@TVQAnnouncers からのツイート. CTCマリーンズナイター(CTC Marines Nighter)は、千葉テレビ放送(チバテレ)のプロ野球ナイター中継の題名。 主にZOZOマリンスタジアムで開催される千葉ロッテマリーンズの主催試合を放送する。.

『テレQスーパースタジアム』(テレキュー スーパースタジアム(Super!Stadium))は、TVQ九州放送(愛称:テレQ)(旧:TXN九州)で放送されているプロ野球中継。 ここでは2012年9月まで土曜夕方に放送されていたスポーツ情報番組についても取り上げる。 クラブホークス� 県人事委員会 7年ぶりに月例給を据え置きを勧告 2020.11.12 18:30 配信; 川合善明川越市長が4選に向けて出馬へ 2020.11.12 18:28 配信; 大学生と老舗醤油店がコラボスイーツ開発 2020.11.12 18:24 配信 「小説 天気の子」所沢市内の小中学校 給食で提供 2020.11.12 18:22 配信; 狭山スキー場 リニューアルオープ … Copyright© 2019. @tvq_stadium からのツイート ◎:2015年までのテレ朝チャンネル2での中継から続投, ◎:2015年のテレ朝チャンネル2放送分に続いて、埼玉西武主催試合中継の実況・リポーターを担当。2016年以降もシフトの都合によりBS朝日の中継でも実況を担当することがある(この場合、解説は本番組の出演者の他にテレビ朝日の解説者が担当する場合あり)。, 埼玉西武ライオンズ2016シーズン主催全試合をCS「フジテレビTWO ドラマ・アニメ」で全試合完全生中継, http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160613-224.html, https://otn.fujitv.co.jp/b_hp/919200017.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=LIONS_BASEBALL_L!VE&oldid=80035546. Topics. 2013年は2012年11月から土曜スペシャルの枠に『土曜の夜は!おとななテレビ』が放送されるため、現時点で振替放送については未定。, 通常は行われない。ただ、2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ・ファイナル「ソフトバンク 対 西武」が第6戦(11月8日)に決着が持ち越された場合、テレビ東京でマルチチャンネル編成(臨時に077を開局させる)[12]が計画されていたが、第3戦(11月5日)でホークスの優勝が決まったため、この試みは行われなかった。TVQでそれを実施するかについては未定だった。, VIVA! 『サイエンスzero』は、私たちの未来を変えるかもしれない最先端の科学と技術を紹介するとともに、世の中の気になる出来事にも“サイエンスの視点”で切り込んでいく番組です。 SASUKEが作詞、作曲、編曲、プロデュースを手掛けたN高等学校の応援歌が配信開 … お楽しみに~♪.

B. 11:00. テレq hd中継車レンタル 番組の放送時間や内容について、急遽変更する場合がございます。 《注意事項》このWEBサイトに掲載されている文章・映像・音声写真等の著作権はTVQ九州放送およびその他の権利者に帰属しています。 All Rights Reserved. Topics. 2020年 11月9日 予告 . テレq公式サイト。 ... 全国に8 8 6 店舗を展開する激安商品がウリの「業務スーパー」が大胆な進化で再ブレークを果たしていた!そんな「業務スーパー」の知られざる舞台裏を徹底解剖する! ... ビューティースタジアム. TVQ Kyushu Broadcasting Co.,Ltd. ャルマ 篇』のCM動画を追加致しました。, 5月18日(土)千鳥が春日部にやってくる! 「いろはに千鳥」DVD発売記念イベント開催決定!, テレ玉ホームページ 大幅リニューアル!, ホームページをリニューアルしました!. !SPORTAS(ビバ・スポルタス)は、TVQ九州放送で放送されていた生放送スポーツ情報番組。略称は「ビバスポ」。, 地元のスポーツチーム・福岡ソフトバンクホークスやアビスパ福岡や、その他の県内でのスポーツに関する最新の情報を提供していた。なお野球中継がある週は、休止となったり、通常通り放送して繋げたり、野球中継の副音声に参加したりと、その時々で対応がまちまちだった。, TVQの夕方におけるスポーツ情報番組のはじまりは、『スポーツ天国 熱血! 『テレQスーパースタジアム』(テレキュー スーパースタジアム(Super!Stadium))は、TVQ九州放送(愛称:テレQ)(旧:TXN九州)で放送されているプロ野球中継。, ここでは2012年9月まで土曜夕方に放送されていたスポーツ情報番組についても取り上げる。, 福岡ソフトバンクホークス(以下「ホークス」とする)戦をホーム・ビジター問わず中継している。