・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?

牡馬 14 ディアデラマドレの19 力感のあるトモ・踏み込みでありながら、軽やかでリズミカルな脚さばき。前進気鋭さもあり、この時期にして風格すら感じさせます。 ※モーリスへの印象、武井亮厩舎からして、あまり票は伸びないかもしれませんね。

14.ディアデラマドレの19 12.5万/口 牡. ・出生時の母年齢 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ディアデラノビアの2019の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。

父:モーリス 母:ディアデラマドレ(9歳) 母父:キングカメハメハ. ディアデラマドレ、ディアデラノビアとキレのある母達からエピファネイア産駒でキレのあるクラヴェルを出しており、 産駒にワンペースの馬が多いと言われているモーリスには瞬発力の補完 という意味では、母との相性は良いのではないかと思います。 ディアデラマドレの2019. ディアデラマドレの19 8月27日時点の馬体重は464.0kg、体高は157.0cm、胸囲は182.0cm、管囲は20.0cmと1月31日産まれを考慮しても馬格に恵まれました。 募集カタログにはディアデラマドレの19に …

※出資候補馬は情報を追記していきます。   目次母の情報血統字面評価 母の情報 ディアデラノビアはキャロット同じみの牝馬。同世代にシーザリオがいる為、どうしてもバイプレイヤー的な存在感だが繁 ... ※出資候補馬は情報を追記していきます。   目次母の情報血統字面評価 母の情報 母ベルロワイヤルは英国、米国で26戦10勝。ゲイムリーS(米G1)の勝ち馬。   母の産駒 14年・ ... ※出資候補馬は情報を追記していきます。   目次母の情報血統字面評価 母の情報 母エールデュレーヴは16戦3勝。 エールデュレーヴの母レーヴディマンの全姉に名繁殖のレーヴドスカーがいる為、レ ... ※出資候補馬は情報を追記していきます。   目次母の情報血統字面評価 母の情報 母スペルオンミーは社台中央OWで募集された馬。16戦3勝で勝ち鞍はダート1200m、1400m。 半兄に北海道 ... 「お給料の使い道、さぁこれを見て考えてごらんなさい」 と言わんばかりに25日にカタログPDFが公開されました。   あえて言うなら「はい、喜んでw」 お給金の使い道を検討させて ... ブログでのアウトプットを通じて、自身の馬の知識と馬券の回収率の向上が出来れば良いなと思っているのと、あわよくば読んで頂いている方の少しでも何かの参考になったら嬉しいです。. 父:モーリス 母:ディアデラマドレ 母父:キングカメハメハ 牡馬・栗毛・2019年1月31日生まれ 安平・ノーザンファーム生産 厩舎:美浦・武井亮厩舎予定 1口価格:12.5万円/400口 ~競走成績~ 育成中(ノーザンファームYearling→空港予定) ディアデラマドレ、ディアデラノビアとキレのある母達からエピファネイア産駒でキレのあるクラヴェルを出しており、 産駒にワンペースの馬が多いと言われているモーリスには瞬発力の補完 という意味では、母との相性は良いのではないかと思います。

募集金額:5,000万円 預託予定:美浦・武井亮厩舎 ・重賞出走を目指せるレベルか?.

←他のサイトも見てみる, Proudly powered by WordPress | Theme: Yoko by Elmastudio, http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2019, 【2歳次走】ヴェルトハイム・ディープモンスターはエリカ賞、モントライゼ・ロードマックスは朝日杯FSへ. ※写真などはクラブの許可を得て掲載しております, ▼2019年産の他の診断も見てみる ディアデラマドレの19 8月27日時点の馬体重は464.0kg、体高は157.0cm、胸囲は182.0cm、管囲は20.0cmと1月31日産まれを考慮しても馬格に恵まれました。 募集カタログにはディアデラマドレの19に …

・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向 08.シーズンズベストの19 11.ピュアブリーゼの19 14.ディアデラマドレの19 16.ヴィータアレグリアの19 19.オリエンタルポピーの19 20.ブルーメンブラットの19 22.クルミナルの19 23.エールデュレーヴの19 30.カラベルラティーナの19 31.ペルレンケッテの19 ディアデラマドレやディアデラノビアはポトリザリスがアウトサイダー的なので、全体的な部分で血をまとめてくれるので大人っぽいと言いますか上品さが出るのが良いです。 この血統ですから楽しみです。 ※最終判断は個人でお願い致します。 http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2019

