デイヴィッド・テナント(David Tennant, 1971年 4月18日 - )は、イギリスの俳優。 スコットランド出身。. David goes on a journey to trace his family tree. actor. ハリーポッターシリーズの4作目「ハリーポッターと炎のゴブレッド」では、とうとうラスボスのヴォルデモートが復活します!, 今までのシリーズでは、ホグワーツでの楽しい生活がメインでした。ですが、ヴォルデモートとの戦いが始まったらそうはいきません!, 今回は、そんなシリーズの流れを変える「ハリーポッターと炎のゴブレッド」の裏設定やナゾなどをネタバレありで解説していきます!, 「ハリーポッターと炎のゴブレッド」のストーリーをしっかり理解してもらうため、まずは登場人物のプロフィールを紹介していきますね!, 「ハリーポッターと炎のゴブレッド」では、新しいキャラクターがたくさん登場します。人物関係を把握しておきましょう!, まずは主人公のハリーポッターです!ハリーは悪の魔法使い「ヴォルデモート」とバトルする運命にあります。, ゴブレッド争奪戦とは、さまざまな魔法学校の代表がバトルするための大会です。魔法の実力や、勇気、頭の良さが試されます!, ヴォルデモートは悪の魔法使い、魔法界を支配しようとしています。ですが、ハリーポッターの母の呪文によって死にます。, ヴォルデモートは、自分の魂をさまざまな物に保管していました。そのため、肉体があれば復活できる状態なのです。, 「ハリーポッターと秘密の部屋」で登場した「トムリドルの日記」も分霊箱の1つなのです!, ご存知のとおり、ロンはハリーの大親友です。ずっと一人だったハリーと初めて友達になってくれた子です。, ただ、本作ではロンとハリーの仲が悪くなるタイミングも。ロンはハリーの親友ですが、たまにハリーのことを妬む時があります。, ハリーがゴブレッド争奪戦に選ばれたため、ロンは「またハリーが人気者に・・・」と妬んでしまうのです。, ハーマイオニーもハリーの大親友です。本作では、ハーマイオニーの美人っぷりに第注目ですよ!, 「ハリーポッターと賢者の石」ではハーマイオニーは垢抜けていない感じだったのに、急激な変化です。, 「ハリーポッターとアズカバンの囚人」で登場した人物。ハリーの両親を裏切ったり、シリウスに罪を着せたりした悪人です。, ピーター・ペティグリューはヴォルデモートの部下で、彼の復活のためなら平気で悪事をはたらきます。, ダンブルドア先生は、ホグワーツ魔法学校の校長です。伝説の魔法使いで、若い頃はヴォルデモートの手下を一網打尽にしていました。, ダンブルドア先生はハリーの味方で、困ったときには助けてくれます。ですが、本作ではダンブルドアの予想を超える出来事がおきます!, 相変わらずハリーに厳しく、自分の薬がなくなった時も「お前が盗んだんだろ!真実薬を飲ませて白状させてやる!」と怒ってきます笑, ハグリッド先生は、どんな時でもハリーの味方です。本作でも、2回戦がはじまる前にハグリッドが、「次はドラゴンと戦うぞ!」とアドバイスをくれます。, マクゴナガル先生は、頼りになるホグワーツの副校長です。ただ、学校規則にはとてもキビしい。, マッドアイ先生がマルフォイを白イタチに変えたときも、容赦なくマッドアイ先生を叱ります。, マルフォイは、本作でも変わらずイヤなやつです笑。ゴブレッド杯に選ばれたハリーに嫉妬し、後ろから襲おうとします。, その瞬間、マッドアイ先生が現れてマルフォイを白イタチにしました。あまりの強さにマルフォイも歯が立ちません。, マダム・マクシーム「ボーバトン」校の校長先生です。とても背が高いので、かなりインパクトがありますね。, ボーバトン校は3大魔法学校の1つで、生徒はフラー・デラクールがゴブレッド杯に出場します。, イゴール・カルカロフは、3大魔法学校の1つ「ダームストラング校」の校長先生です。ゴブレッド杯には生徒のビクトール・クラムが出場します。, 実は、イゴール・カルカロフには秘密があります。それは、昔ヴォルデモートの仲間だったことです。, ビクトール・クラムは、「ダームストラング校」を代表する生徒です。とても屈強な男性で、女子生徒から人気があります。, バーティ・クラウチは、魔法省の職員です。魔法法執行部(弁護士のような仕事)を担当しています。, とてもキビしい性格で、罪を犯した者には、同じぐらい苦しい罰を与えます。ちなみに、息子のバーティ・クラウチ・ジュニアは超重要なキャラです!, マッドアイ・ムーディは、最強の魔法使いとして恐れられています。これまでに数多くの悪い魔法使いを捕まえてきました。, 本作では、マッドアイはハリーを手助けする役目を果たします。ですが、彼には大きな秘密があったのです!, セドリックは、ホグワーツのハッフルパフに属しています。ゴブレッド杯には、ホグワーツ代表で出場します。, ボーバトンは魔法も得意ですし、運動神経もバツグンです!ハリーポッターのヒロインになり得るかもしれません!笑, シリウス・ブラックは、「ハリーポッターの両親を裏切った」という罪を着せられていますが、ハリーの味方です。, ハリーの両親とも非常に仲がよく、ハリーの名付け親でもあります。本作でも、ハリーの悩み相談に乗ってくれています。, 嘆きのマートルは、ホグワーツの女子トイレに住む幽霊です。ハリーのことを気に入っており、お風呂にまでやってきます笑。, パドマは、インド人の魔法使いです。双子の女性でして、クリスマスのパーティーではロンの相手をしてくれます。, 水に長時間潜る方法が見つけられずに困っているハリーを、植物学の知識で見事たすけてくれます!, バーティ・クラウチ・ジュニアは、本作でもっとも重要な人物。ヴォルデモートの手下で、ものすごく有能な魔法使いです。, ホグワーツ4年生になったハリーは、ロンの家族といっしょにクディッチの試合を観に行きます。, 試合が終わった瞬間、突然ヴォルデモートの手下「デスイーター 」たちが人々を襲いはじめました。, ハリーが襲撃によって気絶しているとき、デスイーター の1人が空にヴォルデモートのシンボルである「ドクロとヘビ」の光を打ち上げます。, ハリーは光の真下で気絶していたため、「お前がヴォルデモートのシンボルを打ち上げたな」と誤解されます。