また一方で「この服は撥水性があります」というのも聞いたことがあると思います。

テントの手入れを怠ることで起こる問題点② ポリウレタンコーティングの劣化(加水分解). まずはテント・タープに付いた汚れを綺麗に落とします。汚れは、生地のカビや臭いの原因になっ... こんにちは!そらのしたスタッフemiです!

・汚れを取る nemoのエアビームテントのソロテント「gogo le」の修理の記録です。前回まででようやく加水分解したシームテープを取り除き、新しいシームテープへの張替えが終わりました。今回は「テントベトツキ修復液」で全体的にひどいことになっていたベト 今回はキャンプテントのお手入れ方法を詳しく解説していきたいと思います。

少し前に会社の倉庫にず~っと転がっていたテントを貰い受けました。haglofs genius23 デス。(おそらく)しかし、貰う前から 「ベトベトしてるらしい」 との事。う~ん、経年劣化で加水分解してるな、こりゃ。メンテナンスしなきゃ。,喰う・寝る・キャンプ。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="14c09557.5f7a7834.14c09558.bb75c244";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1592550255552"; amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="tongari-tent-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="300"; amzn_assoc_height ="450"; amzn_assoc_default_search_category ="Automotive"; amzn_assoc_default_search_key ="";amzn_assoc_theme ="light"; amzn_assoc_bg_color ="FFFFFF"; アウトドアや車中泊グッズのレビュー、アウトドア系ふるさと納税、ポータブル電源など「生きるためのアウトドア」を探求しているブログです。 中古でテントを購入したら加水分解して匂いもあったテント、記事はコチラテント専門のクリーニング&撥水加工をしてみたけど流石に加水分解が回復するわけではなく、やっぱりこのコーディングがボロボロの見栄えは気になる・・匂いも… tongari-tent.blue/ since 2016. 【追記】テントの加水分解で新たな情報が手に入ったので、補足してみます。テントのフライシートは雨を防ぐために表に撥水処理、裏面に防水処理がしてあります。巷で問題… テントのクリーニングでお困りではないですか? テント・タープの撤収時に

「この服は防水性能をもっています」という言葉を聞いたことがあると思います。 また一方で「この服は撥水性があります」というのも聞いたことがあると思います。 この「防水」と「撥水」の違いとはいったい何なのか、撥水性を長年研究している撥水のプ... 登山用品・キャンプ用品レンタル「そらのした」のテントクリーニングサービス。アウトドアの専門クリーニングサービスであるからこそ、洗い・乾燥・撥水・仕上げにすべて専門設備を使って作業していきます。お返しするテントは綺麗というだけでなく、その綺麗さが持続する抗菌加工や、非常に高いレベルで持続する撥水加工が使用しても長持ちしま... 一般家庭では中々テントを広げて乾燥できない悩みをお持ちの方がいると思います。そこで今回は、そらのしたがお客様のテントをお預かりしてテントのクリーニングや撥水加工を行う”そらのしたテントクリーニングサービス”について紹介します!!.

車中泊に必要なもの、あると便利なものをご紹介します。「しっかりと眠る」「電源を確保する」「おいしく飲食」「快適に過ごす・情報を得る」「危機管理」「災害対策」の6つのカテゴリーにわけてあります。.

Copyright© とんがりてんと , 2020 All Rights Reserved. はじめてテントをメンテナンスしてみよう…となると、大掛かりなものを想像してしまいがちではないですか? 【全品20%オフ! Hypowellが楽天市場にオープンしたのを記念してセールを行っています】.

メンテナンスをするテントはこちら↓↓. くわとろちーによるスピアフィッシングとフリーダイビングのブログです。最近は狩猟やキノコ狩りなど陸っぱり中心です。, 巷で問題になっているベタつく、臭いが出る加水分解は裏面の防水部分、PUコートと呼ばれる、ポリウレタン層が水分を含んで分解してしまうことを指します。, 対策ページのほとんどが、PUコートを重曹などで除去し、代わりにポロン-Tなどの「シリコン」を塗る方法です。, しかし、薄いシリコンに防水効果は無く、私の場合も水を載せると浸透してしまい全く意味が無かったです。, 久しぶりに調べ直してみると、PUを落とさずに上塗りするだけで治せる薬剤があると話題になっている模様。, 発見者は成分等は公開せず、それを小分けして売っているとのこと。しかし、読者等からは安価な「床用ウレタンワックス」では?との指摘がありました。, 私もウレタンを手銛の表面処理に使用しておりますが、硬化タイプなので、それをフライシートに使うとパリパリになってしまう可能性がありますが、床用ワックスは固まっても柔軟らしい。, 自分では試していないので何とも言えないですが、加水分解したフライシートをゴミとして捨てる前に試してみるのも一興かもしれませんね。, 私もまだフライシートを捨ててないので、今は時期が最悪ですが、秋口になったら試してみたいと思います。, ちなみに撥水すれば水を弾くから防水じゃんと思われる人もいますが、ゴアテックス然り、撥水は比較的短時間に効果が失われます。とても防水とは言えません。, だんだんと布に染み込んでいき、長くても1時間後には内側に水滴が垂れます。ポロン-T処理は1時間どころか10秒持たずに水を素通りさせてましたけどw, テント本体はオールメッシュで夏は風を良く通すので夏は非常に快適で、荷物も多く入れられるので重宝していました。, 異変は昨年の夏。フライシートを開くと異様なベタつき。何故?と思っていたら縫い目のシームシールが剥がれてアチコチにくっついていた。これが原因かと思い、そのうちシールを貼りかえればいいやと言うことで再びタンスの奥で寝かしてました。, 旅先でフライシートを広げるとシート同士がくっついている?!なんとか剥がせるようだが、前みたいにシールが剥がれたのが付いているレベルでは無かった。, 早速ネットで調べるとこのベタつきは裏面の防水加工で使われているPUコートが「加水分解」していることが原因で、避ける方法は無く、使った後にきちんと汚れを落として乾かすなど大切に使っていても空気中の水と反応してしまい、いずれはダメになってしまうとのこと。, メーカー保証を見てみると、基本的に加水分解は対象外で、経年劣化です!と突き返されてしまい、新しいのを買うのが基本らしい・・・。それを避けてMSRを敬遠する人もいるということを今になって知った(;´∀`), ただ、アウトドア精神に溢れる人たちは運命を受け入れることを拒否。このクソみたいなベタつきに抗い、様々な方法でこの問題の解決を図った。, 重曹は加水分解したPUコートそのものを緩くして剥がしやすくし、POLON-Tはシリコン系撥水剤で無防備になったフライに撥水性を持たせるとのこと。, まず、重曹で汚れ落とし。ネット上ではお湯に重曹溶かして漬け込みながら揉み洗いし、ベタつき=PUコートを剥がすらしい。, しかし、これがトンデモナイ落とし穴で、フライからPUコートを完全に除去するとフライに張りが無くなりヨレヨレとなってしまう上にシートの防水性が完全に失われるため、この後の撥水処理したところで焼け石に水。フライが完全にゴミ化するとのこと。ちなみに重曹で漬け込みしながら今一度ネットで記事を見ていたら気づいたので即座に重曹水を洗い流した(笑), 色んな記事があるがよーく見てみると、上手くいったと言う人はフライを単なる水と洗剤で軽く汚れを落としているだけで、PUコートは剥がしていないようだ。そこにPOLON-Tを上塗りするとベタつきが抑えられるらしい。, 重曹をキレイに洗い流し、干して乾かすと幸いにもPUコートの大部分は剥がれずにそのままだった。