ただ、平安時代にこれらの虫を区別していたかは大変疑問です。透明な翅でふわふわ飛んでいる虫をすべて「カゲロウ」と呼んでいた可能性が高いのではないでしょうか。このことに関しては単なる推測で自信はありません。 蜻蛉という漢字は「トンボ」とも読むし「カゲロウ」とも読みますよね?トンボとカゲロウは同一なのでしょうか? お問い合わせはこちらへ。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 誰かの疑問に誰かが答えることでQ&Aが出来上がり、後で見に来たたくさんの人の悩みの解決に役立てられています。 以前、テレビで見た記憶があるのですが、元々の種が全く違うのに、同じような環境に適合するために同じように進化し、今では見た目がすごく似ている動物をご存じでしょうか。 あと、イトトンボの生態について詳しく知りたいです。 よろしくお願いします。, ものすごく漠然とした質問で恐縮です。

とても近い仲間?なんでしょうか?

なぜ生物は寝るのでしょう?, 何万種類?とある漢字を覚えるのは不可能に近いと思うのですが、

違う生き物なのですね。しかもウスバカゲロウがカゲロウでないとは・・・。びっくり。(@_@) どなたかおわかりになる方教えてください。, 現在では蜻蛉は「とんぼ」であり、「かげろう」は蜉蝣です。全く異なります。ついでに言うとウスバカゲロウも全く異なる虫です。つまり、ウスバカゲロウはカゲロウではありません。

カワゲラとトビケラの幼虫は見た目に違いがあるのですよ! カワゲラとトビケラは、まず 幼虫の時期の外見が明らかに違います。. また、人間以外の生物で、仲間が増えすぎた場合意外に、自らの意思で子孫を残さない生き物は存在するのですか?, 【医学・急展開、脳がない生き物も寝ることが判明】今まで眠ることは脳を休めるためと言われていたが、脳がない生物も眠ることが分かってきた。 糸トンボとかげろうの外見上の違いがあるんでしょうか。亦蜻蛉と書いてかげろうともとんぼとも読むようですが、幼虫では違いますが、かげろうとトンボは同じ仲間なのでしょうか。よく体も羽も真っ黒い糸トンボ?をよく眼にしますが(黒糸 なぜこのようになってるのでしょうか?

どなたかおわかりになる方教えてください。, 現在では蜻蛉は「とんぼ」であり、「かげろう」は蜉蝣です。全く異なります。ついでに言うとウスバカゲロウも全く異なる虫です。つまり、ウスバカゲロウはカゲロウではありません。 トンボならギンヤンマとかいろいろな種類があり、カゲロウもウスバカゲロウなど種類があり、とても同一の生物とは思えないのですが、漢字は同じ字だし・・・。混乱してしまいました。(@_@) これは近くに比較的大きな川のあるところではよく見られますよ。 トンボの幼虫はヤゴと呼ばれていて水中で生活します。幼虫から成虫となります。翅は前翅と後翅の大きさがほぼ等しいか、後翅がやや大きいです。

あなたも誰かを助けることができる

もしあれば教えていただけないでしょうか。 今回は、我が家の庭に住んでいるイトトンボについて知りたいです。

ウスバカゲロウとかのカゲロウは「蜉蝣」だから字が違うかもです。, 解答ありがとうございます。 トンボという名が付いているが、トンボの仲間ではなく、ウスバカゲロウなどに近い。 東京都八王子市 2012.9.12 東京都八王子市 2012.8.15

「トンボみたいな形をしているんだけど、トンボのようにすぃ~と飛ばずに、ふわふわとチョウチョのように飛ぶ、妙な虫がいる!」

よろしくお願いします。, ふぐを漢字で書くと「河豚」です。当て字にしても トンボならギンヤンマとかいろいろな種類があり、カゲロウもウスバカゲロウなど種類があり、とても同一の生物とは思えないのですが、漢字は同じ字だし・・・。混乱してしまいました。(@_@) 我が家の庭の環境は、以下のとおりです。 生物学的にはこの三つの仲間は近縁ではありません。, 現在では蜻蛉は「とんぼ」であり、「かげろう」は蜉蝣です。全く異なります。ついでに言うとウスバカゲロウも全く異なる虫です。つまり、ウスバカゲロウはカゲロウではありません。 ・くさがボーボーで、まるで草原です こんにちは、 ちがう生き物だとするとなぜ同じ字なのでしょうか? トンボの幼虫はヤゴと呼ばれていて水中で生活します。幼虫から成虫となります。翅は前翅と後翅の大きさがほぼ等しいか、後翅がやや大きいです。 http://hachigoro.main.jp/zatugakupage/zatugaku7.htm, 早速の解答ありがとうございます。 このなかまは大きな4枚のはねと大きな複眼をもつことが特徴です. よろしくお願い致します。, こんばんは。

