またDQ4とリメイク版DQ3およびDQ6以降は【NPC】としてDQ3の男武闘家のような格好をしたキャラが町中に登場している(【住民】を参照)。 もともとの力が高く、武器スキルを上げずとも、序盤~中盤まで、それなりの攻撃力が保証されるので問題はない。後衛職に転職するなら、なおさら武器よりもパッシブスキルを重視すべきだろう。 実際シリーズ内でもDQ9の【武道エキス】が武闘家の装備品の錬金素材になっており、【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】でも武道家の表記が見られる。 しかし、兜は全職業一しょぼく、耐性のある盾も装備できないため防御面は一歩劣る(というか男は耐性防具がないままである)。また種集めが大変だったり、その後の転職のことを考えると【MP】が成長しない欠点などもあり一長一短。

最大レベルまで上げれば会心率が4割近くにまで上昇し、全職業の中でも珍しく最後まで能力が伸びる職業とも言える。 また、中盤以降に装備できる武具が大幅に増加し、【はかいのてっきゅう】までも装備することができ、防具も【ふうじんのたて】が加わり、【しのびのふく】や【やみのころも】など強力なものも装備可能に。さらに性別が女であれば【ひかりのドレス】で耐性までカバーすることもでき死角が少なくなった。

武闘家は楽しいしたまにパーティーに入れたくなる, 最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!, © 1988-2010 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。当サイトはGame8編集部が独自に作成したコンテンツを提供しております。当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。, Game8[ゲームエイト] - 【日本最大級】みんなの総合ゲーム攻略プラットフォーム, 不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。.

ツメ装備という点においては【盗賊】でも出来るが、ちからためによる威力向上とめいそうのHP回復はこちらだけの利点。

なお、現実の「武道」には剣道や弓道など武器を使用するものも含むため「武道家=素手」と決まっているわけではない。 本スレにて、DQタクトなどのオンライン作品の扱いについて検討中です。, ここでは、職業としての「武闘家(ぶとうか)」を扱う。

その鎧にしても、布などでできた軽い防具に限られ、単純な守備力では男武闘家は【ぶとうぎ】(+23)、女武闘家なら【まほうのビキニ】(+40)が最強装備。

2019/9/28

女性陣は、同じく「武」の字が入ったピンク色のチャイナドレスで、大胆なスリットがなかなかセクシー。とりわけ、髪を二つのお団子に縛った【マリベル】の可愛さは好評だが、【アイラ】は厚い唇も相まって何だかキャバクラ嬢みたいである。ただしチャイナドレス姿での【かえんぎり】のモーションは一見の価値あり。, (ランク E:最低値 D:低い C:普通 B:平均より上 A:高い S:非常に高い +:そのランク内で上位 -:0) 職業コスプレは、男性組は「武」の字が入った中華風の拳法着。特に【メルビン】の似合いようはさながら武天老子様の如くで評判がいい。 33: 2019/10/20(日) 15:32:40.60 ID:gtU3hCIY0 >>32 レギオンも … fc版ドラクエ3において、誰もが一度は考えたことのある疑問 『戦士と武闘家のどっちが強いのか?』 今回はその疑問に私なりの考えで応えたいと思います。 むしろ上級職の特技をその職でしか使えなくなったリメイク版では、上級職を極めた後の再転職で一時弱体化することが多く、下級職で覚える中では最も強い部類に入るせいけん突きや回し蹴りはPS版以上に重宝する。

例外として【てつのつめ】と【おうごんのつめ】では通常通り【こうげき力】が上昇するが、おうごんのつめは持っているだけでエンカウント率が激増するというデメリットがあるため、とても常用できるものではない。

  唯一おたけびがなくなり職歴技だったきゅうしょ突きが入れ替わりで加わった。役立つ特技だったおたけびに対し、正直使えないきゅうしょ突きが加わったのは弱体化と言えば弱体化だが、元々攻撃担当の武闘家が率先しておたけびを使う機会もあまりないので、そこまで気にするほどでもないだろう。 また元となったグラフィックも、【カザーブ】に登場するモブの武闘家として登場している。, 武闘家が最も輝く作品で不思議の木の実の入手が比較的容易であり(【ダースギズモ】の記事参照)、簡単にMPのドーピングが出来るので極めれば会心の一撃と高MPを両立出来る最強クラスの職業になる。

スーパースターの効果と丸被りなせいかどうにも地味だが、耐性無視なのでどんな相手でも効果があるため序盤から終盤まで重宝する。

 

クリア後にマスター職を勧誘できる頃になると、戦士や剣士のように1ターン目のブースト能力が無いことや、基本重量が彼らと同じにも関わらず転生によって軽い子供をスカウト出来ないこともあってやや使いづらい。それでも先制攻撃の機会が増えることの恩恵は非常に大きいので1人はいると便利である。, 転職に悟りを必要としない基本職の一つ。アリーナ、ハッサン、【ウェディ】の初期職業。武器は棍とツメ。素早さの補正が【踊り子】に次いで2番目に高い。

また、「ぶとうか」と言えば元々は「舞踏家」つまり【踊り子】を指す言葉であるが、ドラクエ作品で両者が関連付けられたのはDQ7の職歴技ぐらいである。 さらにGBC版ではバイキルトをかけても会心の一撃が出る(威力はバイキルト無しと同じ)仕様に戻っているのもありがたい。 成長率