ディアデラマドレは日本の競走馬。主な勝ち鞍は2014年のマーメイドステークス[1]、府中牝馬ステークス[2]、愛知杯[3]

・DVDでの動き(故障・怪我のリスク) 。, 2010年2月22日、北海道安平町のノーザンファームで誕生した。血統や調教の動きなどからクラシックへの期待がかけられる馬だった[4]。, 2012年6月15日、ゲート試験に合格し[5]、3ヶ月後の9月9日に阪神競馬場芝1400mのメイクデビュー戦でデビューした。道中は5番手からの競馬となり、直線で抜け出して後続に1馬身半差をつけて勝利した[6][7]。レース後、騎乗した福永祐一は「いい勝ち方だった」と評価し[6]、母のディアデラノビアも管理していた角居勝彦は「少し頭の高い走りが似ている」と語った[7]。しかし、後に左前脚の骨折が判明し休養を余儀なくされた[4]。, 2013年4月28日のスイートピーステークスで復帰したが9着に敗れ、そこから2戦挟んだ9月17日の条件戦で勝利した。続く10月14日の堀川特別でも勝利し、11月10日のエリザベス女王杯に出走した。陣営は良馬場でのレースを望んでいたが[8]、重馬場となり[9]、さらにスタンド前からの発走が原因でテンションが高くなったことも災いして9着に敗れた[10][11]。しかし、上がり3ハロンはメンバー中2位となる34秒2の末脚を使っている[4]。レース後、2度目の骨折が判明したため再度休養を余儀なくされた[4]。しかし、この骨折は小さな骨片が飛んだ程度のものだった[4]。, 2014年5月18日のパールステークスで復帰したが頭差の2着に敗れた[4]。続く6月15日にはマーメイドステークスに出走した。2走前のエリザベス女王杯のこともありイレ込み対策としてメンコを着用させた[12]。レースは中団の外めを追走し、直線で抜け出して後続に1馬身半差をつけて勝利した[12]。ゲート試験合格からちょうど2年後に重賞初制覇を果たした。ゴール前は手綱を押さえる余裕も見せ[13]、騎乗した藤岡康太は「いい脚を使ってくれた。スタンド前発走だったのでテンションが心配だった。エリザベス女王杯より落ち着いていたのが大きかった」などと語り[14]、「もっと大きな舞台で活躍してくれると思う」と今後を楽しみにした[14]。なお、このレースではクレイグ・ウィリアムズが騎乗するプランもあったが、53キロの斤量では騎乗できないことから、4走前から騎乗している藤岡康太が引き続き騎乗することになった[15]。続くクイーンステークスは5着。藤岡康太は「広いコースのほうがいいのかもしれない」とコースに敗因を求めていた[16]。府中牝馬ステークスでは後方2頭目の位置から一気に差し切って優勝[17]。エリザベス女王杯でも後方からメンバー最速タイの上がり3ハロン33秒1の末脚で追い込んだが3着に敗れた[18]。続く愛知杯に勝利し、母ディアデラノビアとの母子制覇を達成した[19]。, 2015年は3戦するも敗戦が続き、2015年10月22日付けで競走馬登録を抹消[20]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ディアデラマドレ&oldid=80436065, Raise a Native 4×5、Northern Dancer 5・5(父内).