, 危険な目にあった上に、あらぬ誤解を受けたハリー。バタバタした日々が続くなか、ホグワーツの新学期がはじまります。ハリーたちは4年生です。, この年には、3大魔法学校があつまる特別なイベントが行われます。それは、「ゴブレッド争奪戦」です。, 3大魔法学校それぞれで、生徒が1人代表として参加します。そして、数々の試練に立ち向かうのです。, ダームストラング校は闇の魔術を教えることで有名です。ボーバトンは、生徒のほとんどが女性です。男性も少しだけいます。, ゴブレッド争奪戦に参加したい生徒は、ゴブレッドに自分の名前を書いた用紙を入れます。, 立候補には条件があり、17才未満は用紙を入れることができません。ロンの兄が変装して入れてみましたが無理でした。, いよいよ代表生徒を選ぶ日。魔法省のバーティ・クラウチ・シニアが不正のないよう立ち会います。, 代表生徒3人が選ばれ終わったと思ったとき、ゴブレッドから用紙がもう1枚出てきました。, そこには「ハリーポッター」と書いてあったのです。17歳未満は立候補禁止なので、予想できない事態です。, ゴブレッドが選んだ生徒は出場させるのがルールですので、ハリーの出場が決まりました。, ハリーは全く身の覚えのないことで戸惑います。しかし、周りは誰も信じてくれません。ハリーに敵意を向ける生徒も出てきます(ロンとも喧嘩になりました), ゴブレッド争奪戦では、どんな試練が待ち受けているか分かりません。ですが、1つめの試練はハグリッドがこっそり教えてくれました。, その試練とは、ドラゴンから金の卵を奪うことです。ハリーはドラゴンと戦ったことがないので戸惑います。, そんな時、マッドアイ・ムーディ先生がやってきました。マッドアイ先生は、今年からホグワーツの教師になった人です。, 「お前には杖という強力な武器があるだろ。それでドラゴンから卵を奪え」とアドバイスします。, いよいよゴブレッド争奪戦がはじまります。ハリー以外の3人は、すでにドラゴンの試練を乗り越えました。, ハリーの番では、ドラゴンの鎖がはずれるトラブルが起きます。ですが、ホウキを駆使して金の卵をうばうことに成功しました。, 活躍したことで、ハリーは一躍スターとなります。ハリーに敵意を向けていた人たちとも仲直りができました。, 金の卵を手にしたハリーは、皆のいる所で開けてみました。そしたら、「キーン!」というものすごい音が鳴り響いたのです。, 続いては、「ハリーポッターと炎のゴブレッド」に登場したキャラの俳優&声優を紹介していきます!, 主人公のハリーポッターを演じているのは、ダニエル・ラトクリフという俳優です。小野賢章さんが声優を務めています。, ダニエル・ラトクリフはハリーポッターシリーズで有名になりました。日本にやってきた時も、空港にファンがたくさん押し寄せたのです。, ヴォルデモートの俳優は、レイフ・ファインズです。江原正士さんが声優をつとめています。, ヴォルデモートには鼻がありませんが、あれは特殊メイクによるものです。レイフ・ファインズさんは非常にハンサムです!, ちなみに「ハリーポッターとアズカバンの囚人」までは、ヴォルデモート役はリチャード・ブレマーさんが演じていました。, ハグリッド先生は、身長185cmのロビー・コルトレーンという俳優が演じています。斎藤志郎さんが声優をしています。, ロビーコルトレーンは、185センチの巨体です。映画では、特殊な撮影によって身長が240センチぐらいに写されています。, ロンの俳優は、ルパートグリントが演じています。常盤祐貴さんが声優をつとめています。, ルパート・グリントは、子供の頃からハリーポッターシリーズの大ファンでした。オーディションでも猛烈アピールし、ロンの座を勝ち取ったのです!, ハーマイオニーを演じたのは、今や超有名な「エマ・ワトソン」です!須藤祐実さんが声優をしています!, エマ・ワトソンの演技力は高く、「ハリーポッターと賢者の石」「ハリーポッターと秘密の部屋」で賞を獲得しています。, ダンブルドアを演じているのは、マイケルガンボンです。永井一郎さんが声優をつとめています。, ダンブルドアは、実は俳優が変わっています。「秘密の部屋」まではリチャード・ハリスが演じていたのです。, ですが、彼は病気になってしまってアズカバンの囚人からはマイケル・ガンボンが演じています。, マクゴナガル先生を演じているのは、マギー・スミスという俳優です。谷育子さんが声優をしています。, マギー・スミスはイギリスの名女優で、さまざまな映画で賞を獲得しています。「天使にラブソングを」はテレビでもよく放送されています!, スネイプ先生を演じていたのは、アラン・リックマンです。土師孝也さんが声優を担当しています。, アラン・リックマンの代表作は、「ダイ・ハード」の悪役です。残念ながら、彼は69歳の若さで亡くなっています。, マルフォイを演じたのは、俳優のトム・フェルトンです。声優は三枝享祐さんがしています。, トム・フェルトンは嫌な性格のキャラを任せられることが多いです。ですが、実際は謙虚な人格者。, シリウス・ブラックを演じている俳優は、ゲイリーオールドマンです。声優は辻親八さんですね!, ゲイリーオールドマンは、様々な賞を獲得している実力者です。裏切りのサーカスなどの有名作に出演しており、2018年にはアカデミー賞を獲得しています。, バーティ・クラウチ・ジュニアを演じている俳優は、デイヴィッド・テナントです。声優は桐本琢也さんが担当しています!, 俳優になってから、10代目ドクターフーを演じることになって子供の頃の夢を叶えることに成功しています。, ピーター・ペティグリューを演じた俳優は、ティモシー・スポールです。声優は茶風林さんが担当しています。, ディモシー・スポールは演技派の俳優です。様々な役を演じることができ、時には明るいキャラ、時には悲劇的なキャラを演じています。, ネビル・ロングボトムを演じた俳優は、マシュールイスです。声優は上野容さんが担当しています。, マシュールイスは、子供の頃はポッチャリしていました。ですが、年をとるにつれてスリムになっていきます。, パドマ・パチルを演じた俳優は、アフシャン・アザドです。声優は斎藤千和さんが担当しています。, アフシャン・アザドはインド人で、イスラム教徒です。