またAI暴走ディストピアか…と思ったら全然違う! | 今回のレビューは4月に発売された野崎まどの新刊です。多少のネタバレが混じりますので、ご注意ください。, AI技術の発達によって人間の労働を自立型ロボットが代替し、人間が労働から解放された社会。人々は豊かで趣味的な生活を享受し、仕事の概念がなくなり貨幣すら過去のものになった社会。享楽的な都市生活を支えているロボットたちを統括するのが、ギリシャ神話の12神に範をとった12体の標準AI・タイタン。しかし、摩周湖近くにあるタイタンの1つ・コイオスが機能低下を起こし(現代人から見ると仕事に対するやる気を失った状態)、その原因究明が主人公・内匠成果のところに「仕事」として依頼されます。彼女はそれまで趣味として追及してきた心理学を初めて仕事としてAIのために駆使しようとするが・・・というのが、物語冒頭のあらまし。, 物語は成果がオイコスをカウンセリングするやりとりを主として進行していきますが、人間の遺伝子を由来とするオイコスが発症(??)しているのは、現代の我々から見れば一種の気分障害。厳しめの会社なら甘えとされるレベルの停滞。問題解決のため、成果はオイコスのAIとしての本質・深層に迫る根源的な問いから、世間話や趣味的な会話に至るまで、様々な手管を使いつつも「働くとは何か」「仕事とは何か」という、現代人にとっての生きることの本質的意味について真摯な探求を行います。「自分探しの旅」にまで出てしまう展開には笑ってしまいましたが。, 他のタイタン、国際組織の陰謀、対策チーム内の葛藤など、主人公周辺を取り巻くドラマも巧みに構成されていて、ラストに向かってプロットはエスカレートし、疾走します。この辺りはさすが野崎まど。, 解決・結論としてはごくまっとうでシンプルなところに着地します。勤め人の立場から見ると、仕事ってそういうものだと納得してしまう帰着でした。野崎まどらしい皮肉でブラックなオチだと言ってしまえばそれまでですが、日々モンスター顧客やクレーマーの対応をしたり、休日出勤をこなしたりしている身からすると、それでもなぜかまっとうなものに映ってしまいました。ま、結局、「遊ぶために働く」ってのが極私的には一番しっくりくるんですけどね。, otomegu06さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ※発売前作品のため、発売後に読まれる読者の皆様のためにも、「ネタバレ」「外部書評サイトへのレビュー投稿」は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。 ※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。, 「おれ、何のために働いてるんやろ?」そう思ったこと、ありますよね。はい、僕も日々悩んでいます。「悪とは何なのか」をテーマに書かれたのが『バビロン』だとすれば、本作のテーマは「仕事とは何なのか」です。その答えが、この本の中にあります。実は、今、僕は≪仕事≫をしています。この本を皆さんに読んでもらうことが僕の≪仕事≫の第一歩です。ですが、本当に≪仕事≫になるかはまだわかりません。≪いい仕事≫をするために、皆さんの力を貸してください。絶対に後悔はさせません。野﨑まどは、本気でヤバい作家です。『タイタン』は、本気の傑作です。――担当編集者より. ブログを報告する, 2018極私的回顧その16の3 思想・評論(思弁的実在論SR・オブジェクト指向存在論OOO・新しい実…. 野崎まど『タイタン』短評. 多少のネタバレが混じりますので、ご注意ください。 otomeguの定点観測所(再開) 文芸評論・表象文化論・現代思想・クィア文化・社会科・国語表現・科学コミュニケーション・初等数理・スポーツ観戦・お酒・料理【性的に過激な記事あり】 2020-06-08. 野崎まどは東京都墨田区生まれの作家です。麻布大学獣医学部卒。2009年、『[映]アムリタ』で、メディアワークス文庫賞」の最初の受賞者となったほか、『know』は第34回日本SF大賞にノミネートされ、「本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国」オリジナル文庫大賞BEST1受賞しています。

野崎まど『2』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで! 数多一人は超有名劇団『パンドラ』の舞台に立つことを夢見る青年。ついに入団試験を乗り越え、劇団の一員となった彼だったが、その矢先に『 … Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. なぜに? OWC JAPAN、「AKiTiO Node Titan」と野崎まど「タイタン」がコラボレーション?「ダブルタイタン 大ヒット キャンペーン」で野崎まどさんのサイン本プレゼントキャンペーン中(長い)。 作家の 野崎まど さんのファンです(*`・ω・)ゞ。 4月に発売された新作のSF小説『タイタン … !前代未聞の神話級≪お仕事≫エンタメ小説!, 至高のAI【タイタン】により、社会が平和に保たれた未来。人類は≪仕事≫から解放され、自由を謳歌していた。しかし、心理学を趣味とする内匠成果(ないしょうせいか)のもとを訪れた、ほんの一握りの≪就労者≫ナレインは彼女に告げる。, 彼女に託された≪仕事≫は、突如として機能不全に陥ったタイタンのカウンセリングだった――。, アニメ『バビロン』『HELLO WORLD』で日本を震撼させた、鬼才野﨑まどが令和に放つ、前代未聞の超巨大エンターテイメント!, 校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。 タイタン 野崎まど | 作家・神永学公式ブログ「担当さん、〆切り待ってください!!」, 仕事は、全てタイタンに任せ、人類は働くことを止め、働くことは、過去の概念になっていた。, 戸惑いつつもタイタンのカウンセリングを始める主人公は、仕事とは何か??を考えていくことになる。, 仕事をしなくなった未来の世界ーーという設定だけでも、かなり突き抜けているのですが、さらにAIのカウンセリングって……発想が凄い!!, AIが出てくるSF小説&映画だと、とかくAIを悪者として描き、ディストピア的な世界観で描きがちなのですが、本作はユートピアとして描写しているのも新しい。, ネタバレになるので、敢えて語りませんが、中盤には我々の想像をはるかに超越した展開が待っています。, 私は、読みながら思わず「嘘だろ!こいつマジか?!」などと口汚く叫んでしまいました。, と、こんな書き方をしてしまうと、トンデモ小説だと勘違いされてしまいますね……(汗), 想像を超える展開をみせる作品ですが、そこにはしっかりと伏線が張られていて、科学的な根拠も提示されていて、なるほどーーと納得させられます。, 私自身も読みながら、色々と考えさせられるだけでなく、新たな発見をし、また共感もしました。, この作品は、単なるエンターテイメントではなく、仕事で悩む人々の癒やしにもなる作品です。.