モーリス産駒が夏にきて走りはじめ、デビュー前にも言われてはいましたが仕上がりに少し時間がかかるということなのか。, もしくは上がりが掛かれば台頭してくる、という可能性もありますし、こちらが有力かなと思います。, 坂路などではモーリス産駒しっかり走ってますから、仕上がりが遅いというより脚の特徴なのかもしれません。, 母父キングカメハメハを持ってきてNureyevで体質を締めて仕上がりを早くする…という手が使えないのがモーリス産駒だと思います。, モーリス産駒は早い段階から坂路でしっかり体幹の軸を固定したまま駆け上がれる様なタイプですから、緩くて早くからデビュー出来ないというよりキレだとかスピードが求められる早期デビュー組では少し分が悪いといった印象です。, ですからモーリス産駒の中でも2歳秋からバンバン走る馬は出てくると思いますし、モーリス×キングカメハメハ×サンデーサイレンスのクロスですからクラシック戦線に乗っても何ら不思議無いと思います。, ディアデラマドレやディアデラノビアはポトリザリスがアウトサイダー的なので、全体的な部分で血をまとめてくれるので大人っぽいと言いますか上品さが出るのが良いです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 南米の「尻」を武器に勢い続いている牝系で当母の姉クラヴェル(父エピファネイア)が早くも3勝目。祖母ディアデラノビアを持っていた会員様をとても羨ましく … ディアデラマドレの2019. 5代目までのクロス:サンデーサイレンス 4×3. 本日(8月26日)時点で57戦5勝。クローバー賞を勝った馬も出てきたが、今のところ全般にズブい…, 南米の「尻」を武器に勢い続いている牝系で当母の姉クラヴェル(父エピファネイア)が早くも3勝目。祖母ディアデラノビアを持っていた会員様をとても羨ましく思う。牝系ポトリザリスは細身で軟体系なので、パワー系のRobertoと相性がいいのかもしれない。エピファネイアよりもさらに重く固いメジロ血統のモーリスに変わって、さてどうか。本当なら瞬発力を補うLyphardまたはNijinskyのクロスが欲しいところだが、当馬にはそれらが含まれていない。将来は南米の尻頼みになるが、きっと活躍するでしょうね。この母系はそういう血統ですから(ヤッツケ), まーた友人のTNB氏が「リッチダンサーの後ろ脚」とか言い出しているのだが、彼の美脚好きを止めてくれる人間の美女は居ないものか。肯定的に言えば「汎用的」、悪く言えば「器用貧乏」になりがちなゼンノロブロイに、筋肉質な牝系でまあまあ固くなりそうだが、一方で上述したNijinskyの血は牝系に入っているし、Special牝系のクロスもあるし、おそらく去勢されてしまうので!?、筋肉の固さは将来改善されると信じて活躍を妄想してみるのも面白い。, 小柄な牝馬ながらダート交流重賞で奮戦した母だが、ネオユニ牝馬なので気性難を乗り越えて活躍できた時点で相当の能力があったのではないかと推測する。モーリス向きのクロスはない(と思う)が、モーリスのズブさをダート向きに振った実験配合だと思う。そもそも現時点ではダートをほぼ走っていないので評価のしようもないが、ロベルト系はまだしもカーネギーやらモガミやら芝の長距離のイメージしか無いんですが……僕の勉強不足でしょうか。, 散発的に活躍馬が出るバレークイーン系の母で、初仔(父エピファネイア)は早期に引退したものの4戦で2勝と繁殖としての期待を抱かせる結果を残している。バレークイーン系の繁殖牝馬筆頭のグレースアドマイヤからヴィクトリー(父ブライアンズタイム)、牝馬スカーレット(父シンボリクリスエス)を経てアドミラブル(父ディープインパクト)などが出ているので、このバレークイーン系とRoberto系の相性は結構いいのではないかと予測する。ただし当駒の母フレンチバレリーナは先細り気味で、しかも母父ディープインパクト、募集馬全体の値段高騰を加味すると当駒の将来は値段なりといったところかもしれない。, リリサイド牝系は私DDK、友人TNBともに手を出したレイリオン(父ダイワメジャー)がいるのでちょっとわかっているつもりでいるが、短距離っぽい雰囲気を持ちながら実は適性は中距離にある。その原因が短距離のスピード不足にあるのかMill Reefの持久力にあるのか(その両方だろうが)、とにかく血統図の見た目と母の実績に惑わされると本質を見失う。レイリオンの妹に名牝リスグラシュー(父ハーツクライ)が出たことでこの牝系の中長距離適性はすでに証明された。この牝馬にメジロとRiverman持ちの当父を配合するので、これは中長距離の一発狙いだろう。「欲しい」と上述したLyphardのクロスも持っている。牝馬でこの値段は決して安いわけではないが、ズブいこの父を活かすにはとても適切な配合かもしれない。(完全に余談だが、モーリス産駒に全く興味を持たないまま薄味の血統評価を書き連ねてきた私に、当駒がモーリス産駒の集大成というか一つの答えをくれた気がして、ちょっとだけ感謝している。ちょっとだけ。).