ただし、少し揉み洗いした部分は剥がれてヨレヨレになってしまった(´;ω;`), 乾かした後に触るとやはりベタつきがあるので、次のPOLON-T上塗り作戦に移った。POLON-Tはシリコン系撥水剤で、ベタついたPUコートにシリコン層を構築することでベタつきを抑えるとのこと。, フライを裏面にしてPOLON-Tを全面に塗ると、まだ完全に乾いているわけでは無いが、ネットに書いてあるようなサラサラとは程遠く、サラサラとベタベタの合いの子みたいな肌触りになってしまった。それでも、張り付くようなベタつきは確かに無くなった。, シームグリップが乾いていないので果たしてどうなるかはわからない。使わずにしまっているうちにまたベタつきが復活するのではないかという不安がある。, 結論から言うと大人しくフライシートを取り寄せた方が1番いいのでは無いかと思う。なお、フライシートは通常単品販売してないそうなので代理店に取り寄せてもらうのがいいだろう。, ちなみにPOLON-Tは業務用なので密林でもあまり扱いは無く、専門店からネット販売で送料代引きで3000円しないぐらい。シームグリップはハバハバでは2個でギリギリの量で、密林で購入。ハケやPOLON-T用の容器は100均で。容器はプラスチックだと溶剤で溶けてしまうので陶器やガラスが良いかも。, 加水分解は避けられない道らしいが、圧縮バッグに詰めっぱなしにしたり、湿っぽい状態や場所に放置しないことが唯一の対策らしい。今後はこんなことにならぬよう気を付けたい。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

というか私は初めて聞いたとき、あのでかい布そもそもどうやってきれいにしたらいいか全くわ... 楽しい思い出を作ってくれるキャンプ時の我が家!! Copyright © 2014-2020 そらのしたスタイル All Rights Reserved. テントのお手入れってどうしていますか?テントの手入れなんて考えたことないと言う人やテントの手入れって言ってもどうしたら良いかは分からないという声が多いのではと思います。実はテントの手入れ・メンテナンスをやるかやらないかでテントの寿命が大きく変わってしまうのです。私たちは業務としてテントのレンタル業を行っているし、テントのクリーニング業も行っています。言うなればテントのメンテナンスのプロです。色々なテントのメンテナンスをしてきて感じる事、理想的な状態にするにはどうすればいいかプロとして解説していきます。, 私たちはアウトドア用品のレンタル会社のため、自社でテントを所有して毎回テントをメンテナンスしてお客様に貸出しを行っています。一方でお客様の所有しているテントをお預かりして、クリーニングをしてお返しするサービスも行っています。そんな中、お客様のテントをお預かりして思うことが、まだ新しいモデルのテントなのにテントがボロボロだったりカビだらけだったりすることがあります。ヘビーローテーションして使っていたのかと聞いてみるとそうではなく一回使っただけで放っておいたら開けてみて大変なことになっていたということで私どものテントクリーニングにご依頼を頂いています。レンタルで自社所有しているテントと比較しても程度が全然違ってお客様のテントの状態が悪いことが多いです。そこで何故なのかを考えた結果、テントのお手入れ・メンテナンスの差でテントの寿命が大きく変わってしまうのだという結論に至りました。私たちテントのレンタルとクリーニングの両方の経験があるからこそ自身を持って言える理論なのです。, さて、実際にテントのお手入れをしていないとどのような悪いことが起こるかを見てみましょう。, 大型テントユーザーは経験ある方が多いのですが、シーズン初キャンプの際、いざ開けてみたらかび臭いもしくはカビていたという失敗談をテントではよく聞きます。テントは結構かび易いです。新しいテントだから大丈夫と油断しているとNGです。私達そらのしたではカビてしまったテントのカビ除去を行っています。でも、非常に大変な作業でかなりしっかりとカビを取るため何時間もかかるもので結構高額です。そのため、まずはそもそもカビを発生させないように気を付けるべきだと思いました。