なお、中文版では「武術家」と表記されている。 武闘家に関する以下のような話題がありました。 ドラクエ10まとめドワドワ速報 ... 2019/10/20(日) 13:38:25.33 ID:ihgjMKLa0. 友達ともネット上でも議論になる話題ですが、話がかみ合わないことがあります。理由は、それぞれの人で前提条件が違うからですね。よくあるのは下記の2パターンです。, 遊び方は幅広い方が良いので、あまり制限は付けたいとは思いません。なので、この記事では、進行度合いと裏技のありなしで場合分けして、それぞれの場合でどちらの職業の方が優れているか、見ていきたいと思います。, 進行度合いは下記の段階に分けたいと思います。おおよそ装備の買い替え時期に合わせて分けてみました。, 裏技のありなしについては、何を裏技とするのか微妙なところですが、今回は裏技は『防御キャンセル』のみとします。つまり、『防御キャンセル』のありなしでの比較になります。, 早熟な戦士は早速ステータスアップが始まり、高い力と体力で前線で戦ってくれます。『どうのつるぎ』を買ってあげれば、たいていのモンスターを1撃で倒してくれます。高い体力も合わさって壁役としても優秀です。, 対して武闘家はまだ成長が始まらず、武器も装備できないため、勇者よりも攻撃力は低く、1撃で倒せないこともよくあります。体力も戦士と比べると低く、壁役としてはちょっと心許ないですね。, 防御キャンセルを使えば体力面はカバーできますが、それでも攻撃力の問題は解決しません。, 以上のことを踏まえると、アリアハン大陸においては、防御キャンセルのありなしに関わらず戦士の方が強いと言えるでしょう。, この頃になると、武闘家が『てつのつめ』と『ぶとうぎ』が購入できるようになり、また、ステータスが伸び始めることもあって、攻撃力も守備力も戦士と同等レベルの強さを持つようになります。, 戦士の方が体力が高く、武闘家の方が素早さが高い、といった住み分けができている状態です。, 以上のことを踏まえると、ロマリア~イシスでは、防御キャンセルなしの場合、一長一短といったところで、防御キャンセルありの場合、武闘家に軍配が上がる。といった感じだと思います。, 船を手に入れると、戦士向けの高額な強力な装備が入手可能になり、また、誰でも使用可能な『いかずちのつえ』が入手可能になります。, 戦士は強力な装備により、単体攻撃がより重くなり、呪文耐性を獲得してより耐久力が向上します。, 武闘家は装備は増えませんが、『いかずちのつえ』により先制攻撃のベギラマがかなり強力です。, ザコ戦では『いかずちのつえ』による先制攻撃のベギラマが非常に強力な、武闘家が活躍します。魔法使いもパーティにいれば、殺られる前に殺る戦法が実現できます。, ボス戦では、呪文耐性もあり単体火力もあり戦士が活躍、と思いきやそうでもありません。この頃のボスは呪文を使ってこないですし、ルカニとバイキルトのおかげで火力の差もほとんどなくなってしまうからです。, ネクロゴン地方までくると、モンスターの攻撃が苛烈になってきます。特にフロストギズモやエビルマージの呪文や息は危険です。もちろんバラモスもです。呪文を連発されてパーティが一気に瀕死になることもよくあることです。, 攻撃面では、そろそろ『いかずちのつえ』のベギラマでは火力不足になってくるため、相対的に武闘家の火力が落ちてきます。(フロストギズモには相変わらず有効ですが), もし、運良く『らいじんのけん』や『ふぶきのつるぎ』が入手できていたら、火力面でも戦士が圧倒的でしょう。かなり運が良くないとダメですが・・・。, 以上のことを踏まえると、ネクロゴンド地方では基本は戦士の方が有利と思います。もし、運良くドロップアイテムの入手できれば戦士の圧勝といったところでしょうか。, ここに来ると戦士が輝きます。最低でも『いなずまのけん』が使えるので、イオラを連発できます。また、だいまじんから『らいじんのけん』も十分狙えるため、ベギラゴンを連発できるようになり、圧倒的な火力を出せます。, 対して武闘家は相変わらず『てつのつめ』で、『いかずちのつえ』もさすがにお役御免です。頼みの会心の一撃もまだこの段階では、そこまで高い確率では出せません。, クリア後は武闘家が会心の一撃の確率がどんどん上昇していき、楽しい時間が始まります。, 戦士の方は成長期を過ぎてしまったため、あまり変わり映えはしません。しかし、グループ・全体攻撃と、高い耐久力の優位性は変わりません。, 以上のことを踏まえると、耐久性とグループ・全体攻撃の戦士、素早く会心の一撃の武闘家、といったキレイな一長一短の形だと思います。すでにクリア後ですし、お好みの職業を使いましょう。, 防御キャンセルのありなしでは、その裏技の特性上、耐久面をカバーできるようになるため、武闘家に有利に働きます。, 防御キャンセルなしの場合、船入手後の武闘家の輝く時期を除けば、戦士の方が有利、悪くても同程度となるため、この場合は戦士の方が総合的に強いと言えるでしょう。, 防御キャンセルありの場合、アリアハン大陸と、下の世界の火力不足の時期を除けば、武闘家が同程度以上を取れるようになります。こうなると、戦士と武闘家のどっちを選ぶべきか微妙になってきます。どの進行状況での戦闘を楽に進めたいかで選び方が変わってくるでしょう。, spidy2dq3さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog