない。, 幼い頃に雑誌か何かでこの噂を読み、胸の奥がざわついたのを覚えている。今でいう「都市伝説」の一種だが、気になったのであらためて調べた。, 「Lost Cosmonauts(失われた宇宙飛行士)」(Wikipedia)の情報によると、, 1961年4月12日、ボストーク1号でガガーリンが宇宙に飛び立つ5日前の4月7日、ウラジミール・イリューシンという宇宙飛行士が軌道上までロケットで打ち上げられたが、帰還時にロケットはコースをはずれて中国領土に落下し、イリューシンは瀕死の重傷を負ったという。, ※実際にウラジミール・イリューシンというソ連のテストパイロットは存在しているが、ボストーク1号の打ち上げ2日前の4月10日、自動車事故に巻き込まれ負傷したことになっている。, それよりももっと驚いたのは、ソ連はガガーリンの前に少なくとも2回ロケットを宇宙へ打ち上げ、いずれも失敗し、複数の宇宙飛行士が地球に帰還できずに死亡しているという話だ。, Wikipediaの情報なので公的な発表ではなく、あくまで都市伝説としてとらえるべきだが、読んでいくうちに胸がつまった。, 1959年12月イタリアの通信社が報じたニュースでは、1958年初頭にアレクセイ・レドフスキー、アンドレイ・ミトコフ、セルゲイ・シボリン、マリア・グロモヴァら4名の乗った改良型R-5Aロケットがロシア南部のカプースチン・ヤール基地から打ち上げられたが、失敗に終わり、全員死亡した。チェコ共産主義者からのリーク情報だという。, の著者、SF作家のロバート・A・ハインラインが、1960年にソ連軍から得た情報によれば、1960年5月15日にコラプトル・スプートニク1という名の宇宙船が打ち上げられたが、姿勢制御に失敗し、宇宙船カプセルは地球を超楕円軌道で周回するコースに入ってしまったと伝えている。ソ連は無人機だったと主張しているが、噂では有人だった可能性がある。, 噂の発端になったのは、ジュディカ・コルディリアというイタリアのアマチュア無線家の兄弟からの情報だ。, 兄弟たちは1957年からソ連とアメリカの宇宙開発の通信記録を無線で監視していたが、1960年5月、宇宙船の乗組員からの予定のコースを外れたという通信を傍受する。, 1960年11月28日には、地球の軌道からはずれた宇宙船からのかすかなモールス信号によるSOSをとらえ、スイスやイタリアのラジオ局で取り上げられて話題になった。, ジュディカ・コルディリア兄弟はこの2つを含め、合計9つのソ連の宇宙船のものだと思われる通信を傍受している(Wikipedia)。, とくに1961年2月にとらえた通信の内容は衝撃的だ。海外のミステリーサイト「MYSTERIOUS UNIVERSE」にその記事が掲載されていたので紹介したい。, ●最初の女性宇宙飛行士は、本当は誰か?2011/8/16 MYSTERIOUS UNIVERSEより, 1961年2月17日、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた宇宙船には男女2人の宇宙飛行士が乗っていた。2人は定期的にソ連の宇宙基地と交信していた, 男性:何か、何かおかしい! 何かがおかしい! 難しい・・・ われわれが外に飛びさなければ、世界の誰にも知られることはない。難しい・・・, 2人を乗せた宇宙船カプセルは予定のコースを大きく外れ、宇宙の深い闇へと消えていった。, 男女の宇宙飛行士たちに何が起こったかのか、正確に知る者は誰もいない。もし無事帰還していれば、少なくとも彼女は人類初の女性宇宙飛行士の栄誉を与えられるはずだった。実際の女性初の宇宙飛行士は、1963年6月16日ボストーク6号に搭乗したワレンチナ・テレシコワである(Wikipediaより)。, ●失われた宇宙飛行士のミステリー2020/2/25 MYSTERIOUS UNIVERSEより女性の声:, 声の主はリュドミラという女性の宇宙飛行士で、1963年11月、彼女の乗った宇宙カプセルは大気圏の再突入時に燃え尽きてしまったとされる。