カゲロウの幼虫も水中で生活しますが、形態がヤゴとは異なります。幼虫から亜成虫となりさらに脱皮して成虫となります。亜成虫は翅があり飛ぶことができます。亜成虫になる虫はカゲロウのみです。亜成虫と成虫は口が退化して食べることができない種類が多く短命なことが多いです。 一方で、ゴキブリなど不完全変態をする生き物はあまり姿が変わりません。

トンボのなかまはトンボ目に分類されます. このころまでにはトンボ、カゲロウ、ゴキブリなどの原始的な昆虫が誕生しています。 空を飛ぶ生き物の中では最も早く地上に出現したのがトンボです。現代のトンボとは少し形が違いますが、大きいものでは羽を広げると70cmになるものもいました。 回答よろしくお願いします。, ん?「かげろう(蜻蛉)」っていうのは、トンボの古名ですよね?「かげろう日記」とかってありましたし。 einzさんが紹介されたURLのページでも紹介されていますよ。トップページの「トンボ目1 イトトンボ・ヤンマ」を選べば出てきます。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 あなたもQ&Aで誰かの悩みに答えてみませんか?, http://hachigoro.main.jp/zatugakupage/zatugaku7.htm. 糸トンボとかげろうの外見上の違いがあるんでしょうか。亦蜻蛉と書いてかげろうともとんぼとも読むようですが、幼虫では違いますが、かげろうとトンボは同じ仲間なのでしょうか。よく体も羽も真っ黒い糸トンボ?をよく眼にしますが(黒糸トンボとも違う感じ)あれってなんという種類の名前はなんと言うんでしょうか。詳しい方、亦そのサイトを御存知の方教えてください。, 早速のご回答有難うございました。こういうの調べていると子供心に帰った様で楽しいですね。, こんにちは、 申し訳ありませんがよろしくお願いします。, 自分の意思で子孫を残さない人間は、生物学的に考えて存在する意味や役目はあるのですか? 架空の生き物か、実在の生き物か忘れました。 古い時代は字に統一性というものはなかったのでしょうか?  簡単に書きますと、「蜻蛉」は現在では一般的に「カゲロウ」のことを指しています。「トンボ」の古名(古い言い方)として「蜻蛉」を使います。, 解答ありがとうございます。

よろしくお願いします。, あなたを助けてくれる人がここにいる 中国語での元々は、何か生き物のことを指したと読んだことがあります。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://www.ne.jp/asahi/kikko/living/diary-musi05 …, http://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/cgi-bin/z …, http://images.google.co.jp/images?q=%E3%82%A4%E3 …, http://images.google.co.jp/images?q=%E3%82%AB%E3 …, http://images.google.co.jp/images?q=%E7%BE%BD%E9 …, トンボの羽化の時、緑色の液体がしっぽからたくさん出ていました。 トンボのサナギが何匹も一斉に羽化しま, 細胞分裂において、染色糸から染色体になる理由、また、間期に染色体から染色糸の状態に戻る理由を教えてく. ただ、平安時代にこれらの虫を区別していたかは大変疑問です。透明な翅でふわふわ飛んでいる虫をすべて「カゲロウ」と呼んでいた可能性が高いのではないでしょうか。このことに関しては単なる推測で自信はありません。

生物学的にはこの三つの仲間は近縁ではありません。, 解答ありがとうございます。 アリジゴクがカゲロウの幼虫なのは小学生の頃から知っていますが、 開運研究家。京都市在住。歴史・伝説・神話や神社仏閣を研究しその魅力や開運方法を紹介しています。

分類学上は、有翅亜綱のなかのトンボ目として位置づけられていて、 オスの外部生殖器、尾部附属器、はねの形や脈のようすから、均翅亜目、

漢字の種類が小学生までのしかないのが欠点なんです。 トンボの幼虫はヤゴと呼ばれていて水中で生活します。幼虫から成虫となります。翅は前翅と後翅の大きさが...続きを読む, 京都に住む友人から、 とても近い仲間?なんでしょうか? そこでもっとほかの漢字が載っているサイトがあればと思い探してみたのですが解りませんでした。 サナギは身動きが取れないし、その間天敵に襲われるリスクもあると思います。 もしというか高確率で解らない漢字が出現すると思うのですがそういった時はどうするのでしょうか? 「蜉蝣」と書くのですね。変換すると、「蜻蛉」も出てくるので、すっかり混乱してしまいました。, こんばんは。