ただ、ヒンドゥー教徒の人と付き合ったことで、父親と兄に襲われそうになります。, 嘆きのマートルを演じた俳優は、シャーリー・ヘンダーソンです。声優は坂本千夏さんが担当しています。, シャーリーヘンダーソンはハリーポッターに出演している時、すでに36歳でした。ですが、嘆きのマートルは学生役です。, フラー・デラクールを演じた俳優は、クレマンス・ポエジーです。声優は小笠原亜里沙さんが担当しています。, ハリーポッターシリーズで一躍有名になり、「TENETテネット」という大ヒット映画にも出演しています。, セドリック・ディゴリーを演じた俳優は、ロバート・パティンソンです。声優は日野聡さんが担当しています。, ロバート・パティンソンはさまざまな有名作品に出演しています。恋愛大作「トワイライト」やアクション大作「The Batman」などです!, マッドアイ・ムーディを演じた俳優は、ブレンダン・グリーソンです。声優は小林修さんが担当しています。, ブレンダン・グリーソンは、教師として働いていました。その傍らで舞台俳優として勉強し、34歳でデビューした遅咲きの俳優です。, バーティ・クラウチ・シニアを演じた俳優は、ロジャー・ロイド・パックです。声優は佐々木勝彦さんが担当しています。, ロジャー・ロイド・パックはハリーポッターシリーズで活躍しましたが、膵臓癌によって69歳の若さで亡くなっています。, ビクトール・クラムを演じた俳優は、スタニスラフアイエネフスキーです。声優は坂詰貴之さんが担当しています。, スタニスラフアイエネフスキーはブルガリア出身で、偶然にも演じたビクトール・クラムもブルガリア出身なのです。, イゴール・カルカロフを演じた俳優は、パジャ・ビヤラクです。声優は清水明彦さんが担当しています。, マダム・マクシームを演じた俳優は、フランシス・デ・ラ・トゥーアです。声優は久保田民絵さんが担当しています。, フランシス・デ・ラ・トゥーアは、ジョニーデップの出演作「アリス・イン・ワンダーランド」にも出ています!, ちなみに、ハリーポッターを代表するテーマ曲は「ヘドウィグのテーマ」です!ヘドウィグはハリーの飼っている白色のフクロウですね。, 続いて、「ハリーポッターと炎のゴブレッド」の裏話や設定、ナゾを解説していきますね!, 本作で鍵をにぎるのは、バーティ・クラウチ・ジュニアです。アラスタームーディに変身し、1年間もダンブルドアやマクゴナガル先生を騙してきました。, バーティクラウチジュニアは、生徒の頃の成績もバツグンでした。12の教科すべてに合格するという偉業を成し遂げています!, さて、そんな嘆きのマートルの本名は「マートル・エリザベス・ウォーレン」です。これを知っていたらかなりのハリーポッター通ですよ!, 次回作の「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」では、チョウ・チャンという台湾人の女の子が登場します。, その子は、ハリーポッターの彼女になるのですが、実はセドリックの彼女でした。ですが、セドリックが亡くなったのでハリーが新しい恋人になります。, 「ハリーポッターと炎のゴブレッド」では、ハリーがドラゴンと戦うシーンがあります。実は、そのドラゴンを連れてきたのはハリーの兄です。, その兄とは、「チャーリー・ウィーズリー」です。実は彼は、1度も映画に出てきていません。そのため、誰も見たことがないのです!, 本作で、ヴォルデモートの必殺呪文「アバダケダブラ」が登場します。緑色の光が当たったら、その人は亡くなってしまうのです!, アバダケダブラを使うには、大量の魔力がいります。ヴォルデモートは連発できるので、いかに魔力が多いかわかりますね!, ヴォルデモートの必殺技「アバダケダブラ」は、相手を死に追いやる強すぎる呪文です。実は、それを超える呪文があります。, その呪文とは、ハリーの母親がかけた愛の呪文です。この呪文は、アバダケダブラを跳ね返すほど強力です!, その1つの「ダームストラング専門学校」の校長をつとめるのが、イゴール・カルカロフです。, イゴール・カルカロフは、実はスネイプ先生と共通点があります。それは、2人ともデスイーターだったことです(デスイーター とはヴォルデモートの部下のこと), 昔は2人は仲間だったので、本作でもスネイプとイゴール・カルカロフが話し合うシーンが出てきます。, 本作では、ハリーポッターのヒロインこと「ハーマイオニー」が、敵チームのクラムと熱々です!, ロンはフラれたような感じですが、最終的にハーマイオニーとの結婚に成功するのはロンです!, ホグワーツには、監督生という制度があります。1学年に2人が選ばれ、生徒の管理をまかされます。, 面倒な役割ですが、監督生に選ばれると良いことがあります。それが、他の生徒では使えないお風呂に入れることです!大きめのお風呂で、ゆっくりとくつろげます!, このような希望の方は、次の記事で紹介している「Hulu」や「アマゾンKindle Unlimited」というサービスを使ってみましょう!, 無料で映画ハリーポッターを全シリーズ観れますし、しかも本も全部読めますよ!使わなきゃ損です!, 母・50代女性。パートタイムで働きながらDMM英会話を活用して英語の勉強を続けています。最近母の介護が始まりました。忙しい日常を気負わず綴っていきます。英会話日記の執筆を担当。 自己紹介→こちら, 映画マニア(息子)・20代社会人。DMM英会話を続けてTOEIC850点。趣味は映画と自分磨き。Twitterで映画について呟いてるので気軽にからんでください! 自己紹介→こちら. © 2006-2020 Fanpop, Inc., All Rights Reserved. デイヴィッド・テナント. Sharpham, Edward (author), Munro, Lucy (editor) (2006). 全7巻の長編小説「ハリーポッター」シリーズ。1997年に第1巻となる「ハリーポッターと賢者の石」がイギリスで発売されて依頼、世界合計4億部を売り上げる超ベストセラーとなっています。 