(幻の宇宙飛行士/リュドミラより), 昨日、今日、今この瞬間にも、世界中で事故や病気によりたくさんの人々が亡くなっている。でもなぜか私には、幻の宇宙飛行士の話が胸につまるのだ。, 人類初の月面着陸に成功したニール・アームストロング船長の半生を描いた映画「ファースト・マン」にもそんな宇宙飛行士の悲哀が描かれている。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 【プロキシマケンタウリ】宇宙人はいるのかを宇宙の大きさから考えてみた!地球と似た星が近くにあった?!, 女性:そうしようと右手でしっかり握っています! これだけが平衡をたもつ唯一の手段です。, タイムトラベルを中心に不思議な現象を「それが真実なら」と肯定的なスタンスで、相対性理論や量子力学などの物理学を使って考察しています。 https://bttp.info, われわれの住む3次元空間以上の「異次元」と、この世界は10次元かもしれないという「超弦理論」をイラストを使ってわかりやすく解説。, 未来人として、初めてツイッターに登場したYJをご存知だろうか? «.Questo il mondo non lo saprà.»』を、2010年には『Banditi dello spazio.

Dossier Sputnik 2』を相次いで上梓、ネットユーザーを中心に再び彼らの過去の録音が注目されるようにもなった。しかし、かつて兄弟の事績を様々な観点で批判した専門家の間では、「兄弟が上梓した回想録には、過去に指摘された疑惑に対する明確な回答は一切なかった。」との失望の意見も呈された[5]。, 2008年、イギリスのジャーナリストであるクリス・ホリントンが兄弟を取材し、フォーティーン・タイムズ(英語版)に寄稿した記事によると、兄弟がイタリア・スイス両国で話題となった1960年代当時、ソ連はソ連国家保安委員会(KGB)のエージェントを接触させ、公然と兄弟の監視活動を行っていたという。このエージェントは後にロシア連邦の大使となっており、チェコ共和国で行われた匿名のインタビューにて、「ソ連は兄弟の行動に重大な関心を示しており、場合によっては暗殺も含む実力行使をも検討していたが、兄弟が純粋に子供じみた好奇心で活動を行っていたことや、後にテレビ番組を中心に兄弟が著名人となってしまったことから、彼らに危害が加えられることは無かった。」と語っている。兄弟に対するKGBの監視に対しては、イタリア政府も同国の諜報機関(英語版)であるSIFARのエージェントを派遣し、防諜と身辺警護を行っていたという。ホリントンはまた、兄弟が1964年にイタリアのクイズ番組であるフィエラ・デイ・ソーニ(イタリア語版)に出演して優勝し、優勝賞品として「アメリカ航空宇宙局への訪問」を希望し、同年2月26日に訪米しているが、この時兄弟と会見したSTADAN(英語版)とNASAの複数の技術者が兄弟の録音テープを聞き、驚嘆したとも記述している[2]。, ホリントンの記事は、兄弟の擁護論者の多くが孫引きする資料[22]ともなっているが、記事の中でも引用されたオバーグ自身は、ホリントンの記述の殆どが事実誤認や虚偽であるとも反論している。オバーグの反論の中には、KGBの要人暗殺に掛かる意思決定プロセスに関するホリントンの事実誤認の指摘が含まれている。KGBが監視対象人物の暗殺を検討するのは、「対象人物が西側諸国への亡命を決断した時のみ」であるといい、兄弟のように単なる好奇心でソ連に対する調査を行っているケースは対象外であると述べている。また、兄弟の1964年の訪米時に面会したとされるNASA職員についても、NASAの人事記録上に存在が確認できなかったとも述べている[23]。, なお、アマチュア無線の分野では、兄弟が残した大きな功績として「事績の真偽はともかくとして、人々、とりわけ子供たちの電子工作や無線通信への興味を大きく掻き立て、結果として欧州におけるアマチュア無線人口の拡大に貢献した。」という評も残されている[24]。