そのために大切になる事がお手入れ・メンテナンスになります。具体的なお手入れ・メンテナンス方法は後ほど説明していきます。, 長年使っているとテントの生地がべとついてきたり、粉がふいてきたり、ボロボロと剥がれてきたりすることがあります。これはポリウレタンコーティングの劣化(加水分解)です。防水性を保つために樹脂のコーティングを施して水が通らないようにしています。傘も傘を開いた内側に同じような処理をして防水性を確保しています。なぜポリウレタンコーティングの劣化が起こるかと言うと、樹脂のコーティングがプラスチックのような強固な樹脂になっていない点に原因があります。それも仕方ない事なのですが、もしプラスチックのように硬かったら曲げたりできませんよね。生地の自由な折り曲げが妨げられない程度の硬さにするしかないため、プラスチックのような強固な結晶になっているわけではなく、プラスチックより圧倒的に短い期間でボロボロに劣化してしまいます。このポリウレタンコーティングの劣化(加水分解)は残念ながら現在の技術では、製品に成型後での加工はほぼ不可能です。ポリウレタンコーティングは生地の段階でならばきれいに加工できるのですが、製品に仕上がってからはきれいに加工することは現在の技術では困難です。防水技術と撥水技術の違いが理解できていない事も一つの原因だと思うので下記その詳細は下記リンクを参照にしてください。, テントは一枚の生地で成り立っているわけではなく、複数の生地を縫い合わせて作られていて、その縫い合わせ部の漏水を防ぐために、シームテープというもので物理的な水の通過を防いでいます。シームテープ自体もボロボロになって劣化はしますが、それ以上にシームテープと生地への接着が接着剤によって行われており、それは加水分解によって劣化してしまうため、シームテープ自体に問題が出るより早く、シームテープが浮いたり剥がれたりする問題が起こります。シームテープが浮いたり剥がれたりすれば縫い目からの漏水が起こるのでテントの防水性能が落ちてしまいます。, テントをしっかりと手入れすることで、上記に書いたかび、ポリウレタンコーティングの劣化(加水分解)、シームテープの劣化(浮き・剥がれ)の問題を大きく軽減させることができます。結果として、メンテナンスをする頻度が下がり、メンテナンスによるランニングコストを考えたトータルコストでコストダウンができます。, テントを購入するときに、テントの購入代金だけで購入を決めていませんか?実はテントを良い状態に保つためには努力とお金が必要なのです。その努力とお金を惜しんでしまうと先に紹介したテントの諸問題が購入して間もないテントであっても起こります。そのため、テントを購入するにはそれを大事にする覚悟も必要です。その覚悟ができない人は私どもプロのメンテナンスが行き渡ったテントのレンタルサービスを利用するのが良いでしょう。覚悟は持っているという方や、既に購入してしまったという人に、実際にテントのお手入れ方法を紹介していきます。, 私達がクリーニングサービスでやっている作業をみなさんにご紹介しても、家庭で同じことはできないと思います。これを紹介している私自身でもできません。なぜなら知識と技術があっても、ちゃんとした設備と場所が無ければプロのクリーニングが行えないからです。では手も足も出ないのかと言えばそんなことは無くて、家でもできることと、家でできないことを分けてみようというのが私の提案です。そして、家でもできる事を「お手入れ」として、家でできない事を「メンテナンス」として実施してみませんかというのが今回のご提案です。普段は無理なく「お手入れ」レベルの事をやるだけでもテントの状態は大きく違ってきます。そして、「お手入れ」だけでは防ぎきれない劣化を「メンテナンス」により修復させるというイメージです。「お手入れ」使用毎、「メンテナンス」は数年毎に行っていきましょう。具体的な方法を説明していきます。, テントが劣化する主原因は水分(湿気)と温度による化学的な劣化です。特に問題なのが水分です。テントが濡れたままたたんで家に持ち帰ってしまい、結局そのまま保管していたというパターンが多いです。