Source: http://evildeathchik.livejournal.com, David as Barty Crouch in Harry Potter and the Goblet of 火災, 火, iceprincess7492, lennon246 and 5 others like this. barty crouch. barty crouch. Special guests include Catherine Tate, Jamie Cullen, Jo Whiley and Bernard Cribbins. "というタイトルの映像作品で監督デビューをしている。2007年のチャリティ番組内で放送されたミニエピソード"Time Crash"では、ピーター・デイヴィソン演じる5代目ドクターと共演。新シリーズになってから初めて複数のドクターが登場する回であった[+ 4][14]。また、2008年の"The Doctor's Daughter"ではデイヴィソンの娘ジョージア・モフェットともドクターの娘ジェニー役で共演している。, CBBCで放送されたアニメ版『ドクター・フー』の"Totally Doctor Who"と"The Infinite Quest"にもドクターとしてゲスト出演している。また別のアニメシリーズ"Dreamland"では主役として登場[15]。『ドクター・フー』のスピンオフである"The Sarah Jane Adventures"にも2話ドクター役でゲスト出演した[16]。, 2008年に放送されたシリーズ4まで10代目ドクターとして出演し続けたが、2008年10月29日にドクター役を降りることを発表[17]。2009年に4回スペシャルを放送し、2010年1月1日の放送が最後のドクター役となった。デイリー・ミラー紙は後に、「既に辞めることは決まっていたが、そのことを『ドクター・フー』のファンコンベンションでは一切話してはいけないと決められていた」と報じた。これはスペシャルの内容をうっかり話してしまうことを避けるためであった[18]。, BBCは2013年3月30日に、テナントとビリー・パイパーが『ドクター・フー』の50周年記念番組で復帰すると発表。マット・スミス、ジェナ=ルイーズ・コールマンと共に出演する[19]。, ドクターを演じていた間にも、2005年12月初めにITVで"Secret Smile"に出演。シアター・ロイヤルとロイヤル・ライシーアム劇場で上演された舞台『怒りを込めて振り返れ』は、ヴィクトリア&アルバート博物館にビデオ・アーカイヴとして保存された。翌年の再演にはリハーサルにのみ参加している。2006年1月、1960年に無修正版が発行された『チャタレイ夫人の恋人』の猥褻性に関する実際の裁判をテレビ映画化した"The Chatterley Affair"に、リチャード・ホガート役で出演するため一日だけ『ドクター・フー』の撮影を休んでいる。この映画は作家でもあるアンドリュー・デイヴィス脚本で、『ドクター・フー』で多くの監督を務めるジェームズ・ハウェズが監督しBBC Fourで放送された。ホガートの息子でジャーナリストのサイモン・ホガートはガーディアン紙でテナントの演技を賞賛している[+ 5]。, 2007年2月25日、BBC One放送のトニー・マーチャント脚本のドラマ"Recovery"で主演を務める。建設企業に務めていたが、脳に損傷を受けたため人生をやり直さなければならなくなったアランを演じた。妻を演じたのは友人でもあるサラ・パリッシュで、以前にも"Blackpool"と『ドクター・フー』の「消えた花嫁」でも共演している。サラは「私たちはまるでGeorge and Mildred。20年もの間プレストンにあるテラスハウスでしつこいシットコムをやりつづけてるみたい」と冗談めいて話している[20]。2007年11月11日、BBC Oneで放送された運転指導員が生徒から恋されてしまうコメディドラマ"Learners"で主演のクリスチャンを演じる。共演は『ドクター・フー』の「ジョン・スミスの恋」、「ファミリーと永遠の命」、"The End of Time"で共演したジェシカ・ハインズ。2007年に放送された『エキストラ:スターに近づけ!』の最終回ではドクター役でカメオ出演している。2008年11月、BBCとHBO制作のドラマ"Einstein and Eddington"でアーサー・エディントンを演じた。撮影はケンブリッジとハンガリーで行われている[21]。, 2009年、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの2008年の公演『ハムレット』のテレビ映画版をBBC Twoで放送。2009年10月からPBS制作の番組"Masterpiece Contemporary"のホストを務めた[22]。2009年12月、NBC制作のドラマ"Rex Is Not Your Lawyer"にパニック発作を抱えるシカゴの弁護士レックス役で出演[23]するも、パイロット版のみの制作で本放送には至らなかった[24][25]。2010年10月、"Single Father"で妻に先立たれ5人の子育てに奮闘する男性デイヴ役で出演。この役で2010年のロイヤル・テレビジョン・ソサエティ・プログラム・アワードで最優秀男優賞にノミネートされた。, 2011年、マンチェスター・ユナイテッドで「バズビー・ベイブス」と呼ばれたチームと、1958年に起きたミュンヘンの悲劇を描いたテレビ映画『ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-』に、監督とアシスタント・マネージャーを務めていたジミー・マーフィー役で出演[26]。2011年9月、コメディシリーズ"This is Jinsy"の一話にゲスト出演した。, 2012年4月、Sky Arts放送の一話完結ドラマ"The Minor Character"の主演を務める[27]。同時にアラン・ファーストの小説を脚色したBBC Fourのドラマ"Spies of Warsaw"で主役ジャン=フランソワ・メルシエを演じることが発表された。4月から6月にかけてポーランドで撮影を行った[28]。NBCで放送されている"Hannibal"のハンニバル・レクター役のオーディションを受けたが、僅差でマッツ・ミケルセンが射止めることになった。