, 2011年9月28日には、アメリカのサイエンス・チャンネル(英語版)が『ダークマターズ(英語版)』第1シリーズ第5話にて、兄弟の事績を取り上げた[3]。, ジェームス・オバーグ『Uncovering Soviet Disasters: Exploring the Limits of Glasnost』、, 「Amateurs track Soviet cosmonaut activities」, 「Amazing Utile electronics lab monitors messages from Soviet space flights」, 「Space-Tracking Brothers Report Soviet Tragedies」, 「Italians Record Deaths of Russian Cosmonauts」, “真相はいかに?ロシア当局に隠蔽された、女性宇宙飛行士の最期の通信を記録した音声テープ”, http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52189447.html, Notes on the space tracking activities and sensational claims made by the Judica-Cordiglia brothers, “Soviet Space Propaganda: Doctored Cosmonaut Photos”, https://www.wired.com/2011/04/soviet-space-propaganda/, Ivan Ivanovich and the Persistent Lost Cosmonaut Conspiracy, Russian Space Program The Lost Cosmonauts. 1960年代半ばには、2つの超大国――ソ連とアメリカ――の間の宇宙開発競争は、激しさを増していた。ソ連は、世界最初の人工衛星スプートニクを打ち上げ、世界初の有人宇宙飛行も成し遂げて、ライバルに先んじたが、その後は、後塵を拝するようになった。少なくとも、クレムリンはそうした印象をもっていたのである。, 当時、米国は宇宙開発を強力に推し進めていたので、ソ連当局は、それに対抗し得る何らかの成果を必要とした。こうした文脈でソ連当局は、新たな宇宙船「ソユーズ」に希望をかけた。ソユーズは、ソ連の月探査計画の一環として開発された。, 1967年の時点では、この新型宇宙船はまだ準備が完全にはできていなかったが、ソ連指導部はこれ以上待つことを望まなかった。それで次のような計画が立てられた。同年4月に最初のソユーズ1号を打ち上げるだけでなく、その後すぐにソユーズ2号も打ち上げて、ドッキングさせる。ドッキング後、両クルーはソユーズ1号に移動して、地球に戻る――。こういう予定だった。, という次第で、ソユーズ1号はまだ未完成のプロジェクトだったのに、打ち上げが強行されてしまった。搭乗したのは、経験豊かな宇宙飛行士、37歳の空軍大佐、ウラジーミル・コマロフ。だが、ソユーズが軌道に乗ると、次々に問題が露呈し始める。ソユーズ2号の打ち上げはキャンセルされ、ソユーズ1号は地球に戻らねばならなかった。, 宇宙船操縦のためのシステムが次々に故障し、手動システムに切り替えざるを得なくなったが、それも一部しか作動しなかった。そのため、多くの点で、コマロフのスキルが頼りという状態に陥った。とにもかくにも、彼は正しい軌道で降下し始めることができたので、誰もが最悪の事態は去ったと考えた。ところが、カプセルの減速用のメインパラシュートが開かず、コマロフは、地面と激突して死亡した…。, 「我々は、カプセルの残骸を取り除き始めてから1時間後に、コマロフの遺体を発見した。最初はどれが頭なのか、手足なのか分からなかった…。コマロフはカプセルが地面にぶつかったときに死亡し、火災がその体を30㎝×80㎝ほどの塊に変えてしまったらしい」。