ディアデラマドレは日本の競走馬。 主な勝ち鞍は 2014年 の マーメイドステークス [1] 、 府中牝馬ステークス [2] 、 愛知杯 [3] 。 目次 ディアデラマドレの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2年前に書いたモーリス産駒の分析記事では【牡馬優勢】【母系にBold Reason[Never Bend]】という予測を書きましたが、本馬はこの両条件を満たしています。, 加えて、この当時から情報のアップデートとして今年5月に以下のようなことをTwitterで呟きました。, 今日はモーリス産駒の勉強してたんだけど【牡馬】【母父キンカメ】がいいかもしれない。, 新種牡馬分析を書いた時にはそういう発想に至らなかったんだけど、サドラー≒NureyevのSpecialクロスできるし、ラストタイクーンのところからNeverBendを引っ張ってこれるのは魅力的なんですよね。, お付き合いのある厩務員の方にモーリス産駒の特徴を聞いたところ「臆病な馬が多い」という評価。実際、モーリス産駒の走りを見ていると馬群でプレッシャーを受けると苦しそうな素振りをする馬もいたので、これはヒントになる情報だと考えています。, その点、キングカメハメハは社台スタリオンのスタッフの方々がお墨付きをつけるほど気性が穏やかなので、本馬に関しては母父がモーリスの気性の難しさをマイルドにする効果を期待できます。それが上記のツイートの根拠です。, モーリス産駒がこの先、中央4場の競馬場の開催に戻ってどれぐらいのパフォーマンスを見せるのか何ともいえませんが、本馬はそういう競馬場でも対応できる母系ですので、大ハズレということはないだろうとみています。, ※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢

牡馬. ・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)

父:モーリス 母:ディアデラマドレ 母父:キングカメハメハ 牡馬・栗毛・2019年1月31日生まれ 安平・ノーザンファーム生産 厩舎:美浦・武井亮厩舎予定 1口価格:12.5万円/400口 ~競走成績~ 育成中(ノーザンファームYearling→空港予定)

Copyright© クロコ競馬 , 2020 All Rights Reserved.

5代目までのクロス:サンデーサイレンス 4×3.

<出資馬選びの方向性> ディアデラマドレが史上初の上がり3f31.9を記録。 1 : 名無しさん@実況で競馬板アウト :2015/04/26(日) 16:16:53.93 ID:/HcVFEKW0.net すげえなw

http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/0804010311/, https://www.youtube.com/watch?v=IIXQwIFayOk, http://db.netkeiba.com/race/200204030411/, http://campaign.hkjc.com/en/2015-apqe/2015-apqe-live.aspx, http://db.netkeiba.com/race/201004030510/, http://www.asahi.com/articles/ASH4G6WFXH4GPITB01Y.html, http://bambi91.blog.fc2.com/img/20141101165104740.gif/, http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1394674716/, http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1406608165/, http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1392962732/, http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407330074/. 父:モーリス 母:ディアデラマドレ(9歳) 母父:キングカメハメハ.

南米の「尻」を武器に勢い続いている牝系で当母の姉クラヴェル(父エピファネイア)が早くも3勝目。祖母ディアデラノビアを持っていた会員様をとても羨ましく …

牡馬. <主な分析ファクター>

募集金額:5,000万円 預託予定:美浦・武井亮厩舎

ディアデラマドレの2019の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ディアデラマドレは長らくキャロットのバイプレイヤー的な繁殖牝馬ディアデラノビアの代表産駒で、府中牝馬S(G2)など重賞3勝。通算成績16戦3勝。, 半姉達との似た配合で、ロベルト系の父、サンデーの4×3、Sadler's Wells≒Nureyev4×5があります。, ディアデラマドレ、ディアデラノビアとキレのある母達からエピファネイア産駒でキレのあるクラヴェルを出しており、産駒にワンペースの馬が多いと言われているモーリスには瞬発力の補完という意味では、母との相性は良いのではないかと思います。, 特に懸念する材料は今はないです。最優先は他馬になりそうだが、厩舎や馬体次第では一般候補です。. ※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます 14.ディアデラマドレの19 12.5万/口 牡.

ディアデラマドレが史上初の上がり3f31.9を記録。 80 : 名無しさん@実況で競馬板アウト :2015/04/26(日) 19:08:55.91 ID:C60z2d2W0.net >>74