しかし番組製作のブライアン・フラーは演技に感銘を受け、いつかゲストとして呼びたいとしている[29]。6月9日、BBC Twoのドラマ"The Politician's Husband"の撮影を開始。妻にキャリアの先を越されてしまう野心家の大臣役を演じる[30][31]。6月17日、BBC Oneの半即興ドラマ"True Love"に出演。また、ITV放送の刑事ドラマ"Broadchurch"に出演することが発表された。撮影はブリストルで8月から始まり、2013年3月から放送された[32]。2012年秋の土曜夜に放送される、コメディのクイズ番組"Comedy World Cup'"の司会を務めた。全7回[33]。, 2013年1月から3月にかけてBBC One放送の"The Escape Artist"を撮影。テナントは才能ある無敗の法廷弁護士を演じる。全3話で2013年10月29日より放送[34]。, 2014年1月より、"Broadchurch"のアメリカリメイク版である"Gracepoint"が撮影開始される予定。, 2007年12月にトップ・ギアの有名人レースに登場。"Taggart"[+ 6]のオーディションに26回も落ちたことを明かした[35]。2007年、カタログ販売のアルゴスとスコットランドのバンドザ・プロクレイマーズの2008年のアルバム、そしてNPO団体ラーンダイレクトの広告のナレーションを担当。いずれもスコットランド英語を使っている。またテスコ・モバイル、Wii、アメリカン・エキスプレスのCMでもナレーションをしている。, 2008年5月16日、チャンネル4で放送されたイリュージョニスト・ダレン・ブラウンがホストを務める番組"Trick or Treatに出演[36]。4月26日〜5月2日号のTV & Satellite Week誌で、ブラウンは「『ドクター・フー』の魅力の一つがタイムトラベルだから、テナントにタイムトラベルを体験してもらいたかった。彼は正直で空気に乗りやすく、それにいいリアクションをしてくれた。あんなに絶叫するなんて!」と言っている。番組内ではオートマティスムで未来予知をしてもらう姿が流れた。またこの番組のシリーズ最終回にも出演し、その他の出演者たち全員と一緒に実験に参加している。, 2008年、様々なSFドラマのパロディをするコメディラジオ番組"Nebulous"[+ 7]の""Holofile 703: Us and Phlegm""に、地元ロージアン訛りのあるドクター・ビープ役で出演。また同年、2006年にノルウェーで公開されたアニメ映画"Free Jimmy"にウディ・ハレルソンと共に声優として参加。ハンターのハーミッシュ役を演じた。英語版の脚本は主役の吹き替えも務めるサイモン・ペッグにより書き直されている。2009年初頭、ナショナル・スペース・センターから依頼を受けプラネタリウムで上映される映画"We are Astronomers"のナレーションを担当[37]。2009年3月13日、テレソン"Red Nose Day 2009"にテレビ司会者ダヴィーナ・マッコールと2人でプレゼンターとして参加。『トップ・オブ・ザ・ポップス』のチャリティ・スペシャルでライブを披露したフランツ・フェルディナンドのステージに上がり、"No You Girls"にギターで参加した。2009年夏、映画『聖トリニアンズ女学院2 不良女子校生たちの最悪ミッション!パイレーツの秘宝をねらえ! ハリーポッターと炎のゴブレットをDavid Tennant目当てで見てみる BOXも手に入れて鼻唄歌っていたらハリポタに出ているというではありませんか! ←遅過ぎる・・。 In an Adventure with Scientists, Postman Pat: The Movie — You Know You're The One, http://www.guardian.co.uk/politics/2006/jan/14/politicalcolumnists.politics, http://www.guardian.co.uk/stage/2008/aug/06/theatre.rsc, “Dr Whos David Tennant as Hamlet at the Courtyard Stratford”, http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/stage/theatre/article4466565.ece, https://web.archive.org/web/20080802212430/http://www.whatsonstage.com/index.php?pg=649, “The Secret Diary of Dr Who, aged 14 3/4”, http://www.dailyrecord.co.uk/news/2005/11/27/the-secret-diary-of-dr-who-aged-14-3-4-78057-16418493/, “David Tennant: His days of blissful anonymity are numbered”, https://web.archive.org/web/20060421054706/http://news.independent.co.uk/people/profiles/article331665.ece, http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6211584.stm, http://www.thesun.co.uk/article/0,,2001320029-2007380654,00.html, http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/8068435.stm, http://www.mirror.co.uk/news/tm_objectid=17638616%26method=full%26siteid=94762-name_page.html, DOCTOR WHO ANNOUNCES ALL-STAR CAST FOR 50th ANNIVERSARY, http://www.guardian.co.uk/theguardian/2007/feb/21/features11.g21, “David Tennant and Andy Serkis to star in BBC drama Einstein And Eddington”, http://www.bbc.co.uk/pressoffice/pressreleases/stories/2007/05_may/21/einstein.shtml, http://www.nytimes.com/2009/05/14/arts/television/14arts-TENNANTISNAM_BRF.html?