救助隊長の一人はこう書いている(記事はロシア語)。, いまだになぜパラシュートが開かなかったのかよく分かっていない。コマロフは、宇宙飛行中における最初の死者となった。, この惨事は、ソ連の3人の宇宙飛行士の命を奪った。彼らは世界最初の宇宙ステーション「サリュート1号」へのドッキングに初めて成功し、22日間滞在したが…。, ゲオルギー・ドブロヴォリスキー、ウラディスラフ・ヴォルコフ、ヴィクトル・パツァーエフの3人は、1971年6月7日に宇宙ステーションに到達し、6月30日までそこにとどまった。ミッションはもっと長期の予定だったが、火災が発生したので、滞在期間が短縮された。, ソユーズ11号の乗員(左側から):ヴィクトル・パツァーエフ、ウラディスラフ・ヴォルコフ、ゲオルギー・ドブロヴォリスキー, 最初は、ソユーズ11号の帰還はうまくいったように見えた。パラシュートに問題はなかった。しかし、救助隊員が降下したカプセルを見つけ、ノックしたとき、応答はなかった。隊員らがハッチを開けると、「3人ともそこにいた…が、身じろぎひとつせずに。彼らの顔には暗青色の斑点が浮かび、鼻と耳から血が流れていた。…ドブロヴォリスキーの身体はまだ温かかった」。国家事故調査委員会のケリム・ケリモフ委員長はこう回想している。, 救助隊員は宇宙飛行士たちにCPR(心肺蘇生法)を試みたが、すでに死亡していた。検死解剖により、死因は、カプセルの減圧とそれに続いた窒息であることが分かった。, 事故原因として、換気弁(カプセルとソユーズ本体をつなぐバルブで気圧を一定に保っていた)に問題があったことが指摘された。高度168キロの地点で、カプセルを切り離した際に、バルブが開いてしまい、瞬く間に減圧し、空気がすべて失われてしまった。死後の宇宙飛行士の姿勢から見て、彼らは最後の瞬間までカプセルからの酸素漏れを止めようとしたものの、十分な時間がなかった――。こう結論された。, 悲劇の後、次にソユーズが打ち上げられたのは、27ヶ月後のことである。帰還用のカプセルの構造は改良され、クルーは3人から2人に減らされた(3人が宇宙服を着て入れるだけのスペースがなかった)。宇宙飛行士たちは降下中も、ソユーズ 11号の悲劇を繰り返さないように、宇宙服を着用するようになった。減圧が起きた場合でも生き残れるように…。, この事故は、ロシア宇宙開発史上、最大の犠牲者を出した。ロシア北部のプレセツク宇宙基地の発射台が爆発し、48人が死亡。, 1980年3月18日、軍事偵察衛星を搭載したロケット「ボストーク-2M」の打ち上げが予定されていた。このロケットの信頼性は非常に高いと考えられており、事故は16年間で1回しか起きていなかった。1970年からは皆無であった。, 事故前のロケットの点検では、問題は発見されなかった。ところが、ロケットの燃料注入中に火災が発生し、数十トンの燃料が燃え始めた。不幸中の幸いだが、燃料を積んだ複数のトラックを発射台付近から退避させることができた。さもなければ、事故はさらに拡大していただろう。, 火災で44人が亡くなり、しばらくして負傷者4人が死亡。国家委員会は、火災の責任は、燃料注入の担当者にあるとした。だがその16年後、独立事故調査委員会が、火災の真の理由は、彼らではないことを突き止めた。第3段の過酸化水素タンクのフィルターに不適切な材料を用いたことが原因で、化学反応が暴走し、火災、爆発にいたった、と独立事故調査委は結論している。, なお、プレセツク宇宙基地の爆発事故は、ソ連におけるこの種の唯一のケースではなかった。同様の悲劇が1960年にバイコヌール宇宙基地でも起きている。その詳細については、この記事で読むことができる。, このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。, ソ連の宇宙開発の成功に疑問の余地はないが、すべてが順調だったわけではなく、この国は開発の大きな代償も払わねばならなかった。ここでその3つの大惨事を振り返る。それらは宇宙ミッションの危険性を裏付けるものでもある。.