その中で、アリジゴクはカゲロウの幼虫だという解説でふと疑問が浮かびました。

なるべく珍しい字&読み方がいいです!! 身体も羽も真っ黒で、ふわ~っと頼りなげに飛んでいました。

カゲロウ、トビケラのなかまなどは、種が多様で、類似種が多い場合は、生態画像による種の同定が 困難なものが多くあります。 特徴的な形態が見られるものは図鑑と比較して名前をつけましたが、 そういう生き方もあるとか、感情論ではなく、あくまでも生物学的に考えてどうなのか知りたいです。 ちがう生き物だとするとなぜ同じ字なのでしょうか? もし、これではないか?というイトトンボがいたら教えてください。

海豚は「いるか」なわけで…なんで河の字なのか 十句観音経に至っては出てくる観の字の左の部分がすべて違う状況です

なぜ彼らはああも姿形や生態や食性も違うのでしょうか? それともこれは字の練習のためにあえていろいろな字を登場させ練習用に用いているのでしょうか?

・オニヤンマやギンヤンマ、シオカラトンボもよくやってきます ・メダカのいる小さな池があります(まえ、小さく、細いトンボが羽化に失敗していたのを見つけました。) まず カワゲラはいかにも「昆虫」という姿で、胸の3つの部分がまるで団子がくっついているような見た目ですね。. ズームで撮ったので大分ぼやけてしまっていますが、写真を添付します。 心無罣礙位無罫礙故の礙の字が微妙に違ったり無の字だけで2種類、いえ微妙に違うものを含めると数種類、祝の字も2種類ほど登場し、般若心経の般の字ですら2種類登場します 魚類だったか爬虫類だったか、テレビでは「この2つの生物は同じ仲間のように見えますが、元々はまったく違う種類の生き物だったのです」みたいな解説をしていました。 最初はハチかなと思ったのですが、体の作りを見るとトンボに似ているようです。 大変わかりやすくて納得できました。ありがとうございます。, 糸トンボとかげろうの外見上の違いがあるんでしょうか。亦蜻蛉と書いてかげろうともとんぼとも読むようですが、幼虫では違いますが、かげろうとトンボは同じ仲間なのでしょうか。よく体も羽も真っ黒い糸トンボ?をよく眼にしますが(黒糸トンボとも違う感じ)あれってなんという種類の名前はなんと言うんでしょうか。詳しい方、亦そのサイトを御存知の方教えてください。, 鉄腕DASHの番組の中で色々な生き物が紹介されていました。

蜻蛉という漢字は「トンボ」とも読むし「カゲロウ」とも読みますよね?トンボとカゲロウは同一なのでしょうか? 辞書にも載っていない字すら登場します。 カゲロウの幼虫も水中で生活しますが、形態がヤゴとは異なります。幼虫から亜成虫となりさらに脱皮して成虫となります。亜成虫は翅があり飛ぶことができます。亜成虫になる虫はカゲロウのみです。亜成虫と成虫は口が退化して食べることができない種類が多く短命なことが多いです。 後翅は前翅よりかなり小さいです。

・広さは、約60坪ほど どうやら数種類いるようで、全身黄色のキイトトンボ(多分)やオレンジっぽいイトトンボ、お尻と胸の部分が青いものなど・・・。 海の生き物なのですから、 図鑑で調べてみたら、アジアイトトンボによく似ていて、それではないか、と思ったのですが、どこか違います・・・。

でも羽根がはっきり見えないので、トンボっぽくも無かったです。 こわいよぅ。

我が家の庭は、なぜか色々な生き物が住み着いており、その中にイトトンボがいます。 カブトムシなども幼虫と成虫で生態が異なります。確か完全変態でしたか。 クラゲやサンゴの仲間(棘皮動物)で中枢神経が存在しないヒドラのような原始的な動物でも「眠る」ことが確認できた。 なんと、なんと3つは仲間ではなかったのですね。 後、漢字の種類が幻想的な字も教えて下さい!!, サルスベリの木に、よく分からない虫が留まっていました。 たとえば、ヒラメとカレイは同じカレイ目に分類されており、割と近い関係のようなので今回の質問には当てはまりませんが、このように同じような姿形をしているものが実は全くの異種だった、みたいな例を知りたいのです。

この虫は何でしょうか?, 般若心経の写経でメーカーによって色々な字が使われています カゲロウとトンボに関しては漢字で表さないほうが混乱しないみたいですね。, トンボとカゲロウは違います。 せめて海じゃないかと思うのですが、