_r=1&ref=television, http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/8339796.stm, “David Tennant leads cast in epic new BBC Two film, United”, http://www.bbc.co.uk/pressoffice/pressreleases/stories/2010/11_november/12/united.shtml, Michael Parkinson to return to TV after five-year absence, ARTE signs up as coproducer on Spies of Warsaw, Doctor Who star David Tennant films BBC drama in Watford, http://www.channel4.com/info/press/news/comedy-world-cup-coming-soon, Media Centre - Filming starts on new BBC One thriller, The Escape Artist, David Tennant in our Reasonably Priced Car, Latest Casting for John Landis' 'Burke and Hare', “David Tennant and Catherine Tate reunite in West End”, http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-12142161, http://broadwayworld.com/article/2011-BWW-UK-Award-Winners-Announced-ROCK-OF-AGES-GHOST-WIZARD-and-PHANTOM-All-Win-20111205, Rupert Grint & David Tennant Lending Voices to 'Postman Pat' Movie, “Nativity 2 in the pipeline - with Coventry set to star again”, http://www.coventrytelegraph.net/news/coventry-news/2011/10/19/nativity-2-in-the-pipeline-with-coventry-set-to-star-again-92746-29621509/, http://www.variety.com/article/VR1118045232, “Rosamund Pike, David Tennant to star in BBC rom-com”, https://web.archive.org/web/20130618072525/http://www.whatsontv.co.uk/doctor-who/news/rosamund-pike-david-tennant-to-star-in-bbc-rom-com#35JTaxKrSAh6zbkB.99, “Doctor Who David Tennant poised to play Hamlet”, http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/showbiz/bazbamigboye.html?in_page_id=1794&in_article_id=466506, “Return of the prince – Tennant bounces back after slings and arrows”, http://www.guardian.co.uk/stage/2009/jan/08/theatre, “Royal Mail marks Royal Shakespeare Company's 50th year”, http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-13047808, “Kate's floating Leo and Ken's boat... as she reunites with two of her most dashing leading men”, http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2086031/Kate-Winslet-reunites-Leonardo-DiCaprio-Titanic-3D-Kenneth-Branagh-new-movie.html, “Cats, kinky sex and the titan who defined them”, http://www.telegraph.co.uk/culture/books/9017395/Cats-kinky-sex-and-the-titan-who-defined-them.html, David Tennant's Richard II leads RSC's winter season - - News, “David Tennant pays tribute to his late mum”, http://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/david-tennant-pays-tribute-to-his-late-438719, “David Tennant: It just feels scary… all the time”, http://www.guardian.co.uk/tv-and-radio/2009/dec/20/david-tennant-best-doctor-who, “David Tennant: from Doctor Who to Hamlet”, http://www.telegraph.co.uk/culture/donotmigrate/3563530/David-Tennant-from-Doctor-Who-to-Hamlet.html, http://www.paisleydailyexpress.co.uk/renfrewshire-news/local-news-in-renfrewshire/paisley-news/2011/01/18/baby-joy-for-star-david-87085-28002294/, 「ドクター・フー」のデヴィッド・テナントとジョージア・モフェットが結婚 - ライブドアニュース, http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2080632/Doctor-Who-star-David-Tennant-ties-knot-New-Years-Eve-ceremony.html#ixzz1i7KcSe00, “David Tennant: 'My bedpost really has very few notches' – interview”, http://www.guardian.co.uk/culture/2011/aug/19/david-tennant-interview, http://www.metro.co.uk/fame/article.html?in_article_id=262420&in_page_id=7&in_a_source=, “Doctor Who star David Tennant 'backs Gordon Brown'”, http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/8449895.stm, “General Election 2010: David Tennant and Sean Pertwee star in Labour advert”, http://www.telegraph.co.uk/news/election-2010/7580270/General-Election-2010-David-Tennant-and-Sean-Pertwee-star-in-Labour-advert.html, https://web.archive.org/web/20060118112541/http://www.thestage.co.uk/tvten/, https://web.archive.org/web/20060507064238/http://www.gaynz.com/news/default.asp?dismode=article&artid=3115, “Introducing world's sexiest men: Bloom, Pitt...and Cameron”, https://web.archive.org/web/20060204064843/http://news.independent.co.uk/media/article342631.ece, “Top Scots chosen for putting on the style”, https://web.archive.org/web/20071014030026/http://thescotsman.scotsman.com/index.cfm?id=1595632006, “Doctor in Demand: David now the biggest stage draw in Britain”, http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1103325/Doctor-demand-David-Tennant-biggest-stage-draw-Britain.html, http://news.bbc.co.uk/1/hi/magazine/7910910.stm, http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/dragon-set-to-slay-alice-1928369.html, “Hollywood comes to isle of 'Hegg' in a Local Hero for the 21st century”, http://news.scotsman.com/entertainment/Hollywood-comes-to-isle-of.6296971.jp, “David Tennant to star in Fright Night remake”, http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment_and_arts/10272352.stm, “Cultural Olympiad: watch the making of The Golden Nit”, http://www.telegraph.co.uk/culture/culturevideo/filmvideo/8583106/Cultural-Olympiad-watch-the-making-of-The-Golden-Nit.html, http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-14946583, “Postman