濡れたまま保管が最もNGです。しっかりと乾燥させてから保管しましょう。この時汚れも化学的な劣化を促進させます。気になる汚れがある場合は、拭き掃除をしてから、乾燥させ、保管することが重要です。, とは言え、いつもキャンプ場で乾燥させてから持ち帰ることができるとは限らないし、地方にお住まいで無いければ家に持ち帰って乾燥させるといってもテントを干せる場所なんて無い!という人が多いと思います。だからと言って、放っておいて良いわけではありません。テントを乾燥させるサービスがありますので利用しましょう。ここでポイントは私達が行っているテント乾燥サービスは、拭き掃除も込みでやるという点です。先ほど言ったように汚れがある状態でテントを乾燥させるだけでは不十分です。しっかりと汚れを拭き取ってから乾燥させることで保管に適した状態にします。, もう一つ家庭できることとして、温度管理です。保管場所が高温多湿の場所ではせっかく充分に乾燥させたテントも徐々に湿気を吸い込み劣化していきます。ポイントは風通しの良い場所もしくは空気の入れ替わりがある場所で保管することです。テントの保管場所にも気を配りましょう。, 日頃のテントの「お手入れ」をすることだけでもかなりテントの良い状態を保つことができますが、それでもケアしきれない箇所や劣化が止められない箇所があります。ケアしきれない場所としてシームテープです。劣化が止められない箇所として撥水機能があります。, テントの問題点の部分で説明したように生地の縫い目部分にシームテープというテープ処理がされています。そのシームテープを目視して、触ってみて、浮きや剥がれている部分が無いかを確認しましょう(テントの問題点③で紹介しているような状態を参考にしてください)。それがあったらシームテープの張り直しです。一部分であればシームテープを購入して自分で貼っていくということが可能です。もし広範囲に渡ってシームテープの浮きや剥がれがある場合は、私達プロの業者に依頼した方がコストは掛かりますがしっかりと処理できますので、結果としては良いものになると思います。, しばらく使っていると撥水性能、つまり水が弾かなくなってくると思います。水を弾く撥水性能は永続することができません。使用毎の「お手入れ」をしっかりすることで撥水性能も良い状態を長く保つことができるのですが、残念ながらそれでも使用すればわずかながらでも撥水性は低下していきます。撥水性能を回復させる方法として防水スプレーを振るという方法が考えつきますが、私達プロはおすすめしません。私達の仕事が無くなるのでおすすめしないというわけではなく、防水スプレーは簡単に処理ができるけど、その分簡単に撥水成分が剥がれてしまいます。しかも撥水成分の性能も家庭レベルで低いです。また、スプレー缶1本ではテントのごく一部しかできず、全体に処理しようと思うと防水スプレーが何缶も必要になります。, 私たちはアウトドアの撥水性能とその耐久性を日々研究しているアウトドア専門クリーニング&撥水加工サービス「ドロップルーフ」を展開していて、テントの撥水にも、その技術をそのままではありませんのでウェアで行っている撥水耐久性よりも少しだけ劣りますが、耐久撥水弾水コーティング技術を応用をしています。撥水性能はどこの業者に出すかで大きく変わってしまいます。撥水性能が低下してしまったなと感じた場合は、研究開発をしていて技術力があり、かつ実績のある業者に依頼することをおすすめします。こればかりは自分でやるクオリティと私達がやっているクオリティは全然違う物になりますので、プロにお任せしましょう。, 如何でしたでしょうか?まずはテントのお手入れ・メンテナンスを怠った場合にテントに発生する問題点を解説し、その必要性が理解できたと思います。また、次にどういうお手入れ・メンテナンスをしていけば良いか、ここでは日々の「お手入れ」と数年に一回行う「メンテナンス」を分けて考えましょうということを提案させて頂きました。またその具体的なお手入れ方法、メンテナンス方法も説明しました。正しいテントのお手入れ・メンテナンス方法を知り、自分に合った方法でテントと長く付き合っていただければ幸いです。.