, テレビ東京系列においてローカルセールス枠が設けられている火曜日と土曜日のナイターを中心に放送している。ただし、中継権の関係やテレビ東京系列の編成の都合で放送できない場合があり、その際は火曜ならテレビ西日本がネットワーク番組『カスペ!』枠を利用して中継し、TVQではテレビ東京系列のネットワーク番組や遅れネットになっている番組を放送する。2010年からはRKB毎日放送が『今日感テレビ日曜版』を優先放送するようになったこともあって、通常洋画を放送している枠で日曜デーゲームも中継を行っている。, 他の系列局はもとより、地上波の民放と比較しても中継日数は多い部類に入り、実に年間20 - 30試合程度にも及び、自社制作率維持の礎とも言える番組である。2011年はホームゲームを13試合、ビジターゲームを8試合、合計21試合中継した。2013年はホームゲームを8試合、ビジターゲームを13試合、合計21試合中継する[1]。, 原則として放送時間の延長は行われないが、1999年(平成11年)にホークスが福岡移転後初のリーグ優勝を決めた試合では、特別に放送時間が延長された。2015年(平成27年)は、優勝マジックが『2』だった為、日本ハムが負けてソフトバンクが勝ったら優勝となっていた。結果は日本ハムが勝ってソフトバンクが敗れたが『開運なんでも鑑定団』を、休止した上で延長された。, 現在は全試合がハイビジョン制作となっているが、導入当初は福岡ヤフオク!ドームでの試合時のみ行われていた。, 放送を開始したのはTVQが開局した1991年の4月23日、まだ開局して1か月も経たない頃である。当初は野球中継のノウハウが乏しかったことから、ダイエー(当時ホークスの親会社)が筆頭株主だったサンテレビジョンと提携し、実制作を委託した上でTVQが「技術協力」という形で制作する体制を取っていた。実況アナウンサー・解説者ともにサンテレビから派遣されたため、『サンテレビボックス席』と全く同じ内容となった。また、テレビ埼玉(テレ玉)から対埼玉西武ライオンズ戦をネット受けしたこともある。, その後、自社での制作体制が整った後は、『KBS京都エキサイトナイター』など独立局にネットした事例もあった[2]。, 2003年には福岡ダイエーホークス(当時)が日本シリーズに進出したため、ダイエーVS阪神第7戦の放映権を獲得した(テレビ東京の日本シリーズ中継問題に関する項目も参照のこと)。なお、その後TVQでの日本シリーズ中継は、2011年・福岡ソフトバンクVS中日・2015年・福岡ソフトバンクVS東京ヤクルトと2度中継の実績がある。, 土曜夕方のスポーツ情報番組が『スポスタ』となってからは、副音声を使った応援実況放送の取り組みが始められ、完全デジタル化後はNHK BS1などで行われていた、実況音声を除いた球場内音声のみを副音声で流すダブルステレオ放送も行われるようになった[3]。, 2019年4月に愛称を「テレQ」に変更するに伴い、2019年シーズンから「テレQスーパースタジアム」に変更した[4] 。なお、当番組のテレQロゴは中央部が通常の目玉では無く、野球ボールの形になっている。, 放送は基本的にTVQ単独だが、一部試合はBSテレビ東京(旧:BSジャパン)でも同時放送(BSテレビ東京・テレビ東京も、対阪神戦はテレビ大阪も制作に参加)することがある(試合開始から終了まで放送)。また、BS単独放送時はテレビ東京主導制作となる。, クライマックスシリーズや日本シリーズにホークスが進出した場合は、これに加えて系列各局でも同時ネットされる(全国放送時はテレビ東京が制作を担当し、TVQは「制作協力」となる)[5]。, このほか、セ・パ交流戦の対阪神戦はテレビ大阪や近隣の広域圏独立民放[6]、対巨人戦はテレビ東京、対西武戦はびわ湖放送、対中日戦はテレビ愛知、などの放送がされる[7]。ただし、その場合は土曜スペシャルなどのレギュラー番組を休止して放送する。, 所属無記名は担当時TVQアナウンサー。対戦相手球団は系列局からアナウンサーを派遣。なお、TVQでは経費削減のためアナウンサーを減らしており、人手不足になるときはビジター球場当該地域のTXN系アナが担当することもあった。, 2015年時点ではTVQのスポーツ担当のアナウンサーが結城1人であったため、多くの試合でリポートをフリーアナウンサーの信川が担当していた(信川がアビスパ福岡のスタジアムDJを務める関係上、同日にアビスパのホームゲームが非開催の試合に限定される)。またビジター側の地元局との2局ネットとなる場合には信川を起用せず、ビジター局から実況担当のアナウンサーも派遣する事が多かった。, なお、クライマックスシリーズ等両サイドのリポーターを必要とする試合に於いて信川と系列局アナウンサーがいずれも起用できない場合にはフリーアナウンサーがスポット出演する。一例として、2017年10月22日の対楽天戦では一塁側リポーターを山本が、三塁側を結城の実父に当たる結城哲郎(元毎日放送)が担当する[10]。, 2013年4月16日にテレビ東京で「開運!なんでも鑑定団」スペシャルが放送されるが、テレビ北海道とテレビ愛知同様時差放送となる。