Pat to Hit the Big Screen in 3D”, http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=82255, “David Tennant’s Hamlet comes to America…on film”, http://www3.timeoutny.com/newyork/upstaged/2009/05/david-tennants-hamlet-comes-to-america%E2%80%A6on-film/, This ifs Jinsy: Amazing Guest Stars Announced, Exclusive Clip: Doctor Who's David Tennant Guests on Star Wars: The Clone Wars, David Tennant to star alongside Doctor Who's Arthur Darvill in ITV drama Broadchurch, "The Shakespeare Birthplace Trust Archive Catalogue", “David Tennant channels other stars in Celebrity Autobiography”, https://web.archive.org/web/20101010131332/http://www.thisislondon.co.uk/comedy/review-23885605-david-tennant-channels-other-stars-in-celebrity-autobiography.do, 2004–05 Winners – Critics' Awards for Theatre in Scotland, http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/5314890.stm, http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6104048.stm, http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/wales/6604115.stm, “2007 TV Quick & TV Choice Award Winners”, http://www.merrymedia.co.uk/index.php?option=com_content&task=view&id=4767&Itemid=196, “Top Scot dedicates award to his 'little angel'”, http://living.scotsman.com/spiritofscotland/Top-Scot-dedicates-award-to.3545628.jp, https://web.archive.org/web/20080910184830/http://entertainment.uk.msn.com/tv/galleries/gallery.aspx?cp-documentid=6027654, http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7853273.stm, http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/7891352.stm, The AKA Theatre Event of the Year, David Tennant returning to the stage in Hamlet for the RSC, http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-14901570, “David Tennant wins BBC audio drama award for Kafka role”, http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-16781050, David Tennant Wins Emmy for 'Star Wars: The Clone Wars’, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=デイヴィッド・テナント&oldid=79468966, 50年以上続く漫画が原作の、女子高を舞台にしたブラックコメディシリーズ。2役を演じた。日本ではDVDスルー。, ドクターのコンパニオンを演じるキャサリン・テイトのホスト番組にゲスト出演。英語の新任教師であるが、最後にドクターと同一人物である証拠を出す。, 3代目、4代目ドクターのコンパニオンだったサラ・ジェーン・スミスを主人公にしたスピンオフドラマ, シリーズ1、エピソード1。島民のシャッフル結婚の選出員であるが、裏工作をし金儲けを企む。, シリーズ1、エピソード1。『ドクター・フー』で共演したビリー・パイパーが同じく主役級として出演する, 2005 スコットランド舞台における批評家賞、最優秀男性演技賞:『怒りを込めて振り返れ』のジミー・ポーター役, 2007 コンステレーション・アワード、2006年度SFドラマ最優秀男優賞: 『ドクター・フー「暖炉の少女」』, 2007 TVクイック&TVチョイス・アワード、最優秀俳優賞: 『ドクター・フー』, 2008 コンステレーション・アワード、2007年度SFドラマ最優秀男優賞: 『ドクター・フー「ジョン・スミスの恋」/「ファミリーと永遠の命」』, 2008 TVクイック&TVチョイス・アワード、最優秀俳優賞: 『ドクター・フー』, 2008 ナショナル・テレビジョン・アワード、最優秀ドラマ演技賞: 『ドクター・フー』, 2009 クリティック・サークル・アワード、最優秀シェイクスピア演技賞:『ハムレット』(, 2010 ナショナル・テレビジョン・アワード、最優秀ドラマ